データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

NAS,サーバー

LinkStation/TeraStationにアクセスできない原因と対処法|症状別に解説

LinkStation/TeraStationにアクセスできない原因と対処法|症状別に解説(アイキャッチ)

この記事では、バッファロー社が製造・販売しているNAS(ネットワークHDD)のうち、LinkStation (リンクステーション) 、TeraStation (テラステーション) にアクセスできなくなってしまう原因や対処法、データ復旧方法などをご紹介します。

「共有フォルダにアクセスができない」「データの書き込みやデータの読み込みができない」など、突然NASに障害が発生した時に適切な対処を行うため、まずは故障原因や注意点を認識しておきましょう。

電源が入らない

LinkStation/TeraStationが起動しない場合、原因として次の3つが考えられます。

  • 電源ケーブル・コンセントの問題
  • サーバー本体の基盤(マザーボードなど)の問題
  • 電源ユニットの問題

    上記の原因は、いずれもNAS本体(物理的な筐体)になんらかの問題があるケースです。電源が入らない場合は、まず機器周辺の電源周りを確認しましょう。電源ケーブルや周辺機器が正しく接続されておらず電力供給が行われていない可能性があります。

ランプが赤色に点滅(点灯)している

LinkStation/TeraStationでは、エラーが発生すると、外装の電源ランプが赤色に点滅・点灯します(特にHDDが故障している場合、HDD自体のステータス・ランプが赤色、または橙色に点滅します)。

どのようなエラーが発生しているかは、外装のランプの点滅の仕方から割り出すことが可能です。以下の表に従って原因を正確に特定しましょう。

LinkStationのステータスランプについてはこちら
TerastationのINFOランプについてはこちら

エラーメッセージが液晶パネルに表示されている

Buffalo製のLinkStationやTeraStationでは、「ファームウェア異常」「HDDの異常」「RAIDコントローラーの不具合」などのエラーが発生時、液晶パネルにエラーコードが表示されます。

ファームウェア異常

ファームウェアとは、製品の動作などを制御するシステムです。ファームウェアは、ネットワーク上でアップデート可能ですが、途中で通信が途絶えるなどNASの更新に失敗することが原因で、ファームウェアに異常が発生します。このケースでは、最新版のファームウェアにアップデートすることで、解消する場合があります。

HDDの異常/RAIDコントローラの不具合

これはHDDが物理的もしくは論理的に破損していることが原因です。HDDに障害が発生すると、RAIDコントローラも正常に動作しなくなります。

HDDの障害はファイルシステム破損など論理的な読み出し異常、HDDのヘッドやディスクなどの物理的な破損、HDDの外部に取りつかれている制御基板の損傷なども複数の原因があります。
万が一複数のHDDが破損している場合、データの冗長性(安全性)が確保できず、データが消失してしまう恐れがあります。このような場合、障害原因を社内のシステム担当者が正確に切り分けることは難しいため、早急にデータ復旧の専門業者に問い合わせましょう。

リビルドによるシステム破損

リビルド失敗によるシステム破損

RAIDレベルをRAID5で組んだ場合、1本でもハードディスクを入れ替えると自動的にリビルドがかかるようになっています。RAIDを構成するハードディスクは製造時期が近い事が多いため、1本が壊れるのと同じタイミングで他のハードディスクも壊れる可能性が高いです。1本が壊れた為交換しようとして意図せずリビルドがかかってしまい、リビルド中に別のハードディスクも故障。さらに障害を深刻化させてしまうケースが多くみられます。

LinkStation/TeraStationにアクセスできない際の注意点

LinkStation/TeraStationにアクセスできなくなった際、データを取り出すうえでの注意点を紹介します。

単体接続しない

HDDを取り出しNG
LinkStationやTeraStationは、WindowsやMacとは異なり、Linuxという特殊なOSで動作しています。そのため、筐体からHDDを取り出し、そのままパソコンに接続しても、データを認識することは出来ません。

むしろ、パソコンに接続することでHDDの状態が悪化する可能性があるほか、フォーマット要求に従うとデータが消失してしまうこともあります。

電源のON/OFFを繰り返さない

HDDを取り出しNG
障害を自分で直そうとして、無闇に電源のON/OFFを繰り返すと、LinkStationやTeraStationに内蔵されているHDDに大きな負荷がかかります。もし障害がHDDに発生していると、故障の症状を悪化させたり、別の障害を併発する可能性が高まります。
軽度の障害がより悪化するのを防ぐためにも、NASの電源が入らない・起動しない際は、電源のON/OFFを繰り返すのは控えましょう。

リビルド(再構築)しない

安易にLinkStationやTeraStationの再構築(リビルド)を行うと、失敗してしまう危険性があります。LinkStationやTeraStationを構成している複数台のHDDは、同時期に購入・生産されていることが多く、1台に障害が発生すると他のディスクもほぼ同時期に障害発生するケースが多くあるためです。

リビルド失敗イメージ

 

LinkStation/TeraStationにアクセスできない際の対処法

電源や周辺機器を確かめる

LinkStationの電源が入らない・アクセスができない際は、まず電源ケーブルや周辺機器を確かめましょう。
ケーブルや周辺機器が正しく接続されていない、電力供給が行われていない場合があります。

障害の原因を確認

電源や周辺機器に問題がない場合は、INFOランプやERRORランプなどを参考に障害の原因を確認しましょう。しかし、表示内容と実際に発生している障害が異なるケースも多数あるため、障害内容を安易に判断するのは危険です。

LinkStationのステータスランプについてはこちら
TerastationのINFOランプについてはこちら

データ復旧業者に相談

HDD業者
LinkStation/TeraStationにアクセスできずデータ復旧を行いたい際は、データ復旧業者への相談が一番安全にデータ復旧できる方法です。個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。
デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、法人様の場合は出張診断も可能です。状態によっては、内部のデータの取り出しだけでなく、LinkStation/TeraStationの使用環境ごと復旧できる場合もあるため、お気軽にご相談ください。

LinkStation/TeraStation復旧対応機種

基本的に、全てのシリーズ・型番に対応しております。
こちらに記載されていない機器でも、お問合せいただければ対応可否をお調べいたしますので、お気軽にご相談ください。

Terastation(Windows Server含む)

TS-2RZH /TS-2RZS /TS51210RH /TS6400RN /TS5410RN /TS5810DN /TS6600DN /TS5610DN /TS6400DN
/TS5410DN /TS6200DN /TS5210DN /TS5210DF /TS3420RN /TS3410RN /TS3420DN /TS3410DN /TS3220DN
/TS3210DN /WSH5620DNS9 /WSH5420DNS9 /WS5420DNS9 /WSH5420RNS9 /WS5420RNS9
/WSH5610DNS6 /WSH5411DNS6 /WS5420DNS6 /WS5420RNS6 /WSH5420DNW9 /WS5420DNW9-Y
/WS5420DNW9 /WSH5420RNW9 /WS5420RNW9 /WS5220DNW9-Y /WS5220DNW9 /WSH5411DNW6
/WS5420DNW6 /WS5420RNW6 /WS5220DNW6/

LinkStation

LS520DNB/ LS220DNB/ LS510DNB/ LS210DNB/ LS520DG/ LS510DG/ LS220DG/ LS210DG/ LS411DX/

当社が選ばれる理由

RAID累計ご相談数9,300件

RAID機器多数
当社に寄せられたRAIDのご相談件数は9,300件を超え、多くのお客様からさまざまなご依頼をいただいております。

この多様なご相談から新しい技術の開発を進め、NAS・サーバーの復旧(復元)ノウハウを日々蓄積し、迅速で安全な復旧を可能としています。

NAS・サーバーの復旧は、当社のトップエンジニアが対応します。培ったデータベースと熟練の技術を駆使し、メーカー・機器・RAID構成・ファイルシステム問わずどのようなNAS・サーバーでも復旧(復元)のご対応をさせていただきます。

他社復旧不可のNAS・サーバーの復旧(復元)実績多数!

他社復旧不可 復旧実績多数
実は「別業者が対応できなかった機器が当社でデータ復旧(復元)できた」という実績も多くございます。
NAS・サーバーのデータ復旧(復元)の成功を左右するのが正しい初期診断です。初期診断では、機器の状態をエンジニアが確認し、原因を突き止めます。この時の診断が間違っていると対処法を誤り、データを正確に取り出せなくなってしまいます。
初期診断により異常箇所を特定し、ファイルシステムの解析やデータ構成の再築など論理障害や、NAS・サーバー内蔵HDD(ハードディスク)の物理的な障害を復旧していきます。

全国無料出張サービスで迅速診断!(法人)

出張サービス
厳重なセキュリティで管理されており規則上、
  • 持ち出しが出来ないサーバやNAS
  • 物理的に持ち出しが難しい大型サーバやNASをお持ちの法人様については弊社エンジニアがお客様ご指定の場所まで伺い、診断から復旧作業まで行います。

 

LinkStation/TeraStationデータ復旧・復元の流れ

法人様限定!出張診断・復旧サービス

LinkStation/TeraStation復旧でよくある質問

Q:他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

A:復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。
他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

Q:まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

A:いえ、かかりません。お客様の機器を実際にチェックしてみて初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、チェックが終わるまでは一切費用は頂いておりません。
※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ、機器の返送費用だけご負担頂いておりますのでご了承ください。

Q:営業時間を教えてください

A:営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

Q:NAS・サーバーに異常が生じてしまっているが、どのような対応をしたらいいかわかりません…

A:ご安心ください。NASやRAID機器など、複数台共有で使用するサーバー機器からもデータ復旧実績が数多くあります。「サーバーにアクセスできなくて、仕事が止まっている。どうすればいいかわからないがとにかく何とかしたい!」というお急ぎのお客様は今すぐお電話下さい。最短30分診断、即日復旧も可能です。

Q:会社で使っている機器なので情報漏えいが心配です。預ける前に機密保持誓約書を出してもらえますか?

A:はい、お出しいたします。私たちはお客様の重要なデータをお取り扱いするにあたり、プライバシー・機密情報の保護を最優先に考えております。

上記以外のよくある質問はこちら

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ