USBメモリデータ復旧



USBメモリデータ復旧

1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。

USBメモリデータ復旧

1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。

USBメモリデータ復旧

1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。


USBメモリデータ復旧

1秒でも早く、1つでも多くのデータを
最も安全に復旧します。

よくある!

USBメモリの壊れ方と原因

USBメモリの壊れ方と原因!

エラーメッセージが表示される

症状

「デバイスエラー」 「要求を実行できませんでした」 「フォーマットしますか?」 「このフォルダは空です」
 などのエラーメッセージや、よくわからない英文メッセージが表示される

よくある原因

ファイルシステム異常、バッドセクタ発生、コントローラチップ破損、メモリチップ破損など、USB挿入時にエラーメッセージが表示され、 認識・読み込みができない。
使用中にエラーメッセージが出て正常に使用できない(データコピーできない等)など、エラーメッセージが原因でのお問合せは数多くございます。
エラーメッセージの主な原因は、「データがどの場所に、どういった順番で格納されている」といった構造情報(ファイルシステム)の異常や、バッドセクタ発生による読み込み不能、全体の動きを制御するコントローラチップの破損、データ格納場所にあたるメモリチップの破損など、非常に多岐に渡ります。
また、PCによる障害原因の特定機能には限界があるため、エラーメッセージと障害の原因を一概に結びつけることはできません。
実際の原因究明には専門家による調査が必要です。当社はデータ復旧専門アドバイザーの電話診断 および復旧技術員の初期診断を無料で行っております。
何らかのエラーメッセージが表示されUSBに不具合が生じた場合は、ぜひ当社の無料診断をご利用ください。

USBを認識できない

症状

USBメモリが認識されない
ディスクを入れているのに「ディスクを挿入してください」とエラー表示される

よくある原因

ファイルシステム異常、バッドセクタ発生、ファームウェア破損、物理的な破損 等 USBを差し込んでも何も反応がない場合や「ディスクを挿入してください」などと表示され認識できない場合は、論理的または物理的に何らかの障害が発生している可能性が高いです。
論理障害ではファイルシステム異常やバッドセクタ発生、物理障害では主にファームウェア(フラッシュメモリの物理的な動作を制御するプログラム)障害が多数見られます。
実際の原因究明には専門家による調査が必要です。
当社はデータ復旧専門アドバイザーによる電話診断と、さらに経験豊富な復旧技術員による初期診断を無料で行っております。
USBが認識できずにお困りの際は、ぜひ当社にご相談ください。

データが消えてしまった

症状

突然「遅延書き込みによりデータが消失した」といった意味のメッセージが表示されマイコンピューター上にアイコンが表示されなくなった
PCに接続した際、画面に英語メッセージが羅列され、そのままスクロールが進んだ後、USBメモリのデータが消滅した
データが入っているのに0バイトと表示される

よくある原因

データの書き込みに失敗した、「安全な取り外し」をしないで取り外した、論理的な異常 等
保存しておいたはずのデータが消失してしまった場合の多くは、実際にはデータは残っているが読み込みの際に正常に機能せず見えなくなっている状態です。
読み込み不良の原因としてはファイルシステムの異常やコントローラチップの異常、ファームウェア異常などが考えられます。
この場合、障害を修復しないとデータが取り戻せないのはもちろん、そのまま使用を続けるとさらに他のデータまで失われていってしまう可能性が高いです。
一度接続を切って再度読み込めば治るのでは、と、何度か接続を試される方がいらっしゃいますが、USBの起動情報が上書きされ元々のデータが本当に消去されていってしまう可能性があります。
大事なデータが突然見られなくなったら、当社のデータ復旧専門アドバイザーによる電話診断へまずはご相談ください。

データを削除してしまった

症状

誤ってデータを削除してしまった
USBからデータを削除した場合、多くは元々のデータが酷化された状態になります。
データ復旧ソフトなどで復旧できる場合もありますが、データのファイル名が解読不可能になっていたり、ファイルの一部が既に失われ破損していたりと、綺麗な形で取り戻すのは困難な場合がほとんどです。
データを上書きしてしまうと、復旧はさらに困難になります。 USBを起動するだけであっても起動情報が書き込まれてしまうため、大事なデータを削除してしまった場合はできるだけ速やかに使用を中止し、当社の無料電話診断へご相談ください。

フォーマットしてしまった

症状

誤ってフォーマットしてしまった 「フォーマットしますか?」と表示され実行してしまった
フォーマットをかけてしまうと、多くの場合自力でデータを取り戻すのは難しいでしょう。
フラッシュメモリ上に書き込まれたデータの 構造が既に変更されている可能性が高いからです。
データ復旧を専門とする当社では、16進数で表されるデータの最少単位までをひとつひとつ肉眼で確認し、専門知識と豊富な復旧 経験に基づいて元々の形に復元していきます。
フォーマットをかけてしまったUSBでも、諦めずにご相談ください。
また、一度のフォーマットであれば高い確率でデータ復旧が可能ですが、その後、データの上書きやフォーマットを繰り返すと復旧率は徐々に低下していきます。
大切なデータはできるだけ早い段階でご相談ください。

コネクタが破損してしまった

症状

PCとの接続部分が破損してしまった
USBは頻繁に抜き差しを行うという性質上、コネクタ部分が破損する場合があります。
損傷がひどい場合、通常の方法ではアクセスできないため、データ復旧の専用設備を使用し、データが格納されたメモリ部分に直接接続してデータ復旧を行います。
まずはUSBの記録媒体であるフラッシュメモリを取り出すところから始まりますが、フラッシュメモリは精密機器のため解体専門の技術員が解体を行います。

USBが折れてしまった

症状

USB が折れてしまった/バラバラになってしまった 等
破損した箇所の物理的な復旧から行います。
データが格納されているメモリ部分はチリやホコリに弱い精密機器のため、専用のクリーンルームで作業を行います。
当社が使用しているクリーンルームは手術室と同じレベルの「クラス 100」で、ナノ単位でチリやホコリをシャットアウトしています。
こうした専用の設備以外で解体すると、肉眼では捉えられないチリやホコリが付着しデータに致命的なダメージを与えることになりか ねませんので絶対にやめてください。
損傷の程度によっては、コントローラチップの交換やファームウェアの調整が必要になります。

その他の場合

詳細

上に上げた症状はよくある症状で、その症状に当てはまらない USB メモリも数多く持ち込まれます。
異常が起きた USB メモリは使用を 続けるにつれ、障害が発展して行きます。
USB メモリの障害パターンは無限大と言っても過言ではなく障害によって対処法は様々です。
経験を積んだ技術員でなければ、適切な対処を行うことは難しく、間違った判断をしてしまうと、二度とデータが戻って来なくなる場合 もあり手探りの対処は大変危険です。
大切なデータに少しでも異常を感じた際は、データ復旧の専門家である私たちにご相談ください。
USB メモリ専門のアドバイザーが無料で電話診断を行い、適切な対処方をご案内いたします。

よくある!
USBメモリの壊れ方と原因

エラーメッセージが
表示される
症状

「デバイスエラー」
「要求を実行できませんでした」
「フォーマットしますか?」
「このフォルダは空です」
「遅延書き込みによりデータが消失しました」
「予期しないエラーによってこの操作が妨げられています」
よくわからない英文メッセージが表示される

よくある原因

ファイルシステム異常、バッドセクタ発生、コントローラチップ破損、メモリチップ破損など、USB挿入時にエラーメッセージが表示され、 認識・読み込みができない。
使用中にエラーメッセージが出て正常に使用できない(データコピーできない等)など、エラーメッセージ が原因でのお問合せは数多くございます。
エラーメッセージの主な原因は、「データがどの場所に、どういった順番で格納されている」といった構造情報(ファイルシステム)の異 常や、バッドセクタ発生による読み込み不能、全体の動きを制御するコントローラチップの破損、データ格納場所にあたるメモリチップ の破損など、非常に多岐に渡ります。
また、PCによる障害原因の特定機能には限界があるため、エラーメッセージと障害の原因を一概 に結びつけることはできません。
実際の原因究明には専門家による調査が必要です。当社はデータ復旧専門アドバイザーの電話診断 および復旧技術員の初期診断を無料で行っております。
何らかのエラーメッセージが表示されUSBに不具合が生じた場合は、ぜひ当社 の無料診断をご利用ください。
USBを認識出来ない
症状

USBメモリが認識されない
ディスクを入れているのに「ディスクを挿入してください」とエラー表示される

よくある原因

ファイルシステム異常、バッドセクタ発生、ファームウェア破損、物理的な破損 等 USB を差し込んでも何も反応がない場合や「ディスクを挿入してください」などと表示され認識できない場合は、論理的または物理的に何らかの障害が発生している可能性が高いです。
論理障害ではファイルシステム異常やバッドセクタ発生、物理障害では主にファームウェア(フラッシュメモリの物理的な動作を制御 するプログラム)障害が多数見られます。
実際の原因究明には専門家による調査が必要です。
当社はデータ復旧専門アドバイザーによる電話診断と、さらに経験豊富な復旧技術員による初期診断を無料で行っております。
USBが認識できずにお困りの際は、ぜひ当社にご相談ください。
データが消えた
症状

突然「遅延書き込みによりデータが消失した」といった意味のメッセージが表示され マイコンピューター上にアイコンが表示されなくなった
PCに接続した際、画面に英語メッセージが羅列され、そのままスクロールが進んだ後、USBメモリのデータが消滅した
データが入っているのに0バイトと表示される

よくある原因

データの書き込みに失敗した、「安全な取り外し」をしないで取り外した、論理的な異常 等
保存しておいたはずのデータが消失してしまった場合の多くは、実際にはデータは残っているが読み込みの際に正常に機能せず見えなくなっている状態です。
読み込み不良の原因としてはファイルシステムの異常やコントローラチップの異常、ファームウェア異常などが考えられます。
この場合、障害を修復しないとデータが取り戻せないのはもちろん、そのまま使用を続けるとさらに他のデータまで失われていってしまう可能性が高いです。
一度接続を切って再度読み込めば治るのでは、と、何度か接続を試される方がいらっしゃいますが、USBの起動情報が上書きされ元々のデータが本当に消去されていってしまう可能性があります。
大事なデータが突然見られなくなったら、当社のデータ復旧専門アドバイザーによる電話診断へまずはご相談ください。
削除した
症状

誤ってデータを削除してしまった
USBからデータを削除した場合、多くは元々のデータが酷化された状態になります。
データ復旧ソフトなどで復旧できる場合もありますが、データのファイル名が解読不可能になっていたり、ファイルの一部が既に失われ破損していたりと、綺麗な形で取り戻すのは困難な場合がほとんどです。
データを上書きしてしまうと、復旧はさらに困難になります。 USBを起動するだけであっても起動情報が書き込まれてしまうため、大事なデータを削除してしまった場合はできるだけ速やかに使用を中止し、当社の無料電話診断へご相談ください。

誤フォーマット
症状

誤ってフォーマットしてしまった 「フォーマットしますか?」と表示され実行してしまった
フォーマットをかけてしまうと、多くの場合自力でデータを取り戻すのは難しいでしょう。
フラッシュメモリ上に書き込まれたデータの 構造が既に変更されている可能性が高いからです。
データ復旧を専門とする当社では、16進数で表されるデータの最少単位までをひとつひとつ肉眼で確認し、専門知識と豊富な復旧 経験に基づいて元々の形に復元していきます。
フォーマットをかけてしまったUSBでも、諦めずにご相談ください。
また、一度のフォーマットであれば高い確率でデータ復旧が可能ですが、その後、データの上書きやフォーマットを繰り返すと復旧率は徐々に低下していきます。
大切なデータはできるだけ早い段階でご相談ください。

コネクタ破損
症状

PCとの接続部分が破損してしまった
USBは頻繁に抜き差しを行うという性質上、コネクタ部分が破損する場合があります。
損傷がひどい場合、通常の方法ではアクセスできないため、データ復旧の専用設備を使用し、データが格納されたメモリ部分に直接接続してデータ復旧を行います。
まずはUSBの記録媒体であるフラッシュメモリを取り出すところから始まりますが、フラッシュメモリは精密機器のため解体専門の技術員が解体を行います。

折れた
症状

USB が折れてしまった/バラバラになってしまった 等
破損した箇所の物理的な復旧から行います。
データが格納されているメモリ部分はチリやホコリに弱い精密機器のため、専用のクリーンルームで作業を行います。
当社が使用しているクリーンルームは手術室と同じレベルの「クラス 100」で、ナノ単位でチリやホコリをシャットアウトしています。
こうした専用の設備以外で解体すると、肉眼では捉えられないチリやホコリが付着しデータに致命的なダメージを与えることになりか ねませんので絶対にやめてください。
損傷の程度によっては、コントローラチップの交換やファームウェアの調整が必要になります。

その他
詳細

上に上げた症状はよくある症状で、その症状に当てはまらない USB メモリも数多く持ち込まれます。
異常が起きた USB メモリは使用を 続けるにつれ、障害が発展して行きます。
USB メモリの障害パターンは無限大と言っても過言ではなく障害によって対処法は様々です。
経験を積んだ技術員でなければ、適切な対処を行うことは難しく、間違った判断をしてしまうと、二度とデータが戻って来なくなる場合 もあり手探りの対処は大変危険です。
大切なデータに少しでも異常を感じた際は、データ復旧の専門家である私たちにご相談ください。
USB メモリ専門のアドバイザーが無料で電話診断を行い、適切な対処方をご案内いたします。

※USBメモリのこんな使い方は要注意!!

普段から取り扱いに気を付けてデータ消失のリスクを徹底回避
※USBメモリのこんな使い方は要注意!!
普段から取り扱いに気を付けて
データ消失のリスクを徹底回避

 長期間USBを放置する

USB内のフラッシュメモリが劣化し、ある日突然データが失われることがあります。

 上限回数を超えて使用する

フラッシュメモリの性質上、データ書き込み上限回数を超えると動作が不安定になります。

 データの書き込みが終了しない内にコネクタから抜く

データが片化したり、ファイルシステム異常の原因になります。

 エラーメッセージが何度も出ているにも関わらず使用を継続

USB 内のフラッシュメモリが劣化し、ある日突然データが失われることがあります。

 コネクタが破損したPCに接続する

USB側のコネクタ破損の原因になります。

 USBを分解する

USB の記憶媒体であるフラッシュメモリは精密機械です。深刻な障害の原因になります。
 長期間USBを放置

USB内のフラッシュメモリが劣化し、ある日突然データが失われることがあります。

 上限回数を超えて使用

フラッシュメモリの性質上、データ書き込み上限回数を超えると動作が不安定になります。

 動作中にコネクタから抜く

データが片化したり、ファイルシステム異常の原因になります。

 エラーが出ている時の使用

USB 内のフラッシュメモリが劣化し、ある日突然データが失われることがあります。

 コネクタが破損したPCに接続

USB側のコネクタ破損の原因になります。

 USBを分解

USB の記憶媒体であるフラッシュメモリは精密機械です。深刻な障害の原因になります。

国内データ復旧売上11連続No.1。

上位10社の信用調査結果による(算出期間:2007年〜2017年)

常に業界をリードし続ける8つの理由

国内データ復旧売上
11年連続No.1。

上位10社の信用調査結果による
(算出期間:2007年〜2017年)

常に業界をリードし続ける
8つの理由
aa

1.累積ご依頼件数164,675件以上

多くのお客様からご支持をいただきおかげさまで累積ご依頼件数は164,675件を突破致しました(※累積ご依頼件数:算出期間(2011年1月1日~2017年12月20日現在))。
データ復旧の世界は経験がすべて。
ご依頼により蓄積された164,675件以上の圧倒的な経験値により、どこよりも確実な復旧を可能にします。

aa

2.データ復旧率96.2%

海外から最先端の設備を積極的に導入し、世界の提携企業と共同で、技術研究を行う。
技術力向上に向けたそうした取り組みにより、当社のデー タ復旧率は世界レベルの96.2%をマークしています。 (※データ復旧率:データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数×100% 分母は、本HPに記載しているS~Eまでの復旧難易度ランクで、他社復旧不可のSランクとAランクを除いた件数で算出しております。算出期間[2016年11月1日~2017年8月31日現在])

aa

3.豊富な実績と徹底管理

当社は、官公庁、医療法人、学校法人、上場企業など多くの法人のお客様とお取引をさせて頂いた実績があります。
規模が大きくなればなるほど、扱う情報量も多いため、機器をお預かりする際は、機密保持契約を交わし、徹底した管理の下で作業にかかります。

aa

4.最短即日納品のサポート体制

機器をお持込いただいてから、最短15分で診断結果をお伝えしておりますので、ご希望の場合は最短で即日の納品が可能です。
また、USBメモリ復旧に特化した技術者が常時在籍している為、緊急時も安心です。

aa

5.安心・万全のセキュリティ

国際標準規格ISO27001取得、プライバシーマーク認定など、情報を取り扱う企業として一定のガイドラインを設け、 国際空港と同規格の金属ゲート、顔認証による入退室や第三者機関の常駐警備員による目視チェックなど、強固なセキュリティ体制でお客様の情報を守ります。

aa

6.熟練の職人技による手作業復旧

失敗が許されないデータ復旧。
最も適した復旧作業を行う為に、何パターンもあるUSBメモリの障害を瞬時に切り分け、経験で培った感覚と技術 により丁寧な手作業復旧を行います。

aa

7.「8つ」の無料

初期診断料金、機器を分解する際に発生する分解費、データ復旧後のバックアップ作業代金、バックアップメディア代金、復旧後の機器の郵送にかかる送料、復旧に必要な部品代金など、復旧にかかる費用を様々な角度で見直し、シンプルな料金プランをご提案いたします。

aa

8.成功報酬型の料金プラン

当社の料金プランはとてもシンプルです。
復旧希望データを事前に確認。 一部復旧の場合は、お見積もりから減額いたします。
成功の定義をきちんと決めて作業を行うので安心してお任せください。

料金を決める4つの要素

料金を決める4つの要素

1 データ量

復旧対象データは何ギガくらい?

2 故障箇所

どこがどう壊れた?

3 難易度

どういう壊れ方?

4 工程数

復旧するのに何日かかる?
1 データ量

復旧対象データは
何ギガくらい?

2 故障箇所

どこがどう壊れた?

3 難易度

どういう壊れ方?

4 工程数

復旧するのに
何日かかる?


データ復旧料金

当社の料金体系は、完全成功報酬型です。
復旧希望データを事前に確認。 一部復旧の場合は、お見積もりから減額いたします。
成功の定義をきちんと決めて作業を行うので安心してお任せください。

データ復旧料金

当社の料金体系は、完全成功報酬型です。
復旧希望データを事前に確認し、そのデータが復旧できなければ料金は一切頂きません。
成功の定義をきちんと決めて作業を行うので安心してお任せください。

完全成功報酬について

完全成功報酬について

希望データが戻らなければ0

データの復旧が成功してもそのデータがお客様が必要とされていたデータでなければまったく意味がありません。

お客様の必要なデータが復旧されてから 初めて料金を頂く
「成功報酬型」を採用することで
安心してご依頼頂けるプランになっています。
※症状により,復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。

aa
希望データが戻らなければ
0

データの復旧が成功しても
そのデータがお客様が必要とされていたデータでなければまったく意味がありません。

お客様の必要なデータが復旧されてから 初めて料金を頂く
「成功報酬型」を採用することで 安心してご依頼頂けるプランになっています。
※症状により,復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。

aa

お問合せから納品までの流れ

機器をお持ち込みで最短当日納品も可能!

お問合せから納品までの流れ
機器をお持ち込みで最短当日納品も可能!

機器をお持ち込みの場合

16:00までのお問合せで
最短当日の復旧・納品が可能です。
お持ち込みなら最短5分で診断結果をお伝えする事ができるうえ
土日祝日も休まず 365日 9:30~21:00まで
受け付けております。

最短当日

ご郵送をご利用の場合

お問合せの際に当社にて配送業者を手配し
お客様の機器を集荷に伺います。
機器が翌日到着した場合は最長でも24時間以内に
診断結果をお伝えします。

機器をお持ち込みの場合

16:00までのお問合せで
最短当日の復旧・納品が可能です。
お持ち込みなら最短5分で診断結果をお伝えする事ができるうえ
土日祝日も休まず 365日 9:30~21:00まで
受け付けております。


ご郵送をご利用の場合

お問合せの際に当社にて配送業者を手配し
お客様の機器を集荷に伺います。
機器が翌日到着した場合は最長でも 24 時間以内に
診断結果をお伝えします。

365日土日祝日も持ち込み・診断・復旧・納品可能

緊急時も!夜間でも!24時間相談可能
365日土日祝日も
持ち込み・診断・復旧・納品可能

緊急時も!夜間でも!
24時間相談可能
お電話はこちら
0120-706-332