【USBメモリ】消えてしまったデータの復元方法
データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

【USBメモリ】消えてしまったデータの復元方法

USBメモリ

USBメモリは、小さく持ち運びのしやすい記憶媒体であるため、日頃から使用している人は多いのではないでしょうか? USBメモリのデータを消してしまい誤った対処を行うと復元できなくなってしまう可能性が高いです。原因や注意点を確認し適切な対処で復元させましょう。

1. USBメモリのデータが消えてしまう事例と原因

操作ミス

USBメモリのデータは操作ミスによって、消えてしまう事例は多くあります。
大事なデータを操作を意図せず削除してしまった場合やUSBメモリを保存実行中にも関わらず、PCから抜いてしまった場合などが挙げられます。

データの上書き

当然データの上書きをしてしまうとデータは消えてしまいます。
また、容量の大きいデータの上書きを何度も繰り返すことで、データが消えてしまう事例もあります。容量の大きいデータを、少ないスペースに保存し起動するという使い方をしていると、常時USBメモリにアクセスし続ける状態になり、読み込みの回数が膨大になるためです。
上書きしてしまった場合は、それ以上に上書きが発生してしまうことのないように、機器の使用を中止してください。対応が遅くなればなるほど復旧の可能性は低下してしまいますので、いち早く専門家へ相談することをおすすめします。

物理的な破損

PCに抜き差ししたり、自宅から外へ持ち出すことが多いUSBメモリは物理的に破損し、故障することが多く、データ消失に繋がることがあります。
移動中の何気ない衝撃・圧迫による破損や、ホコリなどが要因となりUSBメモリの接続部分の破損(接続不良)を起こしてしまうケースが多くあります。

2. USBメモリのデータが消えた際の復元方法

USBメモリのデータが消えてしまった際は下記に注意しましょう。

消えた状態で使用を続けない

トラブルが発生した状態で使用を続けると、データが上書きされてしまいデータの復旧がより困難になる可能性があります。また、正しい手順を踏まずに突然電源遮断等を行ってしまうと、保存されているデータの位置情報がバラバラになり障害が深刻化する事があります。
大切なデータである場合は、機器の使用は中止してください。

3. USBメモリのデータが消えた際の復元方法

USBメモリのデータが消えてしまった際の二つの復元方法をご紹介します。

データ復元ソフトの使用

データ復元ソフトは軽度の論理障害であった場合のみ、ご自身で手軽に復元することができます。しかし、重度の論理障害・物理障害の場合はソフトを使用しても復元することはできません。論理障害の他に物理障害の併発に気づかず復元できなかった事例は少なくありません。
論理的な障害なのか・物理的な障害なのかを正確に判断するには、業者レベルの知識やリテラシーが求められます。故障原因が1つではない可能性もあり誤った対処はデータ破損の恐れもあるため、故障原因が判断できた場合のみ復元ソフトを使用しましょう。

データ復旧業者へ相談

データ復旧業者へ相談することが、最も安全にデータを復元させる方法です。データ復旧業者はデータの復元を専門に行っているため、復旧の成功率が高いです。復元ソフトでは対応できない物理障害や重度の論理障害の復旧が可能です。
個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、他社様で復旧不可と診断された機器も数多く復旧に成功していますので、お気軽にご相談ください。

0120-706-332

4. USBメモリ復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。SDカードから大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

問合せ~納品までの流れ
問合せ~納品までの流れ

問い合わせから、今後の流れについて

STEP1,2,3 STEP1,2,3
0120-706-332

5. USBメモリ復元対応メーカー

  • バッファロー
  • Sony
  • I-OData
  • Toshiba
  • トランセンド
  • Sandisk
  • Siliconpower
  • Kingston
  • エレコム
  • グリーンハウス
  • ハギワラソリューションズ
  • HI-DISC
  • Corsair
  • サンワサプライ
  • Team
  • ADATA
  • キオクシア
  • プリンストン
  • HP
  • レキサーメディア
  • SUPER TALENT
  • PQI
  • Apricorn
  • ESSENCORE
  • ADTEC
  • ロジテック
  • PhotoFast
  • Leef Technology
  • PNY
  • リーダーメディアテクノ
  • 磁気研究所
  • ADAM elements
  • Patriot Memory
  • AREA
  • Sharkoon
  • 三菱ケミカルメディア
  • SolidAlliance
  • IMATION
  • センチュリー
  • KINGMAX
  • 多摩電子工業
  • サムスン
  • ※その他各種メーカーにも対応しております。
    現状弊社で対応できないメーカーはございません。
    お気軽にお問い合わせください。

6. USBメモリ復元でよくある質問

まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

いえ、かかりません。当社では初期診断を無料で実施しています。お客様の機器に初期診断を行って初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、故障状況を確認しお見積りをご提示するまで費用は頂いておりません。※ご郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ機器の返送費用をご負担頂いておりますのでご了承ください。

営業時間を教えてください

営業時間は以下の通りになっております。
土日祝日問わず、年中無休でお電話でのご相談・復旧作業・ご納品・アフターサービスを行っています。

電話受付:0:00~24:00 (24時間対応) 
来社受付:9:30~21:00

他社で復旧できないといわれた機器でも復旧できますか?

復旧できる可能性がございます。弊社では他社で復旧不可となった機器から、データ復旧に成功した実績が多数ございます。 他社大手パソコンメーカーや同業他社とのパートナー提携により、パートナー側で直せない案件を数多くご依頼いただいており、様々な症例に対する経験を積んでおりますのでまずはご相談ください。


0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。