外付けHDD(ハードディスク)が認識しない原因と対処法
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

外付けHDD(ハードディスク)が認識しない原因と対処法

HDD(ハードディスク)を認識しない

PCが(外付け)HDDを認識しない・読み込まない・HDDにアクセスできない時どうすればいいのでしょうか。
この記事では、PCがHDDを認識しない、アクセスできない場合に、考えられる原因と対処法をご紹介します。
大切なデータを失ってしまう可能性もあるため、原因と対処法を知りHDDが認識しない問題を解決しましょう!



「HDDを認識しない原因と対処法」を動画で見る


初めての方・お急ぎの方もお気軽にお問合せください。

0120-706-332

1. 外付けHDDを認識しないトラブルとは?

hddを認識しないトラブルとは
hddを認識しないトラブルとは

以下のような症状が代表的です。


「HDDを認識しない」「HDDにアクセスできない」トラブルでは、以下のような症状が発生します。

・HDDをPCに繋いでも認識(反応)しない
・HDDは認識するがフォルダやファイルが開けない
・電源を入れてもHDDが動かない、電源自体が入らない
・落下や水没等で振動・衝撃を加え、動作しなくなった
・HDDから異音が聞こえる、異臭がする
・「フォーマットしてください」等のエラーが出る
・「アクセスできません」「アクセスが拒否されました」といったエラーが出る


2. 外付けHDDを認識しない原因

HDDが認識しない原因は主に下記の3つが考えられます。


電源周りの不具合

「HDDを認識しない」「HDDにアクセスできない」原因として、機器の電源がオフになっている、電源供給が充分にできていないケースが考えられます。この場合はHDD自体に問題があるわけではないので、まずは以下の電源周りに問題がないかどうかを確認しましょう。

・外付けHDDの接続ケーブル
・中間接続機器
・USBコネクタ

デバイスドライバがHDDを認識していない

デバイスドライバに不具合が生じPC上でHDDを認識していない可能性も考えられます。 デバイスドライバは更新のプログラムの適用やアプリのインストールなどでが破損してしまう可能性があります。また、デバイスマネージャーの「ディスクドライブ」内に、ハードディスクの型番が表示されていない場合はHDDに故障が生じている可能性が高いです。


HDDの故障や不具合

ハードディスク(HDD)を認識しない・アクセスできない場合は、HDD自体に問題がある可能性考えられます。HDDは大きく分けて物理障害論理障害の2つが考えられます。 HDDに故障が発生している場合は、誤操作によって症状悪化やデータを削除してしまう可能性もあるため正しく障害の特定を行う必要があります。  


0120-706-332

3. 外付けHDDが故障するときに起こっていること


物理障害

物理障害とは、HDD自体の物理的な破損によって認識されない状態を指します。
物理障害は、「衝撃を与えた」「落下した」「水没した」など原因が明確なケースだけでなく、「経年劣化」「HDDの品質個体差」などにより突然障害が発生するケースも非常に多くあります。
物理障害が発生している場合、通電することは非常に危険です。故障部品がデータが保存されているプラッタに接触してしまい障害が悪化する恐れがあり、大切なデータを完全に破壊してしまう危険性があります。 特に、HDDからカチカチ、カタカタと異音がする場合は物理障害の可能性が非常に高いため、ただちに使用を中止し、すみやかに電源をOFFにしてください。

■物理障害の種類

・磁気ヘッド障害:データの読み書きを行う部分の破損
・モーター障害:プラッタの回転軸となるスピンドルモーターの破損
・基板障害:HDDの裏側についているPCB基板の破損
・ファームウェア障害:HDDの動作プログラム異常。特殊なツールでのみアクセス可能
・スクラッチ障害:プラッタに傷がついてしまった状態。
最重度障害であり、スクラッチ障害から復旧が可能な業者は世界的に限られています。


物理障害 物理障害が発生している場合、HDD内部の部品を交換するといった作業が必要になります。
HDDは精密機器です。ほんのわずかなチリやホコリ、煙が内部に付着するだけでも、データの読み書きができなくなるリスクがあります。
物理障害の発生したHDDで部品交換が必要な場合は、クリーンルームという手術室と同等の空気清浄度の空間で作業を行う必要があります。
お持ちのハードディスクで物理障害が疑われる場合、極力自身で復旧を試さず、信頼できるデータ復旧サービスを利用して相談することをおすすめします。


論理障害の場合

論理障害とは、ファイルシステム(データを管理し、操作するための機能)の破損や、保存されているデータ自体が破損していることでデータが正常に読み取れない状態を指します。 論理障害は操作ミスによって発生することが多く、データの削除やフォーマット、急な切電(強制シャットダウンや停電・ケーブル抜けなど)によるものが多いです。

論理障害 データ復旧ソフトの使用も対処法の1つとして挙げられますが、データ復旧の専門家としてはおすすめできません。データ復旧ソフトの復旧工程の中で元々のデータに上書きする形で復旧が行われる場合があります。この工程が行われてしまった後には、データ復旧の専門家でも復旧作業が難航してしまう可能性があるためです。 また、物理障害を併発していた場合、ソフトでの復旧は見込めず、通電を繰り返すことで状態が悪化、最悪のケースではデータの取り出しが不可能となります。


0120-706-332

4. 外付けHDDを認識しない際の注意点

HDDが認識されないトラブルに陥ってしまった場合は下記に注意してください。

通電し続けない

PCがHDDを認識しない際は、どのような不具合が生じていた場合であっても、HDDの通電は慎重に考えましょう。

機器の電源をOFFにする(ONにしない)
機器を通電させない(コンセントやPCに接続せずに外して保管する)


HDDは電源を入れると物理的な部品が駆動し、機器に一番大きな負荷がかかるため、何度も再起動を行なうと故障をより大きくする確率が上がってしまいます。焦って再起動や抜き差しを試してしまうと、復旧できたはずのデータさえも復旧できなくなってしまう可能性も高いです。
正確な原因が分かっていない状態での作業には危険が伴いますので、大切なデータが入っている場合、まずは原因を見極めて適切な対処方法を検討してください。


フォーマットしない

PCがHDDが認識しない場合、パソコンとの接続時に「フォーマットしますか?」などのエラーが表示されることがあります。そのまま指示通りにフォーマットしてしまうと、HDD内部のデータが全て失われてしまうため、安易に試さないようにしましょう。 HDDをフォーマットすることでHDDを認識することもありますが、大切なデータであればフォーマットはしないことをおすすめします。


HDDが認識しないと表示された時の対応3STEP

データ復元ソフトの使用は控える

データ復元ソフトは無料・有料問わず軽微な論理障害しか復旧できず、物理障害が発生していた場合は復旧することができません。手軽に自分自身でデータ復元を試みることができますが、正確に原因特定を行わずに使用してしまうと本来なら復元できたデータが破損、軽微だった物理障害が致命的なものになってしまう可能性があります。軽微な論理障害であると明確に判断できない場合はデータ消失を避けるためにも復旧ソフトの使用は控えましょう。


0120-706-332

4. 外付けHDDを認識しない際の対処法

HDDが認識されない際の対処方法をご紹介します。

電源周りを見直す

電源ランプがついているか、ACアダプターやUSBケーブルの接続が正しいかなど電源周りをを確認しましょう。見落としてしまう方が多いですが、挿し込まれていない場合が多くあります。
また、USBケーブルが断線している場合もありますので、USBケーブルの交換で解決する可能性もあります。


USBコネクタ部分の確認

外付けハードディスクの場合、USB端子が破損、USB端子が汚れが原因でHDDが認識できなくんばってしまう可能性があります。 しかし端子の接触不良を疑い、抜き差しを繰り返すことは控えましょう。何度も通電されてしまうため、HDDに負荷がかかり症状悪化やデータ損失のリスクが伴います。


コマンドで修復

PCのファイルシステムにエラーがある場合HDDを認識しません。WindowsのコマンドプロンプトやMacのターミナルでコマンドを入力し修復しましょう。ただし、ファイルシステムエラーが生じていない場合はさらに症状を悪化させる可能性があるため正しく原因特定できていない場合は控えましょう。

Windows

1. Win+Rキーを同時に押しファイル名を指定して実行のウィンドウを開きます。
2. cmdと入力しコマンドプロンプトを起動。
3. 「chkdsk d/f」を入力しEnter。

Mac

1. Finderで、アプリケーションフォルダを開く
2. ユーティリティフォルダからターミナルを開く
3.「$/sbin/fsck -fy /dev/○○」と入力しEnter
※○○部分はディスクごとに異なるためディスクユーティリティで確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
Macが外付けHDDを認識しないときの原因と対処法


デバイスドライバーの問題を解決する

アプリのインストールやアップデートにより、HDD用のドライバが認識されなくなってしまうことがあるため、デバイスドライバの状態を確認しましょう。

〈Windows10の操作手順〉
⑴画面左下のWindowsマークを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択
⑵表示された画面内の、「ディスクドライブ」「ユニバーサルシリアルバスコントロール」をダブルクリック
以上の手順で操作し、HDDが正しく認識されていればドライブが表示されます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
【Windows10】PCでHDDを認識しない際の原因と対処法


データ復旧業者に相談する

上記の対処で解決しない場合や大切なデータが保存されている場合は、データ復旧業者への相談が一番安全にデータ復旧できる方法です。
HDDの異常は、障害が複合的に発生していることが多くあります。個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。 復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。
デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っております。


データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて



6. HDD復旧対応メーカー

日本製から海外製まで復旧実績があります。

当社のデータ復旧サービスでは、現在販売されているほぼ全てのメーカーのハードディスク(HDD)に対応しております。また、下記以外のメーカーでも、お電話にて対応可能かすぐお伝えすることができます。お気軽にお問合せください。

【HDDメーカー】
IBM/Western Digital/sumsung/Quantem/MAXTOR/seagate/東芝(東芝ストレージデバイス)/富士通/I-O DATA/ASKA/アドテックス/バッファロー(旧称:メルコ)/LaCie(ラシー)/ Logitec(ロジテック)

【PCメーカー(HDD使用)】
富士通/ヒューレット・パッカード(通称:HP)/NEC/Dell/Lenovo/FRONTIER/iiyama(旧称:飯山電器)/マウスコンピューター/ASUS/サードウェーブ(ドスパラ)/Dynabook

【外付けHDDメーカー】
エレコム/Silicon Power/ADATA/バッファロー(旧称:メルコ)/I-O DATA/トランセンド/Logitec(ロジテック)/FFF SMART LIFE CONNECTED/Apricorn/ハギワラソリューションズ/プリンストン/Lenovo/FREECOM/SONY/メルコシンクレッツ/IMATION/ASUS/Apple/ヒューレットパッカード(通称:HP)/Samsung(サムスン)/maxell(マクセル)/YAMAZEN/HGST(旧称: 日立グローバルストレージテクノロジーズ)


7. 外付けHDDが認識しない際によくあるご質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

「フォーマットしますか?」と表示されたのですが、実行しても大丈夫ですか?

HDD内部のデータが必要であれば、フォーマットにより消失するリスクが高いため実行はおすすめしません。 誤ってフォーマットしてしまった場合は、それ以上の操作を停止してください。
HDDに物理的な障害が発生している場合には、操作を続けることで障害が悪化し致命傷となる可能性があります。大切なデータであればHDDの故障原因特定のため専門業者の初期診断の利用をおすすめします。

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。


0120-706-332

お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。