USBメモリ『フォーマットする必要があります』の原因と対処法
データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

USBメモリ『フォーマットする必要があります』の原因と対処法

USBメモリ

普段、USBメモリを使用している際に、「フォーマットする必要があります」と表示が出てしまい対処に困ってしまう方は多くいらっしゃいます。
誤った作業でデータを消さない為にも、エラーの原因と対処法をご紹介します。

1. そもそも「フォーマット」とは?

フォーマットとは、データをファイルとして管理するために必要な機能であるファイルシステムを適用させる作業のことです。
フォーマットを行うと、今までのusbメモリ内のデータは消えて、新たに再構築されます。わかりやすくいうと、初期化のようなものです。

0120-706-332

2. USBメモリで『フォーマットする必要があります』と表示される原因

『フォーマットする必要があります』と表示される原因は、主に下記が考えられます。

USBメモリの物理障害

物理障害は機器自体もしくは部品が物理的に破損しておこるデータ障害です。

・静電気や湿気などによるメモリ自体の故障
・経年劣化

上記が要因に考えられ、エラーが表示されたとき電源のON・OFF、再起動、通電を繰り返し行っていると、状態が悪化してしまいデータの復元が困難になってしまうこともあるので注意が必要です。

USBメモリの論理障害

論理障害とは、内部のデータにエラーや論理的障害が発生するデータ障害のことです。
要因となるのは、主に誤操作です。誤ってデータを削除してしまったり、というようなものです。USBメモリの中にある、どこにどのようなデータを保存しておくかを管理する領域が、何らかの理由により破損した場合に起こります。

その他

物理障害と論理障害以外にも、考えられる理由があります。

・ホコリなどによるよごれ
・PC接続部分の不具合
・USBメモリの外装の破損

3. USBに『フォーマットする必要があります』と表示された際の対処法

USBメモリで「フォーマットする必要があります」と表示された際の対処方法は、USBメモリのデータ復旧を希望するか否かによって異なります。
下記の2点に注意し、USBの「データ」「使用」のどちらを優先するのかを判断し対処しましょう。

・USBデータの復旧を行いたい人は、フォーマットを実行してはいけません。
・フォーマットを実行すると、USBデータは削除されてしまいます。

「データ」よりもUSBメモリの「使用」を優先したい場合

USBメモリの使用を優先したい場合は下記の対処法をとりましょう。

フォーマット実行

USBメモリ中に重要なデータが保存されておらず、USBメモリの使用を優先したい方は、フォーマットを実行しましょう。
フォーマットをすることで、USBメモリが再構築され、エラー表示を消し、再び正常にUSBメモリを使用することができます。
フォーマットをして、エラーが消えない場合、物理障害である可能性が高いです。

USBメモリのデータ復旧をしたい場合

周辺機器の接続などを確認後、下記の対処をとりましょう。

復旧ソフトの使用

データ復元ソフトは軽度の論理障害であった場合のみ、ご自身で手軽に復元することができます。しかし、重度の論理障害・物理障害の場合はソフトを使用しても復元することはできません。論理障害の他に物理障害の併発に気づかず復元できなかった事例は少なくありません。
故障原因を正確に判断するには、業者レベルの知識やリテラシーが求められます。故障原因が1つではない可能性もあり誤った対処はデータ破損の恐れもあるため、故障原因が判断できた場合のみ復元ソフトを使用しましょう。

データ復旧業者へ相談

データ復旧業者へ相談することが、最も安全にデータを復元させる方法です。データ復旧業者はデータの復元を専門に行っているため、復旧の成功率が高いです。復元ソフトでは対応できない物理障害や重度の論理障害の復旧が可能です。
個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、他社様で復旧不可と診断された機器も数多く復旧に成功していますので、お気軽にご相談ください。

0120-706-332

4. USBメモリ復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。SDカードから大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

問合せ~納品までの流れ
問合せ~納品までの流れ

問い合わせから、今後の流れについて

STEP1,2,3 STEP1,2,3

データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて


0120-706-332

5. USBメモリ復元対応メーカー

  • バッファロー
  • Sony
  • I-OData
  • Toshiba
  • トランセンド
  • Sandisk
  • Siliconpower
  • Kingston
  • エレコム
  • グリーンハウス
  • ハギワラソリューションズ
  • HI-DISC
  • Corsair
  • サンワサプライ
  • Team
  • ADATA
  • キオクシア
  • プリンストン
  • HP
  • レキサーメディア
  • SUPER TALENT
  • PQI
  • Apricorn
  • ESSENCORE
  • ADTEC
  • ロジテック
  • PhotoFast
  • Leef Technology
  • PNY
  • リーダーメディアテクノ
  • 磁気研究所
  • ADAM elements
  • Patriot Memory
  • AREA
  • Sharkoon
  • 三菱ケミカルメディア
  • SolidAlliance
  • IMATION
  • センチュリー
  • KINGMAX
  • 多摩電子工業
  • サムスン
  • ※その他各種メーカーにも対応しております。
    現状弊社で対応できないメーカーはございません。
    お気軽にお問い合わせください。
0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。