初めての方へ
データ復旧なら11年連続日本国内No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
お客様の声
初めての方へ

初めての方へ

水没した!燃えた!折れた!

そんな機器からもデータ復旧できます!

一見データ救出のしようがなさそうな機器でもお任せください。

  • 電源が入らない
  • 画面が真っ暗
  • 起動画面から進まない
  • 操作がきかない
  • データが見れない
  • データが消えた
  • エラーメッセージが出る
  • フォーマットが要求される
  • フォーマットしてしまった
  • ピー、ブーン、カチカチ等、異音がする
  • 誤ってデータ削除した
  • 水没させてしまった

①機器が壊れていてもデータを救い出すことが可能なの?

データが格納されているHDDやメモリのチップ部分が致命的な状態でなければ、データは救い出すことができます。
私たちは、データを復旧する専門業者として壊れたPC等の記憶媒体の中から、データを救出するサービスを行っております。
例えば、PCはたくさんの部品で構成されていて、その中にHDD(ハードディスク)と呼ばれる記憶媒体があります。写真や音楽のデータ、お仕事で使うファイルなどのデータはすべてこのHDDに保存されます。このHDDが無事であれば、データ復旧は簡単にできる事がほとんどです。HDDに障害が発生している場合は、熟練の専門家による高難易度のデータ復旧作業が必要です。

壊れたPC等の記憶媒体の中からデータを救出できます

②通電はNG!まずは、電源をOFFに。障害発生後の対処がデータ復旧の成否を決める。

データ破損時や機器トラブル時など、機器に何か異変を感じた際は、速やかに電源を切ることが基本となります。よくやりがちな再起動やUSBの抜き差しも本当はやってはいけない行為の一つです。つまりは、通電を行わないことが大切です。データ破損・トラブル発生初期には簡単にデータ復旧が出来る状態の物が多いですが、むやみに作業・通電を続けると データ障害が発展し、複雑なデータ破損に至ってしまう場合もあります。そのため、通電や再起動を繰り返すにつれて復旧が難しくなります。
データ復旧成功率は障害発生後の作業時間・対処法などで、 大幅に変わるのです。

速やかに電源を切ること!通電を行わないこと!

1. データ復旧とは

データ復旧とは、パソコンやスマートフォン、USB等からデータを救出またはHDDを動かすためのシステムを修復しデータを読める状態にするサービスです。

データを確実・安全に復旧するには、初期診断での、原因特定・障害に併せた復旧方法の選択が大変重要です。
障害は、大きく次の2つに分けられます。

【論理障害】

論理障害とは、本体や部品は壊れていませんが、記録されているデータ自体が壊れてしまっている状態です。壊れてしまった箇所を特殊機器を使用しながら、計算・修復を行い正しいデータ戻るようにデータを復旧します。機器による規則性を元に、パズルを組み立てていくようなイメージです。メーカーや機器機器によって計算方法が異なるため、蓄積された知識が必要になります。


【物理障害】

物理障害とは、データを記録している部分が傷ついたり、各部品が壊れてしまってデータが読み込めない状態です。繊細なハードディスクを傷つけないように最新の設備で部品の交換や修理を行いデータを読み込める状態に復旧します。読み込める状態になったところで、データの状態を確認していき、そこからさらに論理的な復旧が必要な場合も出てきます。

1)「データ復旧」と「修理」の違い

データ復旧と修理は、作業内容・必要な知識・求められる技術力のどれも異なります。

例) OSが起動しないパソコンの場合

バックアップの無い大切なデータが故障PC内に残されているなら、パソコンを修理する前に、まずはデータ復旧しなければデータを失うことになります。

【データ復旧】

【必要な知識と技術】

機器を構成する記憶媒体であるHDDやSSDなどの構造や動作原理、OSやデータの読み書きの仕組みとデータそのものの知識とそれらを復旧するための技術。

 故障した機器・記録メディア内に残っているデータを取り出すことを言います。
 削除や初期化、フォーマットによって消えてしまったデータも取り出すことができます。※1
 意図的でなくても対処・操作を誤っただけでデータが消えるリスクがあります。
 障害箇所によっては通電行為だけでも障害が悪化してデータを失うことがあります。
だからこそ、1つ1つの作業に根拠をもって適切に対処することが大切です。

【データ復旧を成功させるために不可欠な3要素】

①知識
②経験
③技術力

①データが保存された記録媒体・データ自体に関する知識
②障害箇所を正確に洗い出すための経験
③正確な診断後適切な方法で復旧する技術力

時にデータを読み込ませるために記録メディア自体の修理作業は行いますが、あくまで機器自体を再度使用できるように直すことを言いません。

※1 削除後、新たに使用して満タンまで上書き保存したものや、削除後長期間経過した場合は、その限りではありません。

【修理】

【必要な知識と技術】

機器を構成するパーツそれぞれの役割に関する知識と機器全体が動作するまでの設定と組み立てスキル。

 正常に作動しなくなった機器の故障・不具合箇所に手を加えて、再度使用できるように直すことを言います。
 具体的な作業内容としては、故障部品を新しい部品と交換、ソフトの再インストール、初期化、リカバリ等。
 最悪機器自体を購入し直すこともできるため、代替がききます。


2)データ復旧できる機器

【データ復旧対応可能な機器・記録メディア一覧】
Ⅰ)データ復旧対応機器/記録メディア
デスクトップパソコン
デスクトップ
ノートパソコン
ノートパソコン
サーバ
サーバ
NAS
NAS
外付けHDD
外付けHDD
ビデオカメラ
ビデオカメラ
デジタルカメラ
デジタルカメラ
iPhone
iPhone
Android
Android
USBメモリ
USBメモリ

パソコン/PC_外付けハードディスク/外付けHDD/ポータブルハードディスク_NAS_サーバー_仮想化環境_タブレット/タブレットノート_スマートフォン/スマホ_ビデオカメラ_デジタルカメラ_ハードディスクレコーダー_ブルーレイレコーダー_ハードディスク/HDD_SSD/SolidstateDrive_USBフラッシュメモリー_SD/SDHCカード_マイクロSD/MSDカード_CFカード_スマートメディア_セキュアマルチメディアカード_フォトストレージ_フラッシュATAカード_マルチメディアカード_メモリーカード_メモリースティック_メモリースティックDUO_メモリースティックPRO

Ⅱ) データ復旧対応OS
Windows
  • Windows10
  • Windows8.1
  • Windows8
  • Windows7
  • WindowsVista
  • WindowsXP
  • Windows2000
  • Microsoft Exchange Server
  • Windows Server 2003
  • Windows2000 Server
  • WindowsNT4.0 Server
  • WindowsNT3.51 Server
macOS
  • macOS High Sierra
  • macOS Sierra
  • OS X El Capitan
  • OS X Yosemite
  • OS X Mavericks
  • OS X Mountain Lion
  • MacOS X Lion
  • MacOS X 10
  • MacOS 9
  • MacOS 8
  • MacOS X Server
Linux ※代表的なOSのみ掲載しております。
  • Debian
  • Ubuntu
  • Red Hat Enterprise
  • CentOS
  • Fedora
  • Mandriva
  • Vine
  • SUSE
  • Solaris
  • SCO
  • AIX
  • HP-UX
  • IRIX
  • BSD
  • Linux
  • SUSE Linux
  • RedHat Enterprise Linux EL
  • RedHat Enterprise Linux AS
  • RedHat Linux AS
Unix ※代表的なOSのみ掲載しております。
  • Solaris
  • AIX
  • HP-UX
  • SCO UnixWare
  • Caldera Open Unix
  • 各種BSDシリーズ
  • その他UNIXシリーズ
Ⅲ) データ復旧対応ファイル

拡張子のつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

3)メーカーとデータ復旧業者の違い

メーカーは機器の保証はしてもデータの保証までしていないことがほとんどです。パソコンが故障した時などにメーカーに修理の依頼をする場合、”工場出荷時状態に戻す初期化”によりデータが消える旨を伝えられます。工場出荷時の状態にされてしまうと、当社を含め、データ復旧業者のどこでも復旧することは極めて難しくなりますし、当然復旧料金も上がります。そのため、パソコンが使えるようになるのが一番だとしても、パソコンの中のデータも必要とされるお客様は、①データ復旧→②修理の順番で行わないと、データがきちんと復旧できないことをご理解ください。

4)復旧ソフトとデータ復旧業者の違い

復旧ソフトは安価で素人でもデータを復旧できる手段として有効です。その一方で、データ復旧成功するかは障害の程度によるため、リスクが高い選択とも言えます。できれば復旧ソフトを試してみてそれでもダメなら復旧業者に任せようと思われる方は決して少なくありません。しかし復旧ソフトを使用して復旧に失敗した場合には、データ復旧のプロですら修復できなくなるほどに症状が悪化してデータ復旧を諦めざるを得ない状況に陥ります。 当社でも復旧ソフトの操作を誤ってデータが見られなくなったというお問い合わせは数多く受けております。 絶対に無くしたくないデータであれば復旧ソフトのご使用は控えてデータ復旧の専門家にお問い合わせください。

5)【要注意】データ復旧は一発勝負!

【理由1】データ復旧作業は最短・最適な方法で行うことがとても重要だからです。 データ復旧作業には通電行為が必ず伴います。障害箇所を特定するための無料診断も例外ではありません。 記録媒体にトラブルが生じている時の通電行為は例外なく障害の悪化・障害の併発・経年劣化の要因の1つになります。だからこそ、大事なデータであればあるほど、初期対処を正しく行うことや技術力がある業者を見極めることが大切です。

【理由2】最初の作業が最も効率良くデータを取り出せる可能性が高いからです。 復旧作業を行うにあたり重要になるのは”「どこが」「どのように」壊れているのか”という情報です。障害は、人間の目に見えるものではなく、専門の設備や技術員が診断して初めてわかることです。”「どこが」「どのように」壊れているか”が正確に診断できれば、復旧の可能性がグンとあがります。 一方、既に他社にて復旧作業が行われた場合、”「どこが」「どのように」壊れていたのか”わからないよう情報が上書きされてしまいます。こうした理由から、2社目以降のデータ復旧作業は復旧率が低くなるため1社目に選ぶ業者決めは重要です。

2. データ復旧率を高めるためのトラブル対処法

データを失わないためにあなたができるポイントをご紹介します。

トラブルは突然に起きるため焦りがちです。しかし、初期対処がデータを救うための第一歩としてとても重要です。
もし"大事なデータのバックアップがない"、"別の機器に情報が残っているか分からない"状態であれば、むやみに再起動を繰り返したりせず、通電を避け、自力での復旧も控えましょう。
何故なら、データが保存された機器に負荷がかかる行為になるからです。
例えばPCが起動しない状態は、見かけ上ただのパソコンの不具合に見えます。しかしデータが保存されたハードディスク内の不具合による場合、通電や再起動といった行為がハードディスクに負荷を与えて症状が悪化し、救えるデータも救えなくなる可能性が高まります。

◆PC/パソコン◆ハードディスク/HDD/SSD使用機器◆

症状がハードディスクやSSDの不具合が原因の場合、通電する行為は基本NGです。障害箇所によっては併発を招きかねません。

1) 使用の継続…

物理的障害リスク
HDDは通電している限り一定の回転数を保ち稼働し続けることになるため負荷がかかり更に悪化しかねません。
論理的障害リスク
HDD、SSD共に使用を継続することで起動情報など様々な情報が意図せず上書きされてしまうことがございます。

2) 再起動・電源の入り切り…

物理的障害リスク
起動時の動作はただ通電する以上に、ハードディスクに最も負荷がかかる行為です。
論理的障害リスク
HDD、SSD共に使用を継続することで起動情報など様々な情報が意図せず上書きされてしまうことがございます。

3) 自力で分解…

ハードディスクは超精密機器です。塵・埃が付着すれば記録面を傷ける等の故障要因になります。

4) デフラグ…

データに不具合が生じている状態で整えようとすると逆に誤ったデータで上書きされることがあります。

◆RAID/NAS/サーバ編◆RAIDを構築する技術 ≠ RAID機器からデータ復旧をする技術

【RAIDを組んだNASやサーバなどの場合】やってはいけない4つのこと
  • ① リビルド

    リビルド中に、直前まで障害がなかったHDDまでも障害が併発してしまいリビルド開始以前よりデータの状態が悪化する可能性があります。

  • ② HDDの順番の入れ替え・交換

    DISKの順番を替えるとその規則性が乱れてしまい、データが更に壊れ、その状態で上書きされてしまう可能性があります。

  • ③ HDDを取り外して単体で電源ON

    異常が起きたHDDを単体でつなげてもデータは見られないだけでなく、通電するだけで上書きが行われることがあります。また、フォーマットを要求されて誤って承諾してデータを失う可能性があります。

  • ④ AIDカードの交換

    RRAIDカードには特殊な物が多いです。そのため互換性のあるものを正確に見極めなければ本来のデータまでの道筋が消えてしまいデータを見ることが出来なくなります。また、障害が併発した時には互換性に関わらずデータを失う可能性があります。

◆ビデオカメラ/USBメモリ/SDカード/MSDカード

抜き差しを繰り返す…

起動情報が上書きされてメモリに残っていたデータを失ってしまう可能性があります。ただの認識不良ではないかと"一度接続を切り、再度読み込ませよう"、"別の読み込み機器で試そう"とされる方が多いです。
しかし根本となる障害を修復しないと裏で残っていたデータまで失うことになりかねません。

3. 当社サービスについてのポイント

充実したサポート体制・24h365日営業中!いつでもお電話・メールご相談承ります。
祝祭日一切関係なく復旧・納品までご対応。お休み中もお待たせいたしません。

1)データ復旧サービス・お取引の流れ

データ復旧サービス・お取引の流れ

データ復旧サービス・お取引の流れ(出張)

 データ復旧の流れ詳細はこちら https://www.ino-inc.com/service/flow.php

2)復旧料金:いくらかかるの?

復旧料金はお客様のご相談の機器とその故障箇所、状況によりお見積させていただきます。

復旧料金について

 料金詳細はこちら https://www.ino-inc.com/service/reasonable.php

3)復旧期間:手元にデータが戻るまでにどれくらいかかるの?

→本社銀座オフィスお持込で最短当日にお客様へデータをお戻ししております。
・また、復旧のご依頼をいただいてから約80%が48時間以内に復旧完了しております。

 復旧スピード詳細はこちら https://www.ino-inc.com/quality/speed.php

4)対応地域:復旧対応地域はどこ?

→全国エリア問わずご対応しています。海外からの問合もご対応しております。

5)技術員:どんな人が復旧作業を担当するの?

機器ごとに障害特徴や復旧内容は異なるため、難易度や技術レベルに応じて最適な技術員が担当としてつきます。
また、当社では復旧技術を5つのランクに分けることで保有技術力を管理しています。他社のトップクラスの技術員と同等もしくはそれ以上の技術を保有しているのがCランク、独占技術を持つランクは技術員全体の1%にも満たないS~Aランクです。

難易度や技術レベルに応じて最適な技術員が担当
【物理復旧チーム】
部品や機器が物理的に破損している”物理障害”に対して復旧作業を行うチームです。故障箇所に合わせて復旧作業を行います。互換性のある部品検索、部品交換、そして当社の独占技術であるファームウェアの修復等専門知識と豊富な実績経験を用いてお客様より預かった機器を一時的に通電してデータのコピーをとります。
【論理復旧チーム】
データが論理的に破損している"論理障害"に対して復旧作業を行うチームです。RAID情報の復旧作業でも欠かせないチームです。データが破損している箇所を特殊機器を使用しながら、計算・修復を行い正しいデータに戻しデータを復旧します。機器により異なる規則性を、蓄積された知識や経験を元に解析し修復します。パズルを組み立てるようなイメージです。当社のエンジニアは、多くの会社がソフトウェアで行う作業も基本的にはソフトウェアを使わず目視で行います。何故ならソフトウェアでも時に間違いが起きる上、経験と知識があれば、目視作業の方がより正確且つ速く分析ができるからです。こうして復旧したデータを新品のHDDに移し、納品できる状態にします。
【研究開発チーム】
スクラッチ(データ記録面に傷がついている状態)からデータを取り出せるようにする等、業界では致命的とされている障害に対して復旧率を上げるための研究をしているチームです。
それぞれに特化した技術員が担当することで難易度が高く他社では復旧不可となった機器からのデータ復旧実績も多々ある業界TOPレベルの技術員がデータ復旧します。
【物流チーム】
データ復旧作業のためにはお客様が機器から記録メディアを取り出す必要があります。機器ごとに異なる構造を熟知した上で解体し・組み立て作業をこなし、入出庫を専門として対応しています。

6)復旧方法:どうやって復旧するの?

復旧方法について

4. 業者選びのポイント

1)データリストの提示タイミングが依頼前ではないか

データリスト

データリストとは「データ復旧作業を行なったらどのデータがどれくらい出てきますよ。」 という事を業者が示す簡易的な証明書の様なものです。
どのデータなら復旧できるのか事前に知りたい人にとってはとても有難いと感じるでしょう。 しかし、依頼前の診断結果としてデータリスト提示の保証がある場合、その復旧業者が信頼できるか、技術力があるか特に注意が必要です。
何故なら、データリストが提示できるのは大きく分けて下記の2つしかないからです。

①ハードディスクが全く壊れていない状態
②復旧作業がほぼ完了し、残りは納品用の記憶媒体にデータを移すだけという段階
つまり、「診断後に絶対データリストを提示します」と言う業者の実態は下記の2つのどちらかに当たります。
①壊れていないハードディスクしか扱わない
②初期診断と称してデータ一覧が見られる状態まで復旧作業をしている
データ復旧は基本的に一発勝負です。結果希望データがすべて復旧できた場合は良いでしょう。
しかし、復旧できなかったデータがあった場合、「より難易度の高い復旧技術力を保有している同業他社に依頼していれば救えたデータがあったかもしれない」となることは大変勿体ないことです。

データ復旧作業前に、初期診断結果としてデータリストが提示出来ると言われた場合は一度冷静に比較検討をしていただく方が良いでしょう。

✖「データリストを提示されるからここにまずは診てもらおう」
◎「データリストを事前に提示するところだから、より技術力を見極めよう」

参照: 【要注意】データ復旧は一発勝負!
参照: 当社でデータリストを提示していない理由

2)保証サービスでもないのに「一律固定料金」と記載されていないか

データ復旧サービスの特性上、一律定額で復旧する業者は、復旧作業が最初から決まり切っているか、それ相応の復旧作業しかできない可能性があります。

障害レベルに応じて、必要な技術を保有しているかを見極めることが大切です。

 「どんな希望の条件でも家賃50000円で探しますよ。」という不動産屋があったらどう思いますか?
  そのまま50000円の部屋を紹介された場合、その物件はどうしてそんなに安いのか気になりませんか?
  診断前から「診療費一律3000円」という病院を見たことはありますか?
 風邪でもがんでも3000円で本当に治せると思いますか?
データ復旧はまだまだ認知度も低く、必要とする技術がいかに専門的かも認知されていません。
それ故、安価・定額などのお手軽感のある業者を選びたくなりがちです。

安いのには理由があります。「復旧が本当にできるかどうか」で判断しましょう。

3)復旧実績が掲載されているかどうか

データ復旧は一発勝負です。本当に大切なデータの復旧ができるか確認するには実績を見ることが一番です。だからこそ復旧実績の有無をしっかり確認しましょう。

 「他社で復旧できなかったものを復旧できた事例があるのか」
 「より多く、難易度の高い機器の復旧事例が掲載されているか」
 「仮想化サーバなど、通常のサーバ復旧よりも更に高い技術が必要となる機器の復旧が出来ているのか」

365日土日祝日も
持込・診断・復旧・納品可能
緊急時も!夜間でも!
24時間相談可能
0120-706-332
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『11年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。