削除したファイルの復元方法【Windows10】
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

  1. データ復旧.com
  2. > 3分自己診断
  3. > 自己診断:パソコン編
  4. > 削除したファイルの復元方法【Windows10】

削除したファイルの復元方法【Windows10】

PCを使用に仕事用のExcelファイルを誤って消してしまった、突然ファイルが開くなくなってしまったなどでファイル復元が必要になることは少なくありません。

個人復元できる可能性もありますが、データ消失のリスクも伴います。原因や注意点を確認し正しい対処で安全にデータを取り出しましょう。


1.ファイルが消えてしまう原因

ファイルが消えてしまう原因は、主に下記の2つの原因が考えられます。


誤って削除してしまった

誤ってゴミ箱などのファイルを削除してしまった場合でも復元できる可能性があります。

詳しくはこちら



ファイルが開けない

下記のエラーが表示されファイルが開くことができないことがあります。


ファイルシステムのエラーが表示される

このダイアログボックスが表示された場合、次の原因が考えられます。

・ハードディスクの破損
・不良セクタ
・システムファイルの破損
・ウイルス感染
・ドライバーのバージョンが古い時



「フォーマットしますか?」が表示される

この表示がされた時の原因例を紹介します。

・ファイルシステムの破損
・パソコンの故障や誤作動
・外部機器(外付けHDDやUSBメモリ)内でが発生している
・外部機器の容量が一杯になっている



2. ファイル復元時の注意点

ファイル復元時は下記の2点に注意しましょう。


必要以上の操作を加えない

削除したファイルや開けないファイルはパソコン内にデータが残っている可能性が高いです。 誤操作や誤った対処法を行ってしまうと復元できなくなる恐れがあるため、必要最低限の操作に抑えることが重要です。 特に、上書きフォーマットを行ってしまうと復元することは専門業者でも困難になる場合があります。



個人での対処はリスクが伴う

故障原因を正確に判断するには、業者レベルの技術やリテラシーが求められます。 故障原因が1つではない可能性もあり、誤った対処を行うとデータ破損の恐れもあるため、 重要なデータを確実に復元したい場合は個人で無理に解決しようとせず、一度専門業者への相談を検討してみましょう。



0120-706-332


3.ファイルが開けない時の対処法

ファイルが開けない場合の対処法として、下記の対処法があります。
※個人での作業はデータを失ってしまうリスクがあるため大切なデータの場合は復旧業者に相談しましょう。


再起動を試みる

まずは一度再起動をしてみましょう。 PCやネットワークの状況(ビジー状態等)でファイルが開けなくなってしまっている可能性が考えられます。 但し、何度も再起動を繰り返すのは控えましょう。再起動はPCに負担がかかるため、更なる障害の発生させてしまう危険があります。 一度再起動をしてもファイルが開かない場合は別の原因が考えられるため下記の方法を試みましょう。



パソコンをアップデートする

PCが最新版ではない場合は、アップデートしてみましょう。 PCのバージョンが古いため、ファイルが開けない可能性も考えられます。



ドライブをスキャンして修復する

ドライブをスキャンすることによって復元できる可能性があります。
手順は以下の通りです。

1.デスクトップのスタートボタンをクリックしましょう。
2.windowsシステムツールをクリックし、PCをクリックしましょう。



3.デバイスとドライブ内のOSまたはローカルディスクを右クリックしましょう。



4.プロパティをクリックしましょう。



5. 「ツール」タブを選択し、「チェック」をクリックしましょう。



6.ドライブのスキャンをクリックするとスキャンが開始されます。



7.以上の操作により、ドライブのスキャンと修復が完了します。



「ファイル履歴」を利用する

windows10のバックアップが有効になっている場合、ファイル履歴を利用し復元することが出来ます。
手順は以下の通りです。

1.デスクトップのスタートボタンから設定を開きます。



2.設定の中の更新とセキュリティをクリックします。



3.バックアップから、その他のオプションをクリックします。



4.現在のバックアップからファイルを復元をクリックしましょう。
5.過去にバックアップを行った日のファイルが表示されます。



6.対象のフォルダ、ファイルを選択しましょう。
7.矢印ボタン(赤四角)をクリックし、復元場所を選択することで復元が行われます。



データ復元ソフトを利用する

データ復元ソフトは軽度の論理障害であった場合、ご自身で手軽に復元することが出来ます。 しかし中高度の論理障害経年劣化を含む物理障害の場合はデータ復元ソフトで復元することは出来ません。 障害の程度や論理障害・物理障害の見極めは業者レベルの知識と技術が求められます。ご自身で判断ができない場合はソフトの使用は控えましょう。



データ復元業者へ相談


上記の対処法で認識しない場合や、復元の可能性を最大限に高めたい重要な
データの場合には、専門のデータ復元業者へ相談しましょう。
個人での作業は症状を悪化させてしまい、最悪の場合データを失ってしまう
可能性があるのに対し、データ復元の専門業者に依頼すれば、より安全かつ
高い可能性でデータを復元させることが可能です。


0120-706-332

データ復旧の流れ

初期診断時の機器のお預かり方法につきましては、郵送受付・お持込(ご来社)受付・無料出張診断(法人様限定)の3種類をご用意しております。詳細の流れについては以下をご確認ください。

データ復旧の流れ

対応しているファイル

拡張子のつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。