外付けHDD(ハードディスク)を認識しない!原因と対処法は?【データ復旧.com】
デジタルデータリカバリー

外付けHDD(ハードディスク)を認識しない!原因と対処法は?
|【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

※復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

HDD(ハードディスク)を認識しない!原因と対処法は?

HDD(ハードディスク)を認識しない

PCが(外付け)HDDを認識しない!読み込まない!こんな時どうすればいいのでしょうか。この記事では、PCがHDDを認識しない場合に、考えられる原因と対処法をご紹介します。大切なデータを失ってしまうリスクもあるこのトラブル。原因と対処法を知って、HDDが認識しない問題を解決しましょう!


1.HDDを認識しないトラブルとは?

以下のようなトラブルが代表的です。


・HDDをPCに繋いでも認識(反応)しない
・HDDは認識するがフォルダやファイルが開けない
・電源を入れてもHDDが動かない
・電源自体が入らない
・HDDから異音が聞こえる
・「フォーマットしてください」等のエラーが出る
・「アクセスできません」といったエラーが出る



2.HDDを認識しない原因とやってはいけないこと

上にあるようなトラブルで「HDDが認識しない」状態に陥ってしまった場合は

機器の電源をOFFにする(ONにしない)

機器を通電させない(コンセントやPCに接続せずに外して保管する)

ことが重要です。焦って再起動や抜き差しを試してしまうと、復元できたはずのデータさえも復元できなくなってしまう可能性があるからです。

正確な原因が分かっていない状態での作業には危険が伴いますので、「専門業者に診断してもらう」というのが最善の選択です。

HDDがクラッシュしてしまったら、、、

HDDが認識しないと表示された時の対応3STEP


お問い合わせはこちら
詳しい情報をチェック|デジタルデータリカバリーのホームページはこちら
0120-706-332

HDDを認識しない原因には、大きく分けて「物理障害」と「論理障害」の2つがあります。これらについては専門用語が多く、なにがなんだか分からないという方も多いと思いますので、下にできる限り分かりやすく説明していきます。

これらの障害が発生した場合に「フォーマットしますか?」などのエラーが表示されることがありますが、フォーマットしてしまうとHDDのデータが全て失われてしまうため、安易に試さないようにしましょう。また、物理障害の場合には通電することで物理的な障害部分が悪化し致命傷となる可能性があるため、機器をむやみに通電させないことが重要になるのです。



3.HDDを認識しない原因

ハードディスク(HDD)を認識しない原因は大きく分けて2つあります。

・物理障害が発生している
・論理障害が発生している

それぞれの詳細を確認しましょう。

物理障害の場合

物理障害とは、HDD自体の物理的な破損によって認識されない状態を指します。
物理障害は、「衝撃を与えた」「落下した」「水没した」など原因が明確なケースだけでなく、「経年劣化」「HDDの品質個体差」などにより突然障害が発生するケースも非常に多くあります。
物理障害が発生している場合、通電することは極めて危険です。破損している磁気ヘッドがプラッタと接触すると障害が悪化する恐れがあり、大切なデータを完全に破壊してしまう危険性があります。特に、HDDからカチカチ、カタカタと異音がする場合は物理障害の可能性が非常に高いため、ただちに使用を中止し、すみやかに電源をOFFにしてください。

HDDが物理的に故障する箇所としては、データを読み書きするヘッド部分の破損や基板の破損、ヘッドの破損のよってプラッタ(ディスク)に傷が入ってしまった最重度障害のスクラッチ障害など様々です。

■物理障害の種類

・磁気ヘッド障害:データの読み書きを行う部分の破損
・モーター障害:プラッタの回転軸となるスピンドルモーターの破損
・基板障害:HDDの裏側についているPCB基板の破損
・ファームウェア障害:HDDの動作プログラム異常。特殊なツールでのみアクセス可能
・スクラッチ障害:プラッタに傷がついてしまった状態。
※最重度障害であり、スクラッチ障害から復旧が可能な業者は世界的に限られている。


物理障害 物理障害が発生している場合、HDD内部の部品を交換するといった作業が必要になります。
HDDは精密機器です。ほんのわずかなチリやホコリ、煙が内部に付着するだけでも、データの読み書きができなくなるリスクがあります。
物理障害の発生したHDDで部品交換が必要な場合は、クリーンルームという手術室と同等の空気清浄度の空間で作業を行う必要があります。
お持ちのハードディスクで物理障害が疑われる場合、極力自身で復旧を試さず、信頼できるデータ復旧サービスを利用して相談することをおすすめします。


お問い合わせはこちら
詳しい情報をチェック|デジタルデータリカバリーのホームページはこちら
0120-706-332


論理障害の場合

論理障害とは、ファイルシステム(データを管理し、操作するための機能)の破損や、保存されているデータ自体が破損していることでデータが正常に読み取れない状態を指します。論理障害は操作ミスによって発生することが多く、データの削除やフォーマット、急な切電(強制シャットダウンや停電・ケーブル抜けなど)によるものが多いです。

論理障害 論理障害の復旧には、バイナリエディタ上で0と1で書かれているHDD内の情報を16進数に変換し、「どこの値が間違っているのか」を確認していきます。
1枚の写真に対しても万を超える数列が並ぶ場合があるため、膨大な情報量を処理する必要があり、専門的な知識が不可欠な作業となります。

人間の病気と同じように、論理障害もその機器によって状況は全く異なります。
同じ症状の機器に対して全く同じ処置を施すのではなく、1件1件オーダーメイドの復旧作業を行います。
そのため、データ復旧ソフトの使用も対処法の1つとして挙げられますが、データ復旧の専門家としてはおすすめできません。
データ復旧ソフトでは、システム上で決められた作業しか行われないため復旧の保障がないうえに、データ復旧ソフトの復旧工程の中で元々のデータに上書きする形で復旧が行われる場合があります。この工程が行われてしまった後には、データ復旧の専門家でも復旧作業が難航してしまう可能性があるためです。


お問い合わせはこちら
詳しい情報をチェック|デジタルデータリカバリーのホームページはこちら
0120-706-332


4.その他に考えられるHDDを認識しない原因

HDDを認識しない要因として、以下のことも考えられます。ただ、前述したように障害が発生している状況での通電には症状悪化(場合によってはデータ消失)のリスクが伴いますので、その点をご理解の上で確認するようにしてください。

電源が接続されているか

HDDを認識しないのは、そもそも機器の電源がオフになっていたり、電源供給が充分にできていないケースがあります。この場合はHDD自体に問題があるわけではないので、まずは以下の方法から電源に関する原因ではないかどうかを確認しましょう。


①外付けHDDの接続ケーブルの問題

製品の付属品である電源ケーブルを使用していない場合は、付属品の電源ケーブルで接続した場合に認識するかどうかをご確認ください。付属品の電源ケーブルが紛失している場合には、別のHDD(ハードディスク)を同ケーブルで接続してみることで、ケーブルに原因があるのかをご確認ください。


②中間接続機器の問題

USBハブを併用されている方であれば、電源供給が十分でない可能性があります。直接パソコンに接続してHDDを認識するかをご確認ください。


③PC本体の問題

他のパソコンをお持ちの場合には、認識しない症状がみられるHDDを別のパソコンに接続してみることで、原因の所在をパソコン本体か、HDD側にあるかどうかご確認ください。

デバイスドライバが認識されているかどうか

電源の問題でなければ、PC本体への接続か、もしくはPC本体側に原因があるとも考えられます。デバイスドライバが認識されているかどうかをデバイスマネージャーから確認しましょう。


デバイスマネージャーの主な確認方法


⑴スタートボタンを右クリック

⑵デバイスマネージャー(M)をクリック

※表示されない場合はコントロールパネルからデバイスマネージャーを開く


⑶対象のHDDが表示されているか確認

デバイスが認識されていない場合には、物理障害をはじめとした手元では直すことができない重大な障害が発生している可能性が高いため、すぐにデータ復旧業者への相談をおすすめします。


お問い合わせはこちら
詳しい情報をチェック|デジタルデータリカバリーのホームページはこちら
0120-706-332


5.HDDを認識しないトラブルと対処法まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでで原因が特定できない場合はプロに相談もしくは診断をしてみるするほかないでしょう。
また、知識がない・症状が明確ではないままでの復旧作業はデータに悪影響を及ぼしてしまうリスクもあります。大切なデータであれば、最も安全にデータ復旧すべく、まずはプロに無料診断を依頼してみるというのが最も確実な選択となります。
▶お電話またはメールでお問合せいただいたきますと、弊社認定のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について丁寧に説明いたします。

データ復旧業者や修理会社は様々存在しますが、技術力が低い業者に依頼してしまうと、誤った処置によりデータ復旧の可能性が下がってしまう可能性があります。大切なデータを預けるうえで、値段だけでなく実績や技術力(復旧率など)を確認して、最も信頼できる業者選びをしましょう。



6.対応HDDメーカー

日本製から海外製まで復旧実績があります。

ハードディスクメーカーに関しては、現在販売されているほぼ全てのメーカーに対応おります。まずは下記をご参照ください。また、下記以外のメーカーでも、お電話にて対応可能かスグにお伝えすることができます。まずはお電話を。

IBM/Western Digital / sumsung / Quantem / MAXTOR / seagate / 東芝 / I-O DATA / ASKA / アドテックス / BUFFALO(旧称:(株)メルコ)/ LaCie(ラシー) / Logitec(ロジテック)



お問い合わせはこちら
詳しい情報をチェック|デジタルデータリカバリーのホームページはこちら
0120-706-332


お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。