データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

ハードディスク

Macから外付けHDDにコピーできない?データ移行トラブルの解決方法

外付けHDD

Macのパソコンから外付けHDD(ハードディスク)にデータを移行しようとしても、認識しない、書き込めない、エラーが出てしまう、コピーできない・・・そのような状況では、外付けHDD、またはMacのトラブルが考えられます。

この記事ではMacで外付けHDDにデータを移行できない・読み書きができない場合の原因と対処方法について解説していきます。

 

Macで外付けHDDにデータを移行する通常のやり方

外付けHDDにデータを移行する通常の方法は、 外付けHDDをMacに接続し、移行したいファイルを外付けHDDにドラッグ&ドロップすると、外付けHDDへの移行が完了します。

ファイルを保存した外付けHDDを、移行先のデバイスにつなげて転送すれば完了です。

この方法でデータ移行できないときは、下記の原因が考えられます。

 

Macで外付けHDDにデータ移行ができない理由

いざデータ移行をしようとしても、Macで外付けHDDが認識しない、エラーが出てしまうなどのトラブルが起こった場合は、原因は下記の可能性があります。

  1. 外付けHDDのケーブルの損傷
  2. マウントされていない
  3. フォーマット形式が異なる
  4. 外付けHDDの故障
  5. Macのデータが破損している

 

外付けHDDのケーブルの損傷

外付けHDDの接続ケーブルやACアダプター、あるいは接続コネクタが破損しているとエラーが発生することがあります。

別のコネクタを試すことで解消できる場合もありますが、HDD本体に問題がある場合は、むやみに通電・作業すると、症状の悪化につながりかねないため、注意しましょう。

 

マウントされていない

マウントとはハードディスクやUSBメモリーなどの様なデバイスを、MacOS上から操作してデータを保存出来る状態にすることを指します。

Macと外付けHDDは接続しているのにマウント解除の状態になっているときは、外付けHDDにアクセスできません

 

フォーマット形式が異なる

Windowsで使用していた外付けHDDをMacに接続する場合で、フォーマット形式の違いにより、外付けHDDが認識できないケースがあります。

外付けHDDの初期設定フォーマットは、Windowsでしか使用できない形式(NTFS)である場合が多く、そのままMacに接続しても認識できません

 

外付けHDDの故障

HDDの故障

上記のいずれにも当てはまらない場合には外付けHDD本体の故障が疑われます。

HDDの故障は大きく分けて2つの要因があります。1つはデータが壊れている「論理障害」、もう1つがHDDが物理的に壊れている「物理障害」です。

 

論理障害

論理障害とは、HDD上のシステムが破損した状態です。

原因としては、読み書き中のシャットダウンや機器の抜き差しを行うことでデータを管理しているファイルシステムが破損していることが考えられます。

MACエラーメッセージ

論理障害が起きた場合、エラーメッセージが表示されフォーマット(初期化)を要求されることがあります。外付けHDDをフォーマットしてしまうとデータが消失するので、エラーメッセージには従わないようにしてください。

 

物理障害

HDD内部の部品が破損してしまった状態を物理障害と言います。

HDDは部品が物理的に駆動することでデータの読み書きを行っています。例えば、高速回転するディスクや、ディスクにデータを書き込む部品などが内蔵されています。

しかし、「衝撃」「落下」「水没」などが原因で、本来接触してはいけない部品同士がぶつかってしまい、データトラブルを招くことがあります。

「カチカチ」「カタカタ」など異音が起きる、あるいは逆にまったく駆動音がしなくなることがありますこの場合は物理障害の可能性が高く、このような状態で通電すると、データを記憶しているディスクに傷が付いてしまい、データが完全に読み出せなくなる危険性があります。

また使用から5年以上経過したHDDは、「経年劣化」を起こしている可能性が高く、身に覚えがない場合でも突然、物理障害が発生するケースが非常に多くあります。

物理障害からデータを復旧するには、ホコリが入らない専用設備(クリーンルーム)で部品の移植作業などが必要になります。通電を控えて、まずは専門業者に相談しましょう。

 

HDDデータ復旧
おすすめデータ復旧業者の選び方は?専門業者が徹底解説!初めてのデータ復旧業者を選ぶ重要なポイントを解説します。まずは技術力の高い業者を見つけることが重要です。データ復旧.comは11年連続国内売上No.1。1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します。...

 

論理障害と物理障害の併発

ここまで紹介した論理障害と物理障害の症状は似ている部分が多く、正しい故障箇所を特定することは容易ではありません。

また、論理障害と物理障害が併発しているケースも多くあり、誤った作業をしてしまうことで状態が悪化してしまう可能性もあります。

外付けHDDの故障が疑われるときは、安易に自力で復旧作業を試すのは危険です。

自力で解決できない時はデータ復旧の専門業者に相談する

 

Macのデータが破損している

Macのデータを外付けHDDに書き込もうとしても、「そもそもファイルが開けない」、「あったはずのデータが消えている」、このような状況ではMacのデータが破損している事か考えられます。

Mac上でデータの読み書きを行っている最中に、強制終了や再起動を行うことで、データを管理しているシステムが破損している可能性があります。

その他にも「衝撃」や「水没」から、Mac内部の部品が破損してしまい、正しくデータの読み書きができない状態も考えられます。

このようにMacに障害が発生した状態で、誤った操作を行えば、データが完全に消失するリスクがあります。まずは専門の業者に相談することが先決です。

 

Macで外付けHDDにデータ移行ができない時の解決方法

Macから外付けHDDのデータ移行ができないときの解決方法は大きく5つあります。

  1. ケーブルを変えてみる
  2. ディスクユーティリティを確認し、First Aidで修復する
  3. 他のPCで接続してみる
  4. 復旧ソフトを試してみる
  5. フォーマット(初期化)する

それでも解決しないときは・・・

 

ケーブルを変えてみる

外付けHDDに取り付けているUSBケーブル・USBハブ・ACアダプタのいずれかに障害が発生している可能性があります。

外付けHDDのケーブルが損傷しているような場合は、新しいケーブルに変更しましょう。

目視できる損傷がなくても、ケーブル内部で断線している場合もあります。

ただしHDD本体に問題がある場合は、むやみに通電・作業すると、症状の悪化につながりかねないため、注意しましょう。

 

ディスクユーティリティを確認し、First Aidで修復する

外付けHDDが正しく接続されているものの、デスクトップに表示する設定になっているかを確認します。

Finder環境設定の「一般」>「デスクトップに表示する項目」>「外部ディスク」にチェックが入っていない場合はチェックしましょう。

それでも改善しない場合は、ディスクユーティリティで修理・修復できることがあります。

ディスクユーティリティ

Macのディスクユーティリティから外付けHDDを選択し、「First Aid」ボタンをクリックすると、簡易修復操作が開始されます。

ただし、ディスクユーティリティにも認識されていない場合は、外付けHDDが故障している可能性が高いです。

 

他のPCで接続してみる

フォーマット形式がWindows形式(NTFS)の場合、Windowsを経由することでデータにアクセスすることができます。

Macのパソコンでアクセスできない時は、Windowsのパソコンに接続してみましょう。

 

復旧ソフトを試してみる

Macのデータが破損している場合、非常に軽度の論理障害であれば、復旧ソフトの使用も選択肢の一つでしょう。

ただし、データの抽出をしても不完全な形(文字化けや一部が欠けている状態)でしか復旧できないケースが非常に多いです。

また復旧ソフトは、使用すれば使用するほど負荷がかかるため、障害を悪化させデータの復旧率に影響を与えます。

大切なデータを失わないためにも、ご自身で復旧ソフトを利用する前に、専門業者に相談しましょう。

安易にデータ復旧ができると復旧ソフトを使用してしまうと、復旧に失敗してしまうことがあります。
復旧ソフトを使用後の場合、データ復旧業者でも復元が難しくなってしまうことが危険性が高いため、ソフトの注意点と使用の判断方法を確認したうえでの使用をおすすめします。

 

フォーマット(初期化)する

外付けHDDに必要なデータを保存しておらず、HDDをMacで使えるようにしたい。という場合は、フォーマットすることで、Macのパソコンで使用できるようにすることができます。

  1. Macに外付けHDDを接続する
  2. 「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「ディスクユーティリティ」と選択し進めて「外部」という項目から対象の外付けHDDを選択する
  3. 上部にある「消去」をクリックする
  4. 名前とフォーマット形式を問う画面が表示されるので、入力および選択をする
  5. 「消去」をクリックする
  6. 画面が切り替わったら、「完了」をクリックし終了する

 

フォーマットするとデータは消えます。必要なデータが入っているときは事前にバックアップを取りましょう。

 

自力で解決できない時はデータ復旧の専門業者に相談する

HDDデータ復旧

失いたくない大切なデータがあれば、データ復旧の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復旧業者では、復元ソフトでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

これまでの対処方法は、ごく「軽度の論理障害」しか対応できず、「中高度の論理障害」あるいは「経年劣化を含む物理障害」には対応できませんでした。

データ復旧業者では、Macや外付けHDDに発生している症状を元にエンジニアによる正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、データ復旧に失敗するリスクを抑えることができます。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

 

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

対応メーカー例

外付けハードディスク 復元対応メーカー表

  • IBM
  • Western Digital
  • Samsung
  • Quantem
  • MAXTOR
  • seagate
  • 東芝
  • I-O DATA
  • ASKA
  • アドテックス
  • BUFFALO(旧称:(株)メルコ)
  • LaCie(ラシー)
  • Logitec(ロジテック)
  • エレコム
  • Silicon Power
  • ADATA
  • HGST
  • トランセンド
  • FFF SMART LIFE CONNECTED
  • Apricorn
  • ハギワラソリューションズ
  • プリンストン
  • Lenovo
  • FREECOM
  • SONY
  • メルコシンクレッツ
  • IMATION
  • ASUS
  • Apple
  • HP

※その他各種メーカーにも対応しております。現状弊社で対応できないメーカーはございません。お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は、診断結果に基づいた個別プラン(成功報酬制あり)をご提示いたします

当社では、機器の障害状況を診断させていただき、プランをご提示いたします。
成功報酬制プランにおける「復旧成功の定義データ」は、お客様の希望に合わせて設定が可能です。
ご相談・初期診断・見積まで無料で承りますので、お気軽に無料診断・見積サービスをご活用ください。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

 

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ