デジタルデータリカバリー

パソコントラブルについて
|データ復旧なら11年連続日本国内No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

パソコントラブル発生!
再起動したら動画や写真データが消える?

毎日使っているパソコンにトラブルが生じたら、対処の仕方がわからず再起動してしまっていませんか?しかし下もしこのような症状が見られているにも関わらず再起動をしてしまうとデータが消えてしまう可能性が高いのでご注意を!

こんな症状に注意!
・PCメーカーの炉五画面から先に進まない。
・黒い画面に「Operating System not found」と出る。
・黒い画面に「Hard disk error」と出る。
・青い画面に英語のエラーメッセージが出る。
・パソコンからカチカチという音がする。

さて、このような症状がパソコンに生じたときパソコンの内部はどのようになっているのでしょうか?またどうすればこれらの症状を安全に復旧できるのでしょうか?

パソコントラブル状態一覧

黒い画面にご迷惑をおかけしております・・・ 黒い画面にDISK BOOT FAILUREと表示され先に進まない
黒い画面にHard Disk ERRORというエラーメッセージが表示される 黒い画面にOperation system not foundというエラーメッセージが表示される
青い画面に英語でよく分からない文字が出る WindowsXPの起動画面から先に進まない
Windows Vistaの起動画面から先に進まない Windows 7の起動画面から先に進まない
Macの起動画面から先に進まない Macの画面に再起動する必要がありますというメッセージが表示される
カチカチカタカタと変な音がする ウィーンという普段聞こえる回転音がしない
誤ってデータを消してしまった 誤ってデータをフォーマットしてしまった
巡回冗長検査(CRC)エラーと表示される BIOSエラーが出る
セーフモードでしかPCが立ち上がらない パソコンが水に濡れて立ち上がらない
外付けHDDなどが認識されない・読み込まない 「NTLDR is missing」でパソコンが起動しない
その他  
365日土日祝日も
持込・診断・復旧・納品可能
緊急時も!夜間でも!
24時間受付可能
0120-706-332

HDDって?

HDDとはハードディスクドライブの略語であり、データを読み書きする超精密機器です。パソコンに内蔵されたHDDにはHDDそのものを動かすためのシステムやパソコンを起動するためのシステム、写真、動画その他のデータが保存されております。 HDDはレコードの乗ったレコードプレイヤーのような作りになっています。モーターで回る磁気ディスクというレコードのような円盤に、磁気ヘッドと言うレコード針のような部品が磁気を発生させることでデータを読み書きする仕組みになっております。レコードプレイヤーの場合、レコードとレコード針は接していますが、HDDの場合磁気ディスクと磁気ヘッドの間にはわずか2ナノメートル(1ナノメートル=1mmの10万分の一)の隙間があり、HDDはその間隔を保ちながら運転し続けます。例えるならば、ジャンボジェット機が地上1ミリメートルを時速1000kmで飛行していることと同様ですので、HDDが如何に精密な機器であるのかが容易に想像できるのではないでしょうか。

どのような障害の種類があるの?

HDDの障害には大きく分けて「物理障害」と「論理障害」があります。

物理障害

物理障害とは外部からの衝撃によりHDDの部品が物理的に破損していることによってデータトラブルが生じていることをいいます。 人間の脳に例えると外部からの衝撃により脳が損傷し、記憶障害になってしまうようなことを指します。 HDDを構成する部品のうち良く壊れるものとしては、データを読み書きする部品である磁気ヘッドが挙げられます。磁気ヘッドが壊れた際は別の磁気ヘッドと交換をするのですが、前述の通りヘッドと磁気ディスクの隙間は2ナノメートルしかありません。磁気ヘッドを交換する際にヘッドが少しでもディスクに触れるとディスクに傷が付いてしまい、より多くのデータが消える恐れがある為、ヘッドの交換には熟練された技術が必要です。 また、磁気ヘッドを交換する際は、HDDのメーカー、製造年月日、製造国、シリーズ、それぞれが限りなく近いドナーHDDを使用します。ここまで条件がそろった同じハードディスクを見つけることは非常に難しく、どんな種類のハードディスクにも直ぐに対応するためには、ドナーの適合条件を熟知したエンジニアと、大量のドナーハードディスクのストックが必要です。当社では今まで164,675件以上のデータ復旧のご相談を受けた経験豊富なエンジニアが常時8,000個以上ストックされているドナーハードディスクから迅速に最適なドナーを見つけます。

論理障害

HDDの論理障害とは人間に例えると、脳から発せられる大量の指令に神経が耐え切れずパンクしてしまうことを言います。つまり、HDDのコントローラと言われている司令室から発せられる信号にHDDが耐え切れず異常な動きをしてしまうことをいいます。
つまり、HDDの本体は機械的には壊れていないがデータを読み書きさせる指令を送受信するシステムに異常が生じる状態です。このような障害は主にデータの読み書きの際にウィルス感染など、何らかの原因によりシステムが壊れることで生じます。この際、壊れてしまった箇所を、特殊機器を使用しながら、計算・修復を行い正しくデータが読み出せるようにシステムを復旧します。機器による規則性を元に、パズルを組み立てていくようなイメージです。メーカーや機器によって規則性が異なるため、蓄積された豊富な知識が必要になります。

もしも再起動を繰り返してしまったら

前述の通りパソコントラブルの際はHDDに障害が生じている可能性が非常に高いです。 また、HDDはナノ単位で設計されている超精密機器であることから、最初の原因解明を少しでも誤り、不適切な措置を取ってしまうと、事態が悪化しデータが復旧できなくなる恐れがあります。パソコントラブルが生じた際には直ぐに専門家による原因を解明し、最適な措置をとることがデータの確実な復旧に繋がります。

パソコントラブルの際は専門家による迅速な原因解明と対応が不可欠!

前述の通りパソコントラブルの際はHDDに障害が生じている可能性が非常に高いです。 また、HDDはナノ単位で設計されている超精密機器であることから、最初の原因解明を少しでも誤り、不適切な措置を取ってしまうと、事態が悪化しデータが復旧できなくなる恐れがあります。パソコントラブルが生じた際には直ぐに専門家による原因を解明し、最適な措置をとることがデータの確実な復旧に繋がります。

パソコントラブルが発生したらどこに問い合わせるべき?

パソコントラブルが起きた際はパソコンメーカーやパソコンの修理業者にお問い合わせ頂ければ、対応できる可能性はあります。しかし、パソコントラブルの多くのケースにおいてHDDにトラブルが生じており、データが消失の危機にさらされていることが多いことから、データの安全性を重視するのであればデータ復旧業者にお問い合わせ頂くのがベストです。

関連リンク
画面のエラーメッセージについて
データが見られない理由
データが消えた時の3つのチェック
データが復旧されるまでの物語
365日土日祝日も
持込・診断・復旧・納品可能
緊急時も!夜間でも!
24時間受付可能
0120-706-332

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13-12 サクセス銀座7ビル 5F/6F(総合受付)

営業時間(機器持込受付時間):9:30〜21:00

メールアドレス:info@ino-inc.com | URL : https://www.ino-inc.com

1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『11年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。