【Windows】誤って消去したPCデータの復元方法を徹底解説
データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

【Windows】誤って消去したPCデータの復元方法を徹底解説

データが消えて悩む人

「仕事の重要なデータを消してしまった」
「写真データのバックアップが消えた」
「PCに保存したはずのデータがない」

PC(パソコン)使用中、大切なデータを失ってしまうと、多くの方が焦ってしまいます。しかし、落ち着いて正しく対処を行わないと、本来復元できたデータも取り戻せなくなってしまう可能性があります。
今回はPCから誤って消去したデータの復元方法を、ご自身で簡単にできるものからリスクを含むものまで解説します。注意点も確認し、落ち着いて作業をおこないましょう。
※少しでもご自身での対処が不安であり、大切なデータを復元させたい場合はデジタルデータリカバリーにご相談ください。デスクトップPCやノートパソコン、サーバー・NASや外付けHDD・SSDなど幅広いデータの復旧に対応しております。「まずはデータの復元ができるか知りたい」などご気軽にご相談ください。ご相談からお見積りまで無料でご案内しております。


1. 消去データは復元できる?PCデータ復元時の注意点

パソコン上で「ごみ箱を空にする」または「フォーマットした」というような場合、画面上からデータは完全に消え、正常な手段でアクセスすることができなくなります。ただし、バックグラウンドには、データが残っていることがほとんどです。

ただ、そのまま使い続けると、残ったデータも次々に上書きされ、いずれは完全に消えてしまいます。 また、不適切なデータ復元方法を自力でおこなうと、データが欠損・消失し、いっさい復元できなくなってしまう恐れもあります。そのため、確実にデータを復元させるには、正しい対処法を実行しなければなりません。

もし、失いたくない削除データがある場合、もっとも安全な方法でデータを復元するには、データ復旧の専門家に相談することをおすすめします。また、デジタルデータリカバリーでは、トップエンジニアによる無料初期診断も行っております。


0120-706-332

2.PC(パソコン)からデータ復元する際の注意点

消去したファイルに新しく上書きがされない限り、データはPCのストレージ(HDD)に残っているため復元が可能です。しかし、すぐに復元作業を行うと、意図せずに誤った対処を行ってしまい、データが消えてしまう恐れがあります。

大切なデータが消えてしまうと、焦ってしまうものと思いますが、必ず次の注意点を確認しておきましょう。

削除後、フォルダを移動しない

データを復元するには、上書きの有無が重要になります。
しかし、データを消去した後、ファイルやフォルダを移動するなどの操作をおこなうと、データの上書きが激しく進み、復元率は著しく低下してしまいます。

PCをフォーマットしない

PCをフォーマットしない

「フォーマットする必要があります」
このようなエラーが表示される場合、ストレージに物理的な障害が発生しているか、データを管理するシステムの整合性が乱れている可能性があります。このまま、指示どおりにフォーマットしてしまうと、ストレージ内のデータは画面上から見えなくなります。

この際、やっかいなのが、他にも深刻な障害が起きている可能性があるということです。このような状態でデータ復元ソフトなどを実行してしまうと、データの復元可能性を低下させてしまうだけでなく、データを保存している機器自体が完全に破損する恐れがあります。

「原因の切り分けが困難」「フォーマットしてしまった」という状態で、もっと適切にデータを復元したいという場合は、データ復旧の専門業者までご相談ください。

データ消去後の通電は最小限に

データが消えて時間が経つほど、データは復元できる可能性が低くなります。また、データの削除後、通電を行っただけでもデータが上書きされ、復旧が難しくなってしまいます。
データが完全に消えるのを防ぐため、PCの通電・使用は最小限に抑えましょう。

強制終了・再起動は行わない

強制終了・再起動は絶対に行わないでください。これらの操作は、データ領域に負荷をかけやすく、データの上書きが進みます。また、機器に他の障害が起きている場合、過度な強制終了をおこなうと、データを失うだけでなく、機器自体が破損する危険性があります。

システムの復元は行わない

システムの復元は、Windowsの「設定」を以前の状態に戻す機能です。この機能はデータを復元する機能ではなく、むしろ実行すると、削除データの上書きが著しく進行してしまいます。データを削除した場合は、絶対にシステムの復元を実行しないでください。

再セットアップ・リカバリー(=初期化)は行わない

PCに不具合がある場合、リカバリー用ディスクからWindowsの再セットアップを行うと、元どおりに起動できることがあります。
ただし、リカバリーの対象はPCであり、データではありません。この際、OSは工場出荷状態に戻ってしまい、保存されているデータは失われてしまいます。
データを失いたくない場合は、データ復旧の専門業者まで相談しましょう。

3. 自分で試せるPCのデータ復元方法(Windows)

下記の方法は、比較的かんたんにPCのデータを復旧・復元できる可能性が高いです。それぞれ試してみましょう。

ごみ箱からのデータ復元

PCで削除されたデータは一般的にゴミ箱に移ります。ゴミ箱に復元したいデータがあるかはじめに確認するようにしましょう。

ごみ箱を開くと消去したデータが表示されます。
復元したいファイルを右クリックして「元に戻す」
または、複数のファイルを選択し「全ての項目を元に戻す」をクリックすることでデータを復元することができます。

POINT

以下のようなパターンでは、削除データがごみ箱に移動せず消えてしまうことも…

①データを選択した状態でショートカット(Shift+Delete)による削除を行った。
②ごみ箱のプロパティで「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」にチェックが入っている。
③ごみ箱の容量を超える、大容量のデータの削除を行った。
④NAS(ネットワーク上に設置された記憶装置)のデータを削除した。

①~④の場合、ごみ箱にデータが移動せず消えてしまいます。
ごみ箱からの復元方法を試みるか、データ復元業者に相談しましょう。

以前のバージョンを使用したデータ復元

「以前のバージョン」を使えば、データが削除された日やファイル名が分からない場合でも、データを復元できる可能性があります。

①消えたデータの保存先を参照し、データ保存されていたファイルを右クリックしてプロパティの中から「以前のバージョンの復元」を選択します。 ※デスクトップに保存していた場合は「デスクトップ」のファイルを右クリック

②復元したい時間を選択し「復元」を押すことでデータが選択した時間時点の状態に保存されます。

ファイル履歴を使用したデータ復元方法

Windows10ではファイルの履歴から復元することも可能です。
しかし、ファイル履歴機能を「オン」にしている場合に限ります。

①「スタート」を押下し表示されたアプリ一覧から「Windowsシステムツール」を選択。ツールの中から「コントロールパネル」を探しクリック。

ファイル履歴から復元

②「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックし「ファイル履歴」を選択。

ドライブの選択

③画面左側「コントロールパネルホーム」から「ドライブの選択」をクリックし利用可能なドライブ(保存先)を一つ選びましょう。
④再びファイル履歴の設定画面になるので、右下にある「オンにする」をクリックすることで設定完了。
「コントロールパネルホーム」から「個人用ファイルの復元」をクリックすると、バックアップした日時ごとにファイルやフォルダーが表示されます。
⑥ 復元したいファイル、またはフォルダーを右クリックして「復元」を選択し、「ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが復元されます。

バックアップと復元を使用したデータ復元

バックアップと復元はWindows 7以前の機能です。Windows 10では「ファイル履歴」という機能に置き換えられていますが、Windows 10でもWindows 7で作成したバックアップをサルベージすることが可能です。

まず検索ボックスに、「バックアップの設定」 と入力します。
ここから[バックアップと復元] (Windows 7) を選択し、バックアップが記録されている外付けHDDを選択し、指示に従ってファイルを復元します。

バックアップ

4.【注意】リスクを含むデータ復元方法

これまではご自身でも簡単に操作が行えるデータ復元方法をご紹介しました。
ここからは、少々リスクを含むデータ復元方法をご紹介します。
誤った手順によってデータを失ってしまう危険もあるため、ご自身での作業に不安がある方や大切なデータが保存されている場合データ復元専門の業者に相談しましょう

システムイメージを使用したデータ復元方法

「システムイメージの作成」は、インストールされているソフトウェアやWindowsの環境設定などを含めて、丸ごとバックアップする機能です。

システムイメージは以下の操作手順で復元することができます。
※あらかじめシステムイメージの作成が必要です。

1.「設定」から「更新とセキュリティ」をクリックします。

2.「回復」を選択し、「PCの起動をカスタマイズする」欄の「今すぐ再起動」をクリックします。

3.「オプションの選択」が表示されるので「トラブルシューティング」→「詳細オプション」をクリックします。

4.「その他の修復オプションを表示」を選択し「イメージでシステムを回復」をクリックします。
5.メーカーロゴ表示後に「イメージでシステムを回復」画面からドライブを復元するアカウントをクリックすることで復元が可能です。

復元ソフトを使用したデータの取り出し方と注意点

データ復元ソフトとは、誤って削除してしまったファイルや、アクセスできなくなってしまったデータを検出し、元あった形に復元させるソフトウェアです。「文書データを削除してしまった」「ファイルが壊れてしまって開くことができない」などのトラブルに対処する際に選択肢の一つになります。軽微な症状であれば復旧ソフトで解決できることがありますが、場合によっては状況を悪化させる危険性があるので、使用には注意が必要です。
データ復旧ソフトを安全に使用するために、無料と有料ソフトの違いやメリット・デメリットをご紹介します。


無料のデータ復元ソフト

無料のデータ復元ソフト(フリーソフト)は、安価に復元作業を行うことができます。
無料ソフトでは備わっている機能が少ないものも多く、データの復旧率が低くなってしまう危険があります。スキャンのみが無料でその後のデータ復元には別途で請求するソフトも多くあるため口コミや評判などを確認し注意して使用しましょう。


有料のデータ復元ソフト

有料復元ソフトは、フリーソフト)と比べると多くの機能が備わっています。
そのため復元できる可能性はフリーソフトに比べ高いですが、操作方法が難しいものも多く慎重な作業が求められます。
誤操作でデータの上書きをしてしまったり、本来は復旧できたデータを完全に消してしまうリスクがあるため、ソフトが使用できる故障なのか?確認し注意して使用しましょう。


復元ソフトのメリット・デメリット

復元ソフトのメリット・デメリットを簡単にご紹介します。


メリット デメリット
復元費用を安く抑えられる 自力で復元作業を行うことができる
物理障害の場合は復元ができない データを正確に取り出せない危険が伴う

POINT

安くデータ復元ができると安易に復元ソフトを使用してしまうと復元に失敗してしまうことがあります。
復元ソフトを使用後の場合、データ復旧業者でも復元が難しくなってしまうことが危険性が高いため、ソフトの注意点使用の判断方法を確認したうえでの使用をおすすめします。


0120-706-332

5. PCのデータ復元ができない場合は業者へ相談

「まずはデータの復元ができるか知りたい」
「上記の復元方法を試しても、復旧できなかった」
「PCの修理よりもデータの取り出しを優先したい」


そのような場合は、データ復旧の専門業者へ相談しましょう。自力での復旧作業は、故障の原因を特定できずに症状や状態を悪化させてしまう危険があります。
一方で、データ復旧の専門業者に依頼すれば、初期診断によって故障原因を正確に特定でき、安全かつ高い可能性でデータ復旧させることが可能です。


デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、簡易診断と対応方法について無料でご案内いたします。また、機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っているので、お気軽にご相談ください。

データ復旧業者を選ぶ時のポイント

東京にはデータ復旧業者は30社ほどあり技術力やサービス内容に大きな差があります。データ復旧業者ならではの視点でポイントをご紹介します。


相談実績が豊富であるか

相談実績の多さ・高さは業者の信用性の高さに比例します。
多数の相談実績を持つ業者は、高度な技術力やノウハウ、データ復旧に関する知識を持っているとも言えます。故障した原因によってデータ復旧方法は異なります。実績が豊富な業者は膨大なデータベースからその機器や症状に適切なデータ復旧方法の選択が可能です。

また対応機器の豊富さも業者選定時の重要なポイントになります。
業者によって対応している機器に差が大きくあり、ご相談の段階で断られてしまうこともあるようです。実際に他社様で復旧の対応ができず当社にご相談いただくケースが多くあります。データ復旧ご希望の機器が、ご相談・依頼先で対応しているか必ず確認しましょう。


初期診断・見積りが無料であるか

データ復旧を行う際に必ず作業が可能であるか簡易的な診断・調査を必ず行います。 依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者も多くあるため注意が必要です。


迅速な復旧対応が可能であるか

スピードの速さはその業者の技術力や経験の豊富さを測る指標とも言えます。 データ復旧は故障から時間が経過すればするほど復旧できる可能性が下がってしまいます。「最短で○日で復旧」など具体的な日数がHPに記載されているか、土日祝の対応は行っているかなどの営業時間も確認しましょう。
相談時にいつまでにデータが手元に戻るのかを確認することも業者選定時の判断材料になります。

【スピード復旧】当社の復旧が早い理由を詳しくご紹介


セキュリティが整っているか

データ復旧業者に保存されているデータを一定期間預けることになるため、セキュリティ体積が整っている業者に依頼しましょう。 セキュリティ対策が整っていない業者では、別のお客様の機器の取り違いや情報漏洩の危険性があります。

セキュリティ体制が整っている業者は「プライバシーマーク」や「ISO認証」などの世界基準の認定やHPにセキュリティ情報が記載されているので確認しましょう。


ご依頼・ご相談時の注意点

データ復旧は1度きりとも言われています

データ復旧は、繊細な作業であることから、再作業が難しく復旧率も下がってしまいます。そのため、安易に「近隣のデータ復旧業者へ持ち込み」や「データ復元ソフトの使用」は控えることをオススメします。
また、「機器修理サービス」では、「データの復旧」が目的ではないため、記憶媒体内のデータが保証されないケースが多い点に気をつけましょう。

0120-706-332

6. PC復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。PCから大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

問合せ~納品までの流れ
問合せ~納品までの流れ

7. PC復旧対応メーカー

日本製から海外製まで復旧実績があります。

下記以外のパソコンもお電話にて対応可能か確認することが可能です。
無料でご案内しておりますのでご気軽にお問い合わせください。

【NEC】
LAVIE DirectHA/LAVIE DirectDT/LAVIE DirectHA/LAVIE DirectN15/LAVIE DirectHM/LAVIE DirectNM/LAVIE DirectPM/LAVIE DirectNS/LAVIE VEGA

【FUJITSU】
LIFEBOOOK AHシリーズ・THシリーズ・NHシリーズ・EHシリーズ・AHシリーズ・UHシリーズ・SHシリーズ・CHシリーズ・MHシリーズ・ESPRIMO シリーズ

【Dell】
New Vostroシリーズ/Dell XPSシリーズ/Inspironシリーズ/ALIENWAREシリーズ/Dell Gシリーズ/New OptiPlexシリーズ/Precisionシリーズ

【HP】
HPシリーズ・Pavilionシリーズ・ENVYシリーズ・Spectreシリーズ・OMENシリーズ・Chromebookシリーズ

【VAIO】
A~Zシリーズ・HSシリーズ・LXシリーズ・MXシリーズ・GRシリーズ・XRシリーズ・バイオノートシリーズ・TRシリーズ・RZシリーズ・RXシリーズ・R masterシリーズ

【Lenovo】
ThinkPadシリーズ・Yogaシリーズ・IdeaPadシリーズ・Think Bookシリーズ・Lenovoシリーズ・LEGIONシリーズ

【Surface】
Surface / Surface Pro / Surface Go / Surface Book / Surface Laptop

【dynabook】
Tシリーズ/Xシリーズ/Cシリーズ/Zシリーズ/Gシリーズ/Sシリーズ/Rシリーズ/Kシリーズ

【Let's note】
CF-QV1 CF-FV1 CF-SV1 CF-LV1 CF-QV9 CF-LV9 CF-SV9 CF-QV8 CF-LV8 CF-SV8 CF-LV7 CF-SV7 CF-XZ6 CF-RZ6 CF-SZ6 CF-LX6 CF-RZ5 CF-MX5 CF-SZ5 CF-LX5 CF-RZ4 CF-MX4 CF-SX4 CF-NX4 CF-LX4 CF-MX3 CF-SX3 CF-NX3 CF-LX3 CF-AX3 CF-AX2 CF-B11 CF-SX2 CF-NX2 CF-B10 CF-F10 CF-SX1 CF-NX1 CF-S10 CF-N10 CF-J10 CF-J9 CF-C1 CF-F9 CF-S9 CF-N9 CF-R9 CF-Y9 CF-W9 CF-T9 CF-F8 CF-S8 CF-N8 CF-Y8 CF-W8 CF-T8 CF-R8 CF-Y7 CF-W7 CF-T7 CF-R7 CF-W5 CF-T5 CF-R6 CF-Y5 CF-R5 CF-Y4 CF-W4 CF-T4 CF-R4 CF-Y2 CF-W2 CF-T2 CF-R3 CF-R2


8. PC復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量総ディスク容量

    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?
  • 2
    故障箇所故障箇所

    故障箇所

    どこが壊れているか?
  • 3
    難易度難易度

    難易度

    どれくらい壊れている?
  • 4
    工程数工程数

    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜 1TB以上 20,000円〜
500GB以上 10,000円〜 2TB以上 30,000円〜
500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は成功報酬型です

「成功定義」データはお客様の希望に合わせて設定が可能です。
※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。 弊社側の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい

0120-706-332

9. PC復旧でよくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応) 
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。


0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。