データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

USB,SD

ドライブレコーダーの消えたデータを復元する方法

ドライブレコーダーの消えたデータを復元する方法

交通事故の瞬間を客観的に把握できるドライブレコーダーですが、データを記録するメディアは不安定で、事故の衝撃によりデータが確認できなくなることがあります。

この記事ではドラレコのデータが確認できなくなる原因と、適切な復元方法を解説します。

現在、ドライブレコーダーはさまざまな車両で利用されています。ドライブレコーダーで撮影した映像は、万が一、事故やトラブルが発生した際の証拠として、法的観点からも有用性が高いことから、広く普及するようになりました。また、ドライブレコーダーで撮影した動画は、車両保険の請求のための証拠としても活用することが可能です。

このように、ドライブレコーダーには重要なデータが保存されていますが、映像を記録するSDカードは、非常に薄く、壊れやすいため、事故にあった場合は、データを最も適切な形で復旧(サルベージ)することが重要となってきます。

事故発生後、ドラレコの起動が続くと、事故を記録した録画データが上書きされてしまう恐れがあります。本体の電源をオフにし、SDカードは抜き取った状態で保存してください。

ドラレコのデータが欠損する原因

ドライブレコーダーのデータが消えてしまう原因は、主に次の2つです。

SDカードの論理障害

これは、SDカードのデータが上書きされている、または、ファイルシステム(データを管理する本棚のようなもの)が壊れている状態です。 処理中に抜いたり、電源が落ちた際に発生することがあるほか、事故後もドラレコを起動していると発生します。再起動では回復しないため、無理に使用しないようにしましょう。

SDカードの物理障害

これはSDカードが物理的に破損している状態です。
SDカードは非常に薄く、物理的に故障してしまうことも少なくありません。この状態のSDカードからデータを抽出するには、非常に高度な技術と専門知識が要求されるため、個人で対応することは事実上不可能です。
そもそも、ドラレコは常時記録を行うため、通常の使用よりも劣化しやすく、非常に不安定なメディアであるということを意識しておきましょう。SDカードに破損が見られる場合は、データ復旧の専門業者まで対応を依頼されることをおすすめします。

破損したドラレコでよくある症状と注意点

「フォーマットしますか?」「動画が再生できません」と表示される

このような表示が出る場合は、ファイルシステムが破損している可能性が高いです。
ただし、ドラレコ用のSDカードは、パソコンに接続しても、そもそもフォーマット形式が異なることが多く、「PCに挿したら空き容量しか出てなくて、全部のデータが消えてしまった」ということも少なくありません。
この場合、実はデータが残っていることがほとんどです。しかし、フォーマットしてしまうとファイルシステムが再構築され、内部に保存されていたデータは、すべて消去されてしまうことに注意しましょう。

上書きと異なり、フォーマット後は、データの痕跡は残っていますが、下記の行為を試すと、データの痕跡はどんどん上書きされてしまいます。

  • データを追加する
  • パソコンの操作を行う
  • データ復元ソフトを使う
  • 再起動を繰り返す

この場合、データ復旧業者であっても復元が難しくなる可能性が高いです。最も適切にデータ復元を行う場合は、一切の操作を控えて、そのままデータ復旧業者にご相談ください。

データが抜け落ちている・飛んでいる

これは「事故の衝撃で映像が欠損している」または「ドラレコの起動を続けており、データが上書きされている」というパターンです。
この際、データ復元ソフトをかける人もいるかもしれませんが、欠損映像の復元、ないし物理障害の対応は困難です。また、データ復旧の専門業者と比較しても、復元率が著しく低いため、データ復元ソフトの使用は控えましょう。

衝撃でドラレコ自体が故障している

ドラレコが事故の衝撃で完全に破損している場合、そもそも内部のSDカードが取り出せなくなることもあり、無事ではないことも多いです。
ただ、中央から完全に真っ二つというわけでなく、へこみがあるなど、致命的な欠損がない場合は、データ復旧の専門業者で取り出せる場合があります。一度、専門業者で初期診断を行い、データ復元が可能かどうかを確かめることをおすすめします。

 

自力で出来るSDカードのデータ復元(復旧)方法

ご自身で試すことのできる復元方法をご紹介します。
大切なデータが保存されている、作業に自信がないなどの場合は無理に操作をせず、データ復旧業者に相談しましょう。

規格を確認して適切なPCに挿入する

SDカードには複数の規格が存在しています。まずは再生機器のPCが、各SDカードに対応しているかを確認しましょう。

最新のSDカードと古いパソコンの組み合わせだと互換性がなく、読み込みに対応しておらず、「フォーマットしてください」と表示される可能性もあります。
なお、ドライブレコーダーで使われるSDカードには、通常のSDカードよりも一回り小さい小型の「microSDカード」も採用されており、新しいmicroSDカードだと、古いPCでは再生できないことがよくあります。

SDカード、microSDカードが使用される主なメディア例

削除したデータが復元できる仕組み

機器の再起動を行う

使用機器側(PCなど)に問題が発生している場合、再起動を行うことで解決する場合があります。ただし、再起動を繰り返しても症状が改善しない場合は、他の障害の併発を防ぐため、再起動を控えてください。

自力で改善できない際、安全にデータを取り出す方法

自力で改善できない際、安全にデータを取り出す方法をご紹介します。

データ復旧・復元専門業者に相談する

 

データ復旧業者

 

最も安全にデータ復元させる方法は、データ復旧業者への相談です。データ復旧業者では、復元ソフトで対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。また、機器や症状ごとにエンジニアによる正確な初期診断によって、個人では判別が難しい故障原因の特定も可能となっています。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、簡易診断と対応方法について無料でご案内いたします。また、機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っているので、お気軽にご相談ください。

 

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧売上シェア国内トップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

ご相談実績の多さ

デジタルデータリカバリーは、11年連続国内売上No.1(※1)・累計29万件以上(※2)のご相談実績を誇るデータ復旧サービスです。官公庁や国立大学法人・上場企業を含めた、
日本中のお客様のデータの復旧に対応しております。

また同業他社では復旧不可能とされた機器のご相談も3,000件以上(※3)対応しており、
重度障害からのデータ復旧に多数成功しています。

※1:第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2:期間:2011年1月1日~
※3:期間:2016年6月1日〜

技術力の高さ

当社では、復旧率最高値 95.2%(※1)の技術力をもって、HDD(ハードディスク)、NAS・サーバ、SDカード、USBメモリなど、あらゆるメディアからのデータ復旧に対応しています。40名以上いるエンジニアに対し、難易度の高いサーバの復旧を得意とするRAID・サーバ緊急対応チーム、物理的な破損による障害を復旧する物理復旧チーム、プログラム・ファイル破損などを専門とする論理復旧チーム、NANDフラッシュメモリ等の復旧を担当するメモリチームといった形で専門分野によって復旧技術チームを分け、復旧率アップに取り組んでいます。

※1:2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

専門の復旧設備は300以上

当社の復旧設備は業界トップクラスであり、国内のデータ復旧会社ではトップクラスです。
「設備があいていないため、復旧作業にとりかかることができない」ということはありません。

当社では作業において事欠かないように、300を超える復旧設備を国内外から取り揃えており、幅広い機器や障害に対応可能です。また、キャパシティは、パソコンだと1日150台、RAID・サーバ機器でも1日で50台を復旧することが可能です。

セキュリティの高さ

当社ではお客様に対する社外的体制だけでなく、お客様の対応をさせて頂くスタッフや技術者の教育体制、セキュリティ管理体制や各業界との連携なども整えております。たとえば当社は、ISO27001をはじめ、第三者機関の厳密な現地調査をすべてクリアしており、この規格を保有している企業は情報に対する品質が世界標準レベルであるという証明になります。

データ復元の専門業者に相談するポイント

失いたくない大切なデータであれば、データ復元の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復元業者では、機器・障害を問わず、オールジャンルの対応が可能で、失敗のリスクが付き物のデータ復元ソフトに比べると安定しているのがポイントです。

対応できる症状範囲の広さ

HDDの論理障害には対応していても、物理障害には対応していなかったり、そもそも別のメディアには、まったく対応していないという業者は珍しくありません。まずは各業者のHPで復旧事例、対応メーカー一覧を確認してみましょう。
なお、古い型や最新機種、MacBookなどは復旧難易度が高いため、対応できない業者もあります。あなたのPCが対応してもらえる範囲内かしっかり調べたうえで依頼しましょう。

復元率・復元実績が明記されているか

当社では復元率・ご相談件数を公開していますが、 データ復元業者の中には、明確な根拠数字を記載していないケースもあります。そのような業者は技術力を有していない可能性があるため、信頼できる業者とは言い難いです。

復元率・復元実績の詳細はこちら

復元設備がしっかりしているか

HDDでは、物理障害が発生していると、クリーンルーム(無菌手術室と同様の清浄な環境)で、部品交換を行う必要になります。なお、 部品交換は、たとえ同じメーカー・型番の部品を用いても、 複合する条件が全て揃わないと適合せず、動作しないケースがあります。よって、クリーンルームとドナー部品を取り揃えていることは、復元業者の技術力を推しはかる上で必須の条件と言えます。

初期診断は無料か・部品代などの追加料金はかからないか

データ復元業者の中には、調査費と称して初期診断の段階で数万単位の費用を請求する業者や、復旧作業費以外にも部品代や機器の解体費用を請求する業者もあります。
当社では、お客様に安心してデータ復旧サービスをご利用いただくため、初期診断や部品代無料を含めた「8つの無料サービス」を提供しております。

「8つの無料サービス」詳細はこちら

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

復元対応メーカー

ドライブレコーダー復元対応メーカー表

  • コムテック(COMTEC)
  • ユピテル(YUPITERU)
  • ケンウッド(KENWOOD)
  • セルスター(CELLSTAR)
  • innowa パイオニア(Pioneer)

SDカード/microSDカード 復元対応メーカー表

  • SANDISK
  • サムスン
  • ADATA
  • キオクシア
  • トランセンド
  • リーダーメディアテクノ
  • トランセンド
  • エレコム
  • IODATA
  • SONY
  • HI-DISC
  • Silicon Power
  • キングストン
  • プリンストン
  • パナソニック
  • Team
  • SUPER TALENT
  • レキサーメデイア
  • 富士フィルム
  • HP
  • PQI
  • innowa
  • Patriot Memory
  • 三菱ケミカルメディア
  • ロジテック
  • バッファロー
  • グリーンハウス
  • 東芝
  • radius
  • ADTEC
  • KINGMAX
  • ESSENCORE
  • Gigastone
  • TDK
  • Angelbird
  • ダダンドール
  • セルスター
  • BLUEDOT
  • カーメイト
  • ケンウッド
  • LZeal Information Technology
  • アクシス
  • コムテック
  • UMAX
  • SB C&S
  • ペンタックス
  • ProGrade Digital

※その他各種メーカーにも対応しております。現状弊社で対応できないメーカーはございません。
お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ