RAID0を復旧しよう!データ復旧業者が語る、RAID0のデータ復旧
データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

「お客様の声」
突撃取材レポート
お客様とのお約束
セキュリティ対策
世界最大級!!
技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる
3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。

RAID0を復旧しよう!
データ復旧業者が語る、RAID0のデータ復旧

RAIDなら安心、というのは大きな間違いです。RAID0がRAID「0」と呼ばれるのは、その特徴に大きく由来します。国内で10年以上データ復旧をしてきた当社だからお伝えできる、RAID0の特徴とその復旧方法について、ご紹介します。

①RAIDなのに”冗長性がない”RAID0とは?

RAID0とは、保存するデータを決められた方法で区切り、RAIDを組んでいるHDDへ順番にデータを保存してく方式を指します。RAID0のメリットとしては、構成するHDDの容量をそのまま使えるうえ、読み書きのスピードが早いという点が挙げられます。逆にデメリットとしては、RAIDを構成しているHDDのうち、1本でもHDDに異常が発生すると全てのデータを取り出せなくなってしまうという点が挙げられます。

RAID0は最低2本のHDDがあれば組むことができます。しかし、2本のうち1本のHDDに異常が発生してしまうと、データを構成する情報が失われ、データが見られなくなります。

例えるなら、ジグソーパズルをしているにも関わらず、パズルのピースが半分失われてしまう状況です。ピースの足らないパズルは完成図を見ることができないのと同様に、データも見ることができなくなります。

だからこそ、RAID0の場合は特にHDDの復旧ができるデータ復旧業者でないと、RAIDの復旧は行えません。RAID0は、異常が発生しているHDDの復旧を行ったあとに、正しくRAIDを組みなおす必要があるため、他のRAIDレベルよりもある意味復旧の難易度が高いです。

冗長性のある他のRAIDレベルとは?

まず、RAID1は、RAIDを構成している全てのHDDに全く同じデータを複製して保存していきます。

次にRAID5,6は、RAID0のようにデータを区切って各HDDに保存していきます。しかしRAID0と違うのは、RAID5も6も、区切られたデータと共に、「パリティ」と呼ばれる情報がHDDに分散して書き込まれる点です。この「パリティ」という情報があることで、RAID5の場合は1本、RAID6の場合は2本のHDDに異常が発生しても、残りのHDDに残っている情報とパリティ逆算をして、壊れたHDDの中にどのような情報が書かれていたのかを算出する事ができます。
しかし、RAID0の場合、壊れたHDDの情報を補完するようなパリティ情報はありません。だからこそ、万が一に備えてバックアップを定期的に取るようおすすめいたします。

具体的な方法としては、外付けHDDに定期的に手動でバックアップをとったり、自動的にバックアップをとれるソフトを使用する方法などがあります。

それでも当社ならRAID0のデータ復旧が可能です

リビルド失敗イメージ
RAID構成を組んでいたHDDのうち1台が寿命に!他のHDDも同じ時期に生産されているため寿命は近い。
リビルド中に他のHDDが壊れてしまうと、データの構成が崩れて障害が悪化します。

一般的なRAID0の復旧方法については、先述のとおりですが、ここでは更に詳しく説明していきます。

前提として、繰り返しになりますが、RAIDレベルが0の場合、データは分割して保存されているため、RAIDを構成していた全てのHDDからまずは全ての情報を引き出す必要があります。

とはいえ、HDDには何かしらの異常が発生していることが殆どであるため、第一段階として、HDDのクローンが作ることができる状態までHDDの復旧を行う必要があります。

ここでは詳細は割愛いたしますが、HDDの故障は大きく2つに分けられます。1つは物理障害と呼ばれる、HDD自体が機械的に壊れている状態。もう1つは論理障害と呼ばれる、HDDは動くものの、中の情報がシステム的に壊れてしまうことでデータが見られない状態です。この2つの障害は、更に細かく故障箇所が分かれています。RAID0の復旧の場合、絶対に全てのHDDの情報が必要なため、壊れているHDDが物理障害・論理障害のどの障害が発生しているのかを正確に突き止め、正確な復旧作業をする必要があります。 そして実は、この故障箇所を特定するには、データ復旧用の特殊な設備とデータ復旧に関する専門的な知識が必要となります。こうした設備や知識が無くては、正確な診断は絶対にできません。そして、「それならとりあえずリビルドをかけてしまおう」という考えは、更に情況を悪化させるだけであることを、RAIDの担当者の方には知っていただきたいです。 恐らく、データ復旧に携わる方であれば、誰もがリビルドは勧めない、と言うはずです。結論から言うと、リビルドは情況を悪化させる可能性が非常に高いです。というのも、全てのHDDが動く状態で、正しいRAIDレベルが分かっている状態でなければ、必ず失敗するからです。HDDのRAIDに関する情報を新しく書き直す作業です。HDDが通常に稼動している状態でも、書き換え誤った情報に書き換えられてしまえばリビルドは失敗し、データは見られなくなりますし、HDDに異常が発生している場合は、新しい情報を途中まで持ったHDDと、古い情報を持ったHDDが混在する事になり、復旧の難易度が一気に上がります。当社であっても、復旧までの工数が多くなり、結果として復旧までの期間が長く、復旧料金も高する事になります。

こういった状態になる前に、まずは専門家へご相談ください。当社は10年連続日本一の実績を持つデータ復旧企業です。お電話いただければRAID専門の当社認定データ復旧アドバイザーが、お客様の情況を伺い、考えられる状況・その場合の復旧期間・金額をご案内いたします。まずはお電話でご相談ください。

このようなHDDの復旧作業が完了して、ようやくRAIDのデータ復旧作業に入ることができます。RAIDを組む全てのHDDのクローンを作成し、そのクローンを使用してデータの再構築を行っていきます。

実は、このクローンを作成作業は、手間はかかりますが、非常に大切な工程です。1台とはいえお客様のHDDは既に異常が発生したため、原因はともかくとして、他のHDDにも同様の異常が発生する可能性が高いと考えられるからです。

また、万が一当社にて復旧ができなかった場合でも、「現状維持」の状態でお客様に機器をご返却するためにもクローンを作成する必要があります。

実は「リビルド」が、トドメを刺す!?

RAIDが壊れたら、リビルドをすれば良い、と考えているサーバ担当者は非常に多くいらっしゃいます。事実、メーカー側も、RAIDに異常が発生した場合にリビルドをするよう勧めています。しかし、このリビルド、先述のとおり、HDDに非常に負荷がかかる上、成功することが少ない為、完全にデータが見られない状態にしてしまったり、更なる症状悪化を招くことになります。では、何の為のリビルドなのか、というと、それは「サーバを正常に動かすため」のものであり、データを復旧するためのものではありません。それゆえ、メーカー側はHDDの交換を行うよう勧め、リビルドをするよう案内をしています。

正直、リビルドの前後では復旧の難易度は天と地ほどの差があります。

過去のご依頼の中にこのようなものがありました。購入当初RAID1として使用していたものに障害が発生したため、リビルドをした結果、リビルドに成功したにもかかわらずデータが見られない、という相談です。

お気づきかもしれませんが、サーバ管理者の方が、本当は元々RAID0でRAIDを組んでいたにも関わらず「RAID1で組んでいた」と勘違いをして、RAID1でリビルドをかけてしまったのです。RAID1でリビルドをかけてしまえば、もとはRAID0で組まれていたため、リビルドに成功したとしてもデータを見ることができません。

そして当たり前のことですが、RAID0だったものをRAID1でリビルドをかけて、更にRAID1として復旧作業をしたとしても中のデータを取り出すことはできません。RAIDを復旧するには少なくとも「正しいRAIDレベル」の情報が必要だからです。

誤ったRAIDレベルでリビルドされたRAIDの元情報を解析するには、特殊な専門知識と経験が必要です。

当社のエンジニアであれば、RAID1としてご依頼頂いた機器であっても、実際にHDD内に残っているバラバラになったデータやファイルシステムの組み方からデータの破片を分析して、「実はもともとRAID0で組まれていた」という結論を導き出すことができます。あとは、専門機器を使ってRAID0としてRAIDを組み直し、データを抽出・納品用HDDにデータをコピーすれば、お客様にデータをご納品する事ができます。

RAIDに限らずHDD全般に言えることですが、障害発生後にどのような対処法を行ったかにより、データの復旧率は大きく変わります。

「RAID0使っていて故障してしまった」「どのRAIDレベル使用しているか分からない」という方。まずは弊社専門のアドバイザーにご相談ください。正しい対処法をお伝えいたします。

RAID0のデータ復旧、もちろん可能です。

ご注意ください!RAID0の障害発生時に特にやってはいけないこと

RAID0でRAIDを組んでいる場合、障害発生時に筐体のスイッチを入り切りするだけで、簡単にRAID1にリビルドされてしまいます。

先述のとおり、RAID1としてリビルドされたRAIDは、RAID1としてしか情報を見ることができません。

データ復旧に必要な分析力や技術力の足らない会社は、データの配置などからRAIDの正しい組み方を解析する事ができず、RAID1だ、という思い込みのままデータ復旧を試みてしまいます。もちろん、それでは復旧はできませんから、余計に情報が書き換えられてしまい、データの復旧が困難になってしまいます。

このような事態を招かないためにも、RAID0の機器で異常が発生した際は、電源の入り切りを試すのではなく、まずは信頼できるデータ復旧企業へご相談ください。

RAID0の特徴を理解したうえで利用するのであればバックアップを!!

ここまで様々お伝えしてきましたが、多くのデータを取り扱う方にとってRAID0はとても魅力的なRAIDレベルです。SSDの登場でも分かるとおり、データの読み書きが高速化されればされるほど、ユーザーのストレスが減るからです。

HDDの容量を余すことなく使えて、しかも高速化できるRAID0。安心して利用するために、定期的にバックアップをとっておきましょう。そして、HDDの寿命と呼ばれる3年を迎えるまでに、新しいHDDを使用したRAID機器へデータを移行しつづけるようにしましょう。これでデータを損失するリスクは最小限に抑えられる筈です。

それでも、予期しない事態が発生し、データを損失してしまった場合は電源を入れるなど、無理に復旧は試みず、まずはお電話でご相談ください。データ復旧の専門家がお客様の状況をお伺いして、考えられる障害をご説明。復旧までの期間や復旧料金についてお伝えいたします。

1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!