データ復旧なら国内売上No.1【データ復旧.com】

復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数 (2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

NAS,サーバー

【RAID】コントローラ故障の原因や復旧方法を徹底解説

RAIDコントローラー

NAS・サーバーで次のような症状が発生し、データにアクセスできなくなっている場合、RAIDコントローラーが故障している恐れがあります。

  • NAS・サーバーがマウントされない
  • 筐体から「ピーピー」と警告音が鳴っている
  • 管理画面にエラーランプ(RAID崩壊)と表示されている
  • ディスクランプが緑色なのに、HDDが読み取り不可になっている

ただし、コントローラーが破損してしまう原因は複数あるため、誤った対処を行うと、RAIDをクラッシュさせてしまい、データが全消失する可能性があります。

この記事では、RAIDコントローラー故障時の適切な対処法を中心に解説いたします。

 

RAIDコントローラとは

RAIDコントローラー(別名「RAIDカード」「ディスクアレイ」)とは「複数のHDDを1つの仮想的なドライブとして構築する装置」です。RAIDコントローラーは、物理的な電子基板としてサーバーに組み込まれています。

RAIDコントローラが破損するとどうなるのか

RAIDコントローラーが破損すると、ブザー音が鳴ることが多く、そのままデータにアクセスができなくなってしまうほか、サーバー自体、正常に動作しなくなってしまいます。

RAIDコントローラー故障時、「基板を入れかえれば済む」と自力で対応を試みるのは、大変危険です。もし不適切な手順・方法で交換すると、二度とデータを取り戻せなくなる恐れがあります。

理由として2つの理由があげられます。この場合、市販の復元ソフトでは対応できず、特殊なデータ復旧技術を用いて対応にあたる必要があります。

  • HDD構成情報が書き込まれたコントローラー情報を引き継げていない
  • コントローラ故障時、HDDの構成情報も、破損している恐れがある

もしRAIDコントローラーの故障が疑われる場合、社内で作業を試す前に、サーバーの対応実績が多数あるデータ復旧の専門業者で無料診断を受けることを強くおすすめします。

 

RAIDコントローラが故障する原因と症状

RAIDコントローラが故障する原因は主に次の6つです。

停電によるRAID構成情報の破損

RAIDコントローラ上のHDD構成情報は、停電により、破損してしまうことがあります。もしトラブル原因が不明瞭なまま、修理店で部品交換などの作業を行うと、データが破損する恐れがあるのでご注意ください。

誤作動によるRAID構成情報の初期化

RAIDモードの変更時、あるいはリビルド時、正しい切り替えができない状態で再起動すると、RAIDコントローラー上のHDD構成情報が初期化されるケースがあります。

長時間の使用による経年劣化

RAIDコントローラーは消耗品です。ある日、何の前触れもなく、いきなり破損することは珍しくありません。そのため、原因がよく分からず、対応に困ってしまうということも決して少なくありません。もし、使用が5年以上を超えているNAS・サーバーの場合、まずは経年劣化を可能性のひとつとして認識しておくようにしましょう。

振動や衝撃の影響

地震による衝撃で、RAIDコントローラー故障の最たる原因となります。ただし地震後、NAS・サーバーに発生するエラーには、コントローラー故障以外に「物理障害」も考えられます。物理障害からのデータ復旧では、製造年や、製造メーカーが合致した部品を用意するだけでなく、手術室レベルのクリーンルーム内にて作業を行う必要があります。安易に自己判断してRAIDコントローラーを取り換えることは控えてください。

異音1つをとっても、障害が発生している個所がまったく異なることが多く、もし技術力が乏しい業者に依頼すると、誤った処置が施されて、状態が悪化する恐れがあります「障害が疑われる」「最も安全にデータを復旧したい」という場合は、極力手を加えずに、実績と技術力の高いデータ復旧の専門業者に早めに相談するようにしましょう。

コントローラのバッテリー切れ

ハードウェアタイプのRAIDコントローラには、バッテリーが搭載されています。これは、停電時にデータ消失を防ぐため、キャッシュデータを保持しておくために使われます。しかし、バッテリーの交換時期をまたいで使用を続けた場合、それが原因で「NAS・サーバーが認識しない」といった障害が増加します。

熱暴走

夏場は湿度・温度ともに上昇し、適切な冷却環境がない倉庫でNAS・サーバーを使用していると、筐体内に熱がこもり、コントローラー破損の原因となります。

 

 

RAIDコントローラの故障時の注意点

RAIDコントローラが故障する原因は主に次の5つです。

電源のオンオフを繰り返す

RAIDコントローラ故障時、電源のオンオフを繰り返すのは控えましょう。過度な電源の入り切りは状態が悪化する原因となります。

リビルド(再構築)する

RAIDコントローラーの故障時、RAIDのリビルド(再構築)ができるソフトで復元を試みるのは控えましょう。不具合を感じてリビルドをかけた場合、別の障害が併発し、データが破損する恐れもあります

仮にデータが見えたとしても、「実際のデータは破損していて開けない」ということは珍しくありません。またリビルドは「RAID情報を再構築する機能」に過ぎず、発生している障害自体は、残ったままとなることに、ご留意ください。

フォーマット要求に従わない

HDDが認識されない場合、フォーマットを促すエラーメッセージが表示されることがありますが、これは論理障害であっても、物理障害であっても起きるため、個人での判別が難しく、仮に、エラーメッセージの要求に従って、データを削除してしまうと、「復元ソフトでは対応できなくなる」「2つの障害を併発する」恐れがあります。

HDDを取り外して単体で接続する

RAIDは独自のフォーマット形式を採用しており、Windowsなど一般的なPCに接続しても認識することはできません。むしろ、状態が悪化する恐れが高いので決して単体接続しないでください。

また、パソコンの画面上では認識できないHDDが差し込まれたことで、フォーマット形式を強制的にWindowsに変更しようと、「フォーマットしますか?」といったエラーメッセージを表示することがあります。メッセージに従うと、データは消失してしまうので、絶対にフォーマットしないようにしましょう。

RAIDコントローラカードを交換する

RAIDコントローラ故障時、むやみにカードを交換するのは控えましょう。理由として、次の2つが挙げられます。

  • RAIDコントローラカードの交換作業には、専門知識が要求される
  • RAIDコントローラ形式には特殊なものが多く、互換性のあるものを選ばなければ、HDDの構成情報が消失・データ破損する恐れがある

このような理由から、カード交換作業では、データの消失を避けるため、バックアップが存在することが前提となります。バックアップが存在しない状態で、カードを交換するのは、たいへん危険なので、控えてください。

 

アクセスできないサーバー・NASからデータ復旧する方法

アクセスできないサーバー・NASからデータ復旧する方法は、次の2つです。

バックアップから復旧する

サーバーの運用では、「NAS」「外付けHDD」「クラウド(オンラインストレージ)」がバックアップ先としてよく使われます。適切にバックアップ設定が行われていると、これらのメディアからデータ復旧することが出来ます。ただし、データが同期されておらず、バックアップ履歴が古すぎる場合、希望データを復旧することが出来ないこともありますので、ご注意ください。

データが必要な場合は、データ復旧の専門業者に相談する

「データ復旧は一発勝負」とも言われます。

NAS・サーバーに障害が発生し、データ復旧を行う場合、実績のあるデータ復旧業者の相談窓口や無料診断を活用することをおすすめします。

「原因が特定できない」ままでの復旧作業は、データに悪影響を及ぼします。大切なデータであれば、まずはプロに無料診断を依頼してみるというのが最も確実な選択となります。

ただし、技術力が低い業者に依頼してしまうと、誤った処置によりデータ復旧の可能性が下がってしまう可能性があります。大切なデータを預けるうえでは、価格だけでなく、実績・技術力・復旧環境を確認して、最も信頼できる業者を選びましょう。

データ復旧業者では、NAS・サーバーに発生している症状をもとに、エンジニアが正確な初期診断を行い、故障原因の特定が可能です。プロが対応するため、復元ソフト・修復ツールでは対応できない物理障害や、重度の論理障害からのデータ復元・復旧が可能です。

デジタルデータリカバリーでは、相談から初期診断・お見積りまで、無料でご案内しています。まずは復旧専門のアドバイザーへ相談することをおすすめします。

メーカーに「修理」を依頼すると、データが消えることがある

サーバーやNASが起動しない場合、通電を繰り返すことで、その他の障害が併発し、最悪のケースではデータを取り戻せなくなる危険性があります。かといってメーカーや販売店に修理に出すと、データが戻ってくる事は基本的にはありません。NASの機器自体は直るものの、 通常、データは全て初期化されてしまいます。

以上のことから、異常を感じた際は、使用を中止し、データ復旧専門家の私たちにご相談ください。まずは、アクセスエラーの原因特定を確実に行うことをおすすめします。

当社では、年中無休で365日24時間の電話受付・無料診断を行っています。まずはお気軽にご相談ください。

◎データを復旧したいと考えている方へ (お見積りまで完全無料)

データ復旧は一度きり。無理な自力作業でデータを失って後悔する前に、データ復旧業者でプロの無料診断を受けるのがおすすめです。

DDR(デジタルデータリカバリー)は、累計41万件以上のご相談実績(※1)があり、他社にはないデータ復旧業者14年連続国内売上No.1(※2)旧率最高値95.2%(※3)のデータ復旧技術に基づいて、お客様の問題解決をサポートします。

相談から診断・見積もりまで完全無料。安心してご相談ください。

24時間365日 相談受付

※1 集計期間:2011年1月1日~ 
※2 データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。

※3 2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)

はじめてのデータ復旧業者は【技術力の高さ】で選ぶ

データトラブルの際、一番頼りになるのがデータ復旧業者です。しかし、初めてデータ復旧業者に依頼するとなると、どこに依頼したらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

データ復旧業者を選ぶときの最大のポイントは、【技術力の高さ】です。

データ復旧は手術と同様、何度もできるものではありません。失敗してもやり直しがきくものではなく、繰り返すたびに復旧率が下がっていくので、最初の対応が復旧率を握るカギとなります。もし絶対に取り戻したい大切なデータがあれば、確かな技術力を持つ業者に依頼すべきでしょう。

技術力が高いデータ復旧業者を選ぶ3つのポイント

全国100社以上あるといわれるデータ復旧業者の中で技術力が高く、信頼できる業者を選ぶ3つのポイントを解説します。おさえておくべきポイントはこちらです。

技術力が高く、信頼できる業者を選ぶ3つのポイント
  • POINT:1 復旧実績や復旧率が数字で明記されている
  • POINT:2 他社で復旧できなかった機器からも復旧実績がある
  • POINT:3 復旧ラボを公開し、自社内に復旧設備を揃えている

 

POINT:1 復旧実績や復旧率が数字で明記されている

復旧実績や復旧率は、多くの場合、公式Webサイトで確認できます。特に実績が誰が見ても客観的に判断できる「数字」で明記されている企業は、信頼性が高いと言えます。

データ復旧業者の中には、明確な根拠数字を記載していないケースもあります。そのような業者は技術力を有していない可能性があるため、信頼できる業者とは言い難いです。

「国内最高レベル」など、曖昧な言葉のみで具体的な復旧実績について公開していない業者もあるため、過去の実績についてしっかり確認するようにしましょう。

POINT:2 他社で復旧できなかった機器からも復旧実績がある

「メーカーや他のデータ復旧業者で復旧できなかった機器から復旧実績がある業者」は技術力が高いと言えます。官公庁、国立大学法人、上場企業の復旧件数が多い業者も、信頼がおけます。

データ復旧は、機器の種類や障害の程度によって難易度が異なります。業者によって対応できる障害レベルにも差があるため、技術力の低い業者に依頼すると、復旧に失敗するリスクがあります。

他社で復旧できなかった機器でも復旧実績のある業者は、高難度の障害に対応している、技術レベルの高い業者と言えます。

POINT:3 復旧ラボを公開し、自社内に復旧設備を揃えている

データ復旧の業者の中には、自社で復旧作業を行なわず外注したり、自社内に専用設備を持たない業者も存在します。

そのような業者に依頼してしまうと、誤った処置が行われ、大切なデータを失う可能性があります。

復旧ラボを公開し、見学を受け付けている業者であれば、自社内できちんと復旧作業を行なっていることがわかるので安心です。

国内で復旧ラボを構えている業者は限られています。Webサイトの情報だけではわからないことも多く、実態を知るには直接ラボの様子を確認するのが一番安心です。

データ復旧は「デジタルデータリカバリー」にお任せください

当社はデータ復旧専門業者 14年連続データ復旧国内売上No.1(※)として多くのお客様に選ばれ続けています。そして技術力が高く、信頼できる業者を選ぶ3つのポイントをすべて満たしており、自信を持ってデータ復旧の作業をさせていただきます。

※データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと
※第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく(集計期間:2007年~2020年)

デジタルデータリカバリーは技術力が高いデータ復旧業者を選ぶポイントを満たしています

 

  • POINT:1 復旧実績や復旧率を数字で公開しています
  • POINT:2 他社で復旧不可からも多数復旧に成功しています
  • POINT:3 復旧ラボをすべて公開・自社内設備で復旧しています



POINT:1 復旧実績や復旧率を数字で公開しています

当社はデータ復旧国内トップクラスの実績を誇っており、復旧率最高値 95.2%(※1)の技術力をもって、あらゆるメディアからのデータ復旧に対応しています。また、官公庁や国立大学法人・上場企業を含めた、日本中のお客様のデータの復旧に対応しており、累計41万件以上のご相談実績(※2)があります。

しかし残念ながら、データ復旧業者の中には技術力が低いにも関わらず、「我々は高い技術力を持っています」など、明確な数字を出さずに曖昧な表現をしている復旧業者が多数あります。そのような復旧業者は、実績が少なかったり、社内に専用設備を持っていない可能性が高いため、注意しましょう。

当社では、「本当に技術力の高い会社であれば、復旧率で明確な根拠を示すべき」と考え、つちかった技術力に自信があるからこそ、復旧実績や復旧率を公開しています。

POINT:2 他社で復旧不可からも多数復旧に成功しています

当社では、同業他社では復旧不可能とされた機器のご相談も7,000件以上(※3)対応しており、重度障害からのデータ復旧に多数成功しています。

技術力の高い業者ほど、他社で復旧不可能と判断された機器の復旧実績が高くなる傾向にあります。

当社は、他社様を上回る症例数を復旧しているからこそ、同業他社で復旧不可能な障害でも、当社で復旧が可能となっています。諦める前に、まずはご相談ください。

POINT:3 復旧ラボをすべて公開・自社内設備で復旧しています

当社は復旧ラボを公開し、見学を受け付けており、直接ラボの様子を確認していただけます。クリーンルームを含め、国内最大級の自社内復旧ラボで復旧作業を行っており、エンジニアの作業風景をWebサイトやSNSで発信しています。

大切なデータを預ける上で、その業者の実態が分からないと信用できませんよね?社内風景や、実際に復旧に携わるエンジニアの顔が見えることは、非常に重要な点と言えます。

データ復旧業者の中には、復旧ラボを社内に保有していなかったり、外注や、個人でも試せる復旧ソフトを使用するだけで、作業を行わない業者も存在します。Webサイト上に掲載している社内風景と、実態が異なる怪しい業者も少なくありません。セキュリティなどを理由に、実態を明かさない復旧業者は、怪しいと判断した方が良いでしょう。

※1:2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2021年12月の各月復旧率の最高値)
※2:期間:2011年1月1日~
※3:期間:2016年6月1日〜

 

デジタルデータリカバリーが選ばれる理由について、詳しくはこちらで紹介しています。

選ばれ続ける6つの理由

 

↓まずはお気軽にご相談ください↓

メールで相談する

 

官公庁、国立大学法人、上場企業
多くのお客様にご利用いただきました

ご依頼実績

※ 掲載の許可を得た法人様の一部を紹介させていただいております。

復旧~納品までの流れ

最短当日復旧!まずはご相談ください

当社では、初期診断は最短5分、ご依頼いただいた機器の約8割が48時間以内に復旧完了しています。ご相談・初期診断・お見積りまで無料でご案内しています。
また、過去41万件以上のご相談実績から算出されるデータベースを基に、機器や症状ごとに配置された専門のエンジニアが最先端設備と技術力を駆使して正確な診断と復旧作業を行います。大切なデータ、業務にかかわる重要なデータを復旧させたい場合はご気軽にご相談ください。

対応メーカー例

NAS/サーバー 復元対応メーカー表

  • Buffalo
  • I-O Data
  • DELL
  • hp
  • IBM
  • NEC
  • FUJITSU
  • Logitec
  • QNAP
  • HITACHI
  • Lacie
  • TOSHIBA
  • Western Digital
  • Seagate
  • Apple
  • corega
  • Sony
  • NETGEAR
  • COMPAQ
  • Epson Direct
  • SAMSUNG
  • CENTURY
  • Thecus
  • PROMISE
  • ASUS
  • Lenovo
  • センチュリー
  • Acer
  • Epson
  • CineRAID (シネレイド)
  • D-RINK
  • DATA TALE
  • プリンストン
  • asi
  • G-Technology
  • iomega

※その他各種メーカーにも対応しております。現状弊社で対応できないメーカーはございません。お気軽にお問い合わせください。

画像・動画・Excelファイルなど、拡張子がつくものは全て対応しております。

データ復旧対応ファイル

※その他メーカー・ファイルも対応可能です。詳しくはお電話でお問い合わせください。

データ復旧の料金について

データ復旧費用は4つの要素で決まります

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

  • 1
    総ディスク容量
    総ディスク容量

    どれくらいの大きさか?

  • 2
    故障箇所
    故障箇所

    どこが壊れているか?

  • 3
    難易度
    難易度

    どれくらい壊れている?

  • 4
    工程数
    工程数

    復旧にかかる期間は?

お電話いただければ、専門のアドバイザーがお客様の状況を伺い、概算のお見積もりと復旧期間をお電話にてお伝えいたします。その後、無料初期診断(お見積もり)のご案内を差し上げることもできますので、金額面についてもお電話にてご相談ください。

デジタルデータリカバリーの料金ページはこちら>

データ復旧料金の目安

500GB未満 5,000円〜
500GB以上 10,000円〜
1TB以上 20,000円〜
2TB以上 30,000円〜

※こちらに掲載されている金額は、あくまで総ディスク容量を元にした目安の金額です。 障害内容により、金額が異なりますので、まずはお電話にてご確認ください。

当社復旧費用のおすすめポイント

復旧料金は、診断結果に基づいたプラン(成功報酬制あり)をご提示いたします

当社では、機器の障害状況を診断させていただき、プランをご提示いたします。
成功報酬制プランにおける「復旧成功の定義データ」は、お客様の希望に合わせて設定が可能です。
ご相談・初期診断・見積まで無料で承りますので、お気軽に無料診断・見積サービスをご活用ください。

※症状により、復旧の可否にかかわらず作業費を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

弊社の独断で復旧作業を遂行し、作業費を請求する事はございませんのでご安心ください。
ご不明な点に関してはお手数ですが、都度担当までお問合せください。

復旧できたデータは全て納品

成功定義データだけでなく、復旧できたデータは追加料金無しで全てご納品いたします。

お見積もり後に追加で作業料を請求することはありません

お見積もり後に追加で作業料金を請求することはありません。復旧の度合いにより、お見積もりから減額される事はあっても高くなる事はございませんのでご安心ください。
※納品用メディアのご購入やその他追加サービスへのご加入については別途料金が発生いたします。

お客様に合った支払い方法が選択可能

クレジットカード・銀行振込・現金支払いに加え、請求書支払い・保険支払い・公費でのお支払い・商社を介してのお支払い等、対応が可能です。ご成約時にお申し出下さい。

 

サーバー・NAS復旧時によくある質問

――NAS・サーバーに異常が生じてしまっているが、どのような対応をしたらいいかわかりません…。

A:ご安心ください。NASやRAID機器など、複数台共有で使用するサーバー機器からもデータ復旧実績が数多くあります。

「サーバーにアクセスできなくて、仕事が止まっている。どうすればいいかわからないがとにかく何とかしたい!」というお急ぎのお客様は今すぐお電話下さい。最短30分診断、即日復旧も可能です。

 

――まず直るかどうか知りたいのですが、診てもらうのにお金はかかりますか?

 

いえ、かかりません。お客様の機器を実際にチェックしてみて初めて正確なデータ復旧の費用がわかりますので、チェックが終わるまでは一切費用は頂いておりません。

※御郵送で機器をお預けいただいたお客様のうち、チェック後、データ復旧を実施しない場合にかぎり、機器の返送費用はご負担頂いております。ご了承ください。

 

会社で使っている機器なので情報漏えいが心配です。預ける前に機密保持誓約書を出してもらえますか?

 

A: はい、お出しいたします。私たちはお客様の重要なデータをお取り扱いするにあたり、プライバシー・機密情報の保護を最優先に考えております。

上記以外のよくある質問はこちら

 

まとめ

今回はRAIDコントローラー故障時の対処法やデータ復旧方法について紹介しました。

データを安全に取り出すには、原因を見極めて適切な対処が必要です。大切なデータが保存されている場合は、データ復旧業者への無料相談も、ぜひご活用ください。

この記事を書いた人


デジタルデータリカバリー データ復旧エンジニア
累計相談件数41万件以上のデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」において20年以上データ復旧を行う専門チーム。
HDD、SSD、NAS、USBメモリ、SDカード、スマートフォンなど、あらゆる機器からデータを取り出す国内トップクラスのエンジニアが在籍。その技術力は各方面で高く評価されており、在京キー局による取材実績も多数。2021年に東京都から復旧技術に関する経営革新優秀賞を受賞。

 

 

驚愕 業界No1だからできる ¥0データ復旧サービス
各種メーカー復旧可能!外付けハードディスクおまかせください。

復旧取扱機器

法人様・官公庁専用 窓口はこちら
RAID専用緊急対応窓口はこちら
ハードディスクデータ復旧はこちら
外付けHDDデータ復旧はこちら
パソコンデータ復旧はこちら
SSDデータ復旧はこちら
レコーダーの復旧はこちら
USBメモリデータ復旧はこちら
SDカードデータ復旧はこちら
ビデオカメラデータ復旧はこちら
スマートフォンデータ復旧はこちら

バックアップ・保証サービス

DDB
DDW

調査・解析サービス

社内不正調査
ハッキング調査
マルウェア感染調査
パスワード解除
トップへ