「Windowsの準備をしています」が終わらない|原因と対処法を解説
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

「Windowsの準備をしています」が終わらない|原因と対処法を解説

「Windowsの準備をしています」

PCを起動した際、「Windowsの準備をしています」というブルースクリーンのメッセージが表示されることがあります。
本来なら数分で終わるエラーメッセージですが、数時間経っても先に進めない場合、正しく対処しないと、内部のデータが消えてしまう恐れがあります。
この記事では、「Windowsの準備をしています」という画面が終わらない原因や、対処法を紹介します。

1.「Windowsの準備をしています」が終わらないときの原因

「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」という表示が終わらない場合、主に3つの原因が考えられます。

PC(HDD)に物理障害が発生している

「物理障害」は、経年劣化、落下・水没などが原因で、磁気ヘッドやファームウェアといった、HDD内部の部品が物理的に破損し、正常に起動できない状態です。主な症状として「異音・異臭」「フォーマット要求」「OSの起動不良」「フリーズ」が挙げられます。

物理障害の場合、ハードウェアの専門知識がない個人が修理・解体を行うと復旧不能になってしまいます。理由としては、主に次の通りです。

①HDDは超精密機器であり、専用のクリーンルームで作業しないと、プラッタ(データ記録面)にホコリやチリが付着してしまうため

②HDDで使われている部品は、メーカーや製造年・型番ごとに互換性が異なっており、部品交換を行うには、もとのHDDと完全に一致する部品を使わなくてはいけないため

③HDDを制御するファームウェアの情報は非公開となっており、ファームウェアの物理障害に対応するには、蓄積された技術力やノウハウが必要なため

このことから、個人で物理障害に対処することは難しいとされています。
もし、データを復旧するには、HDDに適合するドナー部品と、専用のクリーンルームを所有する専門業者に対応を依頼しましょう。


0120-706-332

PC(HDD)に論理障害が発生している

「論理障害」は、データやフォルダ構成が破損した状態です。
主な原因は「データの誤削除」「強制終了によるシステム異常」であり、誤操作でデータを削除してしまった後、通電を伴う作業を続けたり、復旧ソフトをかけてしまうと、データが上書きされてしまい、取り返しのつかない自体になる恐れがあります。

主な症状としては「ファイルやフォルダが開けない」「フォーマット要求」「OSの起動不良」などが挙げられますが、一部の症状(フォーマット要求など)は、物理障害でも起こることがあり、見分けがつかないこともあるため、データを適切に復元したい場合は、症状から安易に自己判断せず、専門業者に依頼しましょう。

論理障害と物理障害の違いについてはこちら


アップデートによるエラー

「Windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」という表示がいつまで経っても終わらない場合は、Windows updateが原因の可能性もあります。
アップデートが原因になっている理由としては、「セキュリティソフトが干渉している」「HDD容量が不足している」「外部機器に影響を受けている」可能性が考えられます。


2. 「Windowsの準備をしています」が終わらないときの対処法

外部機器との接続を解除する

PCに、USBやHDDなどの外部記憶装置、プリンター、スピーカーなどの外部機器が接続されていないかを確認しましょう。何かしらの外部機器と接続されている場合、これらの機器がPCの再起動を妨げている可能性があります。


放置する

特に、外部機器との接続もなく、「Windowsの準備をしています」というエラーメッセージが表示されている場合、3時間ほどそのまま放置するようにしましょう。 Windowsの更新にともない、PCの性能がロースペックである可能性、ないし複数のソフトウェアをダウンロードしている可能性があるため、一定時間放置しましょう。


システム復元を使う

しばらく放置しても「Windowsの準備をしています」というエラーメッセージが表示されている場合、システム復元を使いましょう。もし復元ポイントが作成されていれば、パソコンのシステムを以前の状態にまで復旧できる可能性があります。

システム復元を行う手順は、次の通りです。

1.「詳細オプション」を選択。
2.オプションの選択画面から「トラブルシューティング」を選択。
3.トラブルシューティング画面の「詳細オプション」を選択。
4.詳細オプション画面から「システム復元」を選択。

ただし、システム復元では、データを復元することは出来ません。あくまでもシステムが復元するための機能です。適切な形でデータ復元を行うには、専門業者に依頼しましょう。


スタートアップ修復を使う

「Windowsの準備をしています」というエラーメッセージが表示されている場合、「スタートアップ修復」を利用することで、対処出来る可能性があります。
スタートアップ修復には、システムファイルの不足や破損などの、Windowsの起動を妨げる可能性のある問題の有無を診断し、問題を検知した場合はこれを修復します。

スタートアップ修復を行う手順を説明します。

1.「詳細オプション」を選択。
2.オプションの選択画面から「トラブルシューティング」を選択。
3.トラブルシューティング画面の「詳細オプション」を選択。
4.詳細オプション画面から「スタートアップ修復」を選択。


Microsoftの公式サイトを見る

アップデートによるエラーが原因で、「Windowsの準備をしています」という表記とともに、エラーコードが表示されている場合、Microsoftのページを確認しましょう。
対処方法は、エラーコードやOSのバージョンによって異なります。トラブルシューティングの方法は、Microsoftのページで告示されていますので、参考にしてみてください。


データ復元ソフトを使う

データ復元ソフトは軽度の論理障害であった場合、ご自身で手軽に復元することが出来ます。しかし、中高度の論理障害、経年劣化を含む物理障害の場合はデータ復元ソフトで復元することは出来ません。
また、障害の程度の見極めは、業者レベルの知識と技術が求められます。ご自身で判断が困難であるという場合はソフトの使用は控えましょう。


データ復旧業者に相談する

データ復旧業者

上記で解決しない、もしくは重要なデータの場合には、データ復元業者へ相談しましょう。復元の可能性を最大限に高めたい場合、たいへん有効な手段となります。
個人作業をすると、誤った操作によって症状が悪化してしまったり、データが削除されてしまう危険性があります。これに対し、データ復元業者では、初期診断によって故障原因を特定することで、適切な形でデータ復元作業を行います。
復旧依頼前にもかかわらず、初期診断・見積りの時点で、費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。

デジタルデータリカバリーでは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが、簡易診断と対応方法について、無料でご案内いたします。また、機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っているので、お気軽にご相談ください。

データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて


0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。