カチカチと異音のするHDDの復旧について
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

データを保存しているハードディスク自体が物理的に壊れています。
「カチカチ」「カタカタ」音がするのは重症です

HDD内部から聞こえてくる音には「カチカチ」「カタカタ」以外に「きちきち」「がっちんがっちん」と色んな音のパターンがありますが、不具合が起きいなければこのような音はしません。
自分でいろいろと試すのは非常に危険です。「いつもと様子が違う」そう感じたら、むやみに機器を触らずにすぐにプロにご相談下さい。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

HDDに通電しないで下さい!

「カチカチ」「カタカタ」と音がしているHDD(ハードディスク)は、内部で何らかの不具合が発生しています。通電させることで、データを読み取る磁気ヘッド部分は折れ曲がり、データを書き込んでいるディスクにキズをつけてしまう危険があります。CDやレコードに傷がつくと再生できなくなるのと同じで傷がついてしまうと、データが復旧できなくなってしまいます。「カチカチ」「カタカタ」と音がしているHDDは絶対に通電させないで下さい。

HDDを開封しないで下さい!

ハードディスクは超精密機器のため、通常の環境下では絶対に開封しないでください。HDD内部にあるディスクにホコリが付着することにより、データが復旧できなくなってしまうのです。また、データを読み取るヘッドとデータが書き込まれているディスクの間は、髪の毛よりも細い隙間のため、手でいじって少しでも曲げてしまうとディスク内部に傷をつけてしまいキケンです。HDDの開封作業には、ホコリの無い特殊設備と熟練された技術が必要です。絶対にHDDを開封しないでください。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

「カチカチ」「カタカタ」音がするハードディスクは
どこのデータ復旧会社でも直せるわけではありません!

物理的な障害が発生したハードディスクからデータを復旧するためには、まずはハードディスクが動くように直さなければいけません。超精密機器であるハードディスクを直すためには、人間の臓器移植手術と同じで、「専門の復旧設備」=「手術室」、「整合性の合った部品」=「ドナー」、「高い技術力を持った専門技術員」=「専門医」が必要です。 どれか一つでも欠けてしまうと、データ復旧率は大幅に下がります。「データ復旧は1チャンス」と言われ、一度失敗すると二度とデータを復旧できなくなる可能性があるため、確実にデータを復旧するためには、慎重にデータ復旧会社を選ばなければいけません。

「カチカチ、カタカタ」音がするHDDの復旧に必要な3つのポイント

当社では3つを揃えていることにより、「カチカチ」「カタカタ」音がするハードディスクから「確実」で「早い」データ復旧を可能にし、多くのお客様から喜びの声を頂いています。



Pint 1. 対応キャパシティが違います

20台同時作業が可能な大型クリーンルーム

ハードディスクは超精密機器であるため、復旧作業は専門のクリーンルームで行わなければいけません。
最近では、自社内にクリーンルームを設置しているデータ復旧会社が増えてきていますが、一度にハードディスク1台しか復旧作業をすることができないような小規模のものがほとんどです。
当社では、同時に20台以上のハードディスクの物理作業ができる国内で最大級のキャパシティの大型クリーンルームを導入しています。
設備の空きがないという理由でお客様をお待たせするようなことのく、スピード復旧することができます。


Pint 2 . 世界中に張り巡らされた部品調達ネットワークが違います

毎月200~300台のHDDを部品用として購入

ハードディスクは部品を新しいものと交換しても、整合性が合わないと直りません。移植手術のドナーと非常に似ており、型番のほか、製造国や製造年が異なると意味がありません。 ハードディスクの動作をコントロールする基盤と半導体チップだけでも数十万種類あります。同じメーカー、同じ型番のハードディスクでも、製造国や製造ラボによって、調達している部品が全く違うこともあります。 一般的なデータ復旧会社で「部品が無いために復旧ができません」と断られることがありがちですが、当社では、部品調達班を設け、毎月200~300台のドナー部品用ハードディスクを独自のルートで世界各国から素早く調達し、あらゆるメーカー・型番のハードディスクの物理復旧に対応しております。


Pint 3. メーカー、症状別に専門担当制で知識と経験数が違います

メーカー別、症状別に専門技術員が対応

物理復旧は、単純に部品を交換すれば直るというものではありません。 同じように見える症状でも、いくつもの原因が考えられます。また、ハードディスクはメーカーごとに特徴が異なり、復旧の方法も難易度も様々です。 常に、高いデータ復旧率を保つためには、医者と同様にハードディスクについての深い知識と、データ復旧の経験数が必要になります。

当社では、メーカーや症状別に専門技術員が対応することで、メーカーごとに深い知識を習得し、経験数を多く積めるため91%と高い復旧率を保っております。 少人数で復旧を行っているデータ復旧会社では、1人の技術員が全メーカー・全症状に対応するため、専門性が低く、知識も経験も浅いために、難易度の高いものを復旧できるわけがありません。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

現状では満足しません!
より専門性を高めるため年に数回世界の最先端技術を導入

ハードディスクは数カ月に1度マイナーチェンジが繰り返されており、未だ技術進歩を続けています。 私たちは8年連続データ復旧ご依頼件数№1である以上、全てのメーカー、全ての症状のデータ復旧を出来なくてはならないという使命のもと、常に新しい技術習得を怠りません。 世界の各国から技術導入を行い、更に技術を高めることで、より早くより確実なデータ復旧を目指しています。 現状に満足するのではなく、更に多くのお客様に満足頂けるデータ復旧サービスを提供できるよう、データ復旧技術員、アドバイザー共々、日々継続して技術知識を磨いて参ります。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。