【Windows10】共有フォルダにアクセスできない?原因と対処法
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

【Windows10】共有フォルダにアクセスできない?原因と対処法

【Windows10】共有フォルダにアクセスできない?原因と対処法

共有フォルダはNAS、Windowsに標準搭載されていることから、社内や個人でデータの管理や共有をしている方は多くいらっしゃいます。
しかし、「このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります」
とエラーメッセージが現れ、共有フォルダにアクセスできなくなってしまうことがあります。
今回は、共有フォルダにアクセスできなくなってしまう原因、注意点、データの復旧方法について紹介します。

1. 共有フォルダとは

共有フォルダは、NASやWindowsに標準搭載されているネットワークでデータ共有を行う機能です。 同一のネットワークに接続し、複数のPCでデータを共有することが出来るため、社内サーバーなどに活用されることが多くあります。

代表的な共有フォルダ3パターン

共有フォルダが用いられるケースを3つご紹介します。


NASの利用

NASとは、ネットワーク(LAN)上に接続することができるハードディスクです。
ネットワークに接続された記憶装置という意味で「NAS(Network Attached Storage)」という略称で呼ばれます。
通常の記憶媒体(HDDやUSBメモリ)場合、データを閲覧するPCなどに、接続・挿入することでデータにアクセスすることが可能です。
NASの場合には、同一ネットワークに接続してあるPCやスマートフォンであれば、複数端末から同時にデータにアクセスすることが可能です


PCの標準機能

Windowsには、共有フォルダを作成することが可能な機能が搭載されています。
共有フォルダを作成して、パスワードを設定しておくと、パスワードを知っている人だけが共有フォルダのファイルをやりとりできるようになります。

クラウドストレージ

クラウドストレージとは、インターネット上に存在するデータを格納する場所です。代表的なものに、「Google drive」や「Share Point」などが存在します。
クラウドストレージはNASなどを使用した共有方法とは異なり、同一ネットワークに接続する必要がないので、社外や外出先でもデータの共有が可能です。

2. 共有フォルダにアクセスできない時のエラー表示例

共有フォルダにアクセスできない時には、下記で紹介するようなエラーメッセージが表示される場合があります。

・アクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります
・アクセスが拒否されました。
・アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。
・ユーザー名またはパスワードが正しくありません
・¥¥ファイルサーバー にアクセスできません・¥¥192.168.にアクセスできません
・ネットワークパスが見つかりません
・エラーを特定できません

上記のようなエラーメッセージが表示される場合、使用しているPCやNASに障害が生じている可能性があります。

NASの復旧方法

LANDISK LinkStation TeraStation QNAP PRIMERGY



0120-706-332

3.共有フォルダにアクセスできない原因

下記では、共有フォルダにアクセスできない原因を紹介します。


ネットワーク・ファイル設定の問題

共有フォルダにアクセスできない時の原因に、ネットワーク設定の問題が挙げられます。 下記の三つの設定に問題がないか確認してください。

・共有とネットワーク探索の設定・機能が無効(オフ)になっている
・ネットワークの設定が「パブリックネットワーク」になっている(プライべートネットワークに変更で解決)
・共有したいファイル・フォルダにアクセス権が付与されていない

上記の設定は、PCの設定画面で確認することができます。


共有側のPCの不具合

下記のような症状が見られる場合、PCの故障が疑われます。

・PCから「カタカタ」「カチカチ」「ギーギー」と異音がする
・PCの挙動に異常が発生(起動が異常に遅い・頻繁に強制終了やフリーズが発生する、など)
・「フォーマットしてください」とエラーメッセージが現れる

上記は「強い衝撃」「水没」「経年劣化」「ファイルシステム異常」などが原因で起きる症状です。
紹介したような症状が現れる場合、PCへの通電を直ちに中止しデータ復旧の専門業者に相談することを検討してください。


NAS側(LinkStation・TeraStation・landiskなど)の不具合

NAS側に不具合がみられると、共有フォルダにアクセスできない場合があります。
NASの不具合を下記で三つ紹介します。

筐体の障害

NAS・サーバーの外装部分(ケーブル接続部分など)である筐体が故障していることがあります。
NAS本体の電源が入らない場合などが該当します。

HDDの物理障害

NAS・サーバー内のHDDに物理障害が発生している場合があります。物理障害は、HDDそのものが破損している状態です。

HDDの論理障害

NAS・サーバー内のHDDに論理障害が発生している場合があります。論理障害はHDD内部に保存しているデータに不具合が発生している状態です。


0120-706-332

4.共有フォルダにアクセスできない時の注意点

ここでは、共有フォルダにアクセスできない時の注意点を紹介します。
下記のことをしてしまうと、機器の状態が悪化してしまう危険性があります。

電源のON/OFFを繰り返さない

症状悪化や新たに別の障害が発生する危険があります。 電源のon/offは機器内のHDDに大きな負荷がかかります。 これにより、故障の症状が悪化したり、別の障害が発生する可能性があります。軽度の故障がより悪化するのを防ぐためにも、電源のon/off、再起動を繰り返すことは控えましょう。

HDDの交換・入れ替えはしない

HDDの交換・入れ替えはデータ破損につながります。 サーバーやNAS故障時、一台のHDDだけでなく他のドライブにも異常があった場合、HDDを交換してもデータがもとに戻るどころか、最悪の場合取り出せなくなってしまいます。 また、RAID構成を組んでいるものであれば、HDDを取り出して単体でPCに繋ぐ行為は絶対にしてはいけません。情報が上書きされて、データ復旧の難易度があがってしまうためです。

データ復元ソフトは使わない

データ復元ソフトは、NASの復元では推奨されていません。 データ復旧ソフトで対処できるのは、軽度の論理障害のみに限られており、正確な機器の障害を判断できない状態で試すにはリスクが高すぎるためです。


5.共有フォルダにアクセスできない時の対処法

共有フォルダにアクセスできない場合、以下の対処方法を試してください。自身での対処が不安な場合や、取り出したいデータの重要度が高い場合、会社のデータを安全に復旧したい場合には、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

ネットワーク・PCの設定を見直す

共有ファイルにアクセスできない時は、まず設定を見直しましょう。

・共有とネットワーク探索の設定・機能を有効にする
・ネットワークの設定が「パブリックネットワーク」から「プライベートネットワーク」に変更する
・共有フォルダにアクセス権限を与える
・「ファイル・プリンターの共有」との共有設定を有効にする
・IPアドレスを自動取得に変更する
・SMB(Serve Messege Block)を有効にする

上記のネットワークやPCの設定を見直しても、状況が改善されない場合には、機器に不具合が生じている可能性が高いです。PCやNASの不具合が疑われる場合には、次に紹介するデータ復旧業者に相談をおすすめします。


データ復旧業者に相談

ネットワークやPCの設定を見直しても共有ファイルが開けない状況が改善されない場合には、データ復旧専門業者に一度相談しましょう。 メーカー様や販売店様に修理に出すと、データが戻ってくる事は基本的にはありません。 機器は直るものの、 通常データは全て初期化されてしまいます。 れており、正確な機器の障害を判断できない状態で試すにはリスクが高すぎるためです。

ご自分で対処しようと色々いじってしまい更に状態を悪化させてしまう方が多くいらっしゃいますが、 異常を感じられた際は、すぐに使用を中止しデータ復旧の専門家である私たちにご相談ください。

データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて


0120-706-332

6.データ復旧の流れ

共有フォルダにアクセスできない場合、以下の対処方法を試してください。自身での対処が不安な場合や、取り出したいデータの重要度が高い場合、会社のデータを安全に復旧したい場合には、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。HDDから大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

データ復旧の流れ
0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。