データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

パソコン

PC・HDD VAIO(SONY製及びVAIO製)PCデータ復旧可能

そのままハードディスクを

データを保存しているハードディスクは、「パソコンを起動する」「ファイルを開く」などの行為も、一つの情報として書き込んでいきます。 データを消してしまった後、通常どおり使用を続けると、新しいデータがどんどんハードディスクに書き込まれ、消してしまった必要なデータの上に上書きされるような状態になり、復旧が難しくなってしまいます。

重要なデータを間違って削除してしまったり、フォーマットしてしまった時は、すぐにパソコンの電源を切り、何もいじらずお電話下さい。

データを保存しているハードディスク自体が
物理的に壊れています。

「いらないデータを消すはずが、間違って必要なデータを消してしまった」「データを別の媒体に移したと思ってフォーマットしたら、移っていなかった」というご相談をよく頂きます。

「異音がする」「ハードディスクが動いていない」「ハードディスクが認識されない」場合は、ハードディスク内の「制御基盤」「アームアクチュエーター」「磁気ヘッド」「磁気ディスク」などのパーツに不具合が発生し、ハードディスク自体が物理的に壊れてしまっている状態です。
人間の体で例えると、移植手術が必要な大きな病気を患っている状態で、非常に重症と言えます。 このような状態からデータを取り出すためには、まずハードディスクが正常に動くように直さなければいけません。精密機器であるハードディスクを直すためには、人間の手術と同じように特殊な設備と高い技術力が必要です。

私たちは自社内にハードディスクを直すための専門設備を設置し、常に 世界各国から最先端技術を導入することで、難易度の高い物理復旧にも対応しております。

ハードディスク自体

ハードディスクは絶対に開封しないでください!
ハードディスクは精密機器であるため、目に見えないような小さなホコリ1つも命取りです。通常の空間でハードディスクを開封してしまうと、データを書き込んでいるディスクの表面にホコリがつき、付着した部分のデータが完全に復旧できなくなってしまいます。

再起動を繰り返さないでください!
再起動を繰り返すことで、ハードディスクに負担をかけ、今はまだ壊れていない部分にまで影響を与えてしまう可能性があります。 症状がひどくなり過ぎると、最悪の場合データ復旧が難しくなってしまいます。

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ