データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

NAS,サーバー

Think Systemのデータ復旧・復元方法|故障原因・サーバー復元の注意点を解説

LENOVOTHINKSYSTEM

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧売上シェア国内トップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

ご相談実績の多さ

デジタルデータリカバリーは、11年連続国内売上No.1(※1)・累計29万件以上(※2)のご相談実績を誇るデータ復旧サービスです。官公庁や国立大学法人・上場企業を含めた、
日本中のお客様のデータの復旧に対応しております。

また同業他社では復旧不可能とされた機器のご相談も3,000件以上(※3)対応しており、
重度障害からのデータ復旧に多数成功しています。

※1:第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(集計期間:2007年~2017年)
※2:期間:2011年1月1日~
※3:期間:2016年6月1日〜

技術力の高さ

当社では、復旧率最高値 95.2%(※1)の技術力をもって、HDD(ハードディスク)、NAS・サーバ、SDカード、USBメモリなど、あらゆるメディアからのデータ復旧に対応しています。40名以上いるエンジニアに対し、難易度の高いサーバの復旧を得意とするRAID・サーバ緊急対応チーム、物理的な破損による障害を復旧する物理復旧チーム、プログラム・ファイル破損などを専門とする論理復旧チーム、NANDフラッシュメモリ等の復旧を担当するメモリチームといった形で専門分野によって復旧技術チームを分け、復旧率アップに取り組んでいます。

※1:2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

専門の復旧設備は300以上

当社の復旧設備は業界トップクラスであり、国内のデータ復旧会社ではトップクラスです。
「設備があいていないため、復旧作業にとりかかることができない」ということはありません。

当社では作業において事欠かないように、300を超える復旧設備を国内外から取り揃えており、幅広い機器や障害に対応可能です。また、キャパシティは、パソコンだと1日150台、RAID・サーバ機器でも1日で50台を復旧することが可能です。

セキュリティの高さ

当社ではお客様に対する社外的体制だけでなく、お客様の対応をさせて頂くスタッフや技術者の教育体制、セキュリティ管理体制や各業界との連携なども整えております。たとえば当社は、ISO27001をはじめ、第三者機関の厳密な現地調査をすべてクリアしており、この規格を保有している企業は情報に対する品質が世界標準レベルであるという証明になります。

Lenovo製のサーバーであるThink Systemは、様々な企業で幅広く利用されているサーバーです。
Lenovo製Think Systemが電源が入らない、起動しない、ビープ音が鳴っている、ランプが点滅しているなど、障害の状況によって必要な対処が変わります。
大切なデータを安全に取り出すためにも、適切な対処法を知りましょう。

Think Systemの故障事例と原因

Lenovo製Think Systemサーバーの故障事例のなかで、当社に多くご相談いただくものをご紹介します。

電源が入らない・アクセスできない

Lenovo製Think Systemサーバーが急に電源が入らなくなってしまった、電源ランプはつくがアクセスできない際は様々な原因が考えられます。

・電源が供給できていない
・BIOSやマザーボード、メモリの故障
・ファームウェアの破損
・Think Systemサーバー内蔵HDDの障害

エラーメッセージが表示

Lenovo製Think Systemサーバーに障害が発生するとエラーメッセージを表示し、故障内容を通知する場合があります。代表的な故障内容とエラーメッセージには、以下のようなものがあります。

症状 エラーメッセージ
ファン関連の障害 ・0135 – Fan Failure
メモリの減少、電源容量超え ・8997 – System firmware has detected the system configuration may
exceed the power supply capacity
・0164 – Memory Size Decreased
データの破損、削除 ・0175 – System Security – Security data corrupted
・0189 – System Security – Cannot read the Security EEPROM
一部のデバイスが正しく起動されていない ・8998 – No enough shadow RAM resources for option ROM

このようなエラーメッセージが表示された場合、対応を誤るとデータを消失する可能性があります。慎重に対応しましょう。

Think Systemのデータ復旧・復元の注意点

電源のON/OFFを繰り返さない

HDDを取り出しNG

症状悪化や別の障害発生の危険があります。
電源のON/OFFはFUJITSU製PRIMERGYサーバー内のHDDに大きな負荷がかかります。もし障害が発生しているHDDに負荷が加わると、故障の症状を悪化させたり、別の障害を併発する可能性が高まります。
軽度の障害がより悪化するのを防ぐためにも、FUJITSU製PRIMERGYサーバーの電源が入らない・起動しない

リビルド(再構築)しない

リビルドには失敗のリスクが!

リビルド失敗イメージ

安易にRAIDの再構築(リビルド)を行うと、失敗してしまう危険性があります。
RAIDを構成している複数台のHDDは、同時期に購入・生産されていることが多く、1台に障害が発生すると他のディスクもほぼ同時期に障害発生するケースが多くあるためです。

HDDの入れ替え、交換はしない

HDDを取り出しNG

HDDの取り出し(交換)はとてもリスクがある行為です。 Droboでは自動修復のシステムが構築されていますが、もし1台のHDDだけでなく他のドライブにも異常があった場合、HDDを交換してもデータが元に戻るどころか、最悪の場合取り出せなくなってしまいます。
また、RAID構成を組んでいるのであれば、HDDを取り出して単体でPCに繋ぐ行為は絶対に行ってはいけません。情報が上書きされ、データ復旧の難易度があがってしまうためです。

データ復元ソフトは使用しない

復元ソフトNG

ソフトで復元できるものは限られます。
データ復元ソフトはProLiantに限らずサーバーの復元では推奨されていません。
データ復元ソフトで対処できるのは、軽度の論理障害のみに限られており、正確な機器の障害を判断できない状態で試すにはリスクが高すぎるためです。
安易にデータ復元ソフトを使用してしまうと、物理的にHDDに高負荷がかかり状態を悪化させる危険性があります。 ProLiantサーバー内に保存しているデータを安全に取り出すためには、データ復元ソフトの使用は避けるのが賢明でしょう。

Think Systemのデータ復旧・復元方法

起動しないLenovo製Think Systemサーバーから、個人でデータ復旧作業をすることはデータ消失のリスクを伴います。落ち着いて作業を行いましょう。また、大切なデータが保存されている方、個人作業に自信がない方は作業を避けデータ復旧業者に相談しましょう。

電源や周辺機器の確認

電源が入らない・アクセスができない際は、まず電源ケーブルや周辺機器を確かめましょう。
見落としてしまう方が多いですが、ケーブルや周辺機器が正しく接続されていない、電力供給が行われていない場合があります。

故障の原因を確認

電源や周辺機器に問題がない場合は、ビープ音やエラーメッセージなどを参考に障害の原因を確認しましょう。Lenovo製Think Systemサーバーにはいくつかタイプがありますが、どのタイプも同じような症状を示します。

しかし、機器のタイプによって異なるケースもあるため、安易に判断しないように注意しましょう。

ビープ音の種類とエラーの説明
2回の短いビープ音 1つ以上のPOSTエラー
3回の短いビープ音の後に
1回の長いビープ音
メモリーがないことを検出
2回の長いビープ音の後に
3回の短いビープ音
ビデオ・アダプターがないことを検出
4回の長いビープ音 リソースの不足

データ復旧業者に相談

Lenovo製Think Systemサーバーに障害が発生した際は、データ復旧業者への相談が一番安全にデータ復旧できる方法です。

個人作業は誤った操作により症状悪化やデータ削除の危険があるのに対し、データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、法人様の場合は出張診断も可能です。状態によっては、内部のデータの取り出しだけでなく、Lenovo製Think Systemサーバーの使用環境ごと復旧できる場合もあるため、お気軽にご相談ください。

当社が選ばれる理由

RAID累計ご相談数9,300件

RAID機器多数

当社に寄せられたRAIDのご相談件数は9,300件を超え、多くのお客様からさまざまなご依頼をいただいております。この多様なご相談から新しい技術の開発を進め、NAS・サーバーの復旧(復元)ノウハウを日々蓄積し、迅速で安全な復旧を可能としています。

NAS・サーバーの復旧は、当社のトップエンジニアが対応します。培ったデータベースと熟練の技術を駆使し、メーカー・機器・RAID構成・ファイルシステム問わずどのようなNAS・サーバーでも復旧(復元)のご対応をさせていただきます。

他社復旧不可のNAS・サーバーの復旧(復元)実績多数!

他社復旧不可 復旧実績多数

実は「別業者が対応できなかった機器が当社でデータ復旧(復元)できた」という実績も多くございます。
NAS・サーバーのデータ復旧(復元)の成功を左右するのが正しい初期診断です。初期診断では、機器の状態をエンジニアが確認し、原因を突き止めます。この時の診断が間違っていると対処法を誤り、データを正確に取り出せなくなってしまいます。 初期診断により異常箇所を特定し、ファイルシステムの解析やデータ構成の再築など論理障害や、NAS・サーバー内蔵HDD(ハードディスク)の物理的な障害を復旧していきます。

全国無料出張サービスで迅速診断!(法人)

出張サービス

厳重なセキュリティで管理されており、規則上、・持ち出しができないサーバやNAS・物理的に持ち出しが難しい大型サーバやNASをお持ちの法人様については弊社エンジニアがお客様ご指定の場所まで伺い、診断から復旧作業まで行います。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去29万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

QNAP製NAS復旧でよくある質問

Q:NAS・サーバーに異常が生じてしまっているが、どのような対応をしたらいいかわかりません…。

A: ご安心ください。NASやRAID機器など、複数台共有で使用するサーバー機器からもデータ復旧実績が数多くあります。「サーバーにアクセスできなくて、仕事が止まっている。どうすればいいかわからないがとにかく何とかしたい!」というお急ぎのお客様は今すぐお電話下さい。最短30分診断、即日復旧も可能です。

Q: まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

A: いえ、かかりません。お客様の機器を実際にチェックしてみて初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、チェックが終わるまでは一切費用は頂いておりません。
※御郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後にデータ復旧を実施しない場合のみ、機器の返送費用だけご負担頂いておりますのでご了承ください。

Q:会社で使っている機器なので情報漏えいが心配です。預ける前に機密保持誓約書を出してもらえますか?

A: はい、お出しいたします。私たちはお客様の重要なデータをお取り扱いするにあたり、プライバシー・機密情報の保護を最優先に考えております

 上記以外のよくある質問はこちら