SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の復旧ご紹介【データ復旧.com 公式ホームページ】

データ復旧.com > SSDのデータ復旧

2014/03/15NEW Buffalo製LinkStation Mini LS-WS1.0TGL/R1 RAID0 2台構成
「原因不明のリビルドにより2次障害が発生。豊富な復旧実績により、正確な障害箇所を特定し、復旧に成功。」

2014/03/04 Buffalo製 LinkStation LS-WH1.0TGL/R1 RAID0 2台構成
「LinkStationRAID0のファームウェア障害。弊社の特殊設備と技術力によってデータ復旧に成功。」

2014/02/24 I-O Data製 LANDISK HDL2-A2.0 RAID0 2台構成
「I-O Data製、RAID0の復旧に成功。復旧件数87,000件以上あるからこそ特定できたデータの障害箇所。」

2014/02/11 Buffalo製 TeraStation TS-H1.0TGL/R5 RAID10 5台構成
「ハードディスク2本に物理障害が発生。クラス100のクリーンルームにて無事翌日のデータ復旧に成功。」

2014/02/02 I-O Data製HDL-GTR4.0 RAID5 4台構成
「I-O Data製NASに物理障害発生。データ復旧業界を悩ますSeagate製F3シリーズを無事ご相談翌日に復旧完了。」

2014/01/29 Buffalo製 TeraStation RAID5 4台構成
「ファームウェア障害を熟知している為、正確な初期診断を行いデータ復旧に成功」

2014/01/17 COREGA製 CG-NSC4500GT RAID10 4台構成
「緊急のご依頼!突然ファイルサーバーに障害が発生。他社では2週間かかる復旧も、弊社は12時間で完了。」

2014/01/10 hp製 ProLiant ML310 RAID5 4台構成
「hp製RAID。弊社のRAID専任チームにより、お問合せフォーム頂いてから11時間以内のデータ復旧に成功」

2014/01/07 I-O Data製LANDISK Tera HDL-GT4.0 RAID5 4台構成
「大容量I-O Data製ハードディスクのデータ復旧に成功。自社保有の最先端設備を利用し1.5倍の速さで復旧。」

2013/12/25 hp製 X1400 G2 Network Storage System RAID5 5台構成
「特殊な構造を持つhp製RAIDの復旧に成功。」

2014/01/07 ギガジン(ITmedia)にRAIDに使用されるSeagate「F3」モデルHDDのデータ復旧技術確立に成功が掲載されました。(外部リンク)

2013/12/24 ITメディア(ITmedia)にRAIDデータ消失の92%は「突然」やってくる:メーカー別にみるRAID NAS障害対策 ~IO DATA機器編~が掲載されました。(外部リンク)

2013/12/09 サーチナ(Searchina)にRAID5/6のデータ復旧方法に迫る、最も多い障害原因とはが掲載されました。(外部リンク)

2013/12/02 インターネットウォッチ(Internet Watch)にRAIDでも多く使用されているHDD――Seagate製“F3”モデルとはが掲載されました。(外部リンク)

2013/11/27 サーチナ(Searchina)にseagate製「F3」シリーズからデータ復旧ついに成功が掲載されました。(外部リンク)

2013/10/17 R25(web R25)にぼったくり被害にもご注意「ハードディスク復旧」のお値段が掲載されました。(外部リンク)

2013/10/15 ITメディア(ITmedia)にあなたのデータは大丈夫?:メーカー別にみるRAID NAS障害対策 ~バッファロー編~ が掲載されました。(外部リンク)

2013/10/07 インターネットウォッチ(Internet Watch)にRAIDサーバーで増加傾向、誤ったリビルドによるデータ消失を防ぐために が掲載されました。(外部リンク)

2013/10/04 サーチナ(Searchina)に大容量データの保存で普及する「RAID」も過信できない理由が掲載されました。(外部リンク)

2013/09/17 サーチナ(Searchina)に【台風シーズンのサーバー障害】水没の場合は濡れたまま復旧依頼を が掲載されました。(外部リンク)

>メディア掲載情報一覧はこちら

トップへ戻る

考えられる原因は
SSD内部のコントローラーに異常が発生 等
コントローラーはSSDを読み込むための司令塔のようなものです。コントローラーの異常によりSSDの動作が不安定になり認識できないケースが考えられます。

考えられる原因は
メモリーチップの故障/メモリーチップの読み込み不具合 等
コントローラーはSSDを読み込むための司令塔のようなものです。コントローラーの異常によりSSDの動作が不安定になり認識できないケースが考えられます。

考えられる原因は
SSD内部のコントローラーに異常が発生・BIOSの損傷・OS破損 等
OSが格納されているSSDに異常が発生しOSを認識する事が出来ずに、パソコンの起動ができない可能性が高いです。OSはパソコンの司令塔な様なもので、OSが無くてはパソコンを動かす事が出来ません。そのOSが上の様な原因で認識できずに、パソコンを起動できない状態になっていると考えられます。

考えられる原因は
ファイルシステム異常・SSD内部のコントローラーに異常が発生・BIOSの損傷・OS破損 等
「Operation system not found」と表示が出ている場合、SSDのファイルシステムに異常が発生し、OS自体を認識できなくなっている可能性があります。

考えられる原因は
データを誤って削除してしまった場合でも、復旧の可能性は十分にあります。 しかし、一点守っていただきたいのは、速やかにSSDの使用を中止することです。復旧の可能性は十分にあると書きましたが、SSDを使用すればするほどその可能性は低くなります。削除したての頃はバックグラウンドに削除したデータが残っている場合が多いですが、使用を続けると、順次データが上書きされてしまい、バックグラウンドにもデータがなくなってしまう為です。データが上書きされる前に、まずは速やかに電源を落とし、再起動などはせずに、最善の対処策を専門家に相談されることをお勧めします。当社では、SSD専門のアドバイザーが無料で電話診断を行い、適切な対処方をご案内いたします。

考えられる原因は
操作を誤ってうっかりフォーマットしてしまったというお声もよく聞きます。 通常ですとデータが消えてしまった事になりますが、一度のフォーマットだけならば、まだ完全には削除されずにバックグラウンドにデータが残っている可能性がありますのでぜひご相談ください。この場合、復旧ソフトなどの使用はもちろん、そのままSSDの使用を続けるだけで、起動情報など様々な情報が意図せずとも書き込まれてしまいます。すぐにSSDの使用を中止し、データ復旧の専門家である私達にお任せください。

考えられる原因は
SSDが読み込めていない・SSDに異常が発生・コントロールチップに異常が発生 等
エラーメッセージの内容によって原因は様々ですが、いずれの場合もそのまま通電・再起動を続けますと、データ復旧が出来なくなる状態まで障害が発展してしまう危険性があります。まずはエラーメッセージの内容を控え・もしくは写真などにとっていただき、速やかに電源を落とし、当社の アドバイザーにお電話でご相談ください。ご相談・初期診断は無料です。

考えられる原因は
上記の症状1~7は代表的な例です。上記症状にあてはまらない場合でも重度障害が多々存在します。異常が起きたSSDは使用を進めるにつれ、障害が発展してしまいます。SSDの障害パターンは無限大と言っても過言ではなく障害によって対処法は様々です。経験を積んだ技術員でなければ、適切な対処を行うことは難しく、間違った判断をしてしまうと、二度とデータが戻って来なくなる場合もあり手探りの対処は大変危険です。大切なデータに少しでも異常を感じた際は、データ復旧の専門家である私たちにご相談ください。SSD専門のアドバイザーが無料で電話診断を行い、適切な対処方をご案内いたします。

トップへ戻る

OSとはパソコンの司令塔のようなもので、OSが破損していると、パソコンを立ち上げる事もできません。 OSによりパソコンの制御を行っているため、OSが破損すると何も出来なくなってしまいます。その為データへアクセスする事ができません。 OS破損の多くは、突然の電源遮断により起こります。誤った手順でのシャットダウンや停電・落雷などによる予期せぬ電源遮断がそれにあたります。 SSDで制御されているパソコンの多くは、複数のSSDを使用して構成されている事が多く、複数のうちの一つでもSSDが破損してしまうと、 全て使い物にならなくなってしまいます。

SSDのファイルシステムに異常が発生するケースです。SSDは、 意図的にデータ保存を行わなくとも、起動情報やデータ読み込み状況など、 何らかのデータが常に書き込まれています。 停電や落雷による突然の電源遮断や誤った方法によるシャットダウンにより、データの書き込みが 中途半端に行われてしまい正常に終了しなかった場合、 何処に何のデータがあるかの整合性が乱れファイルシステム異常となります。 きちんと 手順を踏んでシャットダウンしたつもりでも、間違っていたというケースも少なくありません。 シャットダウンの際には必ずマニュアル通りの 正しい手順でシャットダウンを行いましょう。また少しでも異常を感じたら、障害が発展する前に速やかに電源を落とし再起動などは行わず、 最善の対処方をデータ復旧の専門家にご相談ください。

HDDと比較すると少数になりますがSSDにも物理障害が発生します。なかでも多いのが電気的に起きる障害です。 物理的な障害は専用の設備が無いと復旧を行うことが出来ませんので、データ復旧会社への依頼が必要です。 また、SSDの物理障害はデータ復旧の技術の研究が進んでおらず、復旧不可の業者も多数あり、データ復旧会社の選定は慎重に行わなければなりません。 当社はデータ復旧率96.2%。累計116,289件の復旧実績を誇り、9年連続復旧実績No.1、業界トップシェアを占めております。他社で復旧不可とされた機器の復旧成功事例も多数。どうしても復旧したい大切なデータは、 ぜひ当社にお任せください。

SSDのコントローラーには、主にSSDの物理的な動きを制御するプログラムが組み込まれています。 誤った方法によるシャットダウンや年数を経ることでの劣化によりこの制御プログラムにに異常が発生するケースがあります。 この制御プリグラムの仕組みは年々複雑化が進んでいるため、技術力不足で障害に対応できない業者も存在しています。 絶対に取り戻したい大切なデータの復旧は、ぜひ私達にお任せください。

トップへ戻る

SSDのトラブルが発生した場合は、速やかに電源を落とし、再起動は行わない事がデータ復旧において重要です。 実は、画面上でデータが見えていないだけで、お客様から見えないバックグラウンドにはデータが残っている事がほとんどです。 だからと言って安心してそのまま使い続けると、バックグラウンドに残っているデータも順次上書きされ、いずれはSSD上から完全に消えてしまいます。 そうなる前にまずは速やかに電源を落とす事が重要です。

SSDでデータが見られなくなる理由は様々です。 障害が併発しているケースが多く、全く同じパターンでの障害は見られません。 障害パターンは無限大にあると言っても過言ではないでしょう。SSD障害の多くは目に見えないものばかりで、 万が一間違った対処を行うとデータが消失してしまう事があり大変危険です。 また、メーカーや保守業者ではデータの復旧は出来ません。 復旧と修理は全く別物で、メーカーや保守業者に相談しても、初期化されて戻ってくるだけ、機器が正常に使える様になってもデータが戻るわけではないのです。 SSDは超精密機械であり、間違った対処を行ってしまうと二度とデータが戻って来なくなります。 積み重ねた経験・知識を基に慎重な判断を行い、正確で確実な対処が必要です。初期の対処法でデータ復旧の有無が決まってしまいます。 SSDに異常を感じた際はデータ障害が発展する前に、速やかに電源を落とし、適切な対処方をデータ復旧の専門家に相談しましょう。

トップへ戻る

トップへ戻る

トップへ戻る

トップへ戻る

トップへ戻る

トップへ戻る

トップへ戻る

トップへ戻る