巡回冗長検査(CRC)エラーの対処方法|データ復旧 国内売上シェアNo.1【データ復旧.com】
デジタルデータリカバリー

巡回冗長検査(CRC)エラーの対処方法
||データ復旧なら国内売上シェアNo.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

※復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

  1. データ復旧.com
  2. > 3分自己診断
  3. > 自己診断:パソコン編
  4. > 巡回冗長検査(CRC)エラーの対処方法

巡回冗長検査(CRC)エラーの対処方法

巡回冗長検査CRCエラーとは、ハードディスクやDVDなどのデータ記録面に物理的なエラーが起き、データが読めなくなった状態のことを指し、何らかのタイミングでデータを記録している「プラッター」にキズや磁気エラーが起きてデータが読めないエラー「クラスターエラー(またはセクターエラー)が原因であることが多い症状です。


主な原因

CRCエラーポップ画面
CRCエラーポップ画面


原因1. データを読み書きするディスク(プラッター)部分にキズがついてしまった
原因2. キズだけではなく、経年劣化による読み取りエラー

ハードディスクは密閉されているので本来傷は付きにくいものですが、衝撃に弱い事と経年劣化などによりヘッドが損傷し、タイミングが悪ければ磁気ヘッドがプラッタを傷をつけ、ヘッドクラッシュしてしまうこともあります。
また、傷だけが原因ではなく経年劣化やホコリなどが原因で磁気エラーが起きデータ読み取りが不可能となり、表面上巡回冗長検査(CRC)エラーが起きている場合もあります。

Chkdskコマンドを使用しないこと!

ハードディスクのエラーを修復するコマンドで「chkdsk」というのがありますが、「巡回冗長検査CRCエラー」が出ているときは絶対に実行してはいけません。

chkdsk画面
理由としましては
  1. 「chkdsk」による修復の目的は、Windowsにとって正しいファイルシステムにすることであり、ユーザーにとって必要なファイルを修復するわけでないから。
  2. chkdskコマンドは、長時間にわたってハードディスク全体に読み込みや書き込みを行うため、ハードディスクへの負荷が大きいから。
  3. 他の手段で救出できる可能性があるデータでも、chkdskコマンドでエラーと認識された部分のデータはバッサリ切り捨てる書き込みを行ってしまうから。

上記の理由から「巡回冗長検査CRCエラー」の数がもっと増える可能性が高くなり
場合によってはもしかすると別の手段で復旧できたかもしれないデータの復旧が永遠に不可能になる可能性が高くなることも考えられます。

0120-706-332

再起動・通電を続けると起こる3大致命傷とは?

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。
また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

スクラッチ・データ上書き・不良セクタ 再起動・通電を続けると起こる3⼤致命傷

技術員よりアドバイス!
少しでもおかしいと感じることがあればまずは電源を落としてください

物理復旧技術員ヘッド障害担当”

黒い画面に「ご迷惑をおかけしています。Windowsが正しく起動できませんでした」と表示される場合、Windows OSに異常が発生した為に起動できない状態になっている可能性が高いです。 このトラブルは更新やアップデートを行った後に起こりやすい症状です。セーフモードでの起動を選択出来ますが、必ずそれで立ち上がるという訳ではありません。更に、セーフモードでの起動を行いそれが不可能だった場合、OSへの異常だけでなくファイルシステムにも異常が発生してしまう可能性があります。 セーフモードでの起動は行わず、専門家に相談することをお勧めします。


物理復旧技術員  データ復旧に対するポリシー

以前私もプライベートで思い出がたくさん詰まった写真データを破損してしまったことがありました。HDDがあるとどうにかならないかといつまでも考えてしまい気持ちが落ち着かなかったので、そのHDDは破棄してしまいましたが、今思うと破棄せずに保存しておけばよかったと心残りがあります。
自身がプライベートでデータを破損してしまった当時はデータ復旧というサービスの存在さえも知りませんでした。以前に比べるとデータ復旧と言うサービスの認知度も上がりましたが、知らない方も多くいらっしゃると思います。データが消えてしまいやりきれない思いを抱えている方にデータ復旧というサービスをいち早く教えてあげたいです。 その為私が出来る事は、より早く多くのデータ復旧を行い沢山のお客様にご満足していただく事だと考えています。そしてデータ復旧というサービスが世の中にひろがり、歯がゆい思いをする方がいなくなればと考えています。

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧売上シェア国内トップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。


0120-706-332

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13-12 サクセス銀座7ビル 5F/6F(総合受付)

営業時間(機器持込受付時間):9:30〜21:00

メールアドレス:info@ino-inc.com | URL : https://www.ino-inc.com

1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『データ復旧売上シェア日本トップクラス』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。