5つのセキュリティチェック
データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
お客様情報の取り扱いに関して、一切妥協はいたしません!!社内の全スタッフが毎日受けている

『機械』と『第三者』による5つのセキュリティチェック

当社の情報セキュリティチームでは、お客様の大切なデータをお預かりするにあたり、過去数年にさかのぼって情報漏洩の事例研究を行ってまいりました。
その結果、企業における情報漏洩で多いケースは次の2つのケースであることがわかりました。

1.USBメモリ等の小型記憶媒体を持込み、情報を移行して社外へ持ち出す
2.情報を紙に書く、または印刷して社外に持ち出す


情報セキュリティチームは、情報漏洩を完璧に防ぐ為には、『社外からは、一切記憶媒体を持ち 込まない。社内からは、一切お客様情報が記載されているものを持ち出さない。』という環境を 整えることが重要であると考え、徹底して対策を行って参りました。お客様に安心してご依頼 を頂けるよう、オフィスをセキュリティが強化されているビルに移転したという事も、体制を 整える方法のひとつです。

今回、さらにお客様に安心して機器をお預けいただくため、ビルのセキュリティ設備だけで満足してはいけないと、自社オフィス内のセキュリティ対策を見直し、新たにオフィス内で『第三者による厳密なセキュリティチェック』を行うことを2008年8月に決定いたしました。


最近の記憶媒体は、
ここまで小型化が進んでいます。


お客様のデータを守る為、設備投資は惜しみません!
当オフィス内の厳重な5つのセキュリティチェック

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ


オフィス入り口のすぐ横にはロッカーが設置されており、鍵は警備員が管理しています。
警備員から鍵を受け取った後、全ての私物をロッカーに保管します。社内には、私物は一切持ち込む事は出来ません。自分のデスクに向かうときは、手に何も持っていない状態で向かい、徹底した管理の下お客様の情報をお預かりしています。




扉はSECOMのセキュリティーを導入しており、カードをかざさなくては鍵が開かないようになっています。このセキュリティーカードは持ち主の情報が登録されており、誰がいつこの扉を出入りしたか記録される仕組みになっています。また、セキュリティカード兼身分証明になっており、就業中は常に身につけることになっています。



社員・役員を含め、オフィスに出入りする全スタッフがチェックの対象です。


機械に顔を近づけ、登録された従業員本人であることを認証します。
万が一セキュリティーカードが悪用された場合でも、本人しか持ちえない顔で認証する事で2重確認。部外者の立ち入りを厳重に予防することができます。




情報漏えいを防止するためには、お客様の情報を持ち出さないことが一番です。金属ゲートではお客様の情報が記録された記憶媒体が持ち出しされないように、どんな小さな金属も感知し、持込を排除しています。
社内には、私物は一切持ち込む事は出来ません。自分のデスクに向かうときは、手に何も持っていない状態で向かい、徹底した管理の下お客様の情報をお預かりしています。 今回、デジタルデータリカバリーが導入した金属探知機は、9.11テロ事件以降、北米や欧州が定める最新セキュリティ・レベルを最初にクリアしたイタリアのメーカーが製造しており、米国シークレットサービスにおいても指定されている製品です。

また、アメリカ大統領専用機『エアフォース・ワン』やJFK国際空港(アメリカ)など世界中の主要国際空港、税関、官公庁にも導入されています。


《デジタルデータリカバリーと同機種の導入例》
アメリカ大統領専用機『エアフォース・ワン』
JFK国際空港(アメリカ)
オタワ空港(カナダ)
ダラス国際空港(アメリカ)
台北空港(台湾)
ラガーディア空港(アメリカ)
シャルル・ドゴール空港(フランス)など・・・


専門のトレーニングを受けた警備員が常に待機しています。金属探知ゲートで金属反応が出た場合、警備員によって目視チェックが行われます。



ファイルや手帳は、すべて開いて警備員にチェックをしてもらいます。


最後は、第三者機関の常駐警備員による目視チェックを行います。
当社とは全く無関係の第三者機関に依頼し、常駐警備員を配置しました。
トレーニングを受けた警備員が、スタッフが出勤するよりも早い朝7時半から待機し、全てのスタッフが帰宅する深夜12時過ぎまで常にチェックを行い、持ち場を離れる事はありません。

会社内のスタッフがチェックを行わない理由は、お客様のデータをお預かりするという事に対して、「妥協」や「甘え」を決して許さないからです。
デジタルデータリカバリーでは、使用しているパソコン全てのUSB接続部分を潰して接続できないようにしていたり、データを取り込む為のソフトをインストール出来ないようにしています。
ただ、これでもまだ完璧ではない・・・と、情報セキュリティチームが最終的に辿り着いたのが、『第三者による目視チェック』でした。

金属探知機という機械だけのチェックでは、紙による情報漏洩を完璧に防ぐ事は難しいでしょう。同じように、警備員という人だけのチェックでは、巧妙に見えないよう隠された記憶媒体を見逃してしまう可能性があります。
そこで、デジタルデータリカバリーではその両方を使ってダブルチェックをおこなう事で、情報漏洩の危険性を下げることが出来ると考えました。

外部との打ち合わせで使用する書類などは、必ず持ち出し申請書を記入し、まず上司数名の許可を取らなくてはなりません。その後、退出時に警備員が細かく書類を確認します。

※ご来社で機器をお持ち込み頂く為のお客様対応エリアのみ、セキュリティチェックの対象外となります。


>セキュリティ対策だけじゃない。最短即日スピード復旧 お問い合わせから納品まで
お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

社外からは、一切何も持ち込まない!社内からは、一切何も持ち出さない!
当社は、セキュリティ管理を徹底しています!


ピー・ピッ。という金属探知機のチェック音が数秒おきにオフィス内に響き、社内への出入りは、自分たちが思っていたよりも激しいのだという事を改めて認識させられます。私物は全てロッカーへ入れ、ポケットの物も全てトレイへ置き、靴まで脱いで金属探知機のゲートをくぐる。一人が、指紋認証を行ってから自分の担当エリアへ行くまでに、大体3分から5分を要し、毎朝出勤時間には、デジタルデータリカバリーの前に長い列が出来ます。

自社のセキュリティ対策には、年間約8000万円以上が投資され、「ここまでやる必要があるのか?」という声を、外部からお呼びしている技術顧問の先生などから頂きますが、お客様の大事なデータをお預かりしているという事を考えれば、機械と第三者による5つのチェック方式は、決して「やりすぎ」なのではなく、「当たり前」の事であると思っています。
さらに、勤務する全スタッフが身元保証について一定の基準をクリアした者であり、勤務初日に機密保持契約書を結びます。そうすることで、お客様の情報に対するセキュリティ対策への意識を高めるとともに、社内での情報管理を徹底することで、お客様情報の情報漏洩を防ぐ体制をとっております。

全てはお客様の安心のために、デジタルデータリカバリーはこれからもセキュリティ管理を徹底しておこなってまいります。

当社は、世界基準で管理運営しています

国際標準規格ISO27001/ISMS認証とは、情報セキュリティに対する品質が世界標準レベルである証明

ISOとは、世界147カ国以上の加盟国が参加し国際標準規格を策定している品質規格のことです。 27001という番号は、情報に対する品質を証明するもので、この規格を保有している企業は
情報に対する品質が世界標準レベルであるという証明になります。

>ISOについての詳細はコチラ

プライバシーマーク(Pマーク)とは?

プライバシーマークの認定と認定証について
プライバシーマークとは、個人情報の取扱を適切に行っているかどうか、審査員が直接審査し、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が「プライバシーマーク」を付与するという、【第三者認定】が必要な証明です。
つまりプライバシーマークが取得できたという事は、第三者の目からみても、個人情報を適切に処理していると認められた事になるのです。

>プライバシーマークについての詳細はコチラ

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
「お客様の声」
突撃取材レポート
お客様とのお約束
セキュリティ対策
世界最大級!!
技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる
3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。