当てはまる症状がない場合
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

当てはまる症状がない場合


ハードディスクに障害がある可能性大!


【解説】

当てはまる症状がないケースも多数あります。
それらすべてが重度の障害というわけではありません。

軽度の障害のものでも、通電を続けたり、再起動を繰り返すことにより、重度障害へ発展してしまう可能性があります。

現在動いているものも時間の経過と共に取り返しのつかないことになりかねません。少しでもおかしい、と感じる事があれば、まずは電源を落とし再起動を繰り返さない事が肝心です。 障害が悪化しないうちに、専門家に正しい対処法をご相談される事をお勧めします。
ハードディスクは消耗品です。各部品も使用していくうちに劣化しますし、制御プログラムも何かのきっかけで壊れてしまうことがあることを忘れてはなりません。
外付けハードディスク障害の診断には専門の知識や技術が必要になります。

メーカーではデータの取り出しは行っていませんので、データが必要であれば当社の無料相談窓口でご相談ください。


【状況を悪化させないためには?】

決して御自身でデータ復旧を試みるようなことはなさらないでください!

最悪の場合、データ復旧が不可能になる可能性があります。
また、この診断結果では様々なケースが考えられる為、わからないことが多いのも事実です。
弊社は無料でハードディスクの初期診断を行っておりますので、お気軽にお電話頂けたらと 思います。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

再起動・通電を続けると起こる3大致命傷とは?

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。
また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

技術員よりアドバイス!
少しでもおかしいと感じることがあれば
まずは電源を落としてください。

データが見れない原因は、紹介したものの他にも多数存在します。ハードディスク障害の診断には専門の知識や技術が必要になります。 メーカーではハードディスク診断やデータ復旧は行っていません。取り戻したいデータがある場合はデータ復旧を専門に行っている当社にご相談ください。 異常を感じた際は、まず電源を落とし、専門家にご相談下さい。通電を続けたり、再起動等を繰り返すと最悪の場合、データ復旧が不可能になる可能性があります。
認識されている方は少ないですが、ハードディスクは消耗品です。各部品も使用していくうちに劣化しますし、制御プログラムも何かのきっかけで壊れてしまうことがあることを忘れてはなりません。 少しでも異常を感じた場合は迷わず電源を落とし、データ復旧を専門に行っている当社にご相談下さい。


物理復旧技術員  データ復旧に対するポリシー

以前私もプライベートで思い出がたくさん詰まった写真データを破損してしまったことがありました。 HDDがあるとどうにかならないかといつまでも考えてしまい気持ちが落ち着かなかったので、そのHDDは破棄してしまいましたが、今思うと破棄せずに保存しておけばよかったと心残りがあります。
自身がプライベートでデータを破損してしまった当時はデータ復旧というサービスの存在さえも知りませんでした。以前に比べるとデータ復旧と言うサービスの認知度も上がりましたが、知らない方も多くいらっしゃると思います。 データが消えてしまいやりきれない思いを抱えている方にデータ復旧というサービスをいち早く教えてあげたいです。 その為私が出来る事は、より早く多くのデータ復旧を行い沢山のお客様にご満足していただく事だと考えています。そしてデータ復旧というサービスが世の中にひろがり、歯がゆい思いをする方がいなくなればと考えています。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
休日に社内で停電があり、翌日電源を入れたところ『ハードデスクのシステム領域が不正です』というエラーメッセージが表示され、ランプが点灯していました。それからデータが見れなくなってしまい、再起動 ... 詳しくはこちら»
私には、どうすることもできなかった為、大学関連からの依頼があるところを探していました。いろいろなデータ復旧業者を探しましたが、国立大学との取引の多い御社に問合わせをして ... 詳しくはこちら»

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、10年連続復旧実績国内No.1を誇っています。それは、当社が「技術力・設備・スピード・セキュリティ・実績」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

技術力・設備 スピード
セキュリティ 実績

※詳しくご覧になりたい方は、それぞれの写真をクリックしてください!


お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

当てはまる症状がない場合
データ復旧の流れ

初期診断で障害箇所を特定
まずはハードディスクの外見をくまなくチェックし、傷やへこみがないか確認します。 その後、専用の機器にハードディスクを繋げて初期診断を行います。その際にハードディスクの動きや音に異常はないか、眼と耳でチェックして、さらに内部のプログラムを解析する等して正確な症状を特定します。 復旧作業で一番重要な部分は初期診断であり、これを間違えてしまうと直すどころか、逆に症状を悪化させてしまう可能性もあります。初期診断を正確に行うためには経験が必要です。

障害ごとに復旧作業
症状により、障害を見極め復旧作業を行っていきます。データ復旧の障害原因は無限大と言っても過言ではありません。復旧実績を重ねてきた技術員がこれまでの経験をもとに、復旧方法を検討し復旧作業に取り掛かります。 物理障害が起こっている場合はハードディスクを開封して復旧作業を。論理障害が発生している場合は当社の特殊設備を使って内部情報を修正します。

データのバックアップを取る
抽出したデータはバックアップ用のディスクに入れてお返しします。
復旧完了したデータをご確認頂き、もしご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。

データ納品
バックアップ完了後、お客様のお手元へデータを納品します。 当社は、データ納品後もカスタマーサポートが対応いたします。 また、万が一データが消えてしまってた時のために、納品後1カ月間バックアップデータを保持しております。


お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。