デジタルデータリカバリー

USBメモリが認識しない、読み込まない原因と対処法
|データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

USBメモリが認識しない、読み込まない原因と対処法

USBメモリ

1. USBメモリが認識しない、読み込まないトラブル

持ち運びに便利で安価なため、様々な用途でデータ保存に使用されているUSBメモリですが、「突然認識しなくなった」「読み込まない」といったトラブルは珍しいことではありません。USBメモリが認識しなくなってしまっては、中に入っているデータが見られないどころか、完全にデータを失ってしまうことさえあります。大切なデータが見られなくなってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。このページでは、USBメモリが認識しない・読み込まない場合の原因と対処法について紹介します。

2. USBメモリが認識しない、読み込まない原因

パソコンにUSBメモリを差し込んでも認識しない際、パソコンに以下のようなメッセージが表示された場合は、パソコンの不具合ではなく、USBメモリ側に不具合が発生している可能性があります。

・USBデバイスが認識されません。
・デバイスを接続し直してください。
・このコンピューターに最後に接続された USB デバイスが正しく機能していないため、Windows によって認識されていません。

USBメモリが認識しない、読み込まない原因としては主に下記の原因が考えられます。

USBメモリの電力供給不足

電力不足はUSBメモリが認識しない一番の原因とも言われています。
USBメモリは電気の消費量が少ないのですが、USBハブを経由して他の機器と一緒に利用する場合、供給できる電力量が分散されてしまい電力不足になる事があります。

接触不良

USBメモリは、持ち運ばれる機会が多いため、端子部分が汚れたり、ホコリが入りやすい機器です。
また、USBメモリではなくUSBハブやポート側が汚れていたりホコリが入ることで接触不良になる場合もあります。

USBメモリの物理的な故障・破損

USBメモリは他の記録媒体に比べ抜き差しする機会が多く、物理的に故障してしまうことも少なくありません。長時間利用による経年劣化や水没のほか、踏んだり落下させたりして破損させてしまうケースが多くあります。破損したUSBメモリは認識しないことがほとんどですが、無理に認識させようとしても症状を悪化させてしまうことがあるため、使用は最低限にとどめましょう。

USBメモリの論理的な故障

論理的な故障はUSBメモリのファイルシステムが壊れてしまっている状態です。PCからいきなり抜いてしまったり、処理中に電源が落ちた際に論理的な障害が発生することがあります。物理的には壊れていない状態ですが、抜き差しや再起動では回復しない状態のため、無理に使用しないようにしましょう。

BIOS設定で無効化されている

Windowsのパソコンでは、接続されているキーボードやマウスなどの外部機器をBOISというプログラムで制御しています。USBポートに関する設定もBIOS上で制御されています。そのため、BIOSの設定でUSBポートが無効化されていると、USBメモリをパソコンに差し込んでも認識されません。

0120-706-332

3. USBメモリが認識しない、読み込まないトラブルの対処法

PCに接続されたUSBメモリ

他のUSB機器を取り外し電力供給する

電力供給不足の場合、同時に接続しているUSB機器を減らすことで電力の供給が安定し認識できる可能性があります。
USBハブを経由して外付けHDDなどをつないでいる際はハブごと外し、直接USBポートに接続しましょう。

別のポートまたはPCで試してみる

別のポートやPCに接続することでUSBメモリ側に問題があるのか、読み込む機器に問題があるのか確認できます。他の機器で認識されなかった場合は、USBメモリに問題があり、認識された場合は機器側の問題と判断可能です。

目立つ汚れ、ホコリを取る

目立つ汚れやホコリが付着している場合には、これを取ったうえで再度接続してみましょう。汚れだけが原因の場合は取り除くことで認識するようになるはずです。ただし、その際にUSBメモリに傷をつけないように注意してください。

データ復旧ソフトを使用する

データ復旧ソフトを使用することでUSBメモリのデータを復旧させることができるケースもあります。しかし、データ復旧ソフトで対応できるのは軽度の論理障害のみであり、物理障害や中度以上の論理障害には対応できません。一定以上の知識を持ち合わせていなければ適切な使用ができないことに加え、障害を悪化させてしまう場合もあるため、使用には注意が必要です

データ復旧業者に相談する

上記の対処法で認識しない場合や、復旧の可能性を最大限に高めたい重要なデータの場合には、データ復旧の専門業者へ相談しましょう。個人での作業は症状を悪化させてしまい、最悪の場合データを失ってしまう可能性があるのに対し、データ復旧の専門家に依頼すれば、より安全かつ高い確率でUSBメモリを復旧させることが可能です。重要なデータが入っているUSBメモリを復旧させたい場合は、専門のデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

フォーマット(初期化)する

保存されているデータが消えてしまっても問題ない場合、USBメモリのフォーマット(初期化)を行うことで正常に認識される場合もあります。ただし、一度故障したUSBメモリは、前触れ無く再度トラブルを起こす可能性があるため、再利用には注意が必要です。データが必要な場合は、フォーマット(初期化)をせず、いち早く専門のデータ復旧業者へご相談ください。

データ復旧サービスの流れや料金については下記から確認できます。

初めての方へ 3分自己診断
持込最短1日復旧 料金について
初めての方へ 3分自己診断
持込最短1日復旧 料金について

4. USBメモリが認識しない、読み込まないトラブルまとめ

USBメモリは小型で持ち運びにも便利な機器ですが、経年劣化やちょっとした衝撃で認識しなくなってしまう可能性も常にあります。重要なデータを保存する際は、別の媒体などにバックアップをとっておくことでトラブルの予防をしておきましょう。
仮に「別の機器に差しても認識しない」「再起動しても解決しない」という状態になった場合でも、データを取り戻せる可能性はあります。データ復旧専門アドバイザーへの相談・機器の診断・お見積りは全て無料となっておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。