データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

パソコン

パソコン(PC)の電源が入らない場合の対処法 | 原因や注意点を解説

パソコン(PC)の電源が入らない場合の対処法 | 原因や注意点を解説

パソコンの電源が入らない場合、その原因はいくつか存在します。
一概に電源が入らないと言っても、パソコン自体の故障だけが原因とは限りません。
また、デスクトップパソコンとノートパソコンでは、原因となりうるものが異なる場合があります。

電源が入らない場面に遭遇した際には、パソコンが壊れたと思って慌てたりせず、ひとつずつ確認することが大切です。
ここでは、電源が入らない状態をいくつか取り上げ、その原因や対処法をご紹介します。

パソコン(PC)の電源が入らない際に考えられる原因をご紹介します。

通電していない

デスクトップパソコンの場合、移動時にうっかり電源ユニットのスイッチをオフにしてしまい、それに気付かないケースが多々あります。

また、電源ケーブルが抜けかけていたり、断線していることもあります。タコ足配線の状態で使用していると、電力が足りずに起動できなくなってしまうケースがあります。
以上の状態を確認しても通電しない場合、パーツの不具合・故障が考えられます。

パソコンパーツの故障

パーツ故障の場合、トラブルの原因となっているパーツを探して交換する必要があるため、基本的にはメーカーの修理を受けることになります。

最も原因になるのは電源ユニットの寿命です。
ノートパソコンの場合、充電池が劣化してくると電力が不足してしまいます。
また、デスクトップパソコンの場合、電源ユニットが故障するとすべてのパーツに電力が供給できなくなります。
マザーボードやメモリが故障している可能性もあります。

いずれにせよ、故障したパーツを交換して復旧する必要がありますが、交換後、OSを再インストールする必要があるケースもあります。
再インストールすると、場合によってはCドライブの一部のデータが消えてしまう可能性があります。

一時的な不具合

ホコリや静電気が溜まっていることが原因で、パソコンが正常に起動しないなどの不具合やトラブルを引き起こすことがあります。

デスクトップパソコンもノートパソコンも、定期的にエアダスターなどで掃除をしないと内部にホコリが溜まり、パーツの冷却性能が下がってしまいます。

高温になる状態でパソコンを起動しようとすると、マザーボードは故障を避けるために自動的に起動を止めてしまいます。

例えばCPUは冷却パーツなしでは100度を軽く超えてしまう超高温のパーツです。
通常はファンと冷却用のラジエーターを使用しますが、空気を吸い込むためここにホコリが付きやすくなります。

大量にホコリが付着すると冷却性能が下がり、パソコンの起動に支障をきたすことがあります。

ノートパソコンの場合、マザーボードを覆うようにフェルト状にホコリが溜まってしまった例もあります。また、静電気が溜まっているとマザーボード上のパーツが正常に動作しなくなることがあります。

このような場合は、いったんすべての電源を切り、電源ケーブルを抜いて、数分程度放電しましょう。

その後、改めて電源を入れなおして、不具合が解消されかどうかを確認してください。

パソコン(PC)の電源が入らない場合にまず確認すべきポイント

デスクトップパソコン

デスクトップパソコンは電源ユニットにスイッチが付いており、パソコン本体の電源とは別にオンオフができるようになっています。電源が入らない場合、まず背面の電源ユニットに付いている「○」「|」のスイッチを確認します。

「○」がオフ、「|」がオンです。
オンのスイッチを押し、起動してください。

電源ケーブル(コード)が緩んでいたり、コンセントにしっかり刺さっていないこともあります。デスクトップパソコン用の電源ケーブルは太く丈夫ですが、強く折り曲げた状態で長期間使用すると、特に強い力を与えていなくても断線することがあります。また、よくありがちなミスですが、ディスプレイの電源が入っていない、あるいはコンセントにケーブルが刺さっていないということもあります。

ノートパソコン

電源アダプターがきちんと接続されているか確認してください。
アダプターは簡単に抜けないよう少しきつい構造をしています。
そのため、奥まで差し込んだつもりでも足りていないことがあります。
加えて、ノートパソコン用のケーブルは細いため、コードの根元が断線しやすい傾向があります。
まずは新しいケーブルで接続し、通電するか確認してください。

・タコ足配線を繰り返している、あるいはOAタップではないタップを使用している場合、起動に必要な電力を充分に確保できないことがあります。 コンセントに直接接続して確認してみてください。

・ノートパソコンは内蔵バッテリーが劣化すると電源が正常に機能しなくなってしまいます。充電切れが早くなる場合は、バッテリー交換が必要になります。

・パソコンに静電気が帯電している状態だと、マザーボードが誤作動を起こし、起動しないことがあります。いったんすべての電源を取り外し、ノートパソコンはバッテリーを抜いて、数分間程度放置してください。

パソコン(PC)の電源が入らない症状の種類と対処方法

対処する前の注意点

ハードディスク(HDD)が故障している場合は、何度も通電を繰り返すなど安易に自力での復旧作業を行ってしまうと、本来であれば復旧できたはずのデータが復旧できなくなってしまうこともあります。

メーカーの修理の場合、復旧保障などがない修理だと、HDDのデータを完全にフォーマットされてしまうこともあります。「修理に出したらデータが全て消えてしまった」というケースは少なくありません。
個人作業には誤った対処によるデータ消失のリスクもを理解したうえで作業に着手しましょう。
重要なデータが保存されている場合は、通電を避けデータ復旧業社に相談することをおすすめしています。

① 電源を入れても電源ランプが点灯せずパソコンが起動しない・全く反応しない

電源ユニットの故障が考えられます
電源ユニットやノートパソコンのバッテリーは基本的に寿命が5年程度です。購入から5年以上経過しているパソコンは、電源周りの故障の可能性が高いため、基本的には電源ユニットやバッテリーの交換が必要になります。
また、電源ユニットやバッテリーが正常であるにもかかわらず起動しない場合、マザーボードの故障の可能性もあります。

いずれにしても、個人での対処するには原因の特定が難しく、パーツの交換の可能性が高いため、速やかにメーカーや専門家へ相談をするようにしましょう。 修理業者では基本的にデータが保証されないため大切なデータが保存されている場合はデータ復旧業者に相談しましょう。

② 電源ランプはつくが画面・モニタが映らない

パソコンは起動しているものの、出力部分に障害が発生しています。
ビデオカードの入ったデスクトップパソコンの場合、出力端子を間違えて接続している可能性があります。
また、ディスプレイが正しく接続されていないことがあります。
このような場合の対処方法として、パソコンとディスプレイとを繋ぐ配線の確認や、電源が確保されているかなどを確認しましょう。

ノートパソコンの場合においては、ヒンジ部分の基盤が故障すると、正常に画面が点灯しないことがあります。
ディスプレイを交換し正常に映らない場合は、パーツの故障が疑われるため、修理が必要です。

③ 冬などの寒い時に電源が入らない

パソコンは高温だけでなく、低温でも不調になります。
温度差のある場所にパソコンを移動させると、内部のパーツが結露してしまい、故障に繋がることもあります。
また、電源ユニットは低温の環境下では出力が低下し、充分に電力を供給できなくなります。

HDDはモーターの駆動部分が低温に弱く、5度以下の環境では25度の適温と比較して約6倍も故障発生率が上がると言われています。
さらにマザーボードも低温に弱く、出力不足で起動できなくなることがあります。
そして乾燥している寒い日は静電気が発生しやすく、基盤が帯電して誤作動を起こすこともあります。

このような状況に陥らないための対処方法として、そのパソコンの「使用環境条件」を確認しておくことが大切になります。
使用環境条件には、パソコンが正常にできる温度や湿度などの条件が記載されています。
こちらの条件に従って、急激な環境変化を避けながらパソコンを使うように心がけましょう。

④ パソコン使用中に電源が落ちてその後電源を入れなおしても電源が入らない

このような症状が発生する原因としては、2つの可能性があります。

1つ目は、オーバーヒートにより、パーツの故障を避けるためパソコン自体がシャットダウンしてしまった状態です。
冷却をするためにしばらく放置したあと、ヒートシンクなどのゴミを取り、パーツのダメージを確かめるために電源を入れてみてください。

2つ目は、パソコン本体の故障です。
なんらかの理由で駆動中にパーツが故障し、起動できなくなっています。
オーバーヒートであれば一時的なものなので時間を置けば電源が投入できますが、それで動かない場合はパーツ故障で交換修理となります。

⑤ 電源を入れるとファンは動くがすぐ電源が落ちる

電力不足で起動できない状態がほとんどです。
ケーブルやタップ、電源周りを確認し、タコ足配線をやめて直接電源を取るようにしましょう。
また、ノートパソコンの場合はバッテリーの劣化が疑われます。

電源周りに特に問題がない場合、内部に溜まった静電気を放電すると起動することがあります。
それでも症状が続く場合は、マザーボードやメモリなどが故障している可能性があります。

⑥ 電源ボタンを押すとピッピッピッと機械音がして電源が入らない

電源ボタンを押したあとにピッピッピとなる音はビープ音と呼ばれる警告音です。
なんらかの不具合が発生している場合、その内容を音のリズムなどで知らせてきます。
ビープ音のリズムやパターンはメーカーによって異なるため、取扱説明書などを参考に、どのようなエラーを伝えているのか確認します。
エラー内容を把握したあと、問題のある個所の確認・対処をしましょう。

⑦ 電源が入ったり入らなかったりと不安定な状態

内部で静電気が溜まっている症状が大半です。
すべての電源や周辺機器を取り外し、数時間放置して放電することで解消します。
また、パソコンへの電力供給が不安定になっている可能性もあるので、配線周りも確認しましょう。
それでも解消しない場合は、電源ユニットやバッテリーの不具合、マザーボードの故障が疑われるので、速やかに修理が必要です。

⑧ パソコンから異臭がして電源が入らない

湿気を吸ったホコリが通電して焦げたり、パーツがなんらかの理由で焦げている可能性があります。
致命的な故障です。すぐに電源を落としてケーブルを抜き、メーカーや専門家に問い合わせてください。

データが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談する

PCの中に失いたくない大切なデータがあれば、データ復旧の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復旧業者では、復元ソフトでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

これまでの対処方法は、ごく「軽度の論理障害」しか対応できず、「中高度の論理障害」あるいは「経年劣化を含む物理障害」には対応できませんでした。

データ復旧業者では、PCに発生している症状を元にエンジニアによる正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、データ復旧に失敗するリスクを抑えることができます。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

 

対応メーカー例

PCメーカー

  • Dell
  • Lenovo
  • HP
  • NEC
  • マウスコンピューター
  • 富士通
  • Dynabook
  • ASUS
  • パナソニック
  • マイクロソフト
  • Acer
  • FRONTIER
  • iiyama
  • MSI
  • 東芝
  • VAIO
  • GIGABYTE
  • Razer
  • TSUKUMO
  • LGエレクトロニクス
  • ドスパラ
  • HUAWEI
  • EPSON DIRECT
  • ONE-NETBOOK Technology
  • GPD
  • KEIAN
  • FFF SMART LIFE CONNECTED
  • サードウェーブ
  • ECS
  • インテル
  • アプライド
  • Abee

※その他各種メーカーにも対応しております。 現状弊社で対応できないメーカーはございません。
お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は成功報酬型です

「成功定義」データはお客様の希望に合わせて設定が可能です。
※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。 弊社側の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

この記事を書いた人


デジタルデータリカバリー データ復旧エンジニア
累計相談件数29万件以上のデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」において20年以上データ復旧を行う専門チーム。
HDD、SSD、NAS、USBメモリ、SDカード、スマートフォンなど、あらゆる機器からデータを取り出す国内トップクラスのエンジニアが在籍。その技術力は各方面で高く評価されており、在京キー局による取材実績も多数。2021年に東京都から復旧技術に関する経営革新優秀賞を受賞。