どこよりも早く最新の設備と技術で
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

当社のデータ復旧サービスは
どこよりも早く最新の

デジタルデータリカバリーは10年連続で復旧実績国内第1位を獲得しています。
この実績は、当社が「どこよりも早く」「最新の設備と技術使って」データを復旧しているからだと自負しています。
当社では、1秒でも早く、1つでも多くのデータを安全に復旧する事を使命として、データ復旧を行っています。お電話頂ければ、すぐにお客様の状況を伺い、考えらえる障害や復旧の可能性についてご案内いたします。



どこがどう速いのか?

業界唯一!?ワンフロア体制で「その場で」復旧

デジタルデータリカバリーは、ご依頼頂いた機器をすべてワンフロアで復旧しています。
通常のデータ復旧業者の場合、機器の受付場所が異なる事が多く、ご依頼や初期診断等々、受付店への送付に時間がかかることがほとんどです。
デジタルデータリカバリーは、アドバイザーとエンジニアが同じフロアにいる為、そのタイムロスがありません。また、ワンフロア体制により、復旧作業中のお客様からの状況確認のご連絡にもすぐに対応ができます。

8,000台以上の「ドナー」HDDで、「すぐに」復旧作業着手

実は、HDDのデータ復旧は人間の病気の治療と、とても似ています。
HDDの壊れ方は大きく2つに分かれ、物理障害と呼ばれる、HDD自体が機械的に壊れてしまっている障害(外科)と、論理障害と呼ばれる、HDDは機械的に壊れていないものの、HDD内のシステムが壊れてしまっている障害(内科)とに分けられます。
この物理障害(外科)の場合、復旧には”ドナー”と呼ばれる交換用部品HDDが必要となります。

しかし、この”ドナー”が非常に厄介です。HDDは同じメーカー・同じシリーズ・同じ型番であっても、必ずドナーとして適合するわけではありません。HDDはマイナーチェンジが頻繁に行われるため、製造年月日が近いなど、もろもろの条件が揃わなければドナーとして適合しません。

こういった理由から、多くのデータ復旧業者では、復旧のご依頼を頂いてからお客様の機器に合わせたドナーを調達しています。 このドナーも、既に数年前に市場に出回っているHDDである為、調達は基本的に中古を探す事となります。つまり、ドナー1台調達する為に、数日かかる事は必至で、これが海外からの調達となると、それだけで数週間かかる事となります。

しかも、HDDのドナー適合率は非常に低い為、こうした選りすぐりのドナーを HDD1台復旧する為に数台使用する事となります。

最速15分で復旧できる理由は?

つまり、物理障害が発生していた場合、HDDの復旧には通常数日から数週間かかります。しかし、デジタルデータリカバリーは8,000台以上のドナーHDDが常時ストックされている為、ご依頼頂ければ、その瞬間から復旧作業に着手が可能です。

しかも、このドナーHDDは、ご依頼頂く機器の傾向から、予め「今後依頼が増えるだろう」という予測の元、ドナーを増やしている為、滅多に「ドナーが足らない」という状況には陥りません。デジタルデータリカバリーは、たとえ物理障害であっても、 ”その場”で”すぐに”データ復旧ができます!



最先端設備と技術で高確率復旧!

データ復旧用の最先端機器を随時導入・開発!

データ復旧は、HDDの製造等と同様に特殊な設備が必要となります。

物理障害の復旧には、無菌室のような”クリーンルーム”と呼ばれる施設の中で復旧作業を行います。見た目からは想像できませんが、HDDはナノ単位で設計されている精密機器です。 開封には、クリーンルームの中でも、特にクリーン度の高い「クラス100」の設備が必要となります。デジタルデータリカバリーは、この「クラス100」のクリーンルームを所持し、同時に最大で4台のHDDの物理障害の復旧が可能となっています。

さらに、デジタルデータリカバリーは、データ復旧に”絶対”必要な専門設備を保有しています。この設備も、いくつかのバージョンがありますが、当社は随時最先端のものを導入することで、復旧率を上げています。もちろん、導入台数も国内最大の30台以上にのぼるため、多くのお客様からご依頼頂いても、順番待ちなど無くデータ復旧作業が可能です。

ほかにも、デジタルデータリカバリーでは、独自開発のデータ復旧用設備を保有しています。こうした設備により、より確実に、そしてより多くのお客様の機器が復旧できるようになっています。

仕組み化と研究開発・技術導入で、高い復旧率を保持

デジタルデータリカバリーは96.2%と非常に高いデータ復旧率を保持しています。 この復旧率は、データ復旧作業の仕組み化と、新技術の研究開発・導入により維持されています。下の図は、データ復旧の障害を難易度別に分けたものです。

難易度のうち、Eは難易度が低く、Sに上がるにつれて、復旧の難易度は高くなります。当社では、初期診断の段階で、E~Cまでは、当社のエンジニアであればどのエンジニアでも復旧できるよう仕組化しており、B以上の復旧の難易度の高いものに関しては、トップエンジニアが対応するようになっています。

デジタルデータリカバリーには133,156件以上にのぼるご利用実績があり、その全てがデータベース化されているため、機器やHDD・障害ごとの”最適な対応方法”がわかるようになっています。こうした、過去の実績を仕組み化する事で、安定して多くの機器を復旧できる体制を整えています。
そして、トップエンジニアたちによる、技術研究開発や、技術導入によって、世界中で過去復旧事例の無い機器であっても、当社では復旧が可能です。

本当に安心して依頼が出来る企業をさがしてください

当社をはじめ、日本国内にデータ復旧業者は100社以上存在します。しかし、残念なことにその多くは従業員1,2名のような小さな会社です。規模が小さい事は悪い事ではありません。ただ、気をつけなくてはいけないのは、「その企業は本当に自社で復旧をしているのか」「セキュリティ面は安全なのか」「どういった環境で復旧作業を行っているのか」といった事です。ホームページではいくらでも綺麗に見せることができます。データ復旧は1発勝負です。信頼できる企業に依頼をしてください。

当社は「誰もがわかる」ように状況をご説明致します

連続日本一のデータ復旧実績を誇るデジタルデータリカバリーでは、パソコンに詳しく無い方から企業のサーバ管理者の方まで、そのお客様にとって一番分かりやすい言葉を使って状況のご説明をしています。お電話頂ければ、専門のデータ復旧アドバイザーがお客様の状況を伺い、考えられる症状や復旧の可能性、概算のお見積もりと 復旧期間をご案内いたします。専門用語もわかりやすく解説いたします。
まずはお電話にてご相談ください。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。