PCが外付けハードディスク(HDD)を認識しない|データ復旧 国内売上シェアNo.1【データ復旧.com】
デジタルデータリカバリー

PCが外付けハードディスク(HDD)を認識しない
|【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
  
95.2%
  

※復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2018年11月の各月復旧率の最高値)

外付けハードディスクが認識されない場合


ファイルシステムに異常が発生している可能性があります


【外付けハードディスクが認識しない原因】

外付けハードディスクが認識されない場合、ハードディスクのファイルシステムに異常が発生し、OS自体を認識できなくなっている可能性が高いです。
もしくは、物理的にハードディスクが壊れてしまっている可能性が高く、場合によっては、プログラムを修復したりハードディスクの部品を交換しなければなりません。


御自身での復旧作業や通電の繰り返しは障害の悪化に繋がりますので、ご注意ください。


データを取り戻すには、ハードディスクを復旧する必要があります。

外装を外したハードディスク

HDD内の具体的故障箇所は?

HDDは精密機械であり、多数の部品や機能が正常に起動・動作してデータの読み書きを行います。 しかし、上記で挙げた『衝撃』や『部品の劣化』など、故障を誘発する原因は多く、実際に故障する箇所も複数あります。

【状況を悪化させないためには?】

再起動の繰り返しは行わないようお願いします!【直ぐに電源を落としてください】
ハードディスクは通電時最も多くの負荷がかかります。既に障害が発生しているハードディスクに更に負荷を重ねると、まだ正常な部分にも障害が発生し、場合 によっては致命傷を与え、データ復旧が不可になってしまう可能性もあります。エラーメッセージが出た際はすぐにパソコンの電源を落とし、ハードディスクに 通電しないようにして下さい。
中のデータが必要な場合、外付けハードディスクの電源を落とし、すぐにお電話下さい。

データ復旧を行う技術員
0120-706-332

外付けハードディスクが認識されない場合
データ復旧方法

初期診断はデータ復旧の可否を分ける重要ポイントです。正確な診断を行う為、復旧経験豊富な技術員が診断を担当しています。


【初期診断で障害箇所を特定】
データを消してしまった場合は、
もとの状態で残っている場合もあれば、データ自体がバラバラになってしまっており、「どれが何のデータかわからない状態」になっている場合もあります。
こういった場合は、今まで消してしまったデータを全て解析して、データ復旧していく方法をとります。


【ファイルシステム修復】
障害が発生したファイルシステムを修復する必要がありますが、ファイルシステムは数百万というセクタ(データを構成する最小単位)で成り立っており、どの部分に異常が発生しているかを探し出すことは至難の業と言えます。
当社は、お陰様でデータ復旧売上シェアトップクラスであり、これまで数万件と豊富な経験を積んだ復旧技術員が対応することで、過去の経験を基に異常箇所を瞬時に特定することができます。


【データを抽出】
ファイルシステムを修復した後、ご希望データの抽出を行います。
抽出したデータはバックアップ用のディスクに入れてお返しします。
復旧完了したデータをご確認頂き、もし、ご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。
※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。 弊社側の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。 ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。