他社不可でも復旧できます
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

他社で復旧できなかった機器もご相談下さい!
当社なら復旧できるかもしれません

当社には、日々データ復旧に関する様々なお問合せを頂きます。そのお問合せの中には、既に他社で復旧作業をしたが、希望データが出て来なかった。というご相談も少なくありません。もちろん、他社で既に作業されているから、という理由でお断りする事はございません。まずはお電話にてご相談下さい。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ

データ復旧が「一発勝負」といわれる理由

データ復旧について調べていると、データ復旧は一発勝負だ、という言葉を見ることは少なくありません。この表現は正確ではありませんが、ある意味正しくもあります。というのも、データ復旧を行う場合、最初の作業が最も効率良くデータを取り出せる可能性が高い為です。

詳しく説明すると、データ復旧を行う場合、1つ重要になるのは「どこが」「どのように」壊れているのか、という情報です。障害は、人間の目に見えるものではなく、専門の設備や技術員が診断して初めてわかることです。「どこが」「どのように」壊れているかが正確に診断できれば、復旧の可能性がグンとあがります。 一方、既に他社にて復旧作業が行われた場合、「どこが」「どのように」壊れていたのかわからないよう情報が上書きされてしまいます。敢えて表現するのであれば、1社目・1人目の復旧作業が、データ障害が発生している場所と理由を覆い隠してしまうようなものです。 こうした理由から、2社目以降のデータ復旧作業は復旧率が低くなるため、「データ復旧は一発勝負」といわれるのです。

当社が 他社で復旧できなかった機器も復旧できる理由

実は、データ復旧業者の技術力も各企業によって大きく異なります。

当社を含め、日本国内のデータ復旧業者は約120社ほど当社で確認しておりますが、その殆どが1,2名で運営している非常に小規模な業者です。さらに10人以上の組織で復旧作業を行っている企業は、当社を含め国内で10社ほどしかありません。どんなに立派なホームページを持っていても、その実態はわからないものです。人数が必ずしも技術力と結びつく訳ではありませんが、ひとつの目安になります。

当社のエンジニアは全部で5つのランクに分けられ、当社の独占技術を持っているエンジニアはその中でもSランクAランクの技術員です。SランクAランクの技術員は、技術員全体の1%にも満たない確率でその技術力を身につけました。高い技術を習得するには、努力と共に才能が必要となります。技術員の多い当社であってもこれだけの確率でしかSランクAランクの技術員はいない訳ですので、1,2名で運営している企業や10名ほどで運営している企業の全てが技術力の高い会社である、とはなかなか断言できない事だと思います。 さらに当社では、積極的に海外からの技術導入を行ったり、一般企業や大学との共同開発にて新たな技術開発を行ったりする事で、日々技術力を高めるよう邁進しています。こうした理由から、当社の「独占領域」と呼ばれる技術は日々多くなっており、当社のCランクの技術員であっても、他社のトップクラスの技術員と変わらないか、それ以上の技術力を持っています。

次に、データ復旧を安全かつ正確に行う為には、専用の設備が必要となります。わかりやすいもので言うと、クリーンルームやクリーンベンチと言った、空気の清浄度を保つ設備です。これは、超精密機器であるハードディスクを開封し、部品交換を行う為に必要な設備です。設備を導入していなければ、そもそもハードディスクを復旧する事はできません。ストリートビューなどの地図でその企業が入っているビルを見れば、そうした機材が入っていそうなビルなのか否かの判別はつくかと思います。1つ参考にしてください。

以上のような理由から、そもそも技術力の高いデータ復旧業者が少ないというのはご納得いただけるかと思います。そうした企業と当社とでは、技術力が全く異なります。他社で復旧できなかったものが、当社であれば復旧できる可能性がある、というのもご納得いただけるのではないでしょうか。

信頼できる企業を選ぶために

データ復旧は非常に専門的で、外側からはわかりづらいサービスだと思います。そうした中で、どのようにデータ復旧業者を選べば良いのでしょうか。 見るべきポイントは2つあります。 1つは自社内で復旧しているかどうか、という点です。先に述べたとおり、データ復旧業者の中には、1,2名で運営している小規模な企業が少なくありません。こうした企業の中には、自社内で復旧せず他社に復旧作業を依頼して中間マージンを取る事で利益を出している企業が多いです。自社内で復旧しているという事は、少なくとも中間マージンを取って営業しなくても大丈夫な程の技術力を持っている企業となります。また、マージンがなくなる分復旧費用も安くなりますので、必ず「自社で復旧しているのか」という点はご確認下さい。「自社復旧100%」の企業でない場合、一部障害を他社に依頼している事もあると考えられるため、ご注意下さい。

もう1つのポイントは復旧実績です。特にRAIDやサーバ機器の復旧は一社目であっても難易度が高い場合が多い為、他社で復旧が出来なかった場合の復旧の難易度は非常に高くなります。こうした機器の復旧を行える企業か否かを見分けるには、実際の復旧実績を見るより他なりません。その中でも「他社で復旧できなかったものを復旧できた事例があるのか」という点と「より多く、難易度の高い機器の復旧事例が掲載されているか」という点、さらには「仮想化サーバなど、通常のサーバ復旧よりも更に高い技術が必要となる機器の復旧が出来ているのか」という点を確認すると良いでしょう。この復旧事例で、その企業の技術力がわかります。逆を言えば、復旧事例を掲載していない企業は、技術力に期待できないと言っても過言ではないでしょう。どんなに綺麗なホームページを持っていたとしても、です。復旧実績は必ずご確認下さい。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。