DDR お客様の声 » 京都大学 化学研究所 様

0120-706-332
0120-706-332
 法人 /  RAID
 デジタルデータリカバリー(DDR)のサービスをご利用されたお客様の声
准教授 
笹森 貴裕 様

京都大学 化学研究所 様

「RAID構成ならデータがなくなる事はないと完全に信用してしまいました・・・」

2002年4月より京都大学化学研究所 研究員として在籍し、現在助教として同研究所で研究を続け、90近い論文や著書を出している。

京都大学 化学研究所
有機化学、無機化学の枠を超えた視点で「新規物質」を創製し、その構造、機能、物性を解明を行っている。 現在、研究室には教授から大学院生の研究生を含み20名ほどが在籍しており、日夜新しい物質を追い求め研究を行っている。

紛失したデータ
エクセル、ワード、パワーポイントなど
主に論文、研究データが中心

データ紛失の経緯
突然RAID(BUFFALO/500GB)のデータにアクセス出来なくなりました。RAIDは自分で復旧出来るものと思っていました・・・。RAIDを完全に信用しきっていたので「ハードディスク内のデータが見られなくなるなんてありえない!」と思って油断していました。元々はバックアップをこまめに取っておく方だったのですが、RAIDを導入してからは信用してここ数年バックアップをほとんど取っていませんでした。RAID購入時にデータを自分で復旧できると聞いていたので、今回トラブルが発生した時にも、特別に焦るというようなことはなく「なんとかなるだろう」と正直甘く考えていました。RAIDでデータが見られなくなるなんてことがあると思っていなかったです。 完全に油断していました。自力でどうにかしようとしても深みにはまるばかり・・・ソフトを5つ試しましたが全然ダメでした。RAIDだったらデータが破損した際も、自分自身で復旧できると聞いていたので、とにかく色々な方法をホームページで調べて試しました。ハードディスクを取り出して別のパソコンにつないでみたり、中が熱くなってしまったのではないかと冷やしてみたり。しかし、どの方法も全く駄目で気付いた時には1日が終わろうとしていました。


准教授 笹森 貴裕 様

特に復旧したかったデータとその中身
中のデータは過去の研究データや半年の月日をかけて書いてきた論文データ、翌月に控えていた学会発表の際に使用する研究データなどが入っていました。自分自身のデータだけではなく研究室の研究生たちのデータも預かっていたため、時間がたつにつれて周りからの視線も突き刺さるような痛さを感じましたね。だいぶ粘りに粘っていたため、自分で復旧することを諦め専門家にお願いしようとした頃には、だいぶ遅い時間になっていました。

データが戻ってきた時の気持ち
「データが出てきました。」の報告は天使が舞い降りたようでした。男性でしたが (笑) 自分自身で散々試してダメだったので、正直言うと本当にデータが戻ってくるのか不安な部分もありました。依頼して「データが見えました。」と連絡を頂いたときにやっと一息つけた感じです。幸いにもデータはほぼ100%復旧でき、翌日データが手元に届きました。データを手にして「良かった」という安心感を感じつつも、早速、用意しておいた外付けにバックアップを取りました。

DDRを選んだ決め手
今まで全く触れたことのない業種。初めてのことなのでどこをどう見て依頼する会社を選べばいいのか分からなかったというのが実際のところです。変なとこにお願いしてしまって、データ以前にハードディスク自体が返ってこないという状態になったらどうしようというのが一番不安でしたので。分からないながらに、会社の規模や所在地を見て信頼できる会社かどうかを重視して選びました。 結局いろいろ探していたら夜遅くなってしまったので、いざ見積もりを出してもらおうと何箇所か電話やメールをした時はほとんどの会社は電話がつながらくなっていました。夜遅くても唯一電話対応してくれたのがDDRでした。とにかく急いでデータを取り戻さなくてはという思いがあったので電話が繋がって状況を聞いてもらえたというのは大きかったです。だいぶ気持ちも凹んでいたので、私の話をきちんと聞いてくれて「大丈夫ですよ。」という一言に電話の向こうの相手が天使のように思えました。相手はまた男性だったのですが(笑)メールで返答をくれた会社もありましたが形式的で温かみを感じることができませんでしたし、早急にデータが必要だったこともありDDRに復旧依頼をしました。

復旧後の対策
この一件以来バックアップおたくです。外付けハードディスクをいっぱい購入してミラーリング、ミラーリングして、バックアップの啓蒙活動にも努めています。
お客様の声「取材レポート」
お客様とのお約束 セキュリティ対策
世界最大級!!技術交流会開催

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる 3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。