InternetWatchから取材を受けました
|データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

IT盛大から圧倒的な支持を受け続ける13種の専門テーマチャンネルを持つ
InternetWatchから取材を受けました

IT関連住職者から圧倒的な支持を集める
13種もの専門チャンネルを持つIT情報サイトです

nternet Watch とは1億9000万ページビューを誇る日本最大級のIT情報サイトImpressWatchの関連チャンネルの一つで、最新の技術動向やセキュリティ情報、最新のIT業界動向などを紹介している人気サイト。

読者は30~40代の男性が占めており、特にPC・インターネットなどに精通しているIT関連技術者からの圧倒的な支持を集めている。

インターネット、AV、ゲーム、モバイルなど最新メディアの情報通には欠かせないサイトとなっている。 >Internet Watchで社内を大公開(前編)


「これでもか」というほどの厳重なセキュリティ体制は驚きの連続

解放感のある「お客様用フロア」
インターネットオーナーズを訪問してまず通されたのは、ハードディスクを持ち込む顧客用のスペース「お客様専用フロア」だ。

すでに2人の先客がいたが、氏名ではなく番号で呼び出されていたのが印象的。また、同フロアの四隅には顧客との打ち合わせスペースがある。いずれもオシャレなバー風のたたずまいで、防音設計も施されているという。


オフィス入り口に設置された静脈認証装置
まずは入り口。扉には静脈認証装置が設置され、入退室時にチェックが行われる。「以前は指紋認証を採用していましたが、さらにセキュリティが厳重な静脈認証を導入しました。顔認証の方が精度が高いとなれば、そちらを採用します」

「静脈認証は入り口だけでなくすべての扉に設置されています。 また、入退室は『誰が何時何分にどこを通った』というかたちでログに残されます。そのため、何かの拍子で入退室どちらかの記録が残されていないようなときには、上司から問い詰められますよ。」


「電子記憶メディアの持込禁止」と書かれた注意書き
入り口を通過してすぐ目に飛び込んできたのが、「電子記憶メディアの持込禁止」と書かれた注意書き。顧客から預かったハードディスクに含まれる個人情報がコピーされて社外に持ち出されるのを防ぐためのものだ。


大統領専用機「エアフォース・ワン」で導入されている金属探知ゲート
紙1枚やボールペン1本でも、あらかじめ申請していなければ、持ち込み・持ち出しを禁止している。「ボールペン型のUSBメモリもあるのです」。やむを得ない場合には、申請書に記入し、上司に印をもらい許可が出れば当日限りの持ち込み・持ち出しが許されるという。


持ち込み・持ち出しの許可申請書
紙1枚やボールペン1本でも、あらかじめ申請していなければ、持ち込み・持ち出しを禁止している。「ボールペン型のUSBメモリもあるのです」。やむを得ない場合には、申請書に記入し、上司に印をもらい許可が出れば当日限りの持ち込み・持ち出しが許されるという。


確実かつ安全にお客様の依頼を遂行するための取り組み

デスクの上には色とりどりのボールが団子状に
各デスクには黄と赤のボールが団子状に串刺しにされているのが目に付くが、黄色は「ハードディスクを持ち込む顧客」、赤は「ハードディスクを郵送する顧客」を担当した分だという。これにより、その日の受注件数が一目でわかるようになっている。


顧客からの問い合わせに応える電話サポート用のスペース
各デスクには黄と赤のボールが団子状に串刺しにされているのが目に付くが、黄色は「ハードディスクを持ち込む顧客」、赤は「ハードディスクを郵送する顧客」を担当した分だという。これにより、その日の受注件数が一目でわかるようになっている。


データ復旧技術に関する勉強会
社内ではデータ復旧技術に関する勉強会が行われていた。こうした勉強会は1日に何度も行われているという。

 「診断から復旧まで私たちの目の届く範囲で行っています。一部のアジアの国ではデータ復旧の技術が進んでいるために、日本のデータ復旧業者でも難易度の高いものを海外に出しているところもあるようですが、やはりセキュリティ面を考えると不安が募ります。私たちは、自社内ですべて完結させるためにセキュリティの強化と技術習得にも力を入れているのです。」



関連記事

■2013/2/28 3月特有のデータ復旧依頼? 決算期に陥りがちな重要データの取り扱いミス
■2012/12/26 【特別企画】年末年始によくあるRAID障害、早く安く復旧するには?
■2012/11/26 連休明けのRAIDサーバー障害に注意、データ復旧.comが解説コンテンツを公開
■2012/6/29 暗号化されたRAIDデータ復旧、「鍵から鍵穴を作る」方法で
■2011/9/06 超特殊”ファイルシステム「ZFS」がデータ復旧するまで当社に聞く
■2011/7/11 猛暑でサーバー障害、そうなる前に確認すべきこと、当社に聞く
■2011/4/08 津波で浸水したHDDがデータ復旧するまで、当社に聞く
■2011/1/13 認識されなくなったハードディスクをデータ復旧サービスに出してみた
■2010/11/18 ハードディスク故障時にやってはいけない4つのこと、データ復旧.comに聞く
■2010/8/23 RAIDに思わぬ落とし穴、データ復旧のポイントを当社に聞く
■2010/6/22 データ復旧.comがファームウェア障害の対応強化、復旧率20%増の要因とは
■2009/9/18 Internet Watchで社内を大公開(後編)
■2009/9/17 Internet Watchで社内を大公開(前編)


お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。