デジタルデータリカバリー

Buffaloの復旧について
|データ復旧なら11年連続日本国内No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
NAS・RAIDサーバー復旧について
NAS・RAIDサーバー復旧について

Linkstation・Terastation(Buffalo製NAS)
累計3,750件のご依頼実績!

11年連続日本一のデジタルデータリカバリーなら、お預けいただいてから最短当日でデータ復旧が完了します! お急ぎの方は勿論、安心できるデータ復旧業者に依頼されたいお客様に関しても、まずはデジタルデータリカバリーへご相談ください!

デジタルデータリカバリーが多くの復旧実績を持っている理由

当社は、2007年より(東京商工リサーチ調べ)11年連続日本一のデータ復旧実績を持つデータ復旧業者です。11年連続日本一のトップシェアを誇り続けられる理由は、技術力と、スピードにあります。 ストレージの仕組や構造が日々進化していくのを追いかけるため、データ復旧技術もまた日々進化が必要となります。

海外研究機関、データ復旧業者と共同で技術開発

データをより安全に・効率良く保存していくため、ストレージの構造は年々複雑化しています。データ復旧は、その構造を理解しなければ、絶対にできません。 デジタルデータリカバリーでは海外の研究機関やデータ復旧業者と共同で技術開発を行うなど、積極的な技術力向上を図る事により、日本No.1のシェアを保持しつづけてきました。 特に、NAS等に使用されているRAID技術の復旧に関しては研究対象として重きを置いており、現在は過去の復旧事例をデータベース化する事で非常に短い時間でデータを復旧できるようになりました。

当社は2016年6月時点で(※)3,750台以上のBuffalo社製機器のご依頼実績があります。復旧の可能性を高め、より早くデータ復旧されたい方は、お電話にてお問合せください。24時間365日お電話可能です。

「エラーコードと障害は必ずしも一致しません」
実は、筐体に表示されるエラーコードと実際に発生している障害が必ずしも一致する訳ではありません。 例えば、エラーコード上筐体側に問題があるような障害であっても、実際には内蔵されているHDDに問題があったり、エラーランプが点滅しているHDDではなく、その隣のHDDに障害が発生していたり。 こういった障害の詳細は、データ復旧に明るい人が詳細に診断しないとなかなかわからないものです。 当社には、多くの保守業者の方からご相談のご連絡もいただきますが、ご相談いただいた後実際に現場へ伺ってみると、保守業者さんのおっしゃる通りの症状が発生しているにも関わらず、そこから予測される障害とは違う障害が発生している事は珍しくありません。 量販店で購入したようなNASであっても、障害については甘く考えず、まずはご相談ください。

365日土日祝日も
持込・診断・復旧・納品可能
緊急時も!夜間でも!
24時間相談可能
0120-706-332
RAID・サーバ機器の出張診断・復旧サービス
IBM機器のデータ復旧
HP機器のデータ復旧
DELL機器のデータ復旧
FUJITSU機器のデータ復旧
NEC機器のデータ復旧
お客様とのお約束セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
プライバシーマーク取得企業 お客様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ 金属探知器と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持契約交わします 初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ
弊社について
国際ディスクドライブ協会
日本記録メディア協会
個人情報保護士
個人情報保護士認定ロゴ
このサイトは個人情報保護士により、
管理運営を行っています。