データ復元の方法とは?機器別の復元方法と注意点を解説
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

データ復元の方法とは?機器別の復元方法と注意点を解説

データ復元の方法とは?機器別の復元方法と注意点を解説

この記事では機器からデータが復元できない原因、やってはいけない注意点、誤ってデータを削除した場合の機器別の復元手順を紹介します。
記憶メディアは非常にデリケートであり、突然故障してしまうことは少なくありません。このような場合、誤った対応を行うとデータが消失する恐れがあります。この記事で障害原因と対処法を知って、安全にデータを取り出しましょう。


1. データ復元とは

修理との違い

「修理」と「データ復元」には次のような違いがあります。

修理
修理の目的は、機器を正常に動作させることです。
修理はデータを取り出すことが目的ではないため、修理交換を行う際、データが消失してしまう恐れがあるので注意が必要です。

データ復元
データ復元の目的は、データを元通りにすることです。
データ復元では、機器を正常に動作させることが目的ではないため、場合によっては筐体を解体することもあります。

データ保存と削除の仕組み

データ復元の方法は、メディアの種類(データの保存形式)によって異なります。メディアにデータが保存される仕組みは「電子的なもの」「磁気的なもの」に分けられます。

電子的なメディア

フラッシュメモリに代表されるデータ保存形式です。フラッシュメモリの内部は、細胞のような構造となっています。それぞれの細胞の間を、データの元となる電子が移動することで、データの保存・消去が行われます。

フラッシュメモリのデータ保存形式が活用されているのは、主に下記のメディアです。
・USBメモリ
・SDカード
・ノートPC(SSD内蔵)など


磁気的なメディア

ハードディスク(HDD)に代表されるデータ保存形式です。HDDの内部には「レコード盤(磁気ディスク)」と「レコード針(磁気ヘッド)」のようなものが入っており、この間は、わずか数ナノメートル(ウイルスの直径)程度しか離れていません。
また「レコード盤」のような部分には、細胞のように部屋分けされており、ここに「レコード針」が「0」か「1」に番号を割り振ることで、データの保存と削除が行われます。

HDDのデータ保存形式が活用されているのは、主に下記のメディアです。
・外付けHDD
・デスクトップPC(HDD内蔵)
・NAS・サーバ(RAID構成)など


2. データ復元が必要となる障害

デジタル機器から、データが復元できない原因は、大きく分けて「データ障害」と「筐体不良」の2つです。


データ障害

データ障害は、HDDやフラッシュメモリなどの「記憶装置」に生じた障害です。
データ障害は大きく分けて「論理障害」(ソフトウェア的な故障)と、「物理障害」(ハードウェア的な故障)の2つに分けられます。

論理障害と物理障害

論理障害

論理障害とは、データやファイル自体が読み込めない状態です。主な原因は「データの誤削除」「不適切な抜き差しによる、ファイルシステム(データ管理機能)の破損」です。

メディアが論理障害を起こすと、ディスプレイに「フォーマット(=ファイルシステムを再構築)しますか?」と表示されることがあります。フォーマットするとメディアは再利用できますが、内部のデータはすべて失われてしまいます。
見かけ上はデータが見えなくなっただけで、HDD内にはデータの痕跡が残っていますが、フォーマット後も操作を続けると、データが上書きされてしまい、データの痕跡も完全に失われてしまいます。


物理障害

物理障害とは、HDDが物理的に破損することで生じるデータ障害のことです。主な原因は「物理的衝撃」「経年劣化」「初期不良」です。

HDDの物理障害で特に多いのが、磁気ヘッドやモーターなど駆動部品の障害で、故障寸前になると「ギギギ」「ガガガ」などの異音が生じることがあります。この際、データの読み書きを行う「磁気ヘッド」がデータ記録面に接触してしまい、スクラッチ障害と呼ばれる重度物理障害が起きてしまうことがあります。
物理障害はHDDに限らず、何度も電源を入れ直すことで確実に故障が進みます。物理障害のHDDは、手術室レベルの清浄な環境で解体し、部品を適切なものと交換する必要があるため、個人で対応することは出来ません。もし、異音がするなど物理障害が疑われる場合は、データ復元の専門業者まで相談しましょう。


0120-706-332

筐体不良

筐体不良とは、記憶装置を収めた外装部分の故障です。
PCの場合、電源周り・ディスプレイ・CPUが不具合を起こすと、PC自体が正常に起動せず、データにアクセスすることも出来なくなります。ただし、筐体不良はデータ領域とは関係ないため、適切に部品を交換し、修理を行うことで、元通りに使用することができます。


3. 誤ってデータを削除した場合の機器別の復元手順

誤ってデータを削除してしまった場合の復元方法は、機器によって異なります。 自身の機器に合った適切な対処方法を確認しましょう。

Windows PC

Windows PCで復元を行う方法は、主に3つあります。

ゴミ箱の中から復元する

デスクトップ上の「ごみ箱」アイコンを選択して右クリックし、「元に戻す」を選択する。

復元ポイントから復元する

Windowsには、システムの状態を保存する「復元ポイント」という機能があります。復元ポイントは、論理障害(システムの問題)が発生した場合、それ以前の状態に戻すことができますが、データ復元には不向きな機能です。その点は注意しておきましょう。

■復元ポイントを活用する方法

①windowsのスタートボタンから検索を開きましょう。

復元ポイント1
復元ポイント1

②検索で「復元ポイント」を打ち込み、「復元ポイントの作成」をクリックしましょう。

復元ポイント2
復元ポイント2

③システムのプロパティ画面の「システムの保護」を選択し「システムの復元」をクリックしましょう。

復元ポイント3
復元ポイント3

④注意事項を確認し「次へ」をクリックしましょう。

復元ポイント4
復元ポイント4

⑤復元させたいデータが含まれる復元ポイントを一覧から選択し「次へ」をクリックしましょう。

復元ポイント5
復元ポイント5

⑥時刻や説明を最終確認し、問題がなければ「完了」をクリックしましょう。
⑦注意事項が表示されるので、一読後「はい」を押下することで復元が開始されます。

ファイル履歴から復元する

Windowsには、ファイル履歴というバックアップ機能があります。この機能があれば、誤って削除したデータも復元できますが、バックアップ用の外付けHDDと、事前の設定が必要となります。この機能を10分ごとに有効化しておけば、編集中のOfficeデータを誤って上書きしてしまった場合でも、それ以前のバージョンに復元することが可能です。

■ファイル履歴から復元する

①検索窓に「ファイル履歴」と入力する
②「個人用ファイルの復元」を選択する
③ファイル一覧から復元対象を選択し、緑のボタンを表示する

Mac

Mac PCでデータ復元を行う方法は、主に次の2つです。

ゴミ箱の中から復元する

Finder(Macの起動後、最初に表示される画面)から「ゴミ箱」を開き、復元したいデータやファイル類を選択して「戻す」をクリックする。

Time Machine のバックアップから復元する

Time Machineとは、Macのバックアップ機能です。この機能を利用するには、あらかじめ外付けのストレージを用意し、 バックアップ先としてTime Machineの環境設定から設定しておく必要があります。バックアップを作成していない場合、復元できないので注意しましょう。

■Time Machineでシステムを全て復元する方法

①画面左上上部のアップルアイコンから「再起動」をクリック
②「OS X ユーティリティ」画面が現れるまで「Command + R」キーを押す
③「Time Machineバックアップから復元」を選択
④「バックアップ済みデータの選択」から「Time Machine」 を選択する
⑤復元したいバックアップと、復元先のディスクを選択し、「復元」をクリックする

外付けHDD/SSD

外付けHDD/SSDのデータ復元においては、復元ソフト、もしくは専門業者を利用するのが有効です。ただし、復元ソフトは、削除されたデータの復元に有効ですが、専門業者と比較するとデータの復元率は低く、欠損した不完全データしか復元できないこともあります。
また、復元ソフトをかけると、データの上書きが進みやすいため、復元に失敗すると取り返しのつかない事態につながることもあります。そのため、データの重要度が低い際は、復元ソフトを活用し、データの重要度が高い際は、専門業者に相談することをおすすめします。


0120-706-332

サーバ・NAS(RAID構成含む)

サーバ・NAS(RAID構成含む)には、複数のHDDが使われており、バックアップデータは各HDDに分散される形で記録されるため、もし一部のHDDに障害が発生したとしても、新品のHDDに交換して再構築すれば、元どおり使用することが出来ます。

しかし、この方法にも限界があります。たとえば「地震・豪雨でサーバが倒壊・浸水した」もしくは「いきなり停電した」というような場合、すべてのHDDがクラッシュし、データにアクセスできなくなることがあります。

また、RAID構成のHDDを単体で取り外し、PCに接続しても認識できません。そのため、復元ソフトでの対応は難しく、むしろ、このような行為は、状態を悪化させるだけです。適切にデータを取り戻したいという方は、技術力の高いデータ復元業者まで相談しましょう。


0120-706-332

レコーダー

HDD内蔵のBlu-rayレコーダーでは、データが突然消失することがあります。主な原因は経年劣化を除けば、「誤操作」や「ファイルシステムの破損」などの論理障害ですが、レコーダーから削除されたデータを復元することは、HDDのデータ復元と比較してはるかに難しいとされています。当然、PC用のデータ復元ソフトも使えないため、個人で対応することも原則できません。また、データ復元の専門業者でも、レコーダーには対応していないところが多いため、専門業者に依頼される際は、レコーダーの復元実績がある専門業者に依頼する必要があります。
当社ではレコーダー専門のエンジニアが在籍しており、他社復元不可のレコーダーも多数復元してきた実績があります。レコーダーのデータ復旧は当社までご相談ください。


USBメモリ・SDカード

USBメモリ・SDカードのデータ復元は、HDDよりも作業工程が多く、物理的に破損している場合は、はんだごてや顕微鏡を使用するなど、大変細かい作業が必須となります。

またデータを間違って消したり、上書きしたりした場合、機器の使用を中止してください。それ以上、操作を行うと上書きが発生し、復旧の可能性は低下してしまいます。適切にデータ復元を行うには、いち早く専門家へ相談することをおすすめします。


スマートフォン

スマートフォンのデータを「ごみ箱からも完全に削除した」というような場合、バックアップデータから復元することが可能です(バックアップ時点のデータが復元されるため、それ以降のデータが復元されるわけではありません)。
なお、iOSとAndroidでは、それぞれデータ復元の方法が異なっています。


iPhoneの場合

もし「画像を削除した」もしくは「端末を紛失した」という場合、iCloudやiTunesにバックアップしていた場合は、そこからデータを復元できます。ただし、iPhoneから完全に削除したデータは復元することが出来ません。


Androidの場合

Androidで記録したデータ類は、画像や動画の場合、Googleフォトに自動的にバックアップされます。また保存先がSDカードになっている場合、そこから復元することが可能です。ただし、復元ソフトでは、小さなサムネイル画像しか復元できないことが多いため、データを完全な形で復元するには、データ復元の専門業者まで相談しましょう。
なお、故障して正常に動作しないスマートフォンを、メーカーに修理依頼してしまうと、多くの場合データが消滅してしまうため、気をつけましょう。


0120-706-332

4. データ復元方法は大きく3つ

バックアップから復元する

Windows・Macともにバックアップ機能からデータを復元することが出来ます。ただし、注意すべき点として、バックアップ用のデバイスを接続後、バックアップの設定を行わなくてはなりません(デフォルトではオフになっています)。そのため、適切に設定を完了できていないと、データを復元することは出来ません。仮に、データが復元できるとしても、バックアップ履歴が古すぎると、求めているデータを復元することが出来ないこともあります。


データ復元ソフトを利用する

データ復元ソフトは、費用面では気軽に試すことができるメリットもありますが、対処できるのは、軽度の論理障害のみに限られます。正確に障害を判断できない状態で試すと、データどころか機器自体にダメージが及ぶなど、リスクが高く、 安易に使用してしまうことはおすすめしません。機器内に保存しているデータを確実かつ安全に取り出すには、データ復元ソフトの使用を避けるのが賢明でしょう。


データ復元の専門業者に相談する

データ復元業社

失いたくない大切なデータであれば、データ復元の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復元業者では、機器・障害を問わず、オールジャンルの対応が可能で、失敗のリスクが付き物のデータ復元ソフトに比べると安定しているのがポイントです。


データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。

【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて
【口コミ】HDD復旧サービスをご利用されたお客様の声・評判をご紹介


0120-706-332

データ復元の専門業者に相談するポイント

失いたくない大切なデータであれば、データ復元の専門業者に相談することを強くおすすめします。データ復元業者では、機器・障害を問わず、オールジャンルの対応が可能で、失敗のリスクが付き物のデータ復元ソフトに比べると安定しているのがポイントです。

対応できる症状範囲の広さ

HDDの論理障害には対応していても、物理障害には対応していなかったり、そもそも別のメディアには、まったく対応していないという業者は珍しくありません。まずは各業者のHPで復旧事例、対応メーカー一覧を確認してみましょう。
なお、古い型や最新機種、MacBookなどは復旧難易度が高いため、対応できない業者もあります。あなたのPCが対応してもらえる範囲内かしっかり調べたうえで依頼しましょう。

復元率・復元実績が明記されているか

当社では復元率・ご相談件数を公開していますが、 データ復元業者の中には、明確な根拠数字を記載していないケースもあります。そのような業者は技術力を有していない可能性があるため、信頼できる業者とは言い難いです。

復元率・復元実績の詳細はこちら

復元設備がしっかりしているか

HDDでは、物理障害が発生していると、クリーンルーム(無菌手術室と同様の清浄な環境)で、部品交換を行う必要になります。なお、 部品交換は、たとえ同じメーカー・型番の部品を用いても、 複合する条件が全て揃わないと適合せず、動作しないケースがあります。よって、クリーンルームとドナー部品を取り揃えていることは、復元業者の技術力を推しはかる上で必須の条件と言えます。

初期診断は無料か・部品代などの追加料金はかからないか

データ復元業者の中には、調査費と称して初期診断の段階で数万単位の費用を請求する業者や、復旧作業費以外にも部品代や機器の解体費用を請求する業者もあります。
当社では、お客様に安心してデータ復旧サービスをご利用いただくため、初期診断や部品代無料を含めた「8つの無料サービス」を提供しております。

「8つの無料サービス」詳細はこちら

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。HDDから大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。


0120-706-332

5. データ復元時の注意点

ここではデータ復元を行う上で注意しておくポイントを紹介します。

それ以上、使わない

トラブルが発生した状態で使用を続けると、障害が悪化したり、データが上書きされ、データの復旧がより困難になる可能性があります。 また、正しい手順を踏まずに電源のオンオフを行ってしまうと、障害が悪化しかねません。大切なデータが機器内に保存されている場合は、ただちに機器の使用を中止してください。

メーカーに「修理」を依頼すると、データが消えることがある

メーカーや販売店に修理に出すと、データが戻ってくる事は基本的にはありません。機器は直るものの、 通常、データは全て初期化されてしまいます。 異常を感じられた際は、すぐに使用を中止しデータ復旧の専門家である私たちにご相談ください。

6. 当社でデータ復元時、よく寄せられる質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応) 
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。


対応メーカー例

USBメモリ

USBメモリ

  • IBM
  • Western Digital
  • sumsung
  • Quantem
  • MAXTOR
  • seagate
  • 東芝
  • I-O DATA
  • ASKA
  • アドテックス
  • BUFFALO(旧称:(株)メルコ)
  • LaCie(ラシー)
  • Logitec(ロジテック)
  • エレコム
  • Silicon Power
  • ADATA
  • HGST
  • トランセンド
  • FFF SMART LIFE CONNECTED
  • Apricorn
  • ハギワラソリューションズ
  • プリンストン
  • Lenovo
  • FREECOM
  • SONY
  • メルコシンクレッツ
  • IMATION
  • ASUS
  • Apple
  • HP
  • Samsung

※その他各種メーカーにも対応しております。現状弊社で対応できないメーカーはございません。
お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

データ復旧対応ファイル

その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

0120-706-332

復旧実績

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました。

【実績】ご利用いただいたお客様一覧
※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。
【実績】ご利用いただいたお客様一覧
※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。
0120-706-332

データ納品までの流れ

問合せ~納品までの流れ
問合せ~納品までの流れ

0120-706-332

料金・支払い方法について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量総ディスク容量

    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?
  • 2
    故障箇所故障箇所

    故障箇所

    どこが壊れているか?
  • 3
    難易度難易度

    難易度

    どれくらい壊れている?
  • 4
    工程数工程数

    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜 1TB以上 20,000円〜
500GB以上 10,000円〜 2TB以上 30,000円〜
500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

0120-706-332

多数のメディアにて紹介されています

ご紹介頂いたメディア

ご紹介頂いたメディア

問い合わせから、今後の流れについて

問合せから今後の流れについて 問合せから今後の流れについて
0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。