スタートアップ修復が終わらない | 失敗時の対処法【Win10】
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

  1. データ復旧.com
  2. > 3分自己診断
  3. > 自己診断:パソコン編
  4. > スタートアップ修復が終わらない | 失敗時の対処法【Win10】

スタートアップ修復が終わらない | 失敗時の対処法【Win10】

スタートアップ修復表示画面

Windows10には正常に起動できないトラブルや起動システムファイルの問題を解決させる「スタートアップ修復」という機能が搭載されています。 障害の内容によっては「修復の失敗」「修復が終わらない」「再起動と修復を繰り返す」などの症状が見られることもあります。 誤った対処を行わない為にもこの記事で原因や注意点・対処法を確認しましょう。

個人復元できる可能性もありますが、データ消失のリスクも伴います。原因や注意点を確認し正しい対処で安全にデータを取り出しましょう。


1.スタートアップ修復が失敗する原因と症状

スタートアップ修復は、Windowsの起動に2回続けて失敗すると自動的に行われます。 スタートアップ修復が何度も繰り返してしまったり・失敗してしまう原因は下記が考えられます。

ハードウェア障害(物理障害)

ハードウェア障害とは、パソコン内部の駆動パーツ(ハードウェア)が物理的に破損し、正常に起動出来なくなってしまう状況です。
ハードウェア障害に陥る原因として 「物理的な衝撃」「HDDの経年劣化」「メモリの不具合」「基盤トラブル」などが考えられます。

また、ハードウェア障害の症状として以下のものがあります。
・電源を入れると「カタカタ」などの異音がなる。
・電源を入れると異臭がする。
・フォーマットを促せられる。
・画面がフリーズする。
・フォルダが開けない。


ソフトウェア障害(論理障害)

ソフトウェア障害とは、パソコンを動かす上で使うシステムデータプログラム破損し、 正常に起動出来なくなってしまう状況です。
ソフトウェア障害に陥る原因として 「システムファイルの破損」「OSの更新プログラムの不具合」 「アップデートやインストール時の不具合」「ウイルス感染」などの場合があります。

また、ソフトウェア障害の場合の症状として以下のものがあります。
OSを起動できない
・フォーマット要求される。
・画面がフリーズする。
・フォルダが開けない。



※スタートアップ修復で治すことが出来るのは軽度なソフトウェア障害のみです。 重度のソフトウェア障害、およびハードウェア障害の場合は個人での修復・データ復元は出来ません。 無理に通電すると障害を悪化させてしまうリスクがあり、二度と開けなくなってしまう恐れがあります。



0120-706-332


2.スタートアップ修復失敗時の注意点

スタートアップ修復が終わらない・失敗する時は以下の注意点を確認しましょう。

スタートアップ修復を繰り返さない

スタートアップ修復は、パソコン上の不具合の箇所を全体的にチェックするため、パソコンに負荷をかけやすいです。 修復に失敗した際に何度も繰り返してしまうと、PCの障害を悪化させてしまうリスクが高いです。


個人での対処はリスクが伴う

復元ソフトを含む個人での作業にはリスクが伴います。 故障原因の特定を誤ってしまったり、特定できないまま作業を行うと状態が悪化し、最悪の場合、二度と復旧することが出来なくなる恐れもあります。 また、故障原因は一つでもない可能性もあり、正確に特定するには高度なリテラシーが必要になります。 重要なデータが保存されている場合は個人で無理に解決しようとせず、専門業者への相談を検討してみましょう。


0120-706-332


3.スタートアップ修復トラブルの対処法

スタートアップ修復が終わらない・失敗してしまった際の対処法をご紹介します。
※上述したように個人での対処にはデータ消失のリスクが伴います。

セーフモードを起動する

セーフモードは、スタートアップ修復が出来ない故障部分を排除して、必要最小限のシステム環境でパソコンを起動させます。 故障が復旧したわけではなく一時的な対処法という点を理解した上で作業を行いましょう。


スタートアップ修復表示画面

1.「詳細オプション」を選択
2.オプションの選択画面から「トラブルシューティング」を選択。
3.トラブルシューティング画面の「詳細オプション」を選択。
4.詳細オプション画面から「スタートアップ設定」をクリック。

スタートアップ設定の選択リスト

5. スタートアップ設定画面の、「4) セーフモードを有効にする」 または「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択。
6.パソコンがセーフモードで起動します。


システム復元を行う

復元ポイントが作成されていれば、システムの復元を利用して復旧できる可能性があります。 復元ポイントとはパソコンのシステムを、以前保存した復元ポイントまで戻す機能です。
システム復元を行う手順を説明します。

1.「詳細オプション」を選択。
2.オプションの選択画面から「トラブルシューティング」を選択。
3.トラブルシューティング画面の「詳細オプション」を選択。
4.詳細オプション画面から「システム復元」を選択。

システム復元では、データを復元することは出来ません。 あくまでもシステムが復旧するための機能のため、データ復元方法を考えている方は専門業者に依頼するのがベストな方法と言えるでしょう。



4.スタートアップ修復トラブルの復旧方法

上記の個人で出来る方法で解決できない場合は内蔵ストレージ(HDDやSSD)に問題がある可能性が高いです。 より安全に復旧したい場合は専門業者に相談するようにしましょう。 業者の選定は「データ」または「PCの使用」どちらを優先させるかで判断しましょう。

4-1.パソコンの起動・使用を優先する場合

データよりもPCの起動や使用を優先したい場合はメーカーや修理業者に依頼しましょう。 メーカーや修理業者は破損部品を交換、修理することでパソコンを正常に起動出来るようにします。 しかし、データの初期化やマザーボードやHDDなどの部品交換が行われるため、データは保証されない点には注意して依頼しましょう。


4-2.パソコン内のデータを優先する場合

PC内に大切なデータが保存されている場合などPCの使用よりも「データ」を優先させたい場合はデータ復旧業者に相談しましょう。 データ復元業者では、まず故障原因を特定し、故障原因に即した対処を行います。そのため、より安全かつ高い確率でデータを復旧させることが可能です。 デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っていますので、お気軽にご相談ください。

0120-706-332

データ復旧の流れ

初期診断時の機器のお預かり方法につきましては、郵送受付・お持込(ご来社)受付・無料出張診断(法人様限定)の3種類をご用意しております。 詳細の流れについては以下をご確認ください。

データ復旧の流れ

0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。