TeraStationのデータ復旧・復元方法|故障事例や注意点を解説
データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

TeraStationのデータ復旧・復元方法|故障事例や注意点を解説

TeraStation(テラステーション)は、Buffalo販売の企業向けNASです。 ERRORランプ・INFOランプ点灯時やリビルドの失敗など、故障時の症状や原因によって対処が変わります。正しい対処を確認し大切なデータを守りましょう。


1. TeraStationの故障事例

TeraStationよくある故障事例をご紹介します。安全にデータを復旧するためには正確に故障時の症状と原因を把握することが重要です。

① TeraStationにアクセスできない
② カチカチ・カタカタなどの異音
③ リビルドしてもエラーが直らない
④ 2台以上のHDD故障
⑤ エラーメッセージの表示
⑥ ピーピーなどのビープ音



0120-706-332

2. サーバー復旧時にやってはいけないこと


電源のON/OFFを繰り返さない

HDDを取り出しNG
症状悪化や別の障害発生の危険があります。
電源のON/OFFはTeraStation内のHDDに大きな負荷がかかります。もし障害が発生しているHDDに負荷が加わると、故障の症状を悪化させたり、別の障害を併発する可能性が高まります。

軽度の障害がより悪化するのを防ぐためにも、TeraStationサーバーの電源が入らない・起動しない際に電源のON/OFFを繰り返すのは控えましょう。

リビルド(再構築)しない

リビルドには失敗のリスクが!
安易にRAIDの再構築(リビルド)を行うと、失敗してしまう危険性があります。
RAIDを構成している複数台のHDDは、同時期に購入・生産されていることが多く、1台に障害が発生すると他のディスクもほぼ同時期に障害発生するケースが多くあるためです。

リビルド失敗イメージ
RAID構成を組んでいたHDDのうち1台が寿命に!他のHDDも同じ時期に生産されているため寿命は近い。
リビルド失敗のイメージ
HDD交換後
リビルド実行
リビルド中に他のHDDが壊れてしまうと、データの構成が崩れて障害が悪化します。

リビルド失敗のイメージ

HDDの入れ替え、交換はしない

HDDを取り出しNG
HDDの取り出しはデータ破損に繋がります
サーバーやNAS故障時、1台のHDDだけでなく他のドライブにも異常があった場合、HDDを交換してもデータが元に戻るどころか、最悪の場合取り出せなくなってしまいます。
また、RAID構成を組んでいるのであれば、HDDを取り出して単体でPCに繋ぐ行為は絶対に行ってはいけません。情報が上書きされ、データ復旧の難易度があがってしまうためです。

データ復元ソフトは使用しない

復元ソフトNG
ソフトで復元できるものは限られます。
データ復元ソフトはTeraStationに限らずNASの復元では推奨されていません。
データ復元ソフトで対処できるのは、軽度の論理障害のみに限られており、正確な機器の障害を判断できない状態で試すにはリスクが高すぎるためです。

安易にデータ復元ソフトを使用してしまうと、物理的にHDDに高負荷がかかり状態を悪化させる危険性があります。 TeraStation内に保存しているデータを安全に取り出すためには、データ復元ソフトの使用は避けるのが賢明でしょう。


3. TeraStationのデータ復旧・復元方法

起動しないTeraStationから、個人でデータ復旧作業をすることはデータ消失のリスクを伴います。落ち着いて作業を行いましょう。 また、大切なデータが保存されている方、個人作業に自身がない方は作業を避けデータ復旧業者に相談しましょう。


電源や周辺機器の確認

TeraStationの電源が入らない・アクセスができない際は、電源ケーブルや周辺機器の確認を行いましょう。
電源ケーブルや周辺機器が正しく接続されておらず電力供給が行われていない場合が多くあります。


TeraStationの故障状態を確認

TeraStationのディスプレイ付近にあるINFOランプとERRORランプの点灯により故障状態を確認しましょう。

INFOランプは、障害にかかわらず何らかの通知がある場合点灯し、 ERRORランプは、障害が発生している場合点灯します。(下記は、TS3020シリーズ・TS3010シリーズ)

ERRORランプ

コード 原因と対処
E01・E02・E03 内部システムのICチップに異常が発生

 HDDの復旧や交換
 
E04・E06 ファームウェアが破損
※E06の場合、物理的に破損


 障害悪化を防ぐため直ちに電源を切り、HDDの復旧や交換
E07 HDDが認識・マウントできない

 HDDの復旧や交換

E13・E14 アクセス・マウントできない状態

 該当しているアレイ(HDD)を交換

E15 HDDが故障

 該当するHDDの復旧や交換

コード   原因と対処
E16 HDDが検出されない

HDDが未接続
HDDが故障している可能性

E22 マウントに失敗(HDDに異常が発生)

 HDDをフォーマット
 または、該当するHDDの復旧や交換

E23 RAIDアレイから外されている状態(RAIDアレイに異常が発生)

該当するHDDの復旧や交換

EM ファームウェアが破損

ファームウェアのアップデート
重要なデータが保存されている場合は復旧業者に相談
※エマージェンシーモードで稼働している状態





INFOランプ

コード 原因と対処
I10 システムの温度上昇により保証値を超える可能性

 NASを涼しいところに移動
  ※急激に冷やさない
I11 HDDに不良セクタ異常が発生

 HDDの復旧
I20 I21 HDDをフォーマット・チェック中

 そのまま待機
 ※長時間続く場合は業者に相談
I26 NASの設定を初期化

 そのまま待機
 ※長時間続く場合は業者に相談
I37 設定の初期化

 そのまま待機
※長時間続く場合は業者に相談



ステータスランプの表示内容と実際に発生している障害が異なるケース別の障害が併発しているケースも多数あるため、障害内容を安易に判断しないように注意しましょう。
故障原因が明らかでない場合やERRORランプ個人での対処が難しいINFOランプが点灯している時は個人での対処は控え、データ復旧業者に相談するようにしましょう。


データ復旧業者に相談

TeraStationに障害が発生した際は、データ復旧業者への相談が最も安全にデータ復旧できる方法です。
個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。
デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、法人様の場合は出張診断も可能です。状態によっては、内部のデータの取り出しだけでなく、NASの使用環境ごと復旧できる場合もあるため、お気軽にご相談ください。


0120-706-332

4. Terastationのデータ復旧事例 

事例1 『RAID Error E14 Can't Mount』というエラーが出る

●障害状況
RAID5でHDD4台。合計1TBという大容量で構成していたが、自動バックアップをしている最中にE14というエラーメッセージが出て、データを全く読み込めなくなってしまった。

●お客様からのコメント
今回欲しいデータというのはごく一部のデータでしたが、他社で診断してもらったところ、RAIDでこの症状であれば非常に高額になる旨の回答をもらい、必 死になって色々な復旧会社に連絡をしました。御社は問合せの段階で、蓄積された過去データからの目安の金額を教えてくださり、対応もスピーディ。スピード と確実性の両方を重視していましたが、御社ではどちらも満足のいくものでした。



事例2 アクセスランプが全て点灯している

●障害状況
RAID5の構成運用していたバッファロー・テラステーションですが、突然ディスク4本のうち1つが破損してしまい、パーツの手配をした矢先に、他のハードディスクも故障してしまいました。
使用していたOSはXP、macOS10です。ランプが4つともに点灯しており、再起動を2回しましたが、リビルドや再インストールは何も行いませんでした。
最初、他のデータ復旧業者へ依頼をしましたが、この様な症状は初期診断も出来ない位の重度障害との事でしたので、RAID復旧技術の高い、御社へお願いしました。

●お客様からのコメント
今回欲しいデータというのはごく一部のデータでしたが、他社で診断してもらったところ、RAIDでこの症状であれば非常に高額になる旨の回答をもらい、必 死になって色々な復旧会社に連絡をしました。御社は問合せの段階で、蓄積された過去データからの目安の金額を教えてくださり、対応もスピーディ。スピード と確実性の両方を重視していましたが、御社ではどちらも満足のいくものでした。



事例3 停電があり、電源を入れ直してみるとエラーメッセージが表示される

●障害状況
バッファローテラステーションの4本構成のレイドを使用していました。
休日に社内で停電があり、翌日電源を入れたところ『ハードディスクのシステム領域が不正です』というエラーメッセージが表示され、ランプが点灯していました。
それからデータが見れなくなってしまい、再起動を何度も繰り返し行ってみたのですが、まったく中のデータが見れない、という状態でした。多くのデータを保存 し、数多くの社員が使用していたデータだったため、慌てて『データ復旧業者』とGoogleで検索をかけ、ホームページを見ました。問合せをしたところ、 説明も非常に親切だったため、データテクノロジーさんへお願いをしました。

●お客様からのコメント
仕事が止まるという事がこんなに怖いことだとおもいませんでした。パソコンに対して安心しきってしまっていました。今後の対策を考える良いきっかけになりました。ありがとうございました。



5. 当社が選ばれる理由

RAID累計ご相談数9,300件

RAID機器多数
当社に寄せられたRAIDのご相談件数は9,300件を超え、多くのお客様からさまざまなご依頼をいただいております。この多様なご相談から新しい技術の開発を進め、NAS・サーバーの復旧(復元)ノウハウを日々蓄積し、迅速で安全な復旧を可能としています。 NAS・サーバーの復旧は、当社のトップエンジニアが対応します。培ったデータベースと熟練の技術を駆使し、メーカー・機器・RAID構成・ファイルシステム問わずどのようなNAS・サーバーでも復旧(復元)のご対応をさせていただきます。

 他社復旧不可のNAS・サーバーの復旧(復元)実績多数!

他社復旧不可 復旧実績多数
実は「別業者が対応できなかった機器が当社でデータ復旧(復元)できた」という実績も多くございます。
NAS・サーバーのデータ復旧(復元)の成功を左右するのが正しい初期診断です。初期診断では、機器の状態をエンジニアが確認し、原因を突き止めます。 この時の診断が間違っていると対処法を誤り、データを正確に取り出せなくなってしまいます。 初期診断により異常箇所を特定し、ファイルシステムの解析やデータ構成の再築など論理障害や、NAS・サーバー内蔵HDD(ハードディスク)の物理的な障害を復旧していきます。

全国無料出張サービスで迅速診断!(法人)

出張サービス
厳重 なセキュリティで管理されており規則上、 ・持ち出しが出来ないサーバやNAS ・物理的に持ち出しが難しい大型サーバやNASをお持ちの法人様については弊社エンジニアが お客様ご指定の場所まで伺い、診断から復旧作業まで行います。
0120-706-332

6. TeraStationでよくある質問

Q: 他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

A: 復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。


Q: まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

A: いえ、かかりません。お客様の機器を実際にチェックしてみて初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、チェックが終わるまでは一切費用は頂いておりません
※御郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ、機器の返送費用だけご負担頂いておりますのでご了承ください。


Q:営業時間を教えてください

A:営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応) 
来社受付:9:30~21:00



上記以外のよくある質問はこちら

お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。