国立大学法人 大阪大学大学院
【データ復旧はデジタルデータリカバリーへお問い合せ下さい】

「お客様の声」
突撃取材レポート
お客様とのお約束
セキュリティ対策
世界最大級!!
技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる
3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。

データ復旧サービスを利用された
お客様の声

国立大学法人 大阪大学大学院 様

国立大学法人 大阪大学大学院 近江 様

研究に必要なこれまでの計測データほぼ全てが回復して安心しました

障害機器情報Dell Precision T5400 500GB
障害状況
パソコン(ワークステーション)の電源はつくものの、Windowsが立ち上がらず、何も操作できない状態。
コメント
私の研究室では、光エレクトロニクスの技術と知識をベースとして、生体の構造や機能を計測・分析し、臨床現場で利用できる新たな光診断法を開発しています。今回失ったデータは、今までの研究で測定した生体構造・機能の計測結果と計測の為のプログラムでした。

このデータが無くなると、今後の研究を行う事ができなくなってしまう為、失ったデータを補完する為に、過去に行なった計測・分析をまた行わなくてはいけなくなってしまいます。今回データを失ったと分かった瞬間、バックアップを取っていなかったことを非常に後悔しました。
実は以前にも同様の事象があり、その時はハードディスクを取り出し直接他のパソコンに繋ぐ事でデータを見ることができました。しかし今回は同様の方法を取ってもハードディスクを認識しませんでした。
そこで、ハード関係に強い知人に相談をしましたが、ハードディスクの状況は前回壊れてしまった時と比べ重症な上、状況が悪い可能性が高いと言われました。データは諦めるしか無いかもしれないと考えましたが、ハードディスクの中には過去の測定データと測定プログラムが入っており、今後の事を考えるとどうしても諦めきれませんでした。そこでデータ復旧業者に復旧依頼をする事を決めました。
データ復旧は非常に繊細な作業で、基本的には一発勝負だという事を耳にした為、業者選びは慎重に行いました。無くなってしまっては困る、大切なデータだからです。

ただ、どの業者のホームページを見ても「技術力が高い」と謳っており、実際どこが良いのか、違いが分かりませんでした。そこで、過去に同大学内で御社との取引があった事・法人や学校法人との取引実績が多かった事から御社であれば信頼できると考え、御社を選びました。
知人の話から、状況が悪い事は認識していましたので、本当にデータが戻ってくるのか非常に不安でした。初期診断の際、復旧技術員の方から100%絶対に大丈夫とは言えない状況だと伺い、せめて本当に必要なデータだけでも救い出せれば良いという気持ちでした。依頼をして数日、データ復旧期限までは3日程残していたと思います。私宛に連絡が入りました。データ復旧ができたとのことです。まさかと思い、担当の方と希望データの突き合わせを行なったところ、見事に欲しかったデータ全て元に戻っていました。
完全に復旧する事は流石に無理だろうと半ば諦めていた為、本当に嬉しく、安心しました。

今回依頼をしてみて、アドバイザーの方のデータ復旧に関する知識の深さに驚きました。復旧作業に関しても当初の予定よりも迅速にご対応頂いた上、データも無事手元に戻った為、非常に満足しています。今回の一件からデータの定期バックアップを取るように心がけます。ありがとうございました。