データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

ハードディスク

【HDD】「パラメーターが間違っています」と表示される原因と対処法

【HDD】「パラメーターが間違っています」と表示される原因と対処法

この記事では、HDDの「パラメーターが間違っています」と表示される原因、データを取り出す際の注意点、対処方法を紹介しています。

HDD使用中このようなエラーは珍しくありません。原因を正確に知ることで、安全に対処しましょう。

「パラメーターが間違っています」と表示される原因

HDDに不具合が起こると「パラメーターが間違っています」と表示されることがあります。 主に論理的な故障、物理的な故障に分けることができます。

論理的な故障

パラメーターとは「ファイルシステム」を数値化したものであり、「ファイルシステム」とは、データの保存場所やファイル形式などを管理する機能です。
ファイルシステムは「接触不良」「不適切な抜き差し」「強制終了」を行うと、 不具合を起こすことがあり、 その際「パラメーターが間違っています」と表示されることがあります。 しかしこの場合、HDD本体には問題がなく、内部のデータは正常であることが多いです。

物理的な故障

HDDのセクタ部分が経年劣化摩擦などの物理的な損傷を受け、正常に読み書きができなくなる状態です。 セクタとは記憶装置のデータ書き込みをいい、物理的な原因の不良セクタの時「パラメーターが間違っています」と表示されることがあります。

物理的な故障の場合はHDDから「カチカチ」「カタカタ」と音が鳴ることもあります。 修復には細かい作業になることが多いため、個人での復元作業は非常に難しいです。

「パラメーターが間違っています」と表示される際の注意点

「パラメーターが間違っています」と表示された時、対処する前に以下の注意点を確認しましょう。

安易にフォーマット・上書きしない

フォーマットをするとHDD内の全てのデータを消してしまいます。 データが見えなくなっていてもデータ自体は残っている可能性があるため、安易にフォーマットや初期化はしないようにしましょう。 また、フォーマットをしてしまった際上書きすることはやめましょう。上書きをしてしまうとデータ復旧業者でも復元が難しくなる可能性が高いです。

個人での対処はリスクが伴う

故障原因を正確に判断するのは、業者レベルの技術や一定レベルのリテラシーが求められます。 故障原因は1つではない可能性もあり、誤った対処法を行うとデータ破損さらなる障害を生む可能性があります。

故障原因を論理障害だと思い、実際には物理障害が原因だったというケースもあります。 原因を間違えたまま、PCのツールやデータ復元ソフトを利用し修復作業を行うと、さらなる障害を生む可能性もあります。

重要なデータを確実に復元したい場合は一度専門業者に相談してみましょう。

「パラメーターが間違っています」と表示される時の対処法

「パラメーターが間違っています」と表示された時、以下の対処法が主流となります。

外付けハードディスクを再接続する

「パラメーターが間違っています」と表示された時まずは外付けHDDを再接続してみましょう。 再接続をすることによりパラメーターエラーを修復出来る可能性があります。 またパソコンの再起動や、他のパソコンでHDDを試してみましょう。

ディスクチェックを実行する

ディスクチェックは、HDD内のファイルシステムの問題点を探して修復することが出来ます。

ディスクチェックの手順を紹介します。

①デスクトップのスタートボタンから、「システムツール」リストの「PC」を開きます。

②「デバイスとドライブ」リストの修復するHDDを右クリックし、プロパティを選択します。

ディスクチェック実行画面

③プロパティのダイアログボックスが表示されたら、上のリストから「ツール」を選択し、エラーチェックの項目から「チェック」を選択しましょう。

④「ドライブの修復」を選択しましょう。

以上のステップが終了したら、もう一度HDDに再接続を行ってみましょう。

CHKDSKコマンドで修復する

不良セクタが原因の場合、CHKDSKコマンドを実行することにより解決できる可能性があります。

CHKDSKコマンドの手順を紹介します。

①デスクトップのスタートボタンを右クリックし、「Windows Powershell(管理者)」を選択しましょう。

②ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが表示されます。「はい」を選択しましょう。

CHKDSKコマンド実行画面

③PS C:\WINDOWS\system32>の次に「chkdsk E: /r」を入力しましょう。Eの部分はドライブレターとなります。入力後エンターキーを押し、Powershellを閉じましょう。
以上のステップが終了したら、もう一度HDDに再接続を行ってみましょう。

データ復旧業者に相談

上記の方法を試し、解決できなかった場合、データ復旧業者へ相談してみましょう。 データ復元業者は、復元ソフトでは対応できない物理障害中高度の論理障害の復旧が出来ます。 また、機器や症状ごとにエンジニアによる正確な初期診断によって故障原因を特定することが出来ます。
デジタルデータリカバリーではご相談から初期診断・お見積りまで無料でご案内しているため、 まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することが安全に復元させる方法です。
驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデー タ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ