DDR お客様の声 » 宮城県 宮城県白石高等学校 様

0120-706-332
0120-706-332
 法人 /  RAID
 デジタルデータリカバリー(DDR)のサービスをご利用されたお客様の声
佐藤 寿正 様

宮城県 宮城県白石高等学校 様

他社で復旧できなかった暗号化RAIDをDDRなら復旧できると確信していた

学校概要
宮城県白石高等学校は、白石市に所在する県立の高等学校である。2010年4月に、ともに約100年の伝統を誇る宮城県白石高等学校(男子校)と宮城県白石女子高等学校が統合し、男女共学校として開校。 普通科と看護科、および専攻科看護科を擁し、宮城県南の進学拠点校として、多くの優秀な人材を輩出している。
紛失したデータ
ドキュメント・写真等

データ紛失の経緯
学校内で共有して使っているRAIDです。壊れた直後に一度DDRへ相談していました。訳あって地元の業者に依頼することになり、使用していたキーも予備キーも全て依頼した会社に預け、ドメインコントロールに搭載しているキーサーバーの情報もレジストリから掘り出しました。こちらで持っているキー情報は全て預けたので、暗号化の突破はできると思ったのですが、システムが切り替えしてしまっていたようで、突破ができませんでした。「キー解析をしたが暗号化が解けなかった」との連絡をもらい、その時点で復旧ができるかどうかの雲行きが怪しくなった感じです。2週間に1回は「どういう状態ですか?」と問い合わせていたのですが、さすがに壊れてからの時間も結構たってしまったので、これはもうそろそろ駄目だったら切り上げて「再びDDRに持っていくしかない」と私のほうでは思っていました。東京に持っていくのであれば年内が希望でした。年明けにというのであればまた学校の業務が停滞する期間が長くなってしまうので。最初に依頼していた業者からはもう少し解析をやってみたいと言われたのですが、もう待てないので引き上げさせていただきました。


佐藤 寿正 様

特に復旧したかったデータとその中身
今回、壊れたRAID機器は暗号化がかかっていて、職員それぞれのマイドキュメントがこの中に入っています。学校関係ですので、行事の写真とかそういったものもありまして、入学から卒業までの写真が撮りためてありました。

データを失った時の気持ち
全部のデータを預かるので、バックアップをとり、万が一データを消してしまったときの保証も私のほうでしています。なのでRAIDが故障した時は「これはなんとしても戻さないと」という気持ちでした。行事の写真などもあり、これを卒業の時になんらかの形で見せると生徒が非常に喜ぶんです。そういったものを作る時に「この学年の写真は全部ないから諦めてください」とはとても言えません…。楽しみにしている人もいますし。写真が全てではないですが、色んな思いの詰まったデータです。その思いの詰まったデータを「ごめんなさい吹っ飛びました」っていうのは、ちょっと情報担当としては非常に口にはできない言葉でした。

データが戻ってきた時の気持ち
届いたときは、部屋に運ぶときに転んだら、これで全てが終わってしまうという思いがあり、まずそっと運びました。復旧できたデータのリストを見て「あ、本当に戻ってきたんだ!」という思いになり、元のネットワーク上に再配置する準備が整った段階で、全てがやっと無事に収まったっていう、表現のしがたい喜びでいっぱいでしたね。他の先生たちも大喜びでしたね。これはもう言うまでもなく。朝の打ち合わせというものがあるのですが、そこで「全て失われることなくデータが戻ってくる」という報告を出来ることが嬉しかったのです。皆さん拍手で喜んでいただけました。その様子を見るだけでもデータの大切さが分かると思います。

DDRを選んだ決め手
データが壊れた時は、暗号化キーが駄目だと分かっていたので、DDRだったらやってくれるという確信を持っていました。決め手は技術員さんのお話が載っていた記事です。(InternetWatch2013/6/29掲載 【暗号化されたRAIDデータ復旧、「鍵から鍵穴を作る」方法で】)⇒https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/542699.html
所属長のほうに「最後はDDRしかないんです」と話をする時もこの記事が全ての根拠でした。直接DDRの技術員さんにお会いしたわけではなかったですが、非常に記事が心強いものだったと私は印象に持っていますね。地元の業者で暗号キーの解析ができなければ、「最終手段はDDRだな」と頼んだ後に思っていました。一度キャンセルをしたということもありますし、何より技術的な話は電話を介してではなく、直接私が話をしたかったのでDDRへ機器を持ち込みました。


DDRのデータ復旧サービスを利用して感じたこと
技術力ですね。あの技術力は、国内で唯一と聞いていますし、オーバーかもしれませんが、世界に十分通用するレベル!今回の案件をクリアしていただけたということは、その技術力、これは本当にDDRさんが誇るものだなと感じました。我々顧客という立場からしてもそうですね。

最後に一言
これはもう迷うことなくDDRに電話して、診断を受けるのが一番早いかと思います。自分でどうこうしてしまうと、その段階のフルアクセスでハードディスクが壊れるというのを私は見ていますので、まず電話したほうが一番賢明だろうなと私は思います。
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。