【データ復旧】USBメモリのデータ復元方法や、よくある症状を解説|データ復旧 国内売上No.1
0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

  • データ復旧.com
  • > 【データ復旧】USBメモリのデータ復元方法や、よくある症状を解説|データ復旧 国内売上No.1
デジタルデータリカバリー 日本発、世界へ デジタルデータリカバリー 日本発、世界へ 最短即日データ復旧 USB・SD
0120-706-332

【データ復旧】USBメモリのデータ復元方法や、よくある症状を解説|データ復旧 国内売上No.1

  • 誤ってデータを消してしまった...
  • 間違えてフォーマットしてしまった...
  • 突然認識しなくなった...
  • 物理的に故障して使えなくなった...

思い出の写真や動画
大学の研究データや論文
仕事で使用している重要なデータ...
そんな大切なデータが見られなくなってしまった、どうしても取り戻したい..でもどうすれば...
そんなお悩み、データ復旧で解決します!

データ復旧アドバイザー

まずはお電話で、データ復旧アドバイザーが

「無料相談」致します!

まずはお電話で、データ復旧アドバイザー

が「無料相談」致します!

お手持ちのUSBメモリのトラブル状況「認識しなくなった」や「誤ってデータを削除してしまった」「端子部分が故障している」などをお伝え頂ければ、金額や復旧期間をご案内致します。何から話せばいいのかわからない場合でも、まずは今すぐお電話下さい。
そのままにしておいてもデータが戻ることはありません。専門知識を持ったデータ復旧アドバイザーがお客様の機器の状態を見極め、適切なアドバイスをさせていただきます。

データ復旧アドバイザー

問い合わせから、今後の流れについて

STEP1,2,3 STEP1,2,3
相談だけでもOK 相談だけでもOK

\  3分でカンタン入力!  /


壊れた原因は?対処法は?料金は?もう少し自分で調べてみる!

USBメモリ全症状対応可能!
あなたの症状は?

症状1
突然認識しなくなった!!

突然認識しなくなった

ある日突然、機器に接続しても反応しなくなったというのは、よくある事例です。この場合、次のような障害が起きている恐れがあります。

・何らかの形で機器に衝撃が加わり、物理的な障害が発生している
・コネクタ部分が摩擦によって擦り減っている
・書き込み回数の上限を迎えた(経年劣化)

このようなケースだと、個人では対応できないため、速やかに専門家に相談しましょう。

症状2
フォーマット(初期化)を要求される・エラーが表示される

データを消してしまった

「フォーマットしますか?」「アクセスできません」などのエラーが表示される場合、データを管理するファイルシステムに異常が生じている恐れがあります。言い換えれば、データは残っているにもかかわらず、画面上からはデータを確認できなくなっている状態です。

原因は、書き込み中の強制終了、停電・落雷など予期せぬ電源遮断、USBメモリの経年劣化で起こります。PC側としては、メディアを再使用するため、フォーマットを要求しますが、フォーマットすると、データは削除されます。
また、物理障害を起こしたUSBメモリでフォーマットすると、物理障害と論理障害を併発し、著しく状態が悪化します。まずはデータ復旧専門業者まで無料相談することをおすすめします。

症状3
データを削除・フォーマットしてしまった!!

データを削除・フォーマットしてしまった

必要なデータを誤って消してしまったというのは、最もよくあるトラブルです。原因としては、次の2パターンが主に考えられます。

・不要なデータを消す際、誤って必要なデータも消してしまった
・フォーマット要求に従って、フォルダを初期化してしまった

この場合、操作を控えておけば、データを取り戻せる可能性は十分に残っています。まずはデータ復旧専門業者まで無料相談してみてください。

症状4
データの読み込みができない

その他の症状

データの読み込みができない場合、さまざまな原因が考えられますが、筐体に破損等がない場合はファイルシステム異常などの 論理的な障害や、筐体の内部でコンデンサーやコントローラーに異常が発生しているケースが考えられます。

むやみに再起動を繰り返したりすると、起動情報等が書き込まれてしまい必要なデータが上書きされてしまう可能性がありますので、 使用を中止し、データ復旧の専門家である私たちにご相談ください。

症状5
USBメモリのコネクタが曲がった・破損した

突然認識しなくなった

USBメモリのコネクタが折れたり曲がってしまった場合、自力で対応しようとすると状態が悪化する恐れがあります。この場合、基板自体は無事なことも多く、専門家であればデータの取り出し可能性が十分あるので、物理的に壊れてしまっている機器でも、諦めずにお電話ください。

症状6
落下などの衝撃でデータが見られなくなった

突然認識しなくなった

USBメモリを落下させてしまったり、何かしらの衝撃を与えてしまったためにデータが見られなくなることがあります。 USBメモリは精密機器なので、強い衝撃を加えると、故障の原因になります。ただ、衝撃によりデータが見られなくなる・電源が入らなくなった機器でも、 専門家による復旧ならば取り戻せる可能性があります。

症状7
データを上書きしてしまった!!

上書きしてしまった

保存場所を誤って上書きしてしまった場合、それ以上に上書きが発生してしまうことのないように、機器の使用を中止してください。
対応が遅くなればなるほど、復旧の可能性は低下してしまいます。 データを上書きしてしまったとしても、専門の知識と技術を持った専門家ならデータを復旧できる可能性があります。 まずは専門アドバイザーによる、無料の電話診断のご利用をおすすめします。

症状8
水没してデータが見られなくなった

突然認識しなくなった

USBメモリはポケットに入れて持ち運びやすく、水濡れや、洗濯などでうっかり水没させてしまう方も多くいらっしゃいます。 そのままデータが見られなくなってしまったり、直後は電源が入ったものの、しばらく経つと全く動作しなくなったりと、 程度はさまざまです。

水に濡れた状態で電源を入れると、障害が悪化する可能性が高いので、ご遠慮ください。通常、メーカー修理に出さなければならない状態でも、データ復旧の専門知識と技術を持った当社ならば、復旧できる可能性が高いです。ぜひ、専門アドバイザーによる無料の電話診断をご利用ください。

症状9
気づいたらデータが消えていた

その他の症状

データを消した覚えがないにもかかわらず、データが消えてしまっている場合、USBメモリの経年劣化や、システム破損などが原因で、画面上から見えなくなっているか、実際に、そのデータが消失している恐れがあります。

この場合、USBメモリ内にデータが残っていることも多いのですが、操作を繰りかえしたり、メモリの抜き差しを行ったり、データを上書きしたりすると、データだけではなく、機器自体が完全に破損する恐れがあります。

症状10
その他の症状

それ以外にも、USBメモリに発生する障害はさまざまです。たとえば「USBメモリを落として踏みつけた」「水に濡らした」としても、直後は正常に動いたので、使用を続けていたところ、ある日、突然認識しなくなることがあります。これは傷や腐食が内部進行し、時間をおいて障害が顕在化したと考えられますが、このような場合、自力で原因となる障害を断定するのは難しいといえます。

デジタルデータリカバリーは、11年連続国内売上No.1。累計291,412件の復旧実績がございます。どのような症状であっても、 専門知識を持った技術員がひとつひとつ解析し、原因の究明にあたります。まずは無料の電話診断でご相談ください。 データ復旧の専門アドバイザーがご対応いたします。


0120-706-332

USBメモリ故障の原因解明
よくある原因は?

原因1
誤操作による削除・フォーマット

誤操作による削除・フォーマット

誤って削除してしまったり、フォーマットしてしまうケースが非常に多くみられます。何らかの要因で突然シャットダウンしてしまった後など、 「フォーマットしますか?」と表示されそのままフォーマットしてしまう等です。

原因2
筐体不良(機器の故障)

筐体不良

USBメモリの筐体そのものが故障・破損しているケースです。コネクタの湾曲や折れ、ひび割れ、水没などがあります。
この場合、内部のメモリを取り出してデータを抽出する作業が必要になります。

原因3
ファイルシステム異常

ファイルシステム異常

記憶媒体の管理情報であるファイルシステムに異常が発生しているケースです。 起動情報やデータ読み込み状況など、記憶媒体には常に何らかのデータ書き込みが行われています。突然のシャットダウンやUSBメモリの抜き差しをした場合などにデータの書き込みが正常に終了しないことがあり、そういった要因で保存されたデータの位置情報が乱れ、ファイルシステム異常となります。

原因4
温度の上昇(熱)による
コントローラチップ破損・コンデンサーの破裂

温度の上昇(熱)によるコントローラチップ破損、コンデンサーの破裂

気温の上昇など熱の影響で起こる障害も多くあります。USBメモリなどのフラッシュメモリタイプの機器の場合、 全体の制御装置であるコントローラのチップの接着面が溶け出す事もあります。また、外からは分かりませんが 内部のコンデンサーが破裂しているケースも多く見られます。

0120-706-332

復旧率向上のために...
USBメモリをデータ復旧・復元する時の注意点

注意点1
フォーマット・上書きをしない

USBメモリが正常に読み込めない場合、フォーマット要求のエラーメッセージが表示されます。これはUSBメモリのデータを管理するシステムが破損しており、データの住所が分からなくなっている状態です。

もしフォーマットを実行すると、機器は再び使えるようになりますが、データにアクセスできなくなってしまいます。データが必要な場合はフォーマットを控えてください。

万が一フォーマットしてしまった場合は操作しない!

フォーマット後もデータの痕跡は残っていますが、下記の行為を試すと、データの痕跡はどんどん上書きされてしまいます。

・データを追加する
・パソコンの操作を行う
・データ復元ソフトを使う
・再起動を繰り返す

この場合、データ復旧業者であっても復元が難しくなる可能性が高いです。最も安全にデータ復元を行う場合は、一切の操作を控えてそのままデータ復旧業者にご相談ください。

0120-706-332

注意点2
抜き差しを繰り替えさない

USBメモリが故障した際、確認のため何度も差し抜きすることは控えましょう。物理障害の場合、接触部分の傷や折れ曲がりなど、新たな障害を引き起こす可能性があります。

また、論理障害の場合、PCに差し込みを行っただけでデータが上書きされてしまう可能性もあります。故障したUSBメモリの抜き差しを最小限におさえておきましょう。

注意点3
破損した状態で使用を続けない

USBメモリのデータに異常が生じた場合、通電や操作を避けましょう。とくに次の場合は、ビデオカメラのデータやシステムが破損していると考えられます。

・データを削除した
・ビデオカメラやメモリがパソコンで認識されない
・パソコンに差し込むとエラーメッセージが表示される


このまま使い続けると、「データの上書き」または「新たな障害が発生する」恐れがあります。

注意点4
復元ソフトを使用しない

データ復元ソフトは、低画質の画像しか復元できないことが多いとされています。また、物理障害には一切対応できません
データ復旧の専門業者と比較しても、復元ソフトは、データの復旧率が著しく低いため、本当に大切なデータを復元するには、データ復旧業者に相談することが最善の選択です。

業者に依頼する場合は、技術力で判断しましょう。

物理障害を起こした機器やメディアからデータを復旧・復元するのは、非常に難易度が高く、専門の技術が必要となります。また、USBメモリなどメモリ媒体のデータ復旧・復元は非常に難易度が高く、対応していない業者も多く存在します。

USBメモリのデータ復元を依頼する場合は、難易度の高い障害からの復旧にも対応していてかつ、実績を復旧率や件数といった数値で明示している業者に相談をしましょう。

注意点5
メーカーに修理を依頼するとデータが消失する

USBメモリが故障した際、メーカー様や販売店様に修理に出すのではデータが戻ってくる事は基本的にはありません。機器は直るものの、 通常データは全て初期化されてしまいます。「データ復旧」は修理とは全く別の技術。データ復旧はお客様の機器の状態に合わせるため、 復旧パターンは何万通りにもなります。

トラブル発生後、不適切な対処を繰り返すほどデータ復旧成功率は下がってしまいます。 ご自分で対処しようと作業を行い、更に状態を悪化させてしまう方が多くいらっしゃいます。USBメモリに異常を少しでも感じられた際は、すぐに使用を中止しデータ復旧の専門家である私たちにご相談ください。

ご自身で試せるものから業者への相談まで!
USBメモリのデータ復旧・復元方法

ご自身で試せるものから業者への相談までデータ復旧方法を解説します。
大切なデータが保存されている、作業に自信がないなどの場合は無理に操作をせず、データ復旧業者に相談しましょう。

方法1
別の機器に接続してみる

USBメモリのファイルシステム形式は、差し込み先のOSの種類に依存します。WindowsではNTFS、MacではAPFSというフォーマットが採用されておりそれぞれに互換性はありません。

別のOSで試すと、データが表示されることがあるので、もしデータの記録を別のOSで行った場合は、そのOSに接続してフォルダが無事表示されるか確認してみましょう。

方法2
接続機器の再起動を行う

PC自体に不具合がある場合、PCの再起動を行うことで解決する場合があります。ただし、再起動を複数回試みることは控えましょう。電源のON/OFFは機器に大きな負担をかけるため、他の障害の併発や故障が悪化してしまう危険があります。

方法3
データ復元ソフトを使う

データ復元ソフトでは、誤削除したファイルを検出・復元するソフトウェアです(経年劣化や水没、筐体破損など物理的な障害には、いっさい対応できません)。

データ復元ソフトは無料、もしくは比較的安価で提供されており、ごく軽微な論理障害には対応できます。しかし、復元作業に失敗すると、データ復旧の専門業者でも対応が困難となる危険性があります。データ復元ソフトの注意点は、こちらでも詳しく解説しています。

データ復元ソフトで失敗?事例や注意点、使用の判断方法を解説

方法4
データ復旧・復元専門業者に相談する

データ復元業者

最も安全にデータ復元させる方法は、データ復旧業者への相談です。データ復旧業者では、重度の論理障害だけでなく、復元ソフトで対応できない物理障害からのデータ復旧・復元が可能です。
また、機器や症状ごとにエンジニアによる正確な初期診断によって、個人では判別が難しい故障原因の特定も可能となっています。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、簡易診断と対応方法について無料でご案内いたします。また、機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っているので、お気軽にご相談ください。

データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。

【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて
【口コミ】HDD復旧サービスをご利用されたお客様の声・評判をご紹介

0120-706-332

どんな故障もおまかせください!
復旧対応メーカー例

USBメモリ

  • バッファロー
  • エレコム
  • I-OData
  • プリンストン
  • PQI
  • Sony
  • Verbatim
  • トランセンド
  • Toshiba
  • Sandisk
  • Siliconpower
  • Kingston
  • グリーンハウス
  • ハギワラソリューションズ
  • HI-DISC
  • Corsair
  • サンワサプライ
  • Team
  • ADATA
  • キオクシア
  • HP
  • レキサーメディア
  • SUPER TALENT
  • Apricorn
  • ESSENCORE
  • ADTEC
  • ロジテック
  • PhotoFast
  • Leef Technology
  • PNY
  • リーダーメディアテクノ
  • 磁気研究所
  • ADAM elements
  • Patriot Memory
  • AREA
  • Sharkoon
  • 三菱ケミカルメディア
  • SolidAlliance
  • IMATION
  • センチュリー
  • KINGMAX
  • 多摩電子工業
  • サムスン
  • ※その他各種メーカーにも対応しております。現状当社で対応できないメーカーはございません。
     お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。
0120-706-332

国立大学法人・上場企業・官公庁様多数
復旧実績

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました。

【実績】ご利用いただいたお客様一覧
※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

多数のメディアにて紹介されています

ご紹介頂いたメディア

ご紹介頂いたメディア

0120-706-332

安心・確実・迅速な復旧には
デジタルデータリカバリーが選ばれる5つの強み

高復旧率で1秒でも早く復旧するために

業界トップクラスの当社がこだわり続ける5つの強み

当社の強み1
最新技術 〜業界トップクラスの技術力〜

最新技術

高度な復旧技術で高い復旧率を実現。他社で復旧できなかった機器からも多数復旧しています。

・データ復旧率95.2% (※1)
・11年連続データ復旧国内売上No.1(※2)
・国内屈指の復旧専門エンジニアが約40名在籍(業界最大規模)
・世界30ヵ国以上を訪問し、海外の優秀なエンジニアから技術導入
・重度物理障害にも対応するファームウェア修復技術を習得
・傷のついたHDDからの復旧技術で東京都からの表彰実績

※1. 2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(集計期間:2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)
※2. 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年〜2017年)


当社の強み2
スピード 〜即日最短15分で対応〜

スピード

ご依頼をいただいた機器の約8割が、48時間以内に復旧を完了しています。

・約8割が48時間以内に復旧完了(※)
・正確な初期診断にて、最短5分で故障箇所を特定。
・東京六本木の本社ラボに直接お持込なら最短15分で復旧可能。
・365日営業!土日祝も相談・診断・持込・復旧・納品すべて対応
・平均7,344台のドナーHDDを保有し迅速に対応可能 

※算出期間:2017年2月〜2018年1月


当社の強み3
実績 〜全国から多くのお客様にご利用いただいています〜

実績

官公庁、上業企業、大学法人、個人のお客様からご依頼実績多数。全国47都道府県、海外からのご依頼も対応。

・累計29万件を超えるご相談実績(※1)
・RAIDご相談実績 累計9,300件以上(※2)
・他社復旧不可ご相談実績 累計3,000件超(※3)
・全国各地の警察署へ捜査協力で功績が認められ、感謝状も多数受領

※1 期間:2011/1/1~
※2 期間:2001/1/1〜2020/6/5
※3 期間:2016/6/1〜

当社の強み4
最新設備 〜「最新型設備」が整っているデータ復旧会社〜

最新実績

メーカー・年代を問わず、細かなバージョンアップにも対応。常にベストな状態で復旧にあたります

・復旧作業工程はワンフロア体制・社内ラボを全て公開
・無菌手術室と同等レベルの清浄度を保ったクリーンルームを自社内に保有
・300を超える復旧設備を国内外から導入
・各機器・症状ごとの専門エンジニアが復旧


当社の強み5
セキュリティ 〜国際レベルのセキュリティ体制〜

セキュリティ

国際空港レベルの強固なセキュリティを完備し、情報漏洩の心配もありません。

・情報セキュリティの国際規格「ISO27001」「Pマーク」取得
・復旧ラボの入口には社外の警備員を配備し、金属探知機で厳重チェック
・監視カメラを多数設置、24時間体制での万全なセキュリティ
・自社復旧ラボ一拠点で復旧、配送ミスなどによる情報漏えいの恐れなし


最短5分のお電話で復旧可能性を簡易診断いたします。
詳しくは無料相談窓口より、お気軽にお問合せください。

0120-706-332

USBメモリ 最短当日復旧!
データ復旧の流れ

問合せ~納品までの流れ
問合せ~納品までの流れ
0120-706-332

データ復旧費用は4つの要素で決まります
料金・支払方法について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量 総ディスク容量

    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?
  • 2
    故障箇所 故障箇所

    故障箇所

    どこが壊れているか?
  • 3
    難易度 難易度

    難易度

    どれくらい壊れている?
  • 4
    工程数 工程数

    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額が気になる方は、まずお電話下さい。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜 1TB以上 20,000円〜
500GB以上 10,000円〜 2TB以上 30,000円〜
500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧プランのおすすめポイント

復旧料金は、診断結果に基づいた個別プラン(成功報酬制あり)をご提示いたします

当社では、機器の障害状況を診断させていただき、プランをご提示いたします。
成功報酬制プランにおける「復旧成功の定義データ」は、お客様のご希望に合わせて設定が可能です。
ご相談・初期診断・見積まで無料で承りますので、お気軽に無料診断・見積サービスをご活用ください。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい

0120-706-332

他社復旧不可相談件数3000件超
他社で復旧できなかった事例もお任せください

事例

メーカー、他社様作業済みのUSBメモリから
削除データの復元に成功

状態

ドライブレコーダーで使用していたUSBメモリでデータが破損しており、メーカーに復旧依頼しても、「詳細は分からない」として対応不可。

当社復旧時間 1日

復旧結果

今回のケースでは、復旧希望データのサイズが0バイトになっていました。単にファイルが破損しているように見えますが、実際はファイルを管理するファイルシステムが破損していました。0バイトのデータにツールをかけるだけでは復元できません。また単純に復元ツールをかけるのではなく、ファイルシステムの情報を見てから、復旧・復元作業が行える復旧業者は、限られています。

当社では、ファイルシステムを修復した上で、前後のファイルの保存場所から復旧希望データの記録箇所を捜索し、残存データを抽出しました。他社様で「不可診断」された場合でも、USBメモリの復旧実績が豊富にある当社までご相談ください。

復旧に関してよくある質問にお答えします。
よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

A:いえ、かかりません。お客様の機器を実際にチェックしてみて初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、チェックが終わるまでは一切費用は頂いておりません。
※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ、機器の返送費用だけご負担頂いておりますのでご了承ください。


営業時間を教えてください

A:営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00


他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

A:復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。
他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

  上記以外のよくある質問はこちら


0120-706-332

お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。