データ復旧(復元)・データ回復なら【データ復旧.com】

価格.comから取材を受けました
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

コストパフォーマンスに厳しいユーザーの口コミが飛び交う国内最大の比較サイト
価格.comから取材を受けました

消費者目線で商品・サービスの【価格比較】【商品情報】【口コミ情報】を提供する
月間8億のページビューを誇る日本最大の口コミ比較サイト『価格.com』

「価格.comとは…」
「パソコン」や「家電」だけでなく「生命保険」や「ペット」に至るまで21の幅広いジャンルにわたって情報を提供している情報サイトです。
年齢、性別、職種を限定せず様々な層から購入前の情報収集ツールとして使用されています。

サイト内では、コストパフォーマンスを重視するユーザー達が消費者視点での口コミ情報や、わかりやすい点数評価をしていて、高い人気を集めている。

また、日経BPコンサルティング調査によりランキングされた「WEBブランド調査2009-Ⅲ」によると「Yahoo Japan」「楽天市場」「Google」「Amazon」に次いで5位に入ったほど認知度も高く、信頼を受けているサイトです。 >価格.com 掲載をcheck


突然「パソコンのデータが見れない!」そんな時データ復旧業者をどう選ぶ?

パソコンの中でもっとも故障率が高いのがHDD(ハードディスク)だ。実にパソコンのトラブルの約半数がHDDにまつわるものといわれている。
大切なデータが保存される機器だけに、できることならトラブルは避けたいものだが、デリケートな駆動部を持つHDDはパソコンのパーツの中でも寿命が短い消耗品。いずれトラブルが起こると考えていたほうがいいだろう。

これまでHDDが壊れた経験のない人でも、そのときは突然やって来る。HDDが壊れてしまえば、中に保存している大切なデータもすべて取り出せなくなってしまうのだ。
大切なデータは定期的にバックアップをとって備えておくのが一番だが、それができていない状況も多々ある。
そんなときに、助けてくれるのが「データ復旧サービス」だ。


オフィス入り口に設置された静脈認証装置
まずは入り口。扉には静脈認証装置が設置され、入退室時にチェックが行われる。「以前は指紋認証を採用していましたが、さらにセキュリティが厳重な静脈認証を導入しました。顔認証の方が精度が高いとなれば、そちらを採用します」

「静脈認証は入り口だけでなくすべての扉に設置されています。 また、入退室は『誰が何時何分にどこを通った』というかたちでログに残されます。そのため、何かの拍子で入退室どちらかの記録が残されていないようなときには、上司から問い詰められますよ。」


当社はサービスをスタートして4年という若い企業にも関わらず、今やその規模は国内でもトップクラス、1日に150件もの問い合わせを受けるほど、頼られるサービスになっているのだ。

急成長の秘密は「高いセキュリティ」と「それを実証する透明性」にある。HDDのトラブルに詳しい専門家が専門用語を使わずに、わかりやすく迅速に対応してくれる。


>「ホームページを見て」とお問い合わせください。8つの無料をお約束します

初めてのトラブルどうする?
初めての方へ
どこまで無料?料金は?
料金のご相談
緊急時も!夜間でも!
24時間相談窓口
0120-994-211 0120-994-213 0120-706-332
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。