データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

DDR
パソコン

Windows10が起動しない時の原因と修復方法

Windows10を起動したら、起動画面から前に進まないトラブル・起動しないトラブルは、パソコンのトラブルでも比較的多いケースです。 障害が軽度な場合もありますが、パソコン内部で深刻な不具合が起きていることが影響して起動しない状態を引き起こしている場合もあります。

そのような状態で何度も再起動を繰り返すなど、むやみに自力復旧を試みると、逆に症状を悪化させてしまう可能性もあります。

症状と原因を正しく知り、安全な対処を行いましょう。

Windows10が起動しないと言っても、実は表面的に表れている症状としていくつかのパターンが存在します。パソコンのような精密機器を修理するには原因を確実に特定することが何よりも重要になってきます。そのために、現在のパソコンの症状をしっかり把握していきましょう。

【症状①】Windows10のロゴ画面で「くるくる」が終わらず起動しない

メーカーロゴが表示されたページに表示される「くるくる」が終わらず、起動しない症状です。 画面中央に表示される「くるくる」は、パソコンが何らかの処理を行っていることを示すものです。 正常に動作しているときには、「くるくる」は数秒で終了し次の動作が確認できるものですが、長時間続く場合には、パソコンに何らかの不具合が発生している可能性があります。 また、 この症状はOSをWindows10にアップデートする際に発生しやすい障害です 原因はこのページで詳しく説明しています。

 Windows10のロゴ画面で「くるくる」が終わらず起動しない原因へ

【症状②】Windows10の電源はつくが、黒い画面のままで起動しない

電源がつくものの、黒い画面にエラーメッセージが表示されている状態でとまってしまい、 前に進まず起動しない状態です。表示されているメッセージによって原因は様々ですが、 表示されているエラーメッセージにそって対処する必要があります。
下記はよくある表示内容です。一致するものがある場合には確認してみてください。

 黒い画面に「ご迷惑をおかけします。Windowsが正しく起動・・・」とエラーメッセージが出る場合
 Hard Disk Errorと表示された場合
「BOOT DISK FAILURE」と表示された場合
 Operation system not foundと表示された場合

【症状③】Windows10の電源はつくが、青い画面のままで起動しない

黒い画面になってしまう場合以外にも、青い画面になってしまう症状があります。 この症状の原因は様々ですが、弊社の実績では、HDDに原因がある場合が多いです。

もし画面がブルースクリーンになり、起動しない症状の場合は下記にて詳しくご説明しています。
 ブルースクリーンが表示される症状

Windows10が起動しない主な原因

【解説】

一時期行われたWindows10無償アップデートや現状の有償アップデートなどで既存のOSバージョンからWindows10にアップデートする際に発生しやすい障害です。もちろん何の前触れもなく発生するケースも多いです。

OS(Operating System)はコンピュータシステム全体を管理しています。この管理部分であるOS部分に障害が発生している為に、Windows10のロゴ画面から先に進まないという状況に陥ります。パソコンを起動する際にはパソコンを構成するパーツの起動が行われた後、次にWinows10などのOSが立ち上がります。OSの起動画面まで進むことから、パソコンを構成するパーツに問題がある可能性は低く、OSまたはOSが保存されているHDDまたはSSDといった記憶媒体に異常があることが想定されます。

OSの障害は比較的軽度な論理障害となりますが、Windows10が起動しない場合にWindows10自体が自身で修復を試みる「自動修復」などを頻繁に行ってしまったり、無理やり電源の入り切りを繰り返してしまうと、HDDのパーツに負荷をかけしまい、不良セクタや磁気ヘッドの障害といった物理障害を併発させてしまう危険性があります。

【原因①】OSのプログラムに障害が発生

OSのプログラムに障害が発生

HDD内にはCドライブ、Dドライブといった具合に領域を分けてデータを保存できます。一般的にWindowsOSのデータはCドライブに保存され、Dドライブなどの各データへの読み書きはOSが指令を出します。このOSが異常を起こしているが為に、Dドライブなどに保存されているデータの読み書きまでもができない状態です。

【原因②】ファイルシステムに異常が発生

ファイルシステムに異常が発生

ファイルシステムはデータの位置情報、ファイルの種類、データサイズといった各データの情報を管理します。Windows10で「自動修復」が実施されても状況が変わらないようならば、ファイルシステムにも異常が発生している可能性は高く、OSが見当たらないために起動できていない状態です。Windows10の自動修復機能をむやみに行いつづけるとファイルシステムをより破損させる原因にもなりますので、注意が必要です。

【原因③】HDDまたはSSDの部品に異常が発生

HDDまたはSSDの部品に異常が発生

ハードディスクがうまく読み込めないことでOSが起動することが出来ないことが考えられます。この場合、ハードディスクを読み込む磁気ヘッドと呼ばれる部品に異常が発生している可能性が高いです。

【原因④】HDDまたはSSDの劣化により読み込み不良が発生

HDDまたはSSDの劣化により読み込み不良が発生

通常使用時のOS起動とWindows10OSへのアップデートとではHDD内の読み書きする領域は異なります。通常の使用時には読み込まない領域が実際には不良セクタになっており、アップデートの際に不良セクタを読み込もうとして何らかの異常を起こし、結果、中途半端なアップデートになってしまいOSが起動できなくなっている状態が考えられます。

【原因⑤】OS起動に必要なファイルの削除

OS起動に必要なファイルの削除

OSが起動するためには、絶対に必要なファイルが数多く存在します。ユーザーは意識していないため不要なファイルだと思い、削除してしまっているケースは少なくありません。Windows10OSへのアップデート後などは、OSのデータ量が増え、Cドライブが増えるため、不要だと思われるファイルを安易に削除しがちです。こうなった場合、データを一度取り出した上で、OSを再インストールしなければならない状態です。

Windows10が起動しない際の注意点

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。

また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

 

 

症状悪化を 防ぐためには

Windows10が起動しないときの対処法

Windows 10 が起動しないトラブルが発生している場合には、症状を正しく把握して適切に対処する必要があります。 誤った対処を行ってしまうと、本来復旧できたはずが、逆に症状を悪化させる可能性もあります。 上記のリスクを認識いただいた上で、Windows 10 が起動しないトラブルの対処法を行いましょう。

①電源周りに不具合がないか確認する

電力不足・バッテリー消耗が原因でPCが落ちる場合、電源周りを整理することで解決します。電源ケーブルの断線、バッテリーの充電不足・可放電・劣化がないか確認しましょう。

②BIOSを初期化する

BIOS初期化は、電源を入れた後、ロゴ画面で「F2」キーを押して設定画面を開くことで行えます。しかし、BIOSを初期化することは、パソコンの動作に大きな影響を与える可能性があり、物理的な障害が起きていた場合、パソコンに大きな負荷をかけてしまいます。データが消える可能性もあるためトラブルの原因が不明なままでむやみに試すことはおすすめできません。

③自動修復画面からセーフモードやシステムの復元を実行する

自動修復画面は、Windows10が正しく起動できない時に表示されるメニューです。セーフモードやシステムの復元などを実行することができます。セーフモードとは、Windowsの起動モードのひとつで、Windowsの機能を限定し、必要最小限のシステム環境でパソコンを起動する、Windows診断用の起動モードです。システムの復元とは、システムファイルを以前の状態に戻す動作を指します。しかし、これらの実行も、パソコン内で発生しているトラブルによっては症状を悪化させる可能性があることに留意する必要があります。大切なデータが保存されている場合には、専門家への相談が最も安全かつ確実な方法です。

データが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談する

PCの中に失いたくない大切なデータがあれば、データ復旧の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復旧業者では、復元ソフトでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

これまでの対処方法は、ごく「軽度の論理障害」しか対応できず、「中高度の論理障害」あるいは「経年劣化を含む物理障害」には対応できませんでした。

データ復旧業者では、PCに発生している症状を元にエンジニアによる正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、データ復旧に失敗するリスクを抑えることができます。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

 

対応メーカー例

PCメーカー

  • Dell
  • Lenovo
  • HP
  • NEC
  • マウスコンピューター
  • 富士通
  • Dynabook
  • ASUS
  • パナソニック
  • マイクロソフト
  • Acer
  • FRONTIER
  • iiyama
  • MSI
  • 東芝
  • VAIO
  • GIGABYTE
  • Razer
  • TSUKUMO
  • LGエレクトロニクス
  • ドスパラ
  • HUAWEI
  • EPSON DIRECT
  • ONE-NETBOOK Technology
  • GPD
  • KEIAN
  • FFF SMART LIFE CONNECTED
  • サードウェーブ
  • ECS
  • インテル
  • アプライド
  • Abee

※その他各種メーカーにも対応しております。 現状弊社で対応できないメーカーはございません。
お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は成功報酬型です

「成功定義」データはお客様の希望に合わせて設定が可能です。
※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。 弊社側の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

この記事を書いた人


デジタルデータリカバリー データ復旧エンジニア
累計相談件数29万件以上のデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」において20年以上データ復旧を行う専門チーム。
HDD、SSD、NAS、USBメモリ、SDカード、スマートフォンなど、あらゆる機器からデータを取り出す国内トップクラスのエンジニアが在籍。その技術力は各方面で高く評価されており、在京キー局による取材実績も多数。2021年に東京都から復旧技術に関する経営革新優秀賞を受賞。