デジタルデータリカバリー

初めての方へ
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

はじめてだからこそ、まずはお電話ください

まずは、電源をOFFに。データ破損時・機器トラブル時の基本です。

データ破損時、機器トラブル時など、機器に何か異変を感じた際は、速やかに電源を切る事が基本になります。よくやりがちな再起動なども本当はやってはいけない行為の一つです。つまりは、通電を行わない事が大切です。データ破損・トラブル発生初期には簡単にデータ復旧が出来る状態の物が多いですが、通電を続けると症状が発展する可能性が高く、通電や再起動を繰り返すにつれて復旧が難しくなる為です。

データリスト提示業者にはお気を付け下さい。

データリストとは「データ復旧作業を行なったらどのデータがどれくらい出てきますよ。」 という事を業者が示す簡易的な証明書の様なものです。 データリストを出す事自体は問題ありません。しかし、実はデータリストを提示されるタイミングによっては、大きな問題が生じている可能性があります。 データリストが提示出来る状態とは、大きくわけて2つの状態があります。まず1つは、ハードディスクが全く壊れていない状態。2つ目は復旧作業がほぼ完了し、残りは納品用の記憶媒体にデータを移すだけという段階になった場合です。
つまり、「絶対データリストを提示します」と言っている業社は、壊れていないハードディスクしか扱わないか、若しくは初期診断と称してデータ一覧が見られる状態まで復旧作業を行なってるか、のどちらかとなります。もし、データ復旧作業前、初期診断時にデータリストが提示出来ると言われた場合は気を付けなければなりません。

初めてのトラブルどうする?
初めての方へ
どこまで無料?料金は?
料金のご相談
緊急時も!夜間でも!
24時間相談窓口
0120-994-211 0120-994-213 0120-706-332

PCのデータが格納されているHDDが無事であれば、データ復旧出来ます。 
PCが壊れててもデータの救出が可能なの?

PCはたくさんの部品で構成されていて、その中にHDD(ハードディスク)と呼ばれる記憶媒体があります。写真や音楽のデータ、お仕事で使うファイルなどのデータはすべてこのHDDに保存されます。このHDDが無事であれば、データ復旧は簡単にできる事がほとんどです。HDDに障害が発生している場合は、熟練の専門家による高難易度のデータ復旧作業が必要です。

論理障害とは、本体や部品は壊れていませんが、記録されているデータ自体が壊れてしまっている状態です。壊れてしまった箇所を特殊機器を使用しながら、計算・修復を行い正しいデータ戻るようにデータを復旧します。機器による規則性を元に、パズルを組み立てていくようなイメージです。メーカーや機器機器によって計算方法が異なるため、蓄積された知識が必要になります。

物理障害とは、データを記録している部分が傷ついたり、各部品が壊れてしまってデータが読み込めない状態です。繊細なハードディスクを傷つけないように最新の設備で部品の交換や修理を行いデータを読み込める状態に復旧します。読み込める状態になったところで、データの状態を確認していき、そこからさらに論理的な復旧が必要な場合も出てきます。

データ復旧の成功には適切な初期診断が不可欠。判断を間違うとデータを消失してしまいます。
データ復旧成功の「鍵」初期診断「無料」

データを確実・安全に復旧するには、初期診断での、原因特定・障害に併せた復旧方法の選択が大変重要です。初期診断で適切な判断を下すには、蓄積された経験と知識が必要不可欠になります。当社は10年連続で復旧実績日本No.1であり、日本で一番の数データ復旧を行っているエンジニアが初期診断を行います。それにより、その後の復旧方法を検討し、データ復旧作業に着手していきます。
初期診断を誤ったままデータ復旧を続けると、データを消失させてしまう事態になり兼ねません。復旧方法を間違え消失してしまったデータは取り戻すことが大変難しくなります。
データ復旧成功の鍵は初期診断です。適切な判断が出来る経験の豊富な業者の選定が重要です。

初めてのトラブルどうする?
初めての方へ
どこまで無料?料金は?
料金のご相談
緊急時も!夜間でも!
24時間相談窓口
0120-994-211 0120-994-213 0120-706-332

HDDは超精密機器。データ復旧は特殊装置無では成し得ません。
自宅での復旧は出来ません

HDDは超精密機械です。自宅での復旧は出来ません。データ復旧は特殊設備無では成し得無いからです。 分かりやすい例を挙げると、HDD内部には直径10cmほどのプラッターと呼ばれるディスクがあります。プラッターとヘッド(データを読み込む針の様なもの)の隙間は煙の粒子よりも小さくナノミリと言う世界です。このプラッターにほこりが付着してしまうと、僅かなほこりであっても、読み込めなくな原因になる為、HDDを開封際は必ずクリーンルームと言う特殊設備の中で行わなければなりません。 データ復旧に持ち込まれる7~8割は復旧作業にクリーンルームが必要です。よくご依頼を頂く、HDDからカチカチカタカタ音がするという症状もクリーンルームを必要とする代表的ものです。このクリーンルームにはいくつかランクがあり、空気中の不純物の量によりランクが決まります。当社のクリーンルームはその中でも最高品質のクラス100を採用し、手術室と同じレベルの最もきれいな環境ので復旧作業を行っています。また、キャパシティも日本TOPクラスです。論理障害においても、世界でも稀な設備数を誇っており、1日150台以上の復旧が可能です。

初めてのトラブルどうする?
初めての方へ
どこまで無料?料金は?
料金のご相談
緊急時も!夜間でも!
24時間相談窓口
0120-994-211 0120-994-213 0120-706-332

PCが壊れてても・データのみの救出が可能です。 
データ復旧って何?

PC(パソコン)が壊れていても、データの救出が出来る事がほとんどです。 私たちは、壊れたPC等の記憶媒体の中から、データを救出するサービスを行っています。

PCの障害には、データには影響が全く無く、データを簡単に取り出せるものもあります。 データ復旧成功率は障害発生後の作業時間・対処法などで、 大幅に変わってしまいます。

障害発生後にむやみに作業・通電を続けると、 データ障害が発展してしまい、複雑なデータ破損に至ってしまう場合もあります。 障害発生後の対処がデータ復旧の有無を決めると言っても過言ではありません。

最短当日復旧可能!全国全市区町村ご自宅まで機器の梱包・受け取りに伺います。
復旧までの流れ

復旧完了までには、大きく9つのステップがあります。

当社では初期診断後のお見積りまで一切料金を頂いておりません。復旧作業に入る前にご希望のデータを確認し、そのデータが復旧出来ない場合も同じく一切料金はかかりません。お客様の必要なデータが復旧出来て初めて料金が発生する『完全成功報酬』なので安心してサービスをご利用いただけます。

初めてでも安心の料金体系!必要なデータが復旧出来なければ0円の成功報酬型
料金ってどれくらいかかるの?

総ディスク容量をもとに算出した目安金額
HDD・SSD
500GB未満 ¥5,000〜 1.5TB以上 ¥30,000〜
500GB以上 ¥7,500〜 2TB以上 ¥35,500〜
750GB以上 ¥22,500〜 3TB以上 ¥75,000〜
1TB以上 ¥25,000〜 4TB以上 ¥100,000〜
USB・SD・MicroSD・ビデオカメラの方
4GB未満 ¥5,000〜 16GB以上 ¥10,000〜
8GB以上 ¥7,500〜 32GB以上 ¥30,000〜
初めてのトラブルどうする?
初めての方へ
どこまで無料?料金は?
料金のご相談
緊急時も!夜間でも!
24時間相談窓口
0120-994-211 0120-994-213 0120-706-332
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。