PCのデータ取り出し方法 |故障時の適切な復旧方法とは?
【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332
復旧率最高値
 
95.2%
 

※2018年2月実績 復旧率=データ復旧件数/データ復旧ご依頼件数(2017年12月~2020年10月の各月復旧率の最高値)

PCのデータ取り出し方法 |故障時の適切な復旧方法とは?

PC(パソコン)のデータ復旧方法・取り出し方法を解説しています。
原因や注意点を確認し正しい手順で安全に復旧しましょう。

1. パソコンが起動しないトラブルの症状と対処法

パソコンが起動しない、立ち上がらないトラブルには、その症状によって対処法が変わってきます。ここでは、症状ごとの対処法をご紹介します。


①HDDが認識しない、アクセスできない


電源ユニット故障または経年劣化の可能性

「電源ユニット」の故障、PC購入から5年以上経過している場合は「経年劣化」が考えられます。電源ユニットやバッテリーの交換が必要になりますが、故障原因がほかにないかを確認してから対処しましょう。
別の障害が併発していると気づかずに交換してしまうと障害を悪化させデータ破損に繋がるリスクがあります。


②電源は入るが画面が真っ暗


静電気や落雷による動作不良
PC内の部品やHDDなどの周辺機器に静電気が溜まっている状態が続くと、PC内部の精密機器が故障したり、PCが正常に動かなくなったりすることがあります。 また、落雷の際にPCを使用していると、雷サージの影響でPCが故障する原因になります。
ホコリによる内部機器の発熱
PC内部は熱が溜まりやすい性質になっているため、外部の空気を取り込み内部熱を放出しています。しかし、埃が内部に溜まってしまうと、熱が溜まってしまい故障の原因となります。


③ブルースクリーンや黒い画面にエラーメッセージが出る


HDD・SSDまたはOSに深刻な問題?
ブルースクリーンや黒い画面表示は、OSやOSが保存されているHDD・SSDに関する何かしらの障害が起きている可能性が高いです。
物理的な障害が発生している場合も多く、自力で復旧を試みることで記録媒体に重篤な負荷を与えてしまい、状態を悪化させる可能性があります。



ブルースクリーンの原因や対処方法はこちら


④電源が突然落ちてしまう


HDDや内部部品の故障

PC使用中電源が突然落ちてしまう場合はシステムやHDDなど様々な要因が考えられます  早急な対処が必要となる障害の可能性もあるため注意が必要です。



PCの電源が落ちてしまう時の原因や対処法はこちら


⑤PC(HDD)から異音がする


HDDの物理障害の可能性

「カチカチ」などPCから異音が聞こえる場合は内蔵HDDに障害が発生している可能性が高いです。 むやみにPCを動かすと障害を悪化させてしまう可能性も高いため注意が必要です。



HDDから異音がする場合の原因と対処法についてはこちら


2. パソコンが起動しない時の注意点

注意点を確認せずに対処を行うと、誤った操作により障害を悪化させデータを失ってしまう可能性があります。 データ復旧は一発勝負とも言われているため、必ず復旧前に確認しましょう。


①通電や繰り返しの電源ON/OFF
通電NG


新たな障害の発生や症状悪化につながります。

電源のON/OFFする瞬間は、HDDに大きな負荷がかかります。HDD内に物理的な破損がある場合はさらに障害を悪化させる危険があるため控えましょう。 また、通電を行っただけでもデータの読み込みは行われるため、データが上書きされてしまいデータが復旧が難しくなってしまう場合もございます。


②OSの再インストール
OSインストールNG


既存のデータが上書きされてしまいます。

OSの再インストール(リカバリー)を行うと既存のデータは上書きされてしまい消えてしまいます。上書きされてしまうとデータ復旧は難しくなってしまうのでOSの再インストールには注意が必要です。


③過度な強制終了
強制終了NG


過度な強制終了はデータを失う危険性があります。

HDDは常にデータの読み書きを行っています。データを更新するためには複数のデータ情報を更新しなければなりませんが、 その更新が上手く行えない状態で強制的に終了してしまうとデータ消失につながります。


3.PC故障時の復旧・データ取り出し方法

PC故障時の復旧・データ取り出し方法をご紹介します。
※個人復旧はデータ消失のリスクがあるため注意が必要です。


OSの修復ツールを使う

メーカーや修理業者は破損部品を交換、修理することでPCを正常に起動出来るようにします。
しかし、データの初期化やマザーボードやHDDなどの部品交換が行われることがあるため、データは保証されない点には注意して依頼しましょう。大切なデータが保存されており、「データの取り出し」を優先する方はメーカーや修理業者への依頼は避けましょう。


セーフモードを起動する方法についてはこちら。


データ復旧の専門業者へ相談

上記の方法で解決出来ない場合はデータ復旧業者に相談しましょう。
故障原因を正確に判断するには、一定レベルの知識・リテラシーが必要になり、個人での対応は非常に難しいです。故障原因を特定しないまま、個人で復旧しようとすると最悪の場合二度とデータが戻らないこともあります。 データ復旧業者は初期診断で故障原因を特定し、的確なデータ復旧作業を行います。
※復旧依頼前にも関わらず、初期診断・見積りの時点で費用を請求する業者もあるため、業者選定時には注意しましょう。

デジタルデータリカバリーは、お電話またはメールでお問合せいただくと、弊社のデータ復旧アドバイザーが簡易的な診断と今後の対応方法について無料でご案内いたします。 機器別の専門のエンジニアによる無料初期診断を行っており、他社様で復旧不可と診断された機器も数多く復旧に成功していますので、お気軽にご相談ください。


データ復旧サービスの流れや料金については下記からご確認ください。


【初めての方へ】データ復旧サービスについて詳しくご紹介
【サービスの流れ】どこまで無料? 復旧にかかる期間は? サービスの流れをご紹介
【料金について】データ復旧にかかる費用やお支払方法について
【交通アクセス】お持込み拠点へのアクセスについて


0120-706-332
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
ISO27001取得企業 世界標準のセキュリティ管理体制
Pマーク取得企業お客 様の個人情報に対するお約束
国際空港レベルの強固なセキュリティ金属探知機と警備員配置による徹底した情報漏洩対策
機密保持誓約交わします初期診断をご依頼の全てのお客様に機密保持誓約書をご提出
官公庁・法人のお客様へ官公庁・法人のお客様 が気になるセキュリティ対策について
よく見られる 3分自己診断
パソコン・HDD当日 引取サービス
PIIP個人情報保護士

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。