Windows7の起動画面から先に進まない場合(パソコン)
データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-923-117
0120-706-332
0120-923-117
0120-706-332
0120-923-117
0120-706-332
年中無休・土日も休まず営業しています。【営業時間】 8:00AM?10:00PM【フリーダイヤル】法人:0120-923-117、個人:0120-706-332/TEL:03-6251-9700 FAX:03-6251-9030
世界が認めた技術力
最先端技術
世界最高峰ファームウェア技術
担当者様へ
官公庁様へ
メーカー・家電量販店様へ
保守業者様へ
教育機関様へ
同業他社様へ
日本郵政様
ネッツトヨタ様
理想科学工業様
ビクター様
東京大学様
お客様とのお約束
セキュリティ対策

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。

Windows7の起動画面から先に進まない場合


OSがうまく起動出来ていません!

ハードディスクが原因の可能性大!


原因1. ファイルシステムに異常が発生
原因2. HDDの部品に異常が発生

【解説】

予期せぬシャットダウン、急な電源断により発生しやすい障害ですが、何の前触れもなく発生するケースも多いです。

OS(Operating System)はコンピュータシステム全体を管理しています。管理部分に障害が発生している為、Windows Vistaのロゴ画面から先には進まないという状況に陥ります。 OS不良は論理障害の中では軽度な障害ですが、データを復旧しようと電源の入り切り操作などをする事で不良セクタの発生、磁気ヘッド障害などの重度障害に発展する危険があります。

再起動・通電を続けると起こる3大致命傷とは?

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。
また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

技術員よりアドバイス!
ロゴ画面で固まってしまったと感じたら
ただちに電源を落としましょう。

OSはコンピュータシステム全体を管理しています。その管理部分に障害が発生し、Windows 7のロゴ画面から先には進まないという状況に陥っている可能性が高いです。
OS不良は論理障害の中では軽度な障害ですが、不良が起こった状態で、再起動や電源の入切りを繰り返し行うと、新たな不良セクタを発生させたり、磁気ヘッド障害などに発展する危険性があります。
通電の継続や再起動の繰返しは最悪の場合データが消えてしまう可能性もありますので絶対に行わないでください。


物理復旧技術員  データ復旧に対するポリシー

日本で使われているデスクトップパソコンに組み込まれているOSは主にwindows・mac・Linuxの3つです。その内windowsは約90%のシェアを占めています(2013年5月現在)。その為、復旧依頼も他のOSに比べると飛び抜けて多いです。
そのように需要が高いOSのデータ復旧を専任とし、多くのお客様が私のデータ復旧を必要としていると考えると、技術力の向上のための研究にも力が入りますし、それがバイタリティーにもなります。
自分の得意分野が社会貢献につながっていると思いながら、さらなる飛躍を目指し日々研究を行っています。

休日に社内で停電があり、翌日電源を入れたところ『ハードデスクのシステム領域が不正です』というエラーメッセージが表示され、ランプが点灯していました。それからデータが見れなくなってしまい、再起動 ... 詳しくはこちら»
私には、どうすることもできなかった為、大学関連からの依頼があるところを探していました。いろいろなデータ復旧業者を探しましたが、国立大学との取引の多い御社に問合わせをして ... 詳しくはこちら»

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、10年連続復旧実績国内No.1を誇っています。それは、当社が「技術力・設備・スピード・セキュリティ・実績」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

技術力・設備 スピード
セキュリティ 実績

※詳しくご覧になりたい方は、それぞれの写真をクリックしてください!


OSが起動できない主な原因は2つ!

Windows7の起動画面から先に進まない場合
データ復旧の流れ

初期診断で障害箇所を特定
最初の重要点は障害を切り分ける為の初期診断です。
初期診断時にOS不良、不良セクタ、若しくは物理障害との合併症を見極める事が重要となります。
診断時はハードディスクに通電させなければならない為、ハードディスクに与える負荷を極力抑えながら 原因を特定していきます。
弊社では最先端の復旧設備で機器やOS毎に専門技術員が復旧を担当しておりますので、 データ状況を悪化させる事なく最短5分で診断をする事が出来ます。

障害ごとに復旧作業
物理障害が起こっている場合はハードディスクを開封して復旧作業を、論理障害が発生している場合は当社の特殊設備を使って内部情報を修正します。
Windows7の起動画面から先に進まない場合、どちらになるのか診断を行ってみないと確かな事は言えません。診断の結果に合わせて復旧作業を行います。

データのバックアップを取る
抽出したデータはバックアップ用のディスクに入れてお返しします。
復旧完了したデータをご確認頂き、もしご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。

データ納品
バックアップ完了後、お客様のお手元へデータを納品します。 当社は、データ納品後もカスタマーサポートが対応いたします。 また、万が一データが消えてしまってた時のために、納品後1カ月間バックアップデータを保持しております。


1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!