ブルースクリーンの原因と対処法|青い画面時のエラーコードや注意点
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

ブルースクリーンの原因と対処法|青い画面時のエラーコードや注意点

パソコンを起動しようとすると青い画面が表示され、白い文字でメッセージが表示されている状態になってしまった!
この状態を「ブルースクリーン」と呼びます。
大切なデータを失わないようブルースクリーン時のエラーコードや注意点を確認し適切な対処を行いましょう。


「パソコンがブルースクリーン(青い画面)になった時の原因と対処法【Windows 10】」を動画で見る



0120-706-332

1. ブルースクリーンとは?

ブルースクリーンの表示状態

ブルースクリーン(ブルーバック)とは、左記のように、青い画面に白い文字が表示されている状態のことを指し、WindowsXP、Windows10などのWindowsOSにのみ発生します。
このブルースクリーンが表示されていること自体ではトラブルではありませんが、パソコンの内部で何らかのトラブルが発生している場合、ブルースクリーンで通知されます。 多くの場合、深刻なトラブルの発生を意味しており、具体的なトラブルとして次に紹介するものがあります。

2. ブルースクリーンが表示される原因とは?

上述したようにブルースクリーンは、PCに深刻なエラーが起きた時に表示されます。様々な要因が考えられますが代表的な3つをご紹介します。


HDD(ハードディスク)の故障

ブルースクリーン時、HDDが故障が考えられます。特に経年劣化などによる物理的な破損が多くデータが消えてしまう可能性が高いです。PCやHDDから異音がする場合は、早急にデータ復旧業者に相談しましょう。


PC内部のハードウェア(メモリー)など故障している

パソコンに挿してあるマザーボード部分に接触不良があると、エラーが検知され、ブルースクリーンが表示されることがあります。この場合、パソコンの内部に埃がたまっている可能性があるため、清掃時にHDDに強い衝撃を与えないように注意しながら、パソコン内部を綺麗に清掃する必要があります。
しかし内部を清掃してもブルースクリーン画面が改善されず、OSが起動できない場合は、HDD障害も併発している可能性があります。「掃除をすれば問題ない」と初めから作業を開始するのではなく、正しい障害箇所の判断が必要不可欠なのです。


ドライバが正しくインストールされなかった

新しいハードウェアをパソコンに接続した際、パソコンを正しく起動させるためのソフトウェアであるドライバーが正確にインストールされないケースがあります。この場合、エラーが発生しブルースクリーンによって通知されます。ドライバーがOSに対応していない可能性があるため、最新のバージョンに更新しなければなりません。
しかし、最新のバージョンにアップデートしてもブルースクリーンが改善されない場合、OS・ファイルシステム自体の破損やハードウェア本体に別の障害が発生している可能性が考えられます。万が一物理障害が発生していた場合、無理に稼働させてしまうと障害が悪化してしまうリスクがあるため、注意が必要です。正確な故障個所を見極めるために、初期診断を利用することをおすすめします。


3. ブルースクリーン時のエラーコード


ブルースクリーン時のエラーコード(STOPコード)は、故障原因で3つに分けられます。エラーは別の障害や複数の故障が併発している可能性も考えられるため、エラーコードは大まかな故障原因の特定程度にとどめましょう。


HDDが原因のエラーコード

エラーコード 故障原因
0x00000024
PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

ファイルシステム・不良ブセクタ破損の可能性
0x000000ED
UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME

HDDの物理故障の可能性
0x0000007A
KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR

HDDの物理故障の可能性
0x000000F4
CRITICAL_OBJECT_TERMINATION

HDD故障またはケーブルが破損の可能性
※メモリが原因の場合も表示されます。

ドライバが原因のエラーコード


エラーコード 故障原因
0x0000000A
IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL

不適切なメモリアドレスを使用時に発生
0x0000007E
SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED

ドライバ破損またはドライバに互換性の問題
0x000000BE
ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY

ドライバやメモリが破損している可能性
0x0000003F
NO_MORE_SYSTEM_PTES

ドライバのメモリの管理が適切でない可能性

メモリが原因のエラーコード


エラーコード 故障原因
0x0000002E
DATA_BUS_ERROR

メモリ不良の可能性
0x00000050
PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

メモリ物理破損の可能性
0x000000F2
HARDWARE_INTERRUPT_STORM

メモリ不具合の可能性
0x0000007F
UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP

メモリ物理破損の可能性

0120-706-332

4. ブルースクリーンが表示された際の注意点

ブルースクリーンが表示された際は、故障の悪化を避けるためにも下記に注意しましょう。特にHDDに不可がかかる行為は避けましょう。


①通電や繰り返しの電源ON/OFF
通電NG


新たな障害の発生や症状悪化につながります。

電源のON/OFFする瞬間は、HDDに大きな負荷がかかります。HDD内に物理的な破損がある場合はさらに障害を悪化させる危険があるため控えましょう。 また、通電を行っただけでもデータの読み込みは行われるため、データが上書きされてしまいデータが復旧が難しくなってしまう場合もございます。


②OSの再インストール
OSインストールNG


既存のデータが上書きされてしまいます。

OSの再インストール(リカバリー)を行うと既存のデータは上書きされてしまい消えてしまいます。上書きされてしまうとデータ復旧は難しくなってしまうのでOSの再インストールには注意が必要です。


③過度な強制終了
強制終了NG


過度な強制終了はデータを失う危険性があります。

HDDは常にデータの読み書きを行っています。データを更新するためには複数のデータ情報を更新しなければなりませんが、 その更新が上手く行えない状態で強制的に終了してしまうとデータ消失につながります。


④HDD(ハードディスク)の分解・開封
HDDの分解や開封NG


埃1つでデータが読み込めなくなる可能性が
あります。


電源をONにする瞬間と、OFFにする瞬間には、HDDに大きな負荷がかかります。HDDの故障時に再起動や電源の入り切りをする行為は、一番HDDに負荷がかかってしまい、劣化の助長をしてしまう危険性があると認識しましょう。



0120-706-332

5. ブルースクリーンが表示された際のデータ復旧方法

正確な故障箇所・原因の特定

ブルースクリーンが表示されるPCからデータ復旧を行うためには、まず故障箇所を正確に特定する必要があります。
具体的にはPCの使用年数、故障時の状況、異音・動作音の有無など複数の項目から、「H内部のどこが壊れているのか?」を正確に特定しなければなりません。もし、障害の判断を誤った場合、データを取り出せる確率が大幅に低下してしまいます。
PCに発生している症状からある程度の原因は予測できますが、発生している症状と原因が一致しないケースもよくあるため、注意が必要です。正確にPCの故障箇所を特定するには専用の設備やノウハウが必要です。必要に応じてデータ復旧の専門業者が行っている初期診断を活用してください。
初期診断の段階で費用を請求する業者もあるため、必ず無料で診断を行い復旧作業の着手するかどうかの判断が可能な業者を利用しましょう。

物理障害からのデータ復旧

物理障害からのデータ復旧

①部品交換
物理的に破損したHDD内部の部品を交換します。ディスク上に埃や塵が付着すると不具合が生じてしまうため、HDDを開封しての作業は塵や埃を寄せ付けない空間で行なわなければいけません。

②ファームウェア修復・修理
ファームウェアとはHDDの動作プログラムのことを指します。破損具合により症状の重さは異なりますが、重度障害を持つ機器の修復は難易度が非常に高いです。

③クローン作成
一時的に動作可能となったHDDからクローン用HDDにデータを移し次の工程に繋げます。

④ファイルシステム解析・修復
内部データのシステムを解析するとともに、破損箇所を修復します。

論理障害からのデータ復旧

論理障害からのデータ復旧

①ファイルシステム修復
ファイルシステムは、データの位置情報やファイルの種類などを管理しているシステムです。専用ツールを使用しデータを内部のデータを目視で確認し復元します。ソフトで対応ができない中度以上の障害も対応が可能です。

②データ抽出・データカービング(抽出)
データのディレクトリ・拡張子ごとにデータを取り出しバックアップにデータ保存します。削除やフォーマットによって失われたデータも、この作業で復元が可能です。


データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて


0120-706-332

6. ブルースクリーン時のHDD故障と復旧方法


HDD(ハードディスク)の内部部品に何らかの物理的な衝撃が加わり、主にヘッドやモーターなどの部品に異常が発生した場合、ブルースクリーンで通知されることがあります。
故障箇所別に、原因と復旧方法を解説します。

筐体内部のハードディスクに障害が発生

磁気ヘッドに障害が発生している

ブルースクリーンが表示される原因として最も多いのが、OSデータを記録している部分を読み込む磁気ヘッドが故障しているケースです。データは、記録媒体である磁気ディスクのプラッタ(データ記録面)に保存されます。磁気ヘッドは、このプラッタにデータを書き込んだり読み込んだりする役割を担っている重要な部品です。
磁気ヘッドは、一つのデータ記録面に対して1本存在しています。ただハードディスクの種類によっては、磁気ディスクが複数搭載されていたり、1枚の磁気ディスクの両面がデータの記録面になっていることもあるため、多くの場合、複数の磁気ヘッドが搭載されています。その複数の磁気ヘッドのうち、一カ所でも故障が発生した場合、そのディスクに書き込まれているデータ部分を正常に読み込むことができません。


*磁気ヘッド障害の復旧方法*

磁気ヘッドが破損している場合、磁気ヘッドの部品交換作業が必要です。
ハードディスクの部品の種類はメーカー・製造年月日・型番によって異なり、同じメーカーの部品であっても複合する条件がすべて揃わないと起動しない場合があります。そのため、元の機器と完全に一致する部品の在庫がない場合、スピーディーな復旧作業を行えません。万が一、復旧作業に必要な部品在庫がない場合、取り寄せる時間がかかり、復旧作業にかかる時間もその分伸びてしまいます。
しかし当社では、常時平均7,344台にも及ぶ部品在庫を取り揃えており、個々のHDDに一番適した部品を選出することで高い復旧率による迅速な復旧作業が可能です。自社でこれだけの在庫品を取り揃えているのは他に類をみません。お客様のデータをいち早く救出するための設備は万全です。


0120-706-332

不良セクタが多く存在している
不良セクタが増えていくとデータの読み込みに障害が出るようになります

セクタとは、データを記録する箇所の最小単位のことで、不良セクタとはデータの読み書きができなくなった箇所のことを指します。不良セクタによる原因でブルースクリーンが表示される場合は、OSの起動に必要な情報が保存されているデータ部分を正確に読み取れていない状態だと考えられます。
もともとHDDには製造段階から数多くの不良セクタが存在し、出荷時にはその箇所を回避して、データの読み書きを行うように事前に設定されています。しかし不良セクタは経年劣化によりさらに増加します。不良セクタの過剰な増加により、情報の管理がしきれなくなるとハードディスクに異常が発生するのです。


*不良セクタの復旧方法*

経年劣化により発生する不良セクタは、重度の物理障害につながる可能性が高い症状です。
データ復旧には高い技術力とノウハウが必須のため、不良セクタが発生しているHDDのデータ復旧に対応できる業者は国内でも限られています。当社では、他社で復旧できなかったHDDのデータ復旧を多数対応させていただいております。実戦経験豊富なエンジニア万全な設備と高い技術力をもって、真摯に対応いたします。


モーターが破損している

モーターとは、磁気ディスクを高速回転させる装置です。そのモーターが正常に回らなくなると、プラッタからデータを読み書きできなくなります。

原因①HDDに強い衝撃が加わった
外部からの強い衝撃によりモーターの軸がぶれてしまうと、本来平行になっているディスク部分が斜めに傾くことで、磁気ヘッドがディスクのデータを正常に読み込めなくなってしまいます。
他にも、回転時の摩擦力を軽減できなくなると、モーターが正常に回らなくなってしまいます。モーターにはプラッタを回すための軸があり、高速回転時に発生する摩擦を軽減するための部品がペアリングです。ペアリングにはオイルが塗られており、これがモーターを安定して駆動させるための土台の役割を果たしています。ペアリングは真空状態にありますが、落下等で外部からHDDに強い衝撃が加わり、真空環境が崩壊すると、摩擦軽減のためのオイルが乾いてしまいます。その結果、回転時に発生した摩擦力によりモーターの軸がロックされてしまい、モーターが回らなくなってしまうのです。

原因②データの読み書き中に通電を絶ってしまった
ディスクは回転中の表面摩擦力が強いため、通常ヘッドはディスクの内側、または外側で退避しています。しかし停電などでHDDへの通電が突然絶たれると、磁気ヘッドが本来退避している位置に戻れず、ディスク上で止まってしまいます。その結果、磁気ディスクと磁気ヘッドの間に強い摩擦が発生し、ディスクが回らなくなってしまうのです。
また、ヘッドが一定の箇所で留まってしまう状態が続くと、ディスクに傷がつく重度の障害(スクラッチ)を引き起こすリスクがあります。


*モーター障害の復旧方法*

モーターが破損しHDDが正常に動かなくなってしまった場合、部品を交換しデータ復旧作業を行います。HDDは世界一精密な機器と呼ばれており、少しの塵や埃が付着すると、データを正常に読み込まなくなってしまいます。
当社では最も安全にデータ復旧の作業を行うために、無菌手術室と同様の環境下であるクラス100のクリーンルームを所有しております。国内にデータ復旧業者は100以上ありますが、自社でクリーンルームを所有し、その場で復旧作業に当たることが出来るデータ復旧業者は数えるほどしかありません。



ファームウェア異常が発生している

部品自体に問題がない場合でも、HDDの部品の動作をコントロールするファームウェアに異常が発生している可能性があります。
ファームウェアとは、HDD内の部品の動作を制御・管理する部分です。このファームウェアに異常が発生することで、動作に必要な正しい情報を伝達できなくなり、磁気ヘッドのコントロールができなくなるのです。このように、ヘッドなどの部品自体が正常に動作していても、ファームウェア異常が発生すると正しい情報が読み取れなくなり、ブルースクリーンが表示されてしまうのです。


*ファームウェア異常の復旧方法*

ファームウェアは、HDDのメーカーや型番だけでなく、ディスクの枚数や磁気ヘッドの数によって性質や情報が異なります。当社では長年培ってきた膨大なデータベースやノウハウを駆使しており、常に最新の情報を収集しながら、高い復旧率でお客様の大切なデータを復旧いたしております。他社で復旧不可だった場合でも、諦めずに当社にご相談ください。


② OSやファイルシステムに異常が発生している

ブルースクリーンが表示される原因の多くは、OS異常やファイルシステム破損といった論理障害が考えられ、起動に必要なブート情報は読み込めるがその先のデータが読み込めない状態にあります。


OSの更新に失敗した・ファイルシステムが破損している

ブルースクリーンが表示され、OSが起動しないという症状が発生した場合、一部のOSの更新に失敗した状態にあると考えられます。
Windowsでは管理するファイルシステムの一部にNTFSを採用しており、全ファイルの保存位置情報を管理するMFT(Master File Table)が存在します。(本でいうと目次の役割)


NTFSのパソコンでは、あるデータを開こうとした際、パソコンは以下の手順を踏みます。
1. MBR(Master Boot Record)にてパーティションを探す
2. パーティション内のDBR(Data Boot Record)を通してMFTに入る
3. MFTからたどり着きたいデータの所在地を探す
4. データ(ファイル)を開く


あるデータ(ファイル)の内容を変更・上書き保存すると、データの所在地を保存する MFTも位置情報の更新を行います。しかし、更新完了していない状態で強制終了を行うと、 次回起動時に必要なデータが読み込めなくなる可能性があるのです。


*OS不良・ファイルシステム破損の復旧方法*

パソコンは、OSを介して初めてデータが読み込めます。OSに異常が起きている状態でも、MBRが正常であれば、データ領域を把握し、データのみを安全に抽出することが可能です。万が一MBRに異常が生じている場合は、MBRの異常を取り除いた後、データを抽出します。
このようなデータ復旧作業には、OSやファイルシステムに関しての最新情報が必要不可欠です。当社では海外から最新技術を取り入れており、高い技術力を駆使し、お客様のデータ復旧を行っております。



0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。