デジタルデータリカバリー

PC(パソコン)のデータを削除してしまった場合のデータ復元方法
|【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

データを削除してしまった場合の対処法・データ復元方法

データが消えて悩む人

個人用・仕事用に関わらず、日常的にPCを使用していると誤操作などにより大切なデータを削除してしまうのは珍しいことではありません。誤った方法でデータを復元できる可能性を失ってしまわないためにも、今回はPCのデータを削除してしまった場合のデータ復元法について紹介します。

1. 消えたはずでは?データが復元できる理由

誤ってPCからデータを削除してしまった際、ファイルが完全にPCから消えていない場合があります。ごみ箱を空にしてしまった、フォーマットしてしまった場合でも、見かけ上では見えないものの、ハードディスクの記憶演算子という部分にデータが残っている可能性があります。そのため、正しい対処法を行えばデータを復元させることが可能です。

2. データを削除してしまったときの注意点

2-1.フォーマットや上書きを行わない

上記でも述べたようにデータは完全に削除されたわけではなく、内部に存在している可能性があります。
削除したファイルに新しく上書きがされない限り、HDD内に残っているため復元が可能です。しかし削除した後、さらにフォーマットや上書きをしてしまうと、データを復元できる可能性が低くなってしまいます。重要なファイルを誤って削除してしまったことに気づいた際は、フォーマットや上書きしないようにしましょう。

2-2.データ削除後の使用は最小限に

誤って削除してしまってからPCを長時間使用してしまうと、削除したファイルを復元できる可能性が低くなってしまいます。また、誤操作などにより症状を悪化させてしまう可能性もあります。下記の復元方法でもデータを復元できない場合は、すぐにPCをシャットダウンするようにしましょう。

2-3.データ復元ソフトはリスクを伴う

データ復元ソフトは誤って削除してしまったファイルや、アクセスできなくなってしまったデータを検出し、元あった形に復元させるソフトウェアです。しかし、復元ソフトの使用にはデータを失ってしまうリスクが伴います。当然のことですが復元ソフトをインストールしただけでは、データの復元はできません。自身での復元操作や、障害状況に応じた復元ツールの選定をする必要があり、復元できるかどうかは使用者のリテラシーに大きく依存します。実際に復元ソフトを使用したことにより症状を悪化させてしまいデータを全て失ってしまった方も多くいらっしゃいます。復元ソフトの使用は十分に注意し、失っては困るような大切なデータを復元させる場合はなるべく使用を控えることをお勧めします。

0120-706-332

3. データ復元方法 -【Windows】

Windows PCの復元方法をご紹介します。※個人での作業はデータを失ってしまうリスクがあるため大切なデータの場合は復旧業者に相談しましょう。

データ復元サービスの流れや料金については下記から確認できます。

初めてのデータ復旧 3分自己診断
持込最短1日復旧 料金について

3-1.ごみ箱から復元

まずゴミ箱を確認しましょう。PCで削除したデータは一般的にゴミ箱に移ります。ゴミ箱を空にしたことがない場合は、ゴミ箱から削除したデータを復元することが可能です。
ゴミ箱を開くと削除したデータがすべて表示され、「全ての項目を元に戻す」をクリックまたは、復元したいファイルを右クリックして「復元」をクリックすることで、削除したデータを復元することができます。

ゴミ箱を確認

もし、ごみ箱から削除したファイルが見つからない場合は、ファイルを完全に削除されています。この場合は、他の確認方法を試しましょう。

3-2.ファイル履歴から復元

ファイル履歴機能を「オン」にしている場合、 ファイル履歴からファイルを復元することが可能です。(Windows 10のみ)
「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックし「ファイル履歴」を選択します。

ファイル履歴から復元

画面左側「コントロールパネルホーム」から「ドライブの選択」をクリックし利用可能なドライブ(保存先)を一つ選びましょう。

ドライブの選択

再びファイル履歴の設定画面になるので、右下にある「オンにする」をクリックすることで設定完了です。
「コントロールパネルホーム」から「個人用ファイルの復元」をクリックすると、バックアップした日時ごとにファイルやフォルダーが表示されます。 復元したいファイル、またはフォルダーを右クリックして「復元」を選択し、「ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが復元されます。

3-3.以前のバージョンから復元

「以前のバージョン」を使えば、データが削除された日やファイル名が分からない場合でも、データを復元できる可能性があります。 消えたデータの保存先を参照し、データ保存されていたファイルを右クリックしてプロパティの中から「以前のバージョンの復元」を選択します。

バージョンの選択

復元したい時間を選び、「復元」というボタンを押せばファイルが復元されます。

3-4.システムの復元ポイントから復元

復元ポイントはPCの動作に問題が発生したときにシステムを復元するためのバックアップです。
復元ポイントからの復元は「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックし「システム」を選択します。
※ 起動しているソフトがある場合は、すべて終了しましょう。

復元ポイント操作画面1

「システムの保護」をクリックするとシステムのプロパティが開かれるので、「システムの保護」欄から「システムの復元」をクリックします。

復元ポイント操作画面2

「次へ」をクリックし任意の復元ポイントを選択することで復元が可能です。

復元ポイント操作画面3
0120-706-332

4. データ復元方法 -【Mac】

Macの場合Time Machineからバックアップを作成していると復元ができる可能性があります。※個人での作業はデータを失ってしまうリスクがあるため大切なデータの場合は復旧業者に相談しましょう。

Time Machineからの復元はまずバックアップディスクをMacに接続し移行アシスタントを開きます。

Time Machine操作画面1

次にTime Machine バックアップ、または起動ディスクから転送するオプションを選択します。「続ける」をクリック後、次ページのTime Machine バックアップを選択してから「続ける」をクリックしましょう。

Time Machine操作画面2

日時別にバックアップをまとめたリストから選択する画面が表示されますので、バックアップを選択して「続ける」をクリックしましょう。最後に転送する情報を選択し、「続ける」をクリックすると復元されます。

5. どうしてもデータ復元できない場合はデータ復元業者に相談

復元の流れ

上記の対処法で認識しない場合や、復元の可能性を最大限に高めたい重要なデータの場合には、専門のデータ復元業者へ相談しましょう。個人での作業は症状を悪化させてしまい、最悪の場合データを失ってしまう可能性があるのに対し、データ復元の専門業者に依頼すれば、より安全かつ高い可能性データを復元させることが可能です。

復旧エンジニア

復元サービスとは

データ復元サービスとは、PCやスマートフォン、USB等からデータを救出またはHDDを動かすためのシステムを修復しデータを復元するサービスです。
データを確実・安全に復元するには、初期診断での、原因特定・障害に併せた復元方法の選択が大変重要です。

データ復旧の流れ

初期診断時の機器のお預かり方法につきましては、郵送受付・お持込(ご来社)受付・無料出張診断(法人様限定)の3種類をご用意しております。詳細の流れについては以下をご確認ください。

データ復旧の流れ

対応しているファイル

拡張子のつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

6. PCデータを削除してしまった場合のデータ復元方法まとめ

いかがだったでしょうか。誤った操作などによりPCのデータを削除してしまうことは珍しいことではありません。個人での作業はデータを失ってしまうリスクがあります。上記の方法でもデータが戻らない場合や復元の可能性を最大限に高めたい場合はデータ復元業者に依頼しましょう。データ復元専門アドバイザーへの相談・機器の診断・お見積りは全て無料となっておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。