デジタルデータリカバリー

Buffalo製NAS・RAIDのデータ復旧お任せください
|データ復旧.com

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

Linkstation・Terastation ご相談実績1,900件以上!
Buffalo製NAS・RAIDのデータ復旧お任せください

データ復旧国内売上No.1のデジタルデータリカバリーでは、お預けいただいてから最短即日にデータ復旧が完了します。
お急ぎの方はもちろん、安全・確実にデータを普及したいお客様も、まずはデジタルデータリカバリーへご相談ください。

0120-706-332

メーカーの修理とデータ復旧では、必要な技術が異なります

メーカーや保守会社では、あくまでもNASやサーバー機器そのものを製造・点検しており、機器内部のデータが保存されているHDDやSSD自体の構造に詳しいデータ復旧の専門家ではありません。
機器自体よりも、内部のデータを安全に取り出すことが重要な場合は、メーカーや保守会社ではなく、データ復旧業者にご相談ください。

デジタルデータリカバリーのデータ復旧のポイント

①累計ご相談件数18万件超・データ復旧の実績があるから安全で速い!

デジタルデータリカバリーでは、圧倒的なご相談件数を元に、機器の型番や症状に基づいた適切な復旧作業を行います。ご依頼の80%が48時間以内に復旧完了するのは、いままでの復旧実績に基づいた技術力が蓄積されているからこそ。常時平均平均7,344台以上の部品交換用HDDをストックしており、どのような型番にも迅速対応いたします。お急ぎのお客様もお任せください。

ご依頼の80%が48時間以内に復旧完了
 

②データ復旧の専用設備で専門エンジニアが初期診断・復旧作業を行います

初期診断は最短5分。専門エンジニアがHDDのわずかな動作音の違いを聞き分け、故障箇所を特定します。
HDDを開封しての部品交換が必要な際は、エンジニアが複数人入ることのできるクラス100のクリーンルームを完備し、清浄度の非常に高い環境で行っています。HDDは精密機器のため、わずかなチリやホコリがディスクに付着するだけでも障害に繋がってしまうためです。クリーンルームだけでなく、一つでも多くのデータを復旧するべく、復旧作業に必要な設備投資は惜しむことなく行っています。

クリーンルーム

③24時間365日受付・全国出張可能。今すぐ駆けつけます。

土日祝日・夜間も含めて、24時間365日対応の受付窓口を設けています。法人様の場合は機器の持ち出しが難しいケースもあり、出張での診断も行っています。今すぐ必要なデータをすぐにお手元にお戻しできるよう、データ復旧の専門アドバイザー・エンジニアが誠心誠意対応させていただきます。

専門エンジニア

メーカーや他社で無理と言われても諦めないで!
スクラッチ障害・他社不可の復旧実績が多数あります!

デジタルデータリカバリーでは、他社復旧不可の機器に関するご相談をこれまでに2,000件以上いただいています。
その中には他社では復旧出来なかった機器から弊社でご希望のデータを復旧できた実績が多数あります。
弊社では、HDDの最重度障害といわれるスクラッチ障害に関する研究開発を行っており、東京都の経営革新計画にも承認されています。
Buffalo製機器のデータ復旧に関しても、これまでにTerastationやLinkstationだけでも1,900件以上のご相談をいただいてきました。
大切なデータを諦める前に、まずはご相談ください。

Buffalo製NAS 対応機種一覧

基本的に、全てのシリーズ・型番に対応しております。 こちらに記載されていない機器でも、お問合せいただければ対応可否をお調べいたしますので、お気軽にご相談ください。

Terastation(Windows Server含む)

TS-2RZHシリーズ、TS-2RZSシリーズ、TS51210RHシリーズ、TS6400RNシリーズ、TS5410RNシリーズ、TS5810DNシリーズ、TS6600DNシリーズ、TS5610DNシリーズ、TS6400DNシリーズ、TS5410DNシリーズ、TS6200DNシリーズ、TS5210DNシリーズ、TS5210DFシリーズ、TS3420RNシリーズ、TS3410RNシリーズ、TS3420DNシリーズ、TS3410DNシリーズ、TS3220DNシリーズ、TS3210DNシリーズ、WSH5620DNS9シリーズ、WSH5420DNS9シリーズ、WS5420DNS9シリーズ、WSH5420RNS9シリーズ、WS5420RNS9シリーズ、WSH5610DNS6シリーズ、WSH5411DNS6シリーズ、WS5420DNS6シリーズ、WS5420RNS6シリーズ、WSH5420DNW9シリーズ、WS5420DNW9-Yシリーズ、WS5420DNW9シリーズ、WSH5420RNW9シリーズ、WS5420RNW9シリーズ、WS5220DNW9-Yシリーズ、WS5220DNW9シリーズ、WSH5411DNW6シリーズ、WS5420DNW6シリーズ、WS5420RNW6シリーズ、WS5220DNW6シリーズ

LinkStation

LS520DNBシリーズ、LS220DNBシリーズ、LS510DNBシリーズ、LS210DNBシリーズ、LS520DGシリーズ、LS510DGシリーズ、LS220DGシリーズ、LS210DGシリーズ、LS411DXシリーズ

まずは自分で調べてみたい方は
Buffalo製機器 3分自己診断

「エラーコードと障害は必ずしも一致しません」

実は、機器に表示されるエラーコードと実際に発生している障害が必ずしも一致する訳ではありません。 例えば、エラーコード上筐体側に問題があるような障害であっても、実際には内蔵されているHDDに問題があったり、エラーランプが点滅しているHDDではなく、その隣のHDDに障害が発生していることもございます。
このような障害の詳細は、データ復旧の専門知識を有したエンジニアが詳細に診断しなければなかなか分からないものです。 当社には、多くの保守業者の方からもご相談をいただいており、伺った症状と実際の障害が異なった事例もこれまでに多数ございました。
量販店で購入したようなNASであっても、障害については甘く考えず、まずはご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください
最短5分のお電話で、復旧可能性や概算の金額をお伝えします

デジタルデータリカバリーでは、ご相談から初期診断後のお見積りのご提示までを無料で行っております。
「この場合でも復旧出来るのかな?」「金額が気になる」など、まずはお気軽にご相談ください。
データ復旧専門アドバイザーが最短5分のお電話で、お客様の機器の復旧可能性や概算の金額をお伝えいたします。

0120-706-332
RAID・サーバ機器の出張診断・復旧サービス
RAIDトラブル時に絶対やってはいけないことを教えます。
RAID故障別復旧事例集。あなたと同じ症状はどれですか?
データベース復旧
buffaloの復旧について
iodataの復旧について
buffaloの復旧について
iodataの復旧について
NAS・RAIDサーバー復旧について
IBM機器のデータ復旧
HP機器のデータ復旧
DELL機器のデータ復旧
FUJITSU機器のデータ復旧
NEC機器のデータ復旧
NAS・RAIDサーバー復旧について
お客様とのお約束セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
プライバシーマーク取得企業 お客様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ 金属探知器と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持契約交わします 初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ
個人情報保護士
個人情報保護士認定ロゴ
このサイトは個人情報保護士により、
管理運営を行っています。