Mac(Appele製品)の修理・データ復旧|データ復旧 国内売上シェアNo.1【データ復旧.com】
デジタルデータリカバリー

Mac(Appele製品)の修理・データ復旧
||データ復旧なら国内売上シェアNo.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

データ復旧.com データ復旧事例 Mac(Appele製品)の修理・データ復旧

画像や音楽、映像データが突然消えた!データにアクセスできない!
Mac(Apple製品)の修理・データ復旧

Apple(アップル)は米国に本社を置き、MacパソコンやiPhoneを製造するメーカーです。
Macとは、Macintoshの通称でありApple社が手掛けるパーソナルコンピューターを指します。
iMac、MacBook、MacBook Air 、 MacBook Proをはじめ、その仕様により製品は多岐にわたります。
通常、Macはファイルシステムやプログラム構造が特殊なため、データ復旧技術に関しても専門的な高いスキルが必要となり、難易度が高いです。しかし、利用されている方が多いからこそ、それだけ多くのお問い合わせをいただく製品であり、数多の故障症状での復旧実績のある機器でもあります。当社では、他製品も合わせて累計184,637件以上のデータ復旧のご相談を頂いており、様々なMac製品のトラブルに向き合い、第一線でデータを救ってきた経験があります。年中無休、24時間無料で電話相談も受け付けておりますので、故障状態についてすぐにご相談いただきたい方はこちらからご連絡ください。

0120-706-332
目次

Macにも強い復旧チーム

各種Macパソコン

Macはファイルシステムやプログラム構造が特殊なため、データ復旧技術に関しても専門的な高いスキルが必要となります。
お客様自身でデータ復旧を試み、更にデータを壊してしまう確率が高いのがMacと言われております。パソコン修理業者や通常のデータ復旧会社では当然対応することが出来ません。 当社はこの特殊なMacのデータ復旧において、業界でもトップクラスの数字を記録しております。
それは、五年以上の歳月をかけて、世界中より特殊技術を得た事、また自社においてMacのデータ復旧について研究研修を積み重ねてきた事が復旧率を向上させた要因といえます。


ハードディスクの取出し・組み立てもお任せ

また、最初にお客様からお預かりした機器ををまずは解体チームが解体しますが、Macは曲線を活かしたデザイン重視な作りが多く、他のメーカーと比べ、形状も特殊であるといえます。
その徹底されたデザインはパソコンからデータが保存されているハードディスクを取り出すことさえ難しく、専門業者であっても解体・組み立ては難しいと言えます。
当社ではMacについても安全なハードディスクの取り出し方を定期的に研修しておりますので安全でスピーディーな解体が可能です。


データ復旧専門アドバイザーが電話で無料相談

そして、お客様対応チーム内にもMac専門のチームがあります。 Mac初心者の方には専門用語を使わずに、分かり易く説明をし、Mac熟練者であるデザイナーやプログラマーの方におきましては、専門用語を使用した具体的な話も可能です。
そういう部分でもMacユーザー様より非常に厚いご支持を頂いております。
トラブルが発生したら、まずは、当社のデータ復旧専門アドバイザーにご相談下さい。
ホームページからのお問い合せの方は無料相談と無料初期診断を実施させて頂きます。


Mac専門のお客様対応チーム

0120-706-332

データにアクセスできない!それはハードディスクに原因あり!

Macデータが
消えてしまった!

Macデータに
アクセスできない!

マッキントッシュが
動かない!

データが見られない理由は3通り!A ハードディスク本体が壊れている B HDD内のデータが壊れている C ハードディスク本体とHDD内のデータ両方が壊れている

ハードディスクには
大きく分けて2つの壊れ方があります!

原因がハードディスクにある場合、大切なデータを取り戻すためにはまずはハードディスクを直さなければいけません。ハードディスクは大きく分けて、本体つまりハードディスク自体が壊れている「物理障害」と、ハードディスクの中のデータ自体が壊れている「論理障害」の2つの壊れ方があります。

どちらか一方の障害が起こっていることもあれば、両方の障害が合併して起こっていることもあり、ハードディスクの障害状況によって復旧方法が異なります。 それぞれの詳細を確認しましょう。

物理障害の場合

物理障害とは、HDD自体の物理的な破損によって認識されない状態を指します。 物理障害は、「衝撃を与えた」「落下した」「水没した」など原因が明確なケースだけでなく、「経年劣化」「HDDの品質個体差」などにより突然障害が発生するケースも非常に多くあります。 物理障害が発生している場合、通電することは極めて危険です。破損している磁気ヘッドがプラッタと接触すると障害が悪化する恐れがあり、大切なデータを完全に破壊してしまう危険性があります。特に、HDDからカチカチ、カタカタと異音がする場合は物理障害の可能性が非常に高いため、ただちに使用を中止し、すみやかに電源をOFFにしてください。

HDDが物理的に故障する箇所としては、データを読み書きするヘッド部分の破損や基板の破損、ヘッドの破損のよってプラッタ(ディスク)に傷が入ってしまった最重度障害の スクラッチ障害 など様々です。

物理障害が発生している場合、HDD内部の部品を交換するといった作業が必要になります。HDDは精密機器です。ほんのわずかなチリやホコリ、煙が内部に付着するだけでも、データの読み書きができなくなるリスクがあります。物理障害の発生したHDDで部品交換が必要な場合は、クリーンルームという手術室と同等の空気清浄度の空間で作業を行う必要があります。
物理障害が疑われる場合、極力自身で復旧を試さず、信頼できるデータ復旧サービスを利用して相談することをおすすめします。

論理障害の場合

論理障害とは、 ファイルシステム (データを管理し、操作するための機能)の破損や、保存されているデータ自体が破損していることでデータが正常に読み取れない状態を指します。論理障害は操作ミスによって発生することが多く、データの削除やフォーマット、急な切電(強制シャットダウンや停電・ケーブル抜けなど)によるものが多いです。

人間の病気と同じように、論理障害もその機器によって状況は全く異なります。
同じ症状の機器に対して全く同じ処置を施すのではなく、1件1件オーダーメイドの復旧作業を行います。
そのため、データ復旧ソフトの使用も対処法の1つとして挙げられますが、データ復旧の専門家としてはおすすめできません。
データ復旧ソフトでは、決められた作業しか行われないため復旧の保障がないうえに、データ復旧ソフトの復旧工程の中でもともとのデータに上書きする形で復旧が行われる場合があり、この工程が行われてしまった後には、データ復旧の専門家でも復旧が難航してしまう可能性があるためです。

次にご紹介する各種トラブルについて、概ね上記のような障害が原因になっている可能性が考えられます。精密機械の内部にかかるトラブルであり、またMac機体の堅牢性の高さから、専門的な知識なくこれらの原因を特定することは極めて難しいと言えます。大切なデータを復旧するには、まず以下のご注意にあるように電源を切って、専門家に相談することをデータ復旧の専門家としてはおすすめいたします。

 あなたのMacは一体どこが壊れているのか?
 この症状は直るのか、直らないのか?
 まずは症状別でチェックしてみましょう!

症状チェックの前に!!再起動・通電するとデータが復旧できなくなる可能性があります!

0120-706-332

Macの修理/データ復旧が必要なトラブル例

あなたのMacは今どのような症状ですか?
症状別で見るMacの復旧事例

症状1 「?マーク」で止まってしまう

型番/モデル:Apple Power Mac G5

Apple Power Mac G5

お客様からの症状:
いつも通りに起動してみると、アップルロゴは出てくるのですが、その後「?マーク」が出て止まってしまいます。再起動をするとシステムエラーが出てしまい、数回再起動をしてみましたが全く何も変わりませんでした。中のデータを復旧することは可能でしょうか?

技術員からのコメント:
今回のケースは、「論理障害」が原因となります。 「?マーク」が出るのは、ハードディスクは認識して読み込んでいるのですが、データが不正の為に先に進めなくなっているのです。このような場合でもデータを復旧することは可能です。
だたし、再起動を繰り返すと症状を悪化させることがあり、最悪の場合、復旧ができなくなってしまうこともあるので、再起動などはせずすぐにご相談下さい。


症状2 市販の復旧ソフトを試してみたがダメだった。

型番/モデル:Apple Power Book G4

Apple Power Book G4

お客様からの症状:
突然フリーズして先に進まなくなってしまいました。 中のデータを何とか取り出そうと、市販の復旧ソフトを使ってデータ復旧を試みましたが、状況は何も変わりませんでした。このような場合でもデータ復旧できますか?

技術員からのコメント:
このような場合、「論理障害」が原因であることが多いです。 お客様のケースの場合、状況が何も変わらなかったとありますが、その場合は目に見えないセクタ単位で復旧すると状況が変化する場合があります。不良セクタの発生であれば、その不良セクタを独自のプログラムと装置で丁寧に除去した後、データの吸出しを行い、ご希望のデータ復旧ができます。 市販のソフトで復旧できない細かなデータの復旧にも対応しております。


症状3 突然カチカチ音がするようになり、フリーズする。

型番/モデル:Apple Power Book G4

Apple Power Book G4②

お客様からの症状:
突然、時計の秒針が動くようなカチ・・・カチ・・・という異音が聞こえ、その直後にフリーズしてしまい全く起動しなくなってしまいました。 会社で使っており、非常に重要なデータが入っているので何とか復旧したいのですが可能でしょうか?

技術員からのコメント:
このような場合、「物理障害」が原因である可能性が高いです。復旧は可能ですが機器から音がする場合は、ハードディスクが物理的な障害をかかえている事が多く、重症です。 今回は、Macチームの中でも物理障害に特化した専門技術員が対応し、無事データ復旧することができましたが、カチカチ、カタカタ音がしたらすぐにパソコンの使用をやめ相談頂くことをおススメします。


症状4 突然アラートが出る。

型番/モデル:Apple Mac Pro G5/ストライピング(750GB×2台)

Apple Mac Pro G5/ストライピング

お客様からの症状:
突然アラートが出て、画面に「イニシャライズしますか?」と表示されました。表示どおりに進めましたが、何も変化がありません。 2台のハードディスクでストライピングをしており、1台はハードディスクとして認識してくれるのですが、もう1台は認識してくれません。中のデータを復旧することができますか?

技術員からのコメント:
今回のケースは「論理障害」が原因となることが多いです。 RAID構成を組んでいるハードディスクからのデータ復旧は通常のハードディスクからのデータ復旧と比べて非常に難易度が上がります。また、今回はOSがMacですのでより一層難易度が高くなります。 ですが、専門のチームを組んで常に研究を重ね、RAIDデータの復旧にも対応しておりますので、お任せ下さい。


Macのデータ復旧についても常に研究
難しいと言われているMacの解体もお任せ!

365日Mac専門技術員が待機

Mac専門技術員に解体もお任せ!

『iMac』や『Macbook Air』などのapple製のデスクトップパソコンやノートパソコンは、 デザイン性を重視するのと引換えに、他メーカーのパソコンに比べ内部構造が複雑になっています。 その為、ハードディスクの取り出し作業には、高い技術や経験が要求されます。
この様な理由から、大半の専門業者様で、Apple製の機器からのハードディスク取り出し作業のみ、 他社製品に比べ、大幅な時間延長と追加料金を設けている場合が数多くございます。

当社では、この様な機器であっても、業界トップクラスの技術と豊富な経験を持つ専門技術者が、 スピーディに作業を行います。

パソコン本体をそのままお持込・ご郵送頂ければ、熟練のMac専門技術員が 安全かつスピーディーにハードディスクの取り出しを行います。

お急ぎで必要なデータも、安心してお任せください。


データ復旧の成功には適切な初期診断が不可欠。判断を間違うとデータを消失してしまいます。
データ復旧成功の「鍵」初期診断「無料」

データを確実・安全に復旧するには、初期診断での、原因特定・障害に併せた復旧方法の選択が大変重要です。初期診断で適切な判断を下すには、蓄積された経験と知識が必要不可欠になります。当社はデータ復旧売上トップクラスであり、日々多くのデータ復旧を行っているエンジニアが初期診断を行います。それにより、その後の復旧方法を検討し、データ復旧作業に着手していきます。
初期診断を誤ったままデータ復旧を続けると、データを消失させてしまう事態になり兼ねません。復旧方法を間違え消失してしまったデータは取り戻すことが大変難しくなります。
データ復旧成功の鍵は初期診断です。適切な判断が出来る経験の豊富な業者の選定が重要です。

初期診断を行うデータ復旧専門アドバイザー
適切な初期診断がデータ復旧成功の鍵!
初期診断により復旧方法を決定するため、診断の間違えは許されません。データ復旧成功の有無を決めると言っても過言ではありません。また、初期診断の正確さは実績数に比例します。データ復旧では、初めに診断に出す業者の選定が最も重要です。
0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。