Let's noteの電源が入らない・起動しない原因と対処法を症状別に解説
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

  1. データ復旧.com
  2. > 3分自己診断
  3. > 自己診断:パソコン編
  4. > Let's noteの電源が入らない・起動しない原因と対処法を症状別に解説

Let's noteの電源が入らない・起動しない原因と対処法を症状別に解説

Let's noteの電源が入らない場合の対処法

Let's note(レッツノート)は、パナソニックが製造しているノートパソコンです。頑丈で軽量な点から、個人・法人を問わずシェア率が高く、人気のあるPCですが、「電源がつかない」「起動しない」などのトラブルは珍しいことではありません。対処法を誤ってしまうとデータが消えてしまう可能性もあるため、症状に見合った適切な対処法を取る必要があります。

このページでは、Let's noteに発生したトラブルの状況ごとに対処法を紹介します。状態を悪化させないように注意点も含めて確認しましょう。


1. Let's noteの電源が入らない・立ち上がらない原因


Let's noteの電源が入らない・起動しない原因は、次の3つです。


①物理障害

物理障害とはHDDやSSDなどPC内部のストレージが物理的に破損する障害です。「衝撃」「落下」「水没」など原因が明確なケースだけでなく、「経年劣化」「品質個体差」などにより突然障害が発生するケースも非常に多くあります。


物理障害の代表的な症状

・カチカチ・カタカタと異音がする
・焦げたようなにおいがする
・OSが起動しない
・頻繁に再起動・フリーズする
・黒い画面に「Operating System Not Found」「DISK BOOT FAILURE…」などのエラーメッセージが出る

※上記のような症状が見られた場合は、症状悪化を避けるためご自身での作業は控え専門の業者に相談しましょう。

②論理障害

論理障害はLet's noteのストレージに問題はなく、データやファイルが破損した障害です。データ読み書き中の強制終了やユーザー自身の誤操作によるデータ消去・初期化が主な原因に考えられます。
障害が直接目に見えるものではない為、物理障害に比べ故障の発見や発覚が遅れてしまうことがあります。PCの起動や通電をしたことでもデータの上書きが行われることがあります。上書きされてしまったデータを復旧できる可能性は著しく低くなってしまうので注意しましょう。

論理障害の代表的な症状

・フォーマットや初期化の要求がされる
・OSが起動しない・過度にフリーズする
・勝手にファイル名の変更がされる
・画面が真っ暗、ブルースクリーン
・ファイルやフォルダが開けない
・Panasonicのロゴで止まったままになる

POINT

代表的な症状をご紹介しましたが、他にもさまざまな症状や原因によって故障することがあります。
また、論理障害と物理障害が併発しているケースもあるため、上記に当てはまった症状があっても障害を断定せずに目安として活用しましょう。

※障害の原因特定を誤ると復旧の可能性が低くなってしまいます。

③電源不良・接触不良・筐体破損

これは、HDDやSSDなどストレージ部品以外に発生しているトラブルです。

・ケーブルが断線している
・差込口が汚損している
・接続ポートが破損している
・モニターやケーブルが劣化している

しかし、改善されない場合、ストレージ(HDD・SSD)に深刻な物理障害や論理障害が発生している恐れがあります。これは個人で対応できないため、専門業者に対応を依頼しましょう。


0120-706-332

2. Let's noteが起動しないときの注意点

注意点を確認せずに対処を行うと、誤った操作により障害を悪化させデータを失ってしまう可能性があります。 データ復旧は一発勝負とも言われているため、必ず復旧前に確認しましょう。


①通電や繰り返しの電源ON/OFF

通電NG


新たな障害の発生や症状悪化につながります。

電源のON/OFFする瞬間は、HDDに大きな負荷がかかります。HDD内に物理的な破損がある場合はさらに障害を悪化させる危険があるため控えましょう。 また、通電を行っただけでもデータの読み込みは行われるため、データが上書きされてしまいデータが復旧が難しくなってしまう場合もございます。


②OSの再インストール

OSインストールNG


既存のデータが上書きされてしまいます。

OSの再インストール(リカバリー)を行うと既存のデータは上書きされてしまい消えてしまいます。上書きされてしまうとデータ復旧は難しくなってしまうのでOSの再インストールには注意が必要です。


③過度な強制終了

強制終了NG


過度な強制終了はデータを失う危険性があります。

HDDは常にデータの読み書きを行っています。データを更新するためには複数のデータ情報を更新しなければなりませんが、 その更新が上手く行えない状態で強制的に終了してしまうとデータ消失につながります。

3. 起動しないLet's noteの復旧方法

Let's noteが起動しなくなったり、Windowsの動作が不安定になって修復できなくなった場合は、症状別に次の対処法を行いましょう。

なお、ご自身での作業は、誤操作によるデータ破損といったリスクがあるため注意してください。自力での復旧に不安がある方、または大切なデータが端末内に残されているという方は、データ復旧の専門業者まで相談するようにしましょう。

①電源ランプの点灯・点滅もなく全く起動しない場合

Let's noteが全く起動しない場合、電源不良やコード類の接触不良が考えられます。まずは次の対処法を試してみましょう。

充電されているかを確認する

電源ランプが付かない場合はケーブルやコンセント、アダプタなど、電源まわりを確認しましょう。延長ケーブルを使用している場合は、ケーブル抜けや断線などの可能性もあります。また、タコ足配線は電力不足につながることもあるため、不必要なコンセントは使わないことをおすすめします。

PCを放電する

PCパーツに静電気が帯電すると、起動時に誤作動を起こすことがあります。周辺機器をすべて外し、電源ケーブルを本体から抜いて、10分以上放置します。放置した後、電源ケーブルをつなぎ、再起動できるか確認しましょう。静電気が原因であった場合、この操作で正常に動作します。

モニターを交換する

電源ランプが点灯しても「No signal」といったメッセージすら表示されない場合、ディスプレイや接続ケーブルが破損しているかもしれません。他のディスプレイモニターに接続してみましょう。 PC本体に異常が見つからないときにこの方法によって解決できる可能性があります。なお、故障したPCをメーカーで修理する際、液晶パネルだけでなくストレージも交換され、工場出荷状態まで初期化されてしまう可能性があります。データの要不要は、あらかじめ業者側に伝えておきましょう。

②電源を入れてもディスプレイに何も表示されない場合

電源を入れても「ロゴが表示されない」または「ロゴ表示後、真っ暗になる」場合、次の対処を行いましょう。

PCに取り付けられている周辺機器を取り外す

USBメモリ、外付けHDD、プリンター、スピーカーなど外部機器はいったん取り外しましょう。BIOS設定に問題がある場合、Windowsよりも外部機器を先に読み込むことで、エラーが発生することがあります。

BIOSの設定を初期化する

BIOSは通常、Windowsから起動しますが、何らかの原因で起動の優先順位が入れ替わると、 メーカーロゴから先に進まなくなることがあります。まずは、BIOSから起動順位の設定を見直しましょう。BIOSはパソコンの起動後、「F2」キーを押すと起動し、起動順位は設定画面の「Boot Menu」や「Change Boot Order」の項目から確認することが出来ます。

  BIOSを初期化する方法はこちら

Disk to Diskで再インストールする(初期化する)

これはWindowsをリカバリーする機能です。Disk to Diskを行うとPC内のデータや設定は失われてしまうため、データを失いたくない場合は、データ復旧の専門業者に相談しましょう。
また、このリカバリープログラムは、ストレージに内蔵されているため、ストレージが破損している場合(物理障害が起きている場合)実行することは出来ません。
再セットアップの手順は、次のとおりです(機種によって異なることがあります)。

①電源を入れ「Panasonic」ロゴ表示中に【F2】キーを押す
②BIOSセットアップユーティリティを起動する。
③最も右にある「終了」タブに移動し、↓キーで「Recovery Partition」を選択してEnterキーを押す

④リカバリー画面に移動するので、指示に従ってそれぞれ対応します。
⑤リカバリー画面で「使用許諾」画面が表示されたら「同意します」をクリックする。
⑥「Disk 0(またはDisk 1)」をクリックする。
⑦「工場出荷状態に戻す」をクリックする。
⑧終了のメッセージが表示されたら「シャットダウン」をクリックしましょう。


0120-706-332

③電源ランプが異常点滅する場合

Let's noteの電源ランプは、通常は黄色で、バッテリー減少時は赤色に点灯します。しかし、点滅を始めた場合は、Let's noteに何らかの異常が起きていると考えられます。ここでは点滅を始めた場合の対処法を解説します。

赤色の電源ランプが点滅している

赤色の電源ランプ点滅は、バッテリーの劣化により正常に充電できなくなっていると考えられます。バックアップを取り、バッテリーを新しいものと交換してください。それでもバッテリー状態ランプが赤色に点滅する場合は、電源システム(ハードウェア)の故障が考えられますので、修理交換を行ってください。

緑色の電源ランプが点滅している

緑色の点滅はバッテリーの劣化を防止するため、電力消費を抑制している状態です。主に「長時間使用」あるいは「直射日光」によりパソコンが高温になっていることで起こります。いったん電源の供給を止め、パソコンを放熱してください。

オレンジ色の電源ランプが点滅している

オレンジの点滅は次のいずれかの状態が考えられます。

・バッテリー内が高温になっており、一時的に充電できない
・電力不足により、USBケーブル上で充電している
・アプリケーションや周辺機器が電力を消費しており、電力不足となっている

いずれの場合も電力不足が解消されれば、自動的に充電が始まります。周辺機器を取り外し、安定した環境でLet's noteを充電しましょう。

④Windowsが起動せず、ブルースクリーンが表示された場合

ブルースクリーンが表示された場合は、システムの起動エラーが原因です。この場合、MBR(OSの起動プログラム)やBIOSが破損しているか、ストレージ(HDD/SSD)に物理障害が発生していると考えられます。
まず上記で説明した「放電」「BIOS初期化」「再セットアップ」を試してみましょう。
それでも解決しないという場合は、次の方法を試してみてください。

セーフモードを起動する

セーフモードとは、OSの機能を限定し、必要最小限のシステム環境でPCを起動する機能です。セーフモードだと、軽度の論理障害であれば、問題を回避して起動することが可能です。 しかし、セーフモードでも起動できない場合、致命的な論理障害や物理障害が起きていると考えられます。この場合、個人では対応できない上、むやみにセーフモードを起動しようとすると、PCが壊れてしまう恐れがあります。PC上のデータが必要であるという方は、私たちデータ復旧の専門家までご相談ください。

  セーフモードを起動する方法はこちら

詳細オプションから「システムの復元」を実行する

「システムの復元」はバックアップ機能の一つで、PCの設定を以前の状態(復元ポイント)まで戻す機能です。ただし、システムの復元を実行すると、システムが不安定になることもあるため、注意しましょう。

  システムの復元を行う方法はこちら

⑤Windowsが起動せず、エラーメッセージが表示された場合

PCが起動しない時に表示されるエラーメッセージごとにご紹介します。

「Remove disks or other media. Press any key to restart」と表示された

これは、他のメディアデバイスが干渉しており、正常にWindowsを起動できないので、取り外してください、という旨のエラーメッセージです。しかし、取り外し後も同じエラーが表示される場合、ストレージ(HDD/SSD)に深刻な障害が起きていると考えられます。

「システムCMOSのチェックサムが正しくありません/システムCMOS値が正しくありません」と表示された

CMOSとは、マザーボードに搭載されているメモリであり、「CMOSの〇〇が正しくない」という警告は、CMOSのデータに不整合が生じた状態です。
大抵の原因は、意図しない動作による「メモリ内容の変更」、そして「CMOS電池の劣化」です。それでは対処法を見ていきましょう。


1)マザーボード上のCMOS電池を交換する

マザーボード上のCMOS電池が切れると、PCの起動に欠かせないBIOSが正常に動作しなくなります。 この場合、マザーボードの電池(主にCR2032というコイン型電池)を交換することで対処できますが、この作業を行うには、PCカバーを取り外して自分で交換する必要があります。特にノートパソコンの分解は難しく、無理に分解するとパソコンが破損する可能性もあります。安全に電池を取り外すには専門業者まで相談してください

2)BIOSをリセットする

BIOSリセットを実行すると、CMOSの情報が消去(リセット)され、データの不整合も解消されるため、問題が解決することがあります。

  BIOSを初期化する方法はこちら

「Reboot and Select proper Boot device…」「Disk error Press any key to restart」と表示された

このようなエラーメッセージが表示される原因は、次のとおりです。

・接続している外部デバイスが干渉している
・BIOSの設定のトラブル
・Windowsを起動させるシステムが破損
・ハードウェア(ストレージ・マザーボード)が故障している

対処法はこれまで説明した「BIOS設定の初期化」「スタートアップ修復」などで対応することが出来ます。
しかし、これらの方法でも対応できない場合、ハードウェアに深刻な障害が起きていると考えられます。いずれの方法で対応できない場合は、速やかに操作をやめて、データの要不要に応じて適切な専門業者までご相談ください。

⑥異音・異臭・ビープ音がする

Let's noteからカタカタという異音、ピーッというビープ音、焦げたような異臭がする場合は、HDDに物理障害が発生している可能性が高いと考えられます。 これまでご紹介した方法は、軽度論理障害しか解消できず、物理障害に対処することは出来ません。 ご自身で障害の重度や原因を特定することは難しいです。失いたくないデータがPC内に保存されている際は、データ復旧の専門家に相談しましょう。

大切なデータが保存されている場合はデータを失う危険もあるため、HDDの交換などは避けましょう。異音がする場合と同様にデータ復旧の専門家に相談しましょう。

0120-706-332

4. どうしても起動しないときは専門業者に相談する

上記の対処法でもLet's noteが起動しない場合やご自身での作業が難しい方は業者へ相談しましょう。
PCの起動を優先する場合は「修理」を、保存されているデータを優先する場合は「データ復旧」を行いましょう。

データが不要な場合は、メーカーの修理・交換サービスを利用する

PCのデータ復旧は、内部のデータを復旧することを目的としているのに対し、PC修理は、機器を再び使えるようにすることを目的としています。
お使いのPCに不具合が発生した場合、メーカー保証期間の範囲内であれば、比較的安価で修理・交換を行うことができます。ただし、メーカーは修理を請け負いますが、データ復旧を行うわけではありません。データは、原則として全て初期化されてしまいます。
メーカーやショップに修理依頼を出す前に、PC内に必要なデータがある場合、データの重要度にあわせて、データ復旧の専門業者に依頼することを検討しておきましょう。

データが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談する

物理障害からのデータ復旧

Let's noteの起動よりもデータを優先する場合はデータ復旧業者へ相談しましょう。

電源が入らない・起動しないという故障の場合、HDDやSSDに重度の障害が起きている可能性が高いです。
起動しなくなると、焦ってしまいご自身で対処を行いさらに故障を悪化させててしまうことも多くあります。

データ復旧業者では、機器や症状ごとにエンジニアによる正確な初期診断によって、故障原因の特定が可能で、失敗のリスクを抑えることができます。

ただし、初期診断・見積りの時点で、費用を請求する業者も存在するので業者選びにはお気を付けください。
またHDD・SSDは精密機器であり、特にSSD復旧に対応している業者は少ないため、業者を選ぶ際は「技術力」に注力しましょう。

デジタルデータリカバリーでは、ご相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。

データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて


0120-706-332

5. 復旧対応機種

下記以外のPanasonic製PC(Let's note)もお電話にて対応可能か確認可能です。
無料で初期診断からお見積りまでご案内しておりますのでご気軽にお問い合わせください。

■Let's note
CF-QV1 CF-FV1 CF-SV1 CF-LV1 CF-QV9 CF-LV9 CF-SV9 CF-QV8 CF-LV8 CF-SV8 CF-LV7 CF-SV7 CF-XZ6 CF-RZ6 CF-SZ6 CF-LX6 CF-RZ5 CF-MX5 CF-SZ5 CF-LX5 CF-RZ4 CF-MX4 CF-SX4 CF-NX4 CF-LX4 CF-MX3 CF-SX3 CF-NX3 CF-LX3 CF-AX3 CF-AX2 CF-B11 CF-SX2 CF-NX2 CF-B10 CF-F10 CF-SX1 CF-NX1 CF-S10 CF-N10 CF-J10 CF-J9 CF-C1 CF-F9 CF-S9 CF-N9 CF-R9 CF-Y9 CF-W9 CF-T9 CF-F8 CF-S8 CF-N8 CF-Y8 CF-W8 CF-T8 CF-R8 CF-Y7 CF-W7 CF-T7 CF-R7 CF-W5 CF-T5 CF-R6 CF-Y5 CF-R5 CF-Y4 CF-W4 CF-T4 CF-R4 CF-Y2 CF-W2 CF-T2 CF-R3 CF-R2

■Let's note PRO
CF-T1 CF-R1 CF-A3 CF-A2 CF-L2

■PRONOTE/Let's note
CF-B5 CF-M2 CF-L1 CF-M1 CF-A1 CF-A77/A44 CF-S51 CF-S23 CF-S21/S22CF-02 CF-47 CF-45

■Let's note mini
CF-M32 AL-N4T



6. よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応) 
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。


0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。