データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

USB,SD

【USBメモリ】消えてしまったデータの復元方法

【USBメモリ】消えてしまったデータの復元方法

USBメモリは、小さく持ち運びのしやすい記憶媒体であるため、日頃から使用している人は多いのではないでしょうか? USBメモリのデータが消えてしまっても、データを取り戻せる可能性は残っています。

ですが、誤った対処を行うと復元できなくなってしまう可能性が高いため、原因や症状を見極めることが重要です。

この記事で紹介する原因や注意点を確認し、適切な対処でデータを復元させましょう。

目次

USBメモリのデータが消える/故障する原因

USBメモリのデータが消える/故障する原因には、以下のようなものがあります。

  • データの誤削除・誤操作・上書き
  • USBメモリの物理的な破損
  • ファイルシステムの異常

データの誤削除・誤操作・上書き

USBメモリのデータは、誤って削除してしまったり、フォーマットしてしまうことにより消えてしまう事例が多くあります。
また、上書きもデータが消えてしまう原因になります。

これは、必要なデータを削除した後に、新しいデータを上書きすると、上書きすればするほど、必要なデータの痕跡が消えていき、データを取り出すことができなくなってしまうためです。

USBメモリの物理的な破損

PCに抜き差ししたり、自宅から外へ持ち出すことが多いUSBメモリは物理的に破損し、故障することが多く、データ消失に繋がることがあります。
移動中の何気ない衝撃・圧迫による破損や、ホコリなどが要因となりUSBメモリの接続部分の破損(接続不良)を起こしてしまうケースが多くあります。

また、USBメモリは熱に弱いため、気温の上昇などの影響により障害が発生することがあります。USBメモリを制御するコントローラチップの接着面が溶け出してしまったり、内部の部品が破損してしまいます。

ファイルシステムの異常

USBメモリのデータ管理情報であるファイルシステムに異常が発生していることが原因の場合があります。

起動情報やデータ読み込み状況など、常に記憶媒体にはデータの書き込みが行われています。

ですが、特にUSBメモリを使用機器に接続してデータの書き込みを行っている途中に、USBを取り外したり、使用機器の電源が切れてしまった場合、データの書き込みが正常に終了せず、保存データ情報が崩れてしまいます。

USBメモリが故障している際のよくある症状

USBメモリが故障した際には、以下のような症状が見られます。

  • 「フォーマットしてください」のエラーメッセージ
  • USBメモリが物理的に破損している
  • 使用機器に認識されない
  • データが勝手に消えている
  • その他

「フォーマットしてください」のエラーメッセージ

「ドライブ〇:を使うにはフォーマットする必要があります。」などといった、フォーマットを要求するエラー表示は、データ書き込み中の強制終了、または停電・落雷などの電源遮断が原因で、データの整合性が乱れることで起こります。

この場合、データを管理するファイルシステムに異常が発生しているため、データは残っているにもかかわらず、画面上ではデータを確認することができなくなってしまいます。

PCに接続していると、記憶媒体を使用できる状態にする為にフォーマットを要求してファイルシステムを構築しようとしますが、フォーマットしてしまうとデータが全て削除されます。

USBメモリが物理的に破損している

USBメモリの差し込み部分が曲がっている・傷ついている、水にぬれて水没してしまったなどの物理的なダメージが発生している状態を指します。

物理的に破損したUSBメモリの場合、データ復旧ソフトを利用してもデータを救出することはできません。

復旧する際には一度分解して、データの保存されているメモリチップから直接データを読み出す作業が必要です。この分解・解体、メモリチップからのデータ読み出しには、専門の設備・ツールが必要となります。

使用機器に認識されない

PC等の使用機器に接続しても認識されないという状態を指します。

この場合、以下のような障害が発生している可能性があります。

  • USBメモリに物理的な障害が発生している
  • USBメモリの接続部分が摩擦などによってすり減っている
  • 経年劣化(書き込み回数の上限を迎えた)

 

データが勝手に消えている

「データを削除した覚えがないにもかかわらず、データが消えている」といった場合には、経年劣化によりデータが消失している可能性があります。

このような状態で使用を続けていると、USBメモリが完全に破損しデータを取り戻せなくなる恐れがあります。

大切なデータが消えてしまい、データを取り戻したい場合には、早めにデータ復旧の専門業者に相談しましょう。

USBメモリのデータが消えた/故障した際の注意点

USBメモリのデータが消えた/故障した際には、できる限りデータの復旧率を向上させるために、以下の点に注意しましょう。

  • これ以上使用を続けない
  • フォーマット・上書きをしない
  • データ復旧ソフトを使用する場合には事前にしっかり確認する

これ以上使用を続けない

不具合が生じているUSBメモリを使用し続けると、データが上書きされてデータ復旧が困難になる可能性があります。

また、正しい手順を踏まずに電源遮断を行うなどにより、保存データ情報がバラバラになり、障害がさらに深刻化する可能性もあります。

大切なデータを保存している場合には、USBメモリをこれ以上使用し続けないでください。

フォーマット・上書きをしない

USBメモリをPCなどの使用機器に接続しても正常にデータを読み込むことができない場合、フォーマットを要求されます。

USBメモリをフォーマットすることによって、使用機器で使える状態にはなりますが、保存データを見ることができなくなります。

データが大切なものである場合には、フォーマットしないでください。

フォーマットしてしまった場合は?!

万が一フォーマットしてしまった場合には、これ以上操作を加えないようにしましょう。

フォーマットしてしまっても、データの痕跡はUSBメモリの中に残っている状態です。ですが、以下の操作によって、データは上書きされ、痕跡も消えていくことで、データを取り戻せなくなります。

  • 新しいデータを保存する
  • USBメモリを接続したままPCの操作を行う
  • USBメモリを接続したままPCの再起動を繰り返す
  • データ復旧ソフトを使用する

フォーマットしてしまった場合は、これ以上データの上書きが進まないようにUSBメモリの使用を中止して保管するようにしてください。

データ復旧ソフトを使用する場合には事前にしっかり確認する

USBメモリからデータが消えてしまったり故障しても、すぐに復旧ソフトを使用するのは控えましょう。

消えたデータを復旧ソフトで復旧する場合には、以下の条件を確認する必要があります。

  • USBメモリに物理的な破損が生じていないか
  • 復旧したいデータは復旧ソフトで対応可能か

原因や症状が良く分からないまま復旧ソフトを使用することは、データを取り戻せなくなる原因になるため、注意しましょう。

復旧ソフトで復旧できるのは、「データを削除・上書き・フォーマットしてしまった」「データ読み書き最中にUSBメモリを使用機器から取り外し、データがバラバラになってしまった」などの場合に限られます。

物理的な破損が生じているUSBメモリに復旧ソフトを使用すると、さらに状態を悪化させます。

また、復旧ソフトを使用したデータ復旧方法は、比較的難しい操作や知識を必要とすることもある為、誤操作によってデータを失うリスクがあります。

データを確実に取り戻したい場合でも、自分で操作することに不安がある場合には、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

USBメモリのデータが消えた際の復元方法

USBメモリのデータが消えてしまった際の復元方法には、以下の選択肢があります。

  • データ復旧ソフトの使用
  • データ復旧業者へ相談

データ復元ソフトの使用

データ復元ソフトは軽度の論理障害であった場合のみ、ご自身で手軽に復元することができます。しかし、重度の論理障害・物理障害の場合はソフトを使用しても復元することはできません。論理障害の他に物理障害の併発に気づかず復元できなかった事例は少なくありません。
論理的な障害なのか・物理的な障害なのかを正確に判断するには、業者レベルの知識やリテラシーが求められます。故障原因が1つではない可能性もあり誤った対処はデータ破損の恐れもあるため、故障原因が判断できた場合のみ復元ソフトを使用しましょう。

データ復旧業者へ相談

データ復旧業者へ相談することが、最も安全にデータを復元させる方法です。データ復旧業者はデータの復元を専門に行っているため、復旧の成功率が高いです。復元ソフトでは対応できない物理障害や重度の論理障害の復旧が可能です。
個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、他社様で復旧不可と診断された機器も数多く復旧に成功していますので、お気軽にご相談ください。

USBメモリのデータ復旧・復元事例

実際に当社でUSBメモリのデータを復元した事例をいくつかご紹介します。

認識しないUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ/64GB/PCで使用(Windows/Mac)
状態 容量いっぱいに使用している。急に認識しなくなり、他のPCでも認識しない。
希望データ Excel,Word,PowerPoint,動画
復旧期間 2週間
結果 USBメモリを制御するコントローラーまたはデータを記憶するメモリが破損している状態でしたが、破損箇所の修復作業を行い、データ復旧に成功しました。

フォーマット要求されるUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ/16GB
状態 半年ほど前に、保存されているデータを移行しようとしたところ、「フォーマットしてください」というエラーメッセージが表示されるようになった。
希望データ Excel,Word,PowerPoint,写真
復旧期間 2日
結果 フォーマット要求が出ており、データを見られない状態でした。USBメモリのデータを保存するメモリ部分が劣化していましたが、データの抽出を行い、希望データを全て取り出すことができました。

USBメモリから消えたデータの復旧・復元

筐体 USBメモリ/2GB
状態 2年程使用。前日まであったiデータの一部が、自分では削除していないにもかかわらず勝手に消えていた。
希望データ Excel
復旧期間 1日
結果 USBメモリが劣化している可能性が高い状態でした。USBメモリの中には希望データの痕跡がまだ存在していたため、データ抽出作業を行い、データの取り出しに成功しました。

曲がってしまったUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ/16GB
状態 2年程使用。PCの充電が切れたため再起動したところ、USBメモリが反応しなくなり、別の機器でも反応しなかった。USBメモリを確認すると、少し曲がっていた。
希望データ Excel,Word,PowerPoint,写真,MP3など
復旧期間 1週間
結果 曲がってしまったことにより、USBメモリの基板もしくはデータを保存するメモリチップが破損している状態でしたが、破損箇所の修復とデータ抽出作業を行い、希望データ100%の復旧に成功しました。

折れてしまったUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ/4GB
状態 USBメモリの認識が悪く、抜き差しを繰り返していたところ、折れてしまった。
希望データ Excel,Word
復旧期間 2日
結果 折れてしまった影響によるUSBメモリの基板の破損に加え、データを保存するメモリという部分が劣化している状態でしたが、破損箇所の修復」とデータの抽出作業を行い、希望データをすべて復旧できました。

暗証番号が不明で開けないUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ/64GB
状態 1年前に暗証番号を変更したものの、忘れてしまい開けなくなってしまった。暗証番号のヒントもわからない。
希望データ 画像、動画(スマホで撮影したもの)
復旧期間 2日
結果 USBメモリのソフトウェア部分にパスコードロックがかかっておりデータを開けない状態でしたが、データのフォルダ構成と拡張子の抽出作業を行い、希望データの復旧に成功しました。

認識されるがデータにアクセスできないUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ
状態 10年程使用。USBメモリを接続すると、認識はするもののデータを開けない。
希望データ Excel,Word,PowerPoint,PDF
復旧期間 3日
結果 USBメモリを制御するコントローラーもしくはデータを保存するメモリが破損しておりデータにアクセスできない状態でしたが、破損箇所の修復とツールを用いたデータの抽出作業を行い、すべての希望データを復旧できました。

安全な取り外しができず認識しなくなったUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ
状態 PCに接続して使用後、安全な取り外しをせずにそのままUSBを取り外し、その後接続しても認識されなくなってしまった。
希望データ Excel,PDF
復旧期間 5日
結果 USBメモリを適切な手順を踏まずに急に取り出したことにより、データが破損している状態でしたが、データが破損している箇所を修復し、データ復旧に成功しました。

「ディスクを挿入してください」と表示されるUSBメモリの復旧・復元

筐体 USBメモリ/256GB
状態 USBメモリのデータを印刷した後から急に認識しなくなった。「ディスクを挿入してください」というエラーメッセージが表示される。いつもはランプがつくだけだが、点滅している状態。
希望データ Excel,Word,PowerPoint,PDF
復旧期間 2日
結果 USBメモリを制御するコントローラーまたはデータを保存しているメモリが破損していることに加え、基板が破損している状態でしたが、破損箇所の修復作業を行い、希望データの復旧に成功しました。

 

データが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談する

USBメモリの中に失いたくない大切なデータがあれば、データ復旧の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復旧業者では、復元ソフトでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

これまでの対処方法は、ごく「軽度の論理障害」しか対応できず、「中高度の論理障害」あるいは「経年劣化を含む物理障害」には対応できませんでした。

データ復旧業者では、USBメモリに発生している症状を元にエンジニアによる正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、データ復旧に失敗するリスクを抑えることができます。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

対応メーカー例

USB 復元対応メーカー表

  • バッファロー
  • Sony
  • I-OData
  • Toshiba
  • トランセンド
  • Sandisk
  • Siliconpower
  • Kingston
  • エレコム
  • グリーンハウス
  • ハギワラソリューションズ
  • HI-DISC
  • Corsair
  • サンワサプライ
  • Team
  • ADATA
  • キオクシア
  • プリンストン
  • HP
  • レキサーメディア
  • SUPER TALENT
  • PQI
  • ESSENCORE
  • ADTEC
  • ロジテック
  • PhotoFast
  • Leef Technology
  • PNY
  • リーダーメディアテクノ
  • 磁気研究所
  • ADAM elements
  • Patriot Memory
  • AREA
  • Sharkoon
  • 三菱ケミカルメディア
  • SolidAlliance
  • IMATION
  • センチュリー
  • KINGMAX
  • 多摩電子工業
  • サムスン
  • Apricorn

※その他各種メーカーにも対応しております。現状弊社で対応できないメーカーはございません。お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

※その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は、診断結果に基づいた個別プラン(成功報酬制あり)をご提示いたします

当社では、機器の障害状況を診断させていただき、プランをご提示いたします。
成功報酬制プランにおける「復旧成功の定義データ」は、お客様の希望に合わせて設定が可能です。
ご相談・初期診断・見積まで無料で承りますので、お気軽に無料診断・見積サービスをご活用ください。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

 

この記事を書いた人


デジタルデータリカバリー データ復旧エンジニア
累計相談件数29万件以上のデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」において20年以上データ復旧を行う専門チーム。
HDD、SSD、NAS、USBメモリ、SDカード、スマートフォンなど、あらゆる機器からデータを取り出す国内トップクラスのエンジニアが在籍。その技術力は各方面で高く評価されており、在京キー局による取材実績も多数。2021年に東京都から復旧技術に関する経営革新優秀賞を受賞。

 

 

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ