データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数 (2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

ハードディスク

ブルーレイレコーダーのデータ復旧・復元方法を専門業者が解説

ブルーレイレコーダーのデータ復旧・復元方法を専門業者が解説

ブルーレイレコーダーで「電源が入らない」「録画データが再生できない」といったトラブルが発生することは珍しくありません。保存していた「再放送のない録画データ」「大切なホームビデオ」を復旧・復元するにはどうしたら良いのでしょうか?

このような状況で、やみくもに手を加えたり修理を依頼すると、データが消失するリスクがあります。まずは障害の原因を知り、正しく対処しましょう。

この記事では、ブルーレイレコーダーでよくあるトラブルと、データの復旧・復元方法を解説します。

目次

ブルーレイレコーダーの寿命

ブルーレイレコーダーの寿命は、内蔵されているHDD(ハードディスク)の耐久性により、基本的に5~6年程度と言われています。

メーカーによっても寿命はやや異なりますが、5~6年以上使用していてトラブルが発生したなら、「寿命」による「経年劣化」かもしれません。

一般的なブルーレイレコーダーの寿命の目安

ブルーレイレコーダーの主要モデルは、以下の4メーカーから販売されています。

おおよその寿命は以下を参考にしてください。

メーカー 機種 寿命の目安
Panasonic DIGA(ディーガ)シリーズ 約6年
SONY ZT/ZW・FBT・FBWシリーズ 約6年
SHARP AQUOS(アクオス)シリーズ 約5年
東芝 REGZA(レグザ)シリーズ 約5~6年

 

ブルーレイレコーダーのよくあるトラブル

ブルーレイレコーダーで起こりえる主な障害は、次のようなものがあります。

データを削除・上書き・初期化してしまう

録画データを削除、上書き、フォーマットし、録画データが全く表示されない場合、作業を続けると、データが完全に上書きされ、データ復旧の専門業者でも対応が困難となってしまいますまた、このようなデータ消失に関しては、基本的にメーカー保証の範囲外ですので、依頼先はデータ復旧専門業者一択になります。

HDD/ブルーレイレコーダーのデータを削除した場合の復元方法について詳しくはこちら

ディスクが読み込めない・再生できない

ディスクの読み取りを行うパーツが汚れていると、ディスクを正しく読み取れないことがあります。この場合、クリーニング用ディスク(ディスククリーナー)を使用することで、読み込みが改善する可能性があります。

また、ディスクそのものに汚損があると、正しく読み込めない場合もあります。ディスクに汚れや傷がないかを確かめましょう。汚れを取っても読み込みできないときは、ブルーレイレコーダーの故障が疑われます

レコーダーやディスクを掃除しても読み込まない場合はこちら

録画・保存データが再生できない

この場合、データを管理するファイルシステムが破損している、あるいはHDDに物理的な障害が発生していると考えられます。

いずれにせよ、個人で障害を正確に特定するのが困難な症状です。不用意な操作は控えましょう。データだけでなく、機器本体が破損してしまう危険性があります。

ブルーレイレコーダーで録画リストが表示されない場合はこちら

エラーコードの表示・エラーランプの点灯

レコーダーの窓にエラーコードが表示される、あるいはエラーランプが点灯する場合、ブルーレイレコーダーの本体、特にHDDに不具合が発生している可能性があります。

ここではメーカー別の致命的なエラーコードを紹介します。下記のエラーが出る場合、HDDが認識されていないことが多く、HDDが物理的に破損しているか、記録面に傷が付いている可能性も極めて高いです。

まず取扱説明書を確認しましょう。確認事項を試してもエラーが改善しないときは、一時的な不具合ではなく、レコーダー本体が故障している可能性が考えられます。この場合、出来る限り操作を控え、専門業者まで対応を依頼しましょう。

Panasonic

  • 「F99」
  • 「HARD ERR」
  • 「PLEASE WAIT」から起動しない。
    筐体の内部基盤に問題があることが多い。

SONY

  • 「SYSTEM ERROR」
    最もよくみられるエラー。比較的軽度の「物理障害」の場合が多い。
  • 「E6100」「E6101」
    比較的重度の物理障害である可能性が高い。
  • 「E6200」

SHARP

  • 「ハードディスクにエラーが発生しました」
    最もよくみられるエラー。軽度の物理障害の可能性が高い。論理障害が併発している可能性もある
  • 「ハードディスク準備中」
    HDDの障害が発生している。上記に比べて、重篤な論理障害が発生している可能性が高い。
  • 「PWON+ランプ点滅」で起動不可
    筐体の破損。極めて重篤な症状といえる。

東芝

  • 「USB機器に異常が発生しました。USB機器を取り外してください。」
  • 「ハードディスクが初期化されていません」

異音がする

電源は入るものの、ブルーレイレコーダーから「カチカチ」「カタカタ」と異常な音がしている場合、HDD内部の部品が破損している恐れがあります。

経年劣化や衝撃が原因で、物理障害が発生することは珍しくありません。

このような状態で、何度も電源の入り切りを繰り返すと、さらに破損が広がる可能性があります。通電は控えて、専門業者に相談しましょう。

電源が入らない

電源が入らない場合は本体の故障の他、電源回りの接続が緩んでいると、電源が入らなくなることがあります。まずはモニターケーブルと、電源ケーブルを確認しましょう。

その他に、リモコン側に原因があるケースも考えられますので、リモコンのリセットを試してください。

ブルーレイレコーダーの故障の原因

ブルーレイレコーダー故障の原因

ブルーレイレコーダーの故障・障害の原因は、以下の通りです。

ブルーレイレコーダーの故障の原因

筐体の故障

電源すら入らない場合は、機器の外装筐体)が故障していると考えられます。この際、メーカー保証の範囲であれば、修理を行うことができますが、原則としてデータは戻ってこないものと思ってください

筐体故障は、データ復旧の専門家でも「未解明なことが多い」と評するほど復旧難易度は非常に高いといわれます。ただ、技術力のある専門業者であれば、筐体故障にも対応していますので、まずは専門業者に相談することをおすすめします。

HDDの物理障害

物理障害は「衝撃」「水没」などで、ブルーレイレコーダーのHDDが物理的に破損している状態です。また強い衝撃が加わっていなくても、経年劣化により、突然障害が発生することも珍しくありません。

HDDの内部では、様々な部品が駆動することで、データを読み書きしています。通電すると、壊れた部品を無理やり動かしてまうことになり、破損が進行する恐れがあります。

ブルーレイレコーダーは、一般的なHDD復旧と比較すると、復旧難易度も高くなります。理由として、コピーガード機能によってレコーダー内のデータは外部に移せないため、開封してHDDを取り出すだけでは上手くいかず、レコーダー本体を通常どおり動作できる環境まで一時的に復旧する必要があります。

HDDの論理障害

論理障害は「データ書き込み処理中の強制終了」「誤った操作でのデータ削除・フォーマット」が原因で、ファイルシステムが破損し、データに正しくアクセスできない状態です。

ファイルシステムとは、データを管理しているシステムです。ここが壊れると、データの保管場所が分からなくなり、録画データは正しく表示できなくなります。

ブルーレイレコーダーの論理障害は、物理障害よりもデータ復旧の難易度が高くなります。なぜなら、ブルーレイレコーダーに保存されたデータは、著作権の関係上、全て暗号化されているうえ、復号キーはメーカー非公開となっているからです。そのため、レコーダーの論理障害は、研究開発を日々行っているデータ復旧業者でなければ対応できません。

 

一般的なデータ復旧よりブルーレイレコーダーのデータ復旧が難しい理由

ブルーレイレコーダーのデータは、一般的なHDDやUSB等とは異なり、著作権の関係で機器本体とHDDが、カギとカギ穴の関係のように紐づけられています

データを保存すると自動で暗号化処理がされているため、単純にデータを別のHDDに移しても、カギとカギ穴の関係性が崩れるので再生できません。

つまり、ブルーレイレコーダーのデータを復旧するためには、HDDのデータを暗号化を保ったまま復旧しつつ、ブルーレイレコーダー本体も元の正常な状態に復旧する必要があるため、一般的なデータ復旧よりも難易度が高いワケです。

ブルーレイレコーダーは、他のAV機器(テレビやビデオカメラなど)と同じように、世界展開されていると思われがちですが、実は日本専用モデルで、海外ではほとんど使われていません。

つまり、海外でほぼ流通していないため、研究者もほとんどおらず、他の機器に比べて海外から得られる情報量が、圧倒的に少ないということです。

さらに、暗号化は日本独自の物なので、国内でも解析や研究している専門家は非常に少ないのが現状です。

ブルーレイレコーダーの復旧実績があるデータ復旧業者はこちら

ブルーレイレコーダーのデータを復旧・復元する際の注意点

ブルーレイレコーダーのデータ復旧・復元を考えるなら、以下に注意しましょう。

ブルーレイレコーダーのデータを復旧・復元する際の注意点

電源の入り切りを繰り返さない

障害が発生している状態で、電源の入り切りを繰り返してしまうと、通電によりHDDや筐体に負荷がかかり、症状の悪化を招きます。ブルーレイレコーダーが故障している場合だけでなく、データを削除してしまった場合にも、データの上書きが進んでしまうので通電は控えましょう。

不用意な操作は控える

誤った操作を行うことで、復旧できたはずのデータを失ってしまう可能性があります。ブルーレイレコーダーに不具合が発生したときは、やみくもに操作することは控えてください。

「修理」は慎重に判断する

「修理」は「データ復旧」を目的としていないため注意してください。

メーカー修理の保証期間内であれば、メーカー様に問い合わせることも選択肢の1つです。

ただし、メーカー修理は「データ復旧」ではなく「機器の修理」を目的としています。機器の修理を行うと、ほとんどの場合でデータを保存しているHDDも交換してしまうので、結果としてデータは失われてしまいます。

ブルーレイレコーダーのトラブルを解消したいときは、「データが必要か不要か」という観点で相談先を検討しましょう。

パナソニック製ディーガ(DIGA)で内蔵HDD故障時の対処法を解説
パナソニック製ディーガ(DIGA)で内蔵HDD故障時の対処法を解説パナソニック製ディーガ(DIGA)のデータ復旧・復元・修理について、データ復旧専門業者が解説します。レコーダーで外付けHDDが認識されない原因を知り、正しい対処方法で解決しましょう。データ復旧.comは.データ復旧専門業者14年連続データ復旧国内売上No.1.。HDD(ハードディスク)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します。...

ブルーレイレコーダーのデータ復旧・復元方法

ブルーレイレコーダーを復旧する方法は、主に以下の3つです。

データ復旧ソフトを使う

個人でデータを復旧したい場合は、市販のデータ復旧ソフトを試す方法があります。しかし、ブルーレイレコーダーのファイルシステムは機器ごとに異なるため、データ復旧ソフトでブルーレイレコーダーの録画データを読み出すことはできません。

むしろ復旧ソフトを使用することで、症状が悪化してしまう危険性があります。容易にデータ復旧ソフトは使用しないようにしましょう

データ復旧ソフトを使用しても復旧できなかった場合はこちら

メーカーに修理を依頼する

「データは不要なので、ブルーレイレコーダーを通常動作できるようにしたい」場合には、メーカー修理を依頼することをオススメします。

修理とは、壊れてしまった部品を交換することで、ブルーレイレコーダー本体を正常に動作するようにできます。この際、データを保存しているHDDは初期化されてしまう事がほとんどです。初期化されてしまうと、データは全て消えてしまうので注意しましょう。

データ復旧業者に依頼する

ブルーレイレコーダーのデータを復旧するには、データ復旧業者に依頼するのが1番成功率が高いでしょう。

ブルーレイレコーダーは、個人で復旧することは非常に困難です。誤った対処をすることで、復旧できたはずのデータを完全に失ってしまうリスクがあります。

大切なデータであれば、なおさら焦ってしまいますが、まずは落ち着いて専門家に相談しましょう。

はじめての方必見!おすすめデータ復旧業者の選び方は?【専門業者が徹底解説】
【専門家が解説】信頼できるデータ復旧業者のおすすめの選び方とポイントを徹底解説データ復旧業者の中には、データ復旧率が低く、悪質な業者がいます。デジタルデータリカバリーでは14年連続データ復旧国内売上No.1・累計相談件数41万件・365日年中無休・最短即日復旧可能・初期診断無料ですのでお気軽にお問合せください!...

 

データを復旧するならデータ復旧業者へ依頼する

データ復旧専門業者

ブルーレイレコーダーに失いたくない大切なデータがあれば、データ復旧の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復旧業者では、復元ソフトでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

これまでの対処方法は、ごく「軽度の論理障害」しか対応できず、「中高度の論理障害」あるいは「経年劣化を含む物理障害」には対応できませんでした。

データ復旧業者では、発生している症状を元にエンジニアによる正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、データ復旧に失敗するリスクを抑えることができます。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

 

ブルーレイレコーダーの復旧の流れ

①初期診断で障害箇所を特定

データの保存ルールであるファイルシステムの異常だけでなく、HDD自体に異常が発生している可能性、筐体の障害など、様々な観点から初期診断で「どこに」「どのように」障害が発生しているか、専用の解析機器を使用して正確に障害箇所を特定します。

➁障害ごとに復旧作業

物理障害が起こっている場合は筐体を解体、場合によってはHDDを開封して復旧作業を、論理障害が発生している場合は当社の特殊設備を使って内部情報を修正します。

ブルーレイレコーダーの場合、著作権の関係でデータが暗号化されているため、高い技術力が必要となります。

③データのバックアップを取る

抽出したデータはバックアップ用のディスクに入れてお返しします。ただし、録画データなどは、外部にデータ取り出せないことが多いので、ブルーレイレコーダーも使えるように復旧して、再生できる形でお返しします。

復旧完了したデータをご確認頂き、もしご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社側の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。

ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

④データ納品

復旧完了後、お客様のお手元へデータを納品します。 当社は、データ納品後もカスタマーサポートが対応いたします。

 

ブルーレイレコーダーの復旧事例紹介

ブルーレイレコーダーは、メーカーごとにシステムが異なるため、確かな技術力がないと、あらゆるメーカーに対応できません。デジタルデータリカバリーでは全てのメーカー・シリーズのレコーダーに対応しています。

ここでは一部の復旧事例をご紹介します。

突然のデータ消失からの復旧に成功!

 

BDデータ消失復旧事例

■症状

  • 突然のデータ消失
  • 録画可能時間0表示
  • 新規録画不可

破損したファイルシステムの修復処理を行い、データの抽出を行いました。

ファイルシステム障害に対応している業者は限られるため、他社様で復旧不可であった場合なども、諦めずにご相談ください。

筐体のメイン基板破損からの復旧に成功!

ブルーレイレコーダー筐体破損復旧事例

■症状

  • 落雷後に起動しない
  • 液晶に何も映らない

レコーダーの復旧は技術的に難易度が高いものの、エンジニアが地道に研究を続け、全データの再生・コピーに成功しております。

Panasonic製ブルーレイレコーダーの復旧に成功!

Panasonicブルーレイレコーダーの復旧事例

技術情報のため詳細は控えさせていただきますが、レコーダー関連の復旧は困難を極めるケースが多いです。

単なる部品交換やファイルシステムの修復では復旧できないところを、エンジニアの不屈の努力による、技術開発で復旧に成功しています。

対応メーカー例

SONYやPanasonicをはじめ、各種メーカーに対応
様々なレコーダーから復旧できる可能性があります!

レコーダー メーカー表

レコーダー 復元対応メーカーは次の通りです。

レコーダー

  • SONY(BDZ)
  • パナソニック(DIGA)
  • 東芝(REGZA/VARDIA)
  • シャープ(AQUOS)
  • 三菱(REAL)
  • 船井電機(FUNAI)
  • I-O DATA
  • 日立(Wooo)
  • パイオニア
  • JVC/ビクター
  • マクセル

TV

  • 東芝(REGZA)
  • シャープ(AQUOS)
  • パナソニック(VIERA)
  • SONY(BRAVIA)
  • 三菱(REAL)
  • ハイセンス
  • 船井電機(FUNAI)
  • 日立(Wooo)
  • 山善(YAMAZEN)
  • ネクシオン(neXXion)
  • アイリスオーヤマ
  • グランプレ(GRANPLE)

チューナー、STB

  • J:COM
  • スカパー
  • ひかりTV
  • IODATA(REC-ON)
  • SKNET

 

原則としてすべてのメーカーのレコーダー、HDDに対応しております。

上記に記載がない機器の場合も、お気軽にお問合せ下さい。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去41万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

 

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

デジタルデータリカバリーの料金ページはこちら>

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は、診断結果に基づいたプラン(成功報酬制あり)をご提示いたします

当社では、機器の障害状況を診断させていただき、プランをご提示いたします。
成功報酬制プランにおける「復旧成功の定義データ」は、お客様の希望に合わせて設定が可能です。
ご相談・初期診断・見積まで無料で承りますので、お気軽に無料診断・見積サービスをご活用ください。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

復旧をご依頼のお客様から喜びの声が続々と到着!

他社で復旧不可と判定されたものの、ほとんどのファイルが復旧できた!

2023.09.22

USBメモリをご依頼

他社で復旧不可と判定され、もうデータが戻って来るのは諦めていたところ、ほとんどのファイルが復旧でき、大変助かりました。
ラボ(研究室)も案内して頂き、どういった手順で進めていくのかの説明も丁寧にして頂けました。

東京都

欲しかったデータは全て復旧されました

2023.11.09

デスクトップパソコンをご依頼

この度は大変お世話になりました。
他社でHDDの損傷が激しく復旧は無理と断られたため藁にもすがる思いで御社にお願いをしましたが、欲しかったデータは全て復旧されました。
代金はそれなりにかかりましたが、金銭には変え難い大切なデータだったので大変感謝しています。

東京都

諦めていたデーターの復旧へ安心して依頼することができました

2023.11.09

USBメモリをご依頼

復旧に至るまでの過程(状況・見積などなど)で、受付から各御担当さんがしっかり連携され都度都度丁寧にご説明を頂けたことで、理解でき諦めていたデーターの復旧へ安心して依頼することができました。

岐阜県

絶望していたデータが完全復旧して、ありがたい限り

2023.11.08

SSDをご依頼

絶望していたデータが完全復旧して、ありがたい限りです。復旧のスピードも速くてうれしかったです。お世話になりました。

岐阜県

要望通りの復旧結果で大変満足です

2023.11.08

レコーダーをご依頼

要望通りの復旧結果で大変満足です。途中の経過報告も迅速でとても良かったです。

神奈川県

完璧な対応をいただき大変感謝してます

2023.11.08

USBメモリをご依頼

今回は当方の急なお願いに対して、完璧な対応をいただき大変感謝してます。
もう一つ感心したのは、ご相談の一報入れた電話でのご対応、事務所でのご対応、途中のご対応と結果、ご対応いただいた各社員皆様がお若いのにとても高レベルのご対応していただいたことへ、とても感心と感謝しております。

神奈川県

電話やメールでも丁寧にご対応頂き、不安が軽くなりました

2023.10.25

外付けHDDをご依頼

本当に助かりました。電話やメールでも丁寧にご対応頂き、不安が軽くなりました。ありがとうございました。もしも、のことがあれば、他の方にも紹介したいと思います。

愛知県

復旧していただき感謝しております

2023.10.12

外付けHDDをご依頼

最初にメールでご連絡した時間よりも先に一度お電話いただけて助かりました。大切なデータだったので、もっと早い時間に予約しておけばよかったな…、と思い何度も電話連絡に切り替えようと迷っていたので、とてもありがたかったです。
また電話応対いただいた方々も、説明内容が丁寧、かつ話し方も大変聞き取りやすく安心できました。こちらの事情で手続き内容を変更させていただいた時も、快く対応してくださり感謝しております。
かなりの容量のデータを完全な状態で復旧していただき感謝しております。また困ったことがあった際にはこちらにお願いしたいと思います。

北海道

誠意を持って復旧していただき、技術力は確かだと感じました

2023.09.27

外付けHDDをご依頼

今回を含めて二度、貴社のHDD復旧サービスを利用いたしました。
いずれもプライベート使用のHDDでした。
前回、本当に何とか治して欲しいと思って銀座のオフィスに持ち込みました。
誠意を持って復旧していただき、技術力は確かだと感じました。
ネットでは色々言われているようですが、
今回も、前回の体験を信じて、六本木に持ち込みました。
はたして、満足の復旧結果でした。
私が貴社に復旧を託したことが、微力ながら貴社の技術力の蓄積に役立つのであれば、これほど嬉しいことはありません。

東京都

迅速なご対応で感激しております

2023.05.30

SDカードをご依頼

カメラで撮影したデータの復旧をお願いしました。迅速なご対応で感激しております。お値段が想像をはるかに超える物でしたが、記念の写真でしたので復旧出来て良かったと思いました。結果的に写真が見られるようになって私以外の人も喜んでくれたので、普及をお願いして良かったと思いました。

東京都

多くのお客様から感謝の声をいただきました

感謝の手紙1
感謝の手紙2
感謝の手紙3
感謝の手紙4
口コミはこちら

よくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。

※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応)
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。

弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。

この記事を書いた人


デジタルデータリカバリー データ復旧エンジニア
累計相談件数41万件以上のデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」において20年以上データ復旧を行う専門チーム。
HDD、SSD、NAS、USBメモリ、SDカード、スマートフォンなど、あらゆる機器からデータを取り出す国内トップクラスのエンジニアが在籍。その技術力は各方面で高く評価されており、在京キー局による取材実績も多数。2021年に東京都から復旧技術に関する経営革新優秀賞を受賞。

 

 

 関連記事
驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデータ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
SDカードデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

DDB
DDW

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ