デジタルデータリカバリー

ステータスランプが点滅する(RAID機器)
|データ復旧なら11年連続日本国内No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

ステータスランプが点滅する場合

ステータスランプが点滅する場合は
1.システム不良が発生している可能性があります

【ステータスランプが点滅する原因】

このようなエラーメッセージが出た際、セーフモードで起動できる場合もありますが、起動できない場合は別の障害を併発している可能性があるので、無理にいじらずご相談下さい。

ステータスランプが点滅する場合は、システム不良が発生している可能性が高いです。
NASタイプのRAID機器はディスク先頭のOS部分にRAIDを構築するシステムがあります。システムが正常に稼働する事でRAIDが構築出来、ファイ ルシステムを読み込める状態を作ることが出来ます。システム不良とはRAIDを運用する為の『指令部分』に異常が発生している状態である為、データにアクセスする事ができなくなります。

【症状を悪化させないために】

直ぐに電源を落としてください!ランプが点滅していてもリビルド(再構築ボタン、ディスクの入れ替え、挿し直し)だけは絶対にしないでください!

リビルドとは異常が発生しているハードディスクを入れ替え、残りのディスクからデータを再構築させる作業の事です。リビルドを成功させるには、欠損状況の 把握とRAIDに関する専門知識が必要ですが、システム担当やIT部門の方も誤ったリビルドをかけてしまい、弊社にご相談されるケースが非常に多いです。 RAID障害のご相談の中でも、リビルド失敗による御相談は1,2を争うほど多く、復旧難易度も高い障害です。
症状悪化による、データ復旧期間の長期化やそれに伴うコストを招く前に出来る限り早くデータ復旧アドバイザーにご相談ください。365日休まずに、RAID専門のアドバイザーが御対応しております。


>「HP見た!」で通常3万円の初期診断が無料

リビルド・フォーマット・ハードディスクの入れ替えや交換は絶対に行わないで下さい!


技術員よりアドバイス!
外付けとしてHDDをつなぐとデータが完全に消えてしまう可能性があります

データにアクセスできなくなった際に“○番のハードディスクに異常が起きています”といったエラーメッセージが表示される場合があります。 異常が起きているとされる、ハードディクスを取り出し、外付けハードディスクとして、パソコンに繋ぐとデータが見られると書いてあるブログ等がありますが、RAIDのHDDを単体で外付けとしてパソコンに繋ぐことは大変危険な行為です。データが見られるどころか、逆にデータを完全に失ってしまう危険性があります。
RAIDというのはご存知の方もいらっしゃると思いますが、『複数のハードディスクを組み合わせて、仮想的に1台のハードディスクとして運用する技術』の事です。
つまり、台数が揃わないと互換性が崩れてしまいデータを見ることが出来ません。また、データを見れないどころか、“フォーマットしますか?”などと促され、うっかりハードディスクをフォーマットしてしまったと言うケースもよく見かけます。 RAID機器は大変複雑に構築されており、安易な気持ちでのご自身での復旧は大変危険です。 異常が発生した際は速やかに電源を切り、再起動等は行わずに、専門会社にご連絡ください。
トラブル発生から復旧開始までの時間が早ければ早いほど、データの復旧率も高く、元の状態により近い状態での復旧が可能です。


論理復旧技術員  データ復旧に対するポリシー

当社復旧責任者として、業務にあたっています。現場に出る事は少なくなり少し寂しい気持ちもありますが、一般技術員の技術力がそれだけ上がったのだと嬉しくもあります。 世界一のエンジニアチームを作る事が私の夢であり目標です。 難事な復旧は高度技術者に集中しがちであった為、なかなか一般技術員の腕が上がらないことが懸念となっていました。打開策として、データ復旧作業のデータベース化を行いました。データベース化が進むにつれ、一般技術員の技術力は飛躍的に上がったと感じています。 どの技術員も優劣の差がなく、また、得意分野をそれぞれ保持しています。それでも、データ復旧が厳しい時は私も現場に降り技術員と一緒になり最善策を考えます。 お客様のデータを安全・確実に復旧する為にこれからもチーム一丸となって当社の技術力を底上げしていきます。


365日土日祝日も
持込・診断・復旧・納品可能
緊急時も!夜間でも!
24時間相談可能
0120-706-332

ステータスランプが点滅する場合から
2.データ復旧方法

初期診断で障害箇所を特定

16進数のバイナリデータ図。EXT4のファイルシステムの情報を表している

初期診断を行い、ハードディスクの「どこに」「どのような」障害が発生しているかを特定し、復旧工程を組み立てます。
ハードディスクに負荷をかけない方法でディスクをスキャンし、問題箇所を特定します。
RAID機器は単体のハードディスクとは異なり特殊なデータ構成となっている為、データの解析には高度な知識やスキルが必要となります。復旧経験が少なければ、初期診断だけで数週間費やすことになりますが、弊社では復旧経験豊富なRAID担当の技術者が初期診断を行う為、平均30分前後で初期診断を完了する事が出来ます。
また、ハードディスクに負荷をかけないように弊社の専門設備を使う為、通常3万円の初期診断料を頂いております。

>「HP見た!」で通常3万円の初期診断が無料

【システム不良のデータ復旧方法】

復旧はハードディスクのデータ部分から直接データを抽出する事によって行います。 一般的に流通しているNASのRAID機器は500GB×4本のハードディスクで構成されているものが多く、合計2TBのハードディスクにはデータの最小構成単位であるセクタが約80億もあります。

データ復旧には80億セクタの中からデータ部分を解析しデータを抽出する必要があり、蓄積経験と高い復旧技術が要求されます。
当社では日々20件以上のRAID機器を復旧している為、平均1日でお客様のデータを復旧する事が可能です。
復旧完了したデータをご確認頂き、もし、ご希望されているデータが復旧できていなかった場合は、復旧費用は一切頂いておりません。これは、復旧実績日本NO.1の復旧会社だからこそできる無料サービスです。

>ご希望データ復旧できなければ¥0!成功報酬型料金


365日土日祝日も
持込・診断・復旧・納品可能
緊急時も!夜間でも!
24時間相談可能
0120-706-332

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13-12 サクセス銀座7ビル 5F/6F(総合受付)

営業時間(機器持込受付時間):9:30〜21:00

メールアドレス:info@ino-inc.com | URL : https://www.ino-inc.com

1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『11年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管 理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約 束
国際空港レベルの強 固なセキュリティ金属探知 機と警備員配置による徹底 した情報漏洩対策
機密保持誓約交わし ます 初期診断をご依頼の全 てのお客様に機密保持誓約 書をご提出
官公庁・法人のお客 様へ 官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対 策について
世界最大級!!技術交流会開催

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。