誤って削除してしまったデータ(ファイル)の復元方法|データ復旧 国内売上シェアNo.1【データ復旧.com】
デジタルデータリカバリー

誤って削除してしまったデータ(ファイル)の復元方法
|【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

※復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

誤ってデータを削除してしまった場合


“ごみ箱”/
“ごみ箱”/

HDD内にデータが残っている可能性大!
PC上で見られない状態になっています。


【解説】

データが削除された場合、
通常のPCからはデータを見ることはできませんが、まだハードディスク内にデータが残っている可能性があります。


データが復元できない時に状況を悪化させないためには?
※当社の過去の復旧事例に基づきます。

“状況悪化を防ぐためには
0120-706-332

再起動・通電を続けると起こる3大致命傷とは?

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。
また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

“再起動・通電すると起こる3大致命傷”

技術員よりアドバイス!
メーカーのサイトや情報サイトで勧められている方法が
正しいとは限りません。

“論理復旧技術員

メーカーのホームページや情報サイトなどで、トラブル時の対処について書かれた記事は多くありますが、トラブルの種類は千差万別。同じ機器・同じエラーであっても、実際の症状と必要な対策は全く異なっている場合があります。 ご自分で再起動やハードディスク交換などを行うと、その負荷でデータの復旧難易度が上がり、復旧にかかる期間も費用もお客様の負担が大きくなってしまいます。ハードディスクに異常を感じたら、まずは私たち専門家にご相談ください。


論理復旧技術員  データ復旧に対するポリシー

ファイルシステム障害を担当しています。本に例えると目次の役割に相当するファイルシステムは、お客様の大切な思い出や、会社の機密データなどを管理する非常に重要な部分。長時間の作業になるケースも多い為、集中力を持続させることがとても大切です。

0120-706-332

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧国内売上シェアトップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。



「フォーマットして下さい」「初期化して下さい」というメッセージが出る場合
データ復旧の流れ

Step1

初期診断で障害箇所を特定
データを消してしまった場合は、もとの状態で残っている場合もあれば、データ自体がバラバラになってしまっており、「どれが何のデータかわからない状態」になっている場合もあります。
こういった場合は、今まで消してしまったデータを全て解析して、データ復旧していく方法をとります。

Step2

障害ごとに復旧作業
まずデータの残っている箇所を特定します。 写真のデータや、エクセルのデータなどの拡張子を手掛かりに解析しデータ抽出を行います。

Step3

データのバックアップを取る
抽出したデータはバックアップ用のディスクに入れてお返しします。
復旧完了したデータをご確認頂き、もしご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。
※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。 弊社側の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。 ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

Step4

データ納品
バックアップ完了後、お客様のお手元へデータを納品します。 当社は、データ納品後もカスタマーサポートが対応いたします。 また、万が一データが消えてしまってた時のために、納品後1カ月間バックアップデータを保持しております。

Step1

初期診断で障害箇所を特定
データを消してしまった場合は、もとの状態で残っている場合もあれば、データ自体がバラバラになってしまっており、「どれが何のデータかわからない状態」になっている場合もあります。
こういった場合は、今まで消してしまったデータを全て解析して、データ復旧していく方法をとります。

Step2

障害ごとに復旧作業
まずデータの残っている箇所を特定します。 写真のデータや、エクセルのデータなどの拡張子を手掛かりに解析しデータ抽出を行います。

Step3

データのバックアップを取る
抽出したデータはバックアップ用のディスクに入れてお返しします。
復旧完了したデータをご確認頂き、もしご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。

Step4

データ納品
バックアップ完了後、お客様のお手元へデータを納品します。 当社は、データ納品後もカスタマーサポートが対応いたします。 また、万が一データが消えてしまってた時のために、納品後1カ月間バックアップデータを保持しております。


0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。