データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

パソコン

起動しないパソコンからデータを取り出す方法

電源が入らない・起動しないパソコンからデータを取り出す方法

普段は普通に動いていたパソコンが、突然電源を入れても立ち上がらない事があります。

「電源が入らない」、「電源は入るが画面は真っ暗でOSのロゴも出てこない」状態から、データは取り出せるのでしょうか?

この場合、パソコンが起動しなくなっただけで、HDD/SSDのデータが無事であれば、この記事で紹介している方法でデータを取り出せる可能性があります。

 

パソコンが起動しない原因

パソコンが起動しない原因には、以下の項目が考えられます。しかし多くは、ハードウェアかストレージ(HDD/SSD)の不具合が原因で、PCが起動しなくなっています。

 

電源供給が行われていない

この場合、電源コードの劣化や、コンセント類の故障が主な原因です。一度、電源周りを見直してみましょう。単に電源コードが外れているだけの可能性もあります。

 

ストレージ(HDD/SSD)自体に問題がある

パソコンが起動できない場合、OSを格納したストレージ(HDD/SSD)に障害が生じている可能性があります。

HDDやSSDに発生する障害は、大きく「論理障害」と「物理障害」の2つがあります。

論理障害と物理障害

1. 論理障害

ソフトウェアが原因でPCが動かなくなる理由

論理障害とは、データやシステムの障害です。原因としては「起動に必要なデータを誤って削除した」「データの読み書き中に強制終了した」といった事例をあげることができます。

多くの場合、エラーメッセージが表示されやすいものの、同様の症状は後述する物理障害でも起きたりするため、適切に切り分ける必要があります。

 

2. 物理障害

物理障害は、データを記録している装置が物理的に破損した状態です。

原因としては「パソコンを落とした」「水をこぼした」、あるいは「経年劣化を起こしている」といった事例をあげることができます。

物理的ダメージが原因と考えられる場合、HDDだと「カチカチ」「カタカタ」と異音が発生したり、異臭がすることがあります。

このような状態で修復を試みようとすると、データを保存している部品に傷が付き、パソコン・保存データともに完全に破壊されるリスクがあります。

障害原因の見極めはプロでも難しく、物理障害からのデータ復旧では専門設備も必要となります。大切なデータを失わない為にも、不用意に操作せず、対処に不安がある方は、専門業者で無料診断を受けることをおすすめします。

◎データを復旧したいと考えている方へ (お見積りまで完全無料)

データ復旧は一度きり。無理な自力作業でデータを失って後悔する前に、データ復旧業者でプロの無料診断を受けるのがおすすめです。

DDR(デジタルデータリカバリー)は、累計29万件以上のご相談実績(※1)があり、他社にはない11年連続国内売上No.1(※2)旧率最高値95.2%(※3)のデータ復旧技術に基づいて、お客様の問題解決をサポートします。

相談から診断・見積もりまで完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 集計期間:2011年1月1日~ 
※2 第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。
※3 2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

 

ハードウェア類の不具合

ハードウェアが原因でPCが動かなくなる理由

電源が入らず、ビープ音が鳴る場合、マザーボードやディスプレイなど、ハードウェア類が経年劣化を起こしている可能性があります。この場合、修理会社に対応を依頼するケースもありますが、「修理」を行うと、中身のデータは完全に消失してしまう恐れがあります。

データ復旧を希望する場合は、「データ復旧」の専門業者まで対応を依頼しましょう。

 

パソコンが起動しないときの注意点

パソコンが起動しないときの注意点は次のとおりです。

 

フォーマット(初期化)は行わない

新しく購入したハードディスクなどをPC側から認識させたい場合はフォーマットが必要になりますが、今回のようにデータを取り出すことが目的の場合にはフォーマットは行わないでください。

フォーマットを行った場合、専門業者に依頼したりするなどしても、復旧できるはずであったデータが復旧できなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

自力で復旧しようとしない

今回の記事では、パソコンが起動しない場合にデータを取り出す方法を紹介していますが、HDD/SSDに不具合が起きている場合に自分で復旧作業をしてしまうと、別の障害が起きてしまう、もしくは現状よりも悪化する可能性があり、データを取り出せなくなるので、データを確実に取り出したい方は自分で復旧しようとせず、早めに業者へ相談しましょう。

 

操作・通電を控える

データを確実に取り出したい場合、データの上書き、変更、更新などパソコン上での操作・通電は控えましょう。起動しない場合、ストレージが物理的に破損していることが多く、通電するだけで状態が悪化してしまうことがあるからです。この場合、信頼できるデータ復旧の専門業者に依頼することで、安定的にデータを復旧・復元することが可能です。

 

起動しないパソコンからデータを取り出す方法

起動しないパソコンから、データを取り出す方法は次のとおりです。

 

BIOS設定をチェックする

BIOSとは各種ハードウェアの起動、特にストレージの起動にまつわるプログラムです。ここの設定に異常があるとストレージが認識せず、当然OSは立ち上がりません。

このときBIOSを初期化することで、パソコンが正常に立ち上がることがあります。

BIOSの初期化は、電源を入れ、ロゴ画面で「F2」キーを押す>設定画面から「F9」キーを押すことで行えます。

ただし、BIOSを初期化することは、パソコンの動作に大きな影響を与えやすく、物理障害が起きていた場合、パソコンに大きな負荷をかけてしまいます。トラブルの原因が不明なままでむやみに試すことはおすすめできません。

 

セーフモードからシステムの復元を行う

セーフモードは、必要最小限のシステム環境でパソコンを起動させる機能です。内蔵HDDにシステム上のエラーが発生している場合、セーフモードで起動できる場合があります。

ただし、セーフモードでも起動できない場合、ストレージに物理障害が起きていると考えられます。このような場合、自力でデータを取り出すことはかなり難しいので、どうしてもデータを復元したい場合は、専門の業者へ依頼することをおすすめしています。

 

セーフモードで起動する手順

スタートアップ修復表示画面

1.「詳細オプション」を選択

2.オプションの選択画面から「トラブルシューティング」を選択。

3.トラブルシューティング画面の「詳細オプション」を選択。

4.詳細オプション画面から「スタートアップ設定」をクリック。

スタートアップ設定の選択リスト

5. スタートアップ設定画面の、「4) セーフモードを有効にする」 または「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択。

6.パソコンがセーフモードで起動します。

 

■システム復元をおこなう手順

セーフモードで起動できた場合、復元ポイントが生成されていれば「システムの復元」から、パソコンの設定を以前の状態に戻すことがで、問題が解消されることがあります。

システムの復元

①検索ボックスに「復元ポイント」と打ち込み、表示されたプロパティから「システムの保護」→「システムの復元」→「次へ」と進みます。

復元させたいデータが含まれる復元ポイントを一覧から選択

②復元ポイントを一覧から選択し「次へ」→「完了」に進みましょう。

 

内蔵HDD/SSDを取り出して別のPCに接続する

内蔵HDD//SSD

パソコン本体が故障して電源が入らない場合、HDD/SSDを取りだして正常に起動するパソコンとHDD/SSDをケーブルで接続する方法があります。

ただし、パソコンのケースを開いて作業するため、静電気でパソコンが故障するリスクがありますし、ノートパソコンやディスプレイ一体型のパソコンでは、HDDケーブルの端子がそもそもない場合があります。

 

壊れたパソコンからHDD/SSDを取り出す

  • デスクトップパソコンの場合

超小型PCでない限り、デスクトップパソコンのコンセントを外し、ケースの横を外せばHDD/SSDを外せることが多いです。(プラスドライバーが必要な可能性があります)

  • 一体型パソコンの場合

一体型パソコンは、どのメーカーも分解が難しいことが多いです。筐体が爪などでがっちりと組まれていることが多く、むやみに作業を行うことで状態が悪化するリスクがあります。

HDDの取り出し方はパソコンの機種によって大きく異なります。中には、分解を推奨していないブランドもあるので、ご注意ください。そもそも分解はHDDに対して悪影響を与える恐れがあるため、あくまで自力で行う最終手段と認識しておくべきでしょう。

 

取り出したHDD/SSDをUSB変換ケーブルで接続する

起動しないパソコンから取り出したHDDを、USB変換ケーブルに接続します。

正常に起動するパソコンにUSBを接続すると、自動的にHDDが認識されるので、エクスプローラを開いてHDDにアクセスしましょう。

HDDの中身が確認できたらデータを外付けHDDにコピーしてバックアップを作成します。

様々なHDD/SSDの端子形状、SATA、IDE、M.2など

HDD/SSDの端子には「SATA」「IDE」以外にも色々な形状、規格があります。

  • サーバなどで使われる「SCSI」や「SAS」
  • 規格は「SATA」と同じものの形状が異なる「miniSATA」「MicroSATA」
  • 最近のSSDでよく使われる「M.2」

それぞれUSBとの変換ケーブル・アダプタを用意する必要があります。

 

それでも解決しないときは

ここまでで解説した方法でも、HDD/SSDが認識しない、データが見れない場合には、HDD/SSDが故障している可能性が非常に高いです。

この場合、HDD/SSDを分解してデータを取り出す必要があるので、個人では復旧することができません。

メーカー様や修理業者では、データ復旧は専門に行っていないので、復旧したいデータがある場合は、データ復旧の専門業者に依頼しましょう。

HDDデータ復旧
おすすめデータ復旧業者の選び方は?専門業者が徹底解説!初めてのデータ復旧業者を選ぶ重要なポイントを解説します。まずは技術力の高い業者を見つけることが重要です。データ復旧.comは11年連続国内売上No.1。1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します。...

 

データが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談する

PCの中に失いたくない大切なデータがあれば、データ復旧の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復旧業者では、復元ソフトでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

これまでの対処方法は、ごく「軽度の論理障害」しか対応できず、「中高度の論理障害」あるいは「経年劣化を含む物理障害」には対応できませんでした。

データ復旧業者では、PCに発生している症状を元にエンジニアによる正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、データ復旧に失敗するリスクを抑えることができます。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

 

対応メーカー例

PCメーカー

  • Dell
  • Lenovo
  • HP
  • NEC
  • マウスコンピューター
  • 富士通
  • Dynabook
  • ASUS
  • パナソニック
  • マイクロソフト
  • Acer
  • FRONTIER
  • iiyama
  • MSI
  • 東芝
  • VAIO
  • GIGABYTE
  • Razer
  • TSUKUMO
  • LGエレクトロニクス
  • ドスパラ
  • HUAWEI
  • EPSON DIRECT
  • ONE-NETBOOK Technology
  • GPD
  • KEIAN
  • FFF SMART LIFE CONNECTED
  • サードウェーブ
  • ECS
  • インテル
  • アプライド
  • Abee

※その他各種メーカーにも対応しております。 現状弊社で対応できないメーカーはございません。
お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は、診断結果に基づいた個別プラン(成功報酬制あり)をご提示いたします

当社では、機器の障害状況を診断させていただき、プランをご提示いたします。
成功報酬制プランにおける「復旧成功の定義データ」は、お客様の希望に合わせて設定が可能です。
ご相談・初期診断・見積まで無料で承りますので、お気軽に無料診断・見積サービスをご活用ください。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

この記事を書いた人


デジタルデータリカバリー データ復旧エンジニア
累計相談件数29万件以上のデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」において20年以上データ復旧を行う専門チーム。
HDD、SSD、NAS、USBメモリ、SDカード、スマートフォンなど、あらゆる機器からデータを取り出す国内トップクラスのエンジニアが在籍。その技術力は各方面で高く評価されており、在京キー局による取材実績も多数。2021年に東京都から復旧技術に関する経営革新優秀賞を受賞。

 

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ